スローネ フィーア。 バンダイ HG 1/144 ガンダムスローネアイン

バンダイ HG 1/144 ガンダムスローネアイン

スローネ フィーア

背面右部に大型のGNランチャーを装備し、差し替え無しで砲身を展開、砲撃形態が再現可能。 GNビームライフルが付属する他、スローネの特徴的な形状が再現されたキットになっています。 価格は1,728円(税込み)。 トリニティ兄弟の長男『ヨハン・トリニティ』が搭乗するスローネ1号機『ガンダムスローネアイン』がキット化。 ガンダムタイプながらもそれらしくない造形を持つGNドライヴ[T](擬似太陽炉)搭載機です。 ちなみに「スローネ」は「座天使(上級天使の総称)」に由来します。 成型色はダークブラウンがメイン。 部分的にホワイトやグレー成型色など、全体的に渋いカラーリングになっています。 ライン型のセンサーやシールドなどがシールでの色分けです。 ポリキャップはPC-123プラスを使用。 使用箇所は多めですが、その分可動強度も高めです。 背面にGNランチャーを装備したバックパックを装備していますが、特に比重がかかることもなく自立は安定しています。 GNランチャーを縦に伸ばした状態で。 GNランチャーを含むバックパック(シールド込)を外して各部を見ていきます。 スローネ機の特徴的な形状が再現されています。 ガンダムらしいのはV字アンテナくらい。 左右挟み込みタイプですが、合わせ目は出ない組み合わせになっています。 ツインアイはダークブラウンパーツにシールを貼っての再現。 頬のダクトは黄色く塗り分けが必要です。 胸部から腰部。 ガンダムタイプならではのエアインテークが別パーツで造形されています。 胸部中央にはGNドライヴ[T](疑似太陽炉)も造形されています。 腰アーマーは比較的シンプル。 表面のラインモールド(センサー)はピンクのシールでの色分けです。 GNドライヴ[T]は、円柱上のパーツにシールを貼っての色分けで、表面のドームはクリアーパーツでの再現です。 腰アーマー裏にモールドはありません。 股間部はボールジョイント型で、別パーツになっていて回転可動します。 特徴的な形状になっています。 造形的にはそこそこ複雑。 膝周りはグレーに、前腕上部は白く塗り分けが必要です。 二の腕は筒型、前腕は左右挟み込みタイプですが、合わせ目は端にくるようになっています。 ショルダーアーマー。 こちらも形状が特徴的。 上部にはアンテナ?とサーベル柄を装備しています。 前後のラインモールド(センサー)はピンクのシールでの色分けです。 アンテナ?や側面の装甲は可動式。 説明書に記載はありませんが、サーベル柄を外して別売りキットのサーベル刃を取り付け、ビームサーベルとして使用することもできます。 こちらもシャープさがあって形状が特徴的。 膝やスネのダクトふちは黄色く塗り分けが必要です。 大腿部は前後挟み込みタイプ、膝から下は左右挟み込みタイプです。 大腿部は側面に合わせ目ができますが、膝から下は合わせ目が段落ちモールド化されています。 ソール部。 グレーの中心パーツに、ダークブラウンの外装を被せていくタイプ。 つま先はシールでの色分けで、足裏は中央に合わせ目ができます。 バックパック。 それほど大柄ではないですが、GNランチャーを装備した特徴的なスタイルになっています。 背面はGNドライヴのコーンのような造形も再現されています。 バックパックはコーン下部に接続。 GNシールドはゴム質のベルトケーブルと繋がった状態で、左肩に接続。 GNシールドは表面の装甲やモールドがすべてシールでの色分けです。 バックパック中央部も複数パーツの組み合わせ。 部分的に合わせ目ができます。 説明書には記載されていませんが、ハッチを開くことで連結口が露出し、HGガンダムスローネツヴァイやHGガンダムスローネドライとの連結が可能です。 GNランチャー。 大型の特殊装備です。 砲身は各部とも左右挟み込みタイプで、上部などに合わせ目ができます。 付け根は網状のアームによってフレキシブルに可動。 回転や左右への展開など自由自在に配置できます。 後部は装甲が展開し、グリップが露出。 ツヴァイやドライとの連結時に使用します。 砲身は90度くらいにまで折り曲げることができます。 さらに砲身が展開し、超ロングサイズに。 ツヴァイやドライとの2機連結では「GNメガランチャー」、3機連結では「GNハイメガランチャー」となります。 砲身を延長しない状態でも、砲口は造形されています。 HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。 キットサイズ的にはまずまず。 GNランチャーがある分大きく見えます。 スローネアインの頭頂高は18. 作品は違いますが、同じ機動戦士ガンダム00シリーズのHGガンダムハルートと並べて。 キット自体の大きさも含め、そんなに変わらない感じ。 頭部の上下可動はわずか。 左右へは干渉もなくラクに可動します。 腕は水平程度にまで上げることができます。 肘は90度より少し深めまで。 肩は胴体から軸、肩側がポリキャップでの接続。 なので肩の前後スイング可動はありません。 腰は回転可動しますが、大腿部側面の造形パーツと背中の縦型装甲が干渉するので60度程度まで。 腹部などが可動しないので、上半身の前後スイングはありません。 股間部のパーツを外してアクションベースにディスプレイが可能です。 前後開脚は、フロントアーマーを交わすようにすればかなり高くまで脚を上げることができます。 リアアーマーは可動しないので、後方への開脚はそれなり。 二重関節ですが、膝は深くまで折り曲げることができます。 足首はつま先を伸ばす動きはあまりできませんが、つま先を上げる動きは特殊な形で可動させることができます。 左右への可動はまずまず。 左右への開脚はハの字程度まで。 内股、ガニ股共に45度程度までの可動となります。 立膝はまずまずの姿勢でこなすことができました。 可動域の総括としては、広く動く箇所はありますが、全体的には今ひとつというところが多いです。 ただ、造形的には美しさも感じるので、簡単なポージングでも躍動感が出るタイプなようですね。 GNビームライフルが付属。 付属品はこれだけです。 本体部分は左右挟み込みタイプで上下に合わせ目ができます。 砲身下部の羽のような装甲は端が白いシールでの色分けです。 砲口は別パーツで色分けされ、センサーはパープルのシールでの色分け。 センサー周りはグレーで塗り分けが必要です。 上部の装甲は展開が可能。 GNビームライフルを保持して。 GNビームライフルはハンドパーツで挟み込むだけです。 グリップも程よく幅があり、持たせても遊びが無いのでしっかりとしたポーズが可能です。 上部の装甲が可動するので、前腕との干渉もなくスムーズに保持できています。 GNビームライフルはGNランチャーと連結が可能。 固定強度も高めでしっかりとした保持が可能です。 柄が太めでハンドパーツにうまくハマるので、抜け落ちることなく保持が可能です。 適当に何枚かどうぞ。 以上です。 サーベル刃など、武装類があまり付属していないのはもったいないところですが、特徴的な形状や渋いカラーリングには独特のかっこよさがあっていいですね。 刺々しい造形からはガンダムらしくないヒール感も感じられます。 部分的に合わせ目があるのと、可動域が多少限定されますが、全体的には完成度の高いキットに仕上がっています。 なのでリメイクなどはほぼ必要なさそう。 GNビームライフルやGNビームサーベルを保持させると、意外と身軽さも表現できますし、多面性を持ち合わせている感じなのもいいですね。 GNランチャーも大器感あって迫力がありますし、これ単体だけだと宝の持ち腐れっぽくもなってしまうので、ツヴァイやドライと合わせてGNメガランチャーやGNハイメガランチャーを再現するなど、幅広く楽しみたいキットですね。

