避妊リング デメリット。 避妊用のペッサリーとは?

【医師監修】避妊リング(IUDとIUS)にはどんなメリットとデメリットがあるの?

避妊リング デメリット

避妊リング(ミレーナ・ノバT)とは? 次の出産まで期間をあけたい、今後の出産をお考えでない方は、あなたに合った避妊法かつ信頼できる避妊法を選ぶことが大切です。 避妊法として効果が高いものは、低用量ピル OC 、子宮内避妊用具(リングと呼ばれるもの、ノバT 、ミレーナ(子宮内避妊システム:IUS)があります。 このうち、ノバT・ミレーナは総称して「リング」と呼ばれることもあり、子宮内に小さな避妊具を挿入する事で着床を防ぐものです。 これらはピルと同じくらい確実な避妊効果を得られる上に、一度入れると2~5年間は入れたままなので、ピルのように毎日忘れずに飲むといったことが苦手な方にはおすすめです。 とりわけ、長期にわたって妊娠を考えておらず、子育てや家事、仕事で忙しくてついついピルを飲むのを忘れてしまうというお母さん、ヘビースモーカーでピルが処方出来ない方、肝機能が上がっていてピルを処方出来ない方、などを中心におすすめしております。 ミレーナ(子宮内避妊システム)とは? 避妊リングの中で、黄体ホルモンを用いたものがミレーナです。 様々な避妊具の中でミレーナはOC(低用量ピル)の高い効果と、リング(ノバT)の長時間にわたる避妊という2つの特徴を併せ持っており、最も高い避妊効果があります。 ミレーナが通常の避妊リングであるノバTと異なるのは、ホルモン付きであるということ。 それによって、子宮内膜に対するホルモンの効果も期待できます。 黄体ホルモンが子宮内膜に作用すると、内膜があまり分厚くならないので月経時の出血量が減り、それにともなって月経痛も減ります。 つまり、通常のリング(ノバT)の効果に加えて、ピルの副効用(=良い作用)も期待出来るのです。 ミレーナのメリット ミレーナは子宮内膜に作用して内膜(赤ちゃんのベッドとなるところ)が薄くなり、受精卵の着床(=妊娠の成立)を妨げたり、子宮の入口の粘液を変化させて精子が膣の中から子宮内へ進入するのを妨げたりすることで、避妊効果を発揮します。 にもかかわらず、ピルのように毎日服用しなければならないという煩わしさもないのです。 さらにミレーナが優れているのは、薬を飲むのと違って、局所つまり子宮内膜のみにホルモンが作用し、血液中のホルモンの濃度は上がらないことです。 したがって、肝機能に異常があったり、ヘビースモーカーであったり、授乳中の方にも、血液のホルモン濃度に影響がないので使用できるわけです。 これらのメリットによって、ミレーナは現在では世界150ヶ国以上で、のべ1千万人を超える女性に服用されています。 的野ウィメンズクリニックでは、ヘビースモーカーでピルを処方出来ない方、血液検査で肝機能値に異常があった方、何らかの理由でピルを毎日同じ時間に飲むことが難しい方などへ、確実な避妊法としておすすめしています。 避妊の目的以外にも、過多月経の治療や内膜症の術後治療や更年期のホルモン療法の補助としても広く使われており、過多月経、月経困難症と診断された場合には保険適用になります。 ミレーナの費用 自費(税抜) 保険(再診) 保険(初診) ミレーナ挿入 37,000円 10,760円 11,390円 抜去 5,000円 670円 1,300円 入れ替え 42,000円 12,920円 13,550円 定期検診(1回目) 2,500円 3,080円 — 定期検診(2回目) 2,500円 1,810円 —• 保険証をお忘れなくご持参ください。 ノバTとは? IUDとはIntrauterine Device(子宮内避妊用具:リングのこと)の略で、避妊の目的で子宮内に装着するために銅が付加されたノバTや、薬剤が付加された薬剤付加もあります。 この薬剤付加IUD(リング)の中で黄体ホルモンを用いたものがミレーナです。 ノバTもミレーナも子宮内に入れる避妊具です。 ノバTは子宮内に異物(銅線をコイル状に巻き付けたもの)を入れることにより異物反応をおこし、精子の運動を阻害したり、精子と卵子の受精を阻害することにより避妊効果を示します。 ノバT装着後は月経量が増加することがあります。 一方、ミレーナは子宮内に装着された後、付加された薬剤(黄体ホルモン)が子宮の中で少しずつ放出されます。 