次の

ヨハンだがこんな状況を覆す

スローネ フィーア

なんかトとかレイヴンとかブーストとか、色々な単語が連想されますが。 弟に えげつないと大絶賛、ヨハン兄の駆るスローネ一号機です。 発売と同時にグラハムに手ひどくやられてしまいましたけどwキット自体は見所も多いし、資料の少ないスローネのデザインを確認するよい材料かと。 前後から。 ランチャーでけえー。 色分けもいい感じですが、頭部と脚部の黄色、ライフルと腕部のグレーと白、腰部の白、サーベル横のアンテナ、ランチャーの茶色が足りず。 って結構あるな…。 写真ではランチャー以外の色を塗ってあります。 ちょっと気になった背面。 GNドライブT(タウ)の形状がはじめ先行の四機と同じシングルタイプ。 は開発タイミングによってスラスターの形状が違うのは既出の情報。 アストレアのスリースラスター方式を見れば言わずもがな。 と言うことは、スローネの開発タイミングは四機と同時期、第二世代開発時のデータもトリニティ側の勢力に漏れていたことになる。 のハッキングは相当昔からの様子。 ヘタすると80年前からか。 可動範囲を上半身から。 頭部はボールジョイント。 とアンテナがそれぞれの基部で若干可動。 先行四機と違って胸部から肩部にかけての可動はなし。 肩は上げられて写真くらい。 上腕でロール。 肘は90度強曲げられます。 手首はいつものタイプ。 ボールジョイント。 下半身。 腰部は軸可動で左右にロール。 股関節は例によってアーマーと独立してロール&ボールジョイントで可動。 独特のデザインの脚部は、膝が二重関節。 足首は前後可動とボールジョイントの組み合わせで接地性もそこそこ。 開脚は写真の程度。 総じて良く動きます。 オプションを装備。 まずはGN。 下部についているアンテナ?みたいなパーツは何なんだろう…。 GNランチャー。 基部で可動して射撃体勢に。 から伸びたアームの自由度が高く、ポーズ付けも…なんですが。 GNメガランチャーモード。 折りたたみ式の砲身を展開してライフルのアームと連結させる、と。 このライフルとの連結が結構難しい。 ランチャーの砲身とライフルの照準が平行にならないとどうにも格好がつかないんですが、合わせようとすると腕部の可動範囲がギリギリ。 サーリップやアンテナの干渉に気をつけたほうがいいかも。 ライフルとの連結を考えなければ射撃体制は実にスムーズに。 またまた気になる背面部。 劇中でもスローネドライからエネルギー供給を受けてましたが、ランチャー後部にグリップがあったり内部に連結部が隠されていたり。 今後発売されるツヴァイとドライとの組み合わせが楽しみです。 シールドから伸びているベルト(軟質素材を使用)にはどんな用途が。 ちなみにシールドはご覧のとおり左肩に接続。 接続部と肩アーマーの軸可動で腕部の動きを妨げません。 お遊びでアイン自身に後部グリップでランチャーを保持させてみる。 ゼータのハイメガっぽく。 またもやビーム部分のクリアパーツは付属していないのでから拝借。 クリアパーツは…ドライにだけ付いたりするんだろうな…。 まあそれはさておき。 スローネを写真に残すなら、やはりこれはやっておきたい! 「そんな道理、私の無理でこじ開ける!!」 比べてみると結構な体格差があるもんだ。 パワー勝負ではフラッグに勝ち目は到底ないんですが、そこはそれ主人公補正がかかったグラハムさんなので! 「今日の私は、阿修羅すら凌駕する存在だ!!」 自分のはイマイチ保持できないのに、のグリップはジャストフィット。 狙ったかのようだ…! 「一矢は報いたぞ、ハワード…」 というわけで、ゲット!!のグラハムフラッグでした。