この黄体ホルモンは子宮内膜の増殖を抑える働きがあるため、内膜は薄い状態となり、ノバTとは異なり月経量は減少します。 ノバTのメリット ノバTにはホルモンが付加されておりません。 ですので、これまでピルを服用してみてピルの種類を変えるなどの工夫をしても強い吐き気が収まらなかった方などには、ホルモンが無い分、安心でより確実な避妊方法であるとおすすめしております。 避妊率はミレーナの方が高いものの、極わずかな差であること(ノバTを正しく装着した場合の避妊率は99. しかし、それでも吐き気に過敏な方(たまにいらっしゃいます)には、経験的にノバTをおすすめしております。 また、ミレーナよりも、費用が安いことも人気の理由です。 ノバTは一度装着すれば、最長2年間にわたり避妊が可能です。 出産経験があり、長期の避妊を望む女性に適しています。 しかし、子宮内避妊具は、出産経験がない方には使えないのかと言うとそういうわけではありません。 非常に細いものに改良されてきているので、出産していなくても使うことは出来ます。 ただし、出産経験のない10〜20代の女性は、子宮の入口が狭いため、挿入時に経産婦の方よりも強い痛みを伴うことがあります。 避妊リング挿入に適した時期 避妊リングは、生理中~生理が終わって1週間以内に装着することが望ましいとされています。 生理後1週間を越えてしまうと内膜が厚くなり、避妊リングが子宮内より剥がれ落ちる可能性が考えられるためです(自然脱落)。 実際に、適した時期に挿入しなかったために、避妊リングが剥がれ落ちるケースはベテランの熟練した医師であっても稀にあります。 もしも、せっかく挿入した避妊リングが剥がれてしまったら、衛生的な観点等から、また新しい避妊リングを挿入しなければならないことになっています。 その場合は、当院では材料費の一部のみを頂くようにしたいとは思いますが、材料費そのものも高価であるので、費用や通院の手間も含めて患者様のご負担が多くなってしまいます。 そこで、避妊リング挿入をご希望の場合は、タイミングとして可能であれば、生理がはじまったらすぐ(生理1日目)に当院にお電話、もしくはインターネットにてご予約をお取り頂くことをおすすめいたします。 ご予約の際は、出来れば 生理の4日目あたりをご指定下さい(生理中ですので、出血があって構いません)。 予約が一杯で取れない場合は、お電話にて医師までご相談の旨をお伝え下さい。 この場合は、予約が一杯であっても優先して挿入に適した日にちでご予約をお取りいたします。 避妊リング(子宮内避妊具)が適している女性とは?• これ以上妊娠を希望しない女性• 次の出産まで期間をあけたい女性• 長期にわたり避妊を望む女性 避妊リング(子宮内避妊具)が適さない女性 以下の方は、子宮内避妊具(避妊リング)が使用できない場合があります。 使用できるかどうかは状態により異なりますので、詳しくはお電話にて院長までご相談ください。 ミレーナの場合、その成分 ノボノルゲストレル に過敏症がある• 月経以外の異常な性器出血がある• 性器の癌、黄体ホルモン依存性腫瘍にかかっている。 またはその疑いがある• 医師に子宮の形や位置に異常があるといわれたことがある (子宮腔の変形があるような子宮筋腫を含む)• 性器の感染症がある(子宮内膜炎・卵管炎など)• 過去3か月以内に性感染症にかかったことがある(細菌性膣炎・カンジダ症・再発性ヘルペスウィルス感染症・B型肝炎・サイトメガロウィルス感染を除く)• 子宮頸管炎または膣炎にかかっている• 現在、骨盤内炎症性疾患 PID にかかっている、または何回もPIDを繰り返している• 過去3か月に分娩後子宮内膜炎または感染性流産を経験したことがある• 子宮外妊娠を経験したことがある• IUS・IUD(子宮内避妊用具)挿入時や子宮の出口(頸管)を拡張する時に強い痛みがあったり、脈が遅くなったり、失神したことがある(迷走神経反射を起こしたことがある)• 重い肝障害または肝腫瘍がある• 現在、妊娠をしている、または妊娠している可能性がある ミレーナ(避妊リング)の使用に注意が必要な女性 以下の方はミレーナを挿入する前に必ず医師に申告してください。 先天性の心疾患、または心臓弁膜症がある• 糖尿病である• 肝障害がある• 出産経験がない• てんかんがある• 副腎皮質ホルモンの長期投与療法を受けている• 授乳中である•

次の

IUDのメリットとデメリット

避妊リング デメリット

精子が卵子に到達すると、女性は妊娠します。 避妊とは、精子と卵子が一緒にならないようにしたり、または卵子が産生されないようにすることです。 避妊方法の一つは、避妊リング(IUD です。 避妊リングは、小さなT字型のプラスチックや銅でできた器具で、医師によって子宮に挿入されるものです。 避妊リングは、精子と卵子が子宮内や卵管内で生き延びれないようにするように作用するものです。 受精卵が子宮に着床することも防ぐものです。 避妊リングは、長期作用型可逆的避妊法(LARC です。 これは1度子宮内に挿入されると、毎日、または毎回セックスのたびに避妊を考える必要はなくなります。 避妊リングの種類や大きさは数種類あります。 避妊リングはどのように作用するのか どのように妊娠を防ぐのか 避妊リングは子宮内避妊システム(IUS と同様のものですが、その作用は違っています。 子宮内避妊システムのように、ホルモンであるプロゲストゲンを放出する代わりに、銅付加避妊リングは銅を放出します。 銅は子宮内と卵管内の液体の構成を変え、精子が生き続けられないようにします。 避妊リングは受精卵が子宮内に着床することを防ぐことができます。 避妊リングの種類と大きさは種類があるため、色々な女性に合わせることができます。 産婦人科の医師によって、避妊リングはフィッティングをしてもらう必要があります。 避妊リングはその種類によって、5-10年子宮に挿入しておくことができます。 もし挿入時に40歳以上であれば、閉経に達するまで、または避妊が必要でなくなるまでそのまま置いておくことができます。 避妊リングの挿入をするには 避妊リングは妊娠していない限り、生理周期のどこででも挿入することが可能です。 すぐに避妊の効果があります。 避妊リングを挿入する前に、子宮のサイズと位置を測るために、内診をする必要があります。 これは避妊リングが正しい位置に挿入することができるようにするために行われます。 性感染症にかかっていないかについて、検査もします。 この検査は避妊リングが挿入されるまでに行うことが望ましく、挿入前に必要な場合治療を行うことができます。 避妊リングを挿入するのと同時に抗生物質を処方されることもあります。 避妊リングを挿入するまでに15-20分程度かかります。 子宮頸がん検査と同じように、腟は開いたままで、避妊リングは頸部を通じて子宮内に挿入されます。 挿入は不快で時には痛みを感じることもあります。 挿入後に痛みを感じることもあります。 局所麻酔を打ってもらうように医師に頼むか、痛み止めを挿入前に飲むようにすることができます。 局所麻酔自体が痛みがありますので、多くの人が打たずに挿入しています。 避妊リングが挿入されてから数日間は痛みや出血があるかもしれません。 事前に医師や看護師と話あっておきましょう。 3-6週間後、医師が避妊リングの状態を確認する必要があります。