次の

【画像】スローネフィーアのデザインが判明!舞台00に登場するガンダムスローネ4号機

スローネ フィーア

ガンダムスローネとは、に登場する「・」のひとつである。 名称の由来は第三位の階級を持つ座"ンズ s "からと思われる。 機体の系統には、と、のを元にして造られたの二種類がある。 は直 概要 初登場は15話。 第1期中盤で三大勢の攻撃にあっていたの4機を助けに来た際に姿を現した。 以降は武介入と称して各地で過な行動を展開するが、第1期後半にはとが大破、第2期終盤にが大破した事で、ガンダムスローネはした。 (ただしのを元に造られたなどは第2期以降も軍側に引き続き配備されているので、系統のが全にいなくなったわけではない)。 ガンダムスローネは、正確にはもともとによって開発されたではなく、「監視者」の先祖が、近くの船の残骸から見つけた端末()のを元に開発した機体である。 そのため、側が搭載するとは異なったい粒子を放つ()を搭載しており、この粒子で生成されたは人体に障を引き起こす性を持っている。 また、機体の設計方針ものとは大きく異なる。 側の4機はそれぞれがのを想定して頭から足まで異なる機体設計がなされており、はの中に格納されている。 それに対しての場合は量産を前提とした設計であるため、武装と頭の形が違うこと以外は全く同じ機体設計となっており、は格納される形ではなくそのものがとなっている(のが異様に細いのはそのため)。 スローネシリーズ ガンダムスローネ の乗る、撃・に優れる長戦のい。 にはGN粒子をして発射する「GN」を装備している。 機のにより威と呼び方が変わり、2機では「GN」、3機すべてのでは「GN」となる。 ガンダムスローネ が乗る、近接~中戦に特化した色の。 と同じように近接戦用のを持つほか、GNと呼ばれる誘導を8本装備している。 ガンダムスローネ の乗る、色の。 前の2機とは違って用の強な武装は持たず、機体の各部にあるGデンサーを使用したGN粒給や、GN粒子の大量散布によるジャミングなど、を中心としたを行う。 ガンダムスローネ ツ 『V』に登場する、高機動。 飛行用「ツ(乱気流)」の追加で飛行形態へ変形できるようになった。 ツ側にもが搭載されているため、活動時間を延長したりを分離してにすることもできる。 開発に際してベイター側の技術が使われているが、となる機体は大破したのものであるため、分類のうえではこの機体もである。 である兼用のに加えて両足にもを装備、さらにGNも8本から10本に増えており、よりも攻撃性が増したとなる。 また、胸部に1つと両足に2つ、計3基のを搭載しているが、のは胸部の1つだけで両足にあるのはGデンサーではないか、とも言われている。 名前のは権()。 なお、はで「根・起」を意味する言葉でもある。 ヤークトアルケーガンダム 『V』に登場する、アルケーガンダムの重武装。 ガンダムスローネ3機がそれぞれ搭載していた武装を全て搭載しており、「によって敵を孤立化し、GNで長撃を行ったあと、GNソードによる近接で敵を撃破する」というこれまで3機で行っていた行動を単独で行える。 3機分の武装を搭載しているため重量とGN粒子消費量が著しく増えており、両部にGデンサーを搭載した追加アーマーを装備している。 GNは10本から12本に増えた。 アルケーガンダム 『V戦記』に登場する、ガンダムスローネの設計思想を引き継ぎいだ機。 がにするためにの協を得て開発されていた。 強になったGNはや通信妨だけでなく敵のやGNを使用にし、自機のみがとによりに攻撃することができる等対アルケーガンダムを意識したになっている。 機体色は。 GNソードは非搭載で新たにGNを装備しGNは2本に減っている。 『V』に登場する、によって開発された試作。 のを元に開発されており、このを元としてが造られた。 開発に際してのを多く流用しており、との両方の特徴が伺えるとなっている。 関連動画 やってみた系 関連項目 関連項目•

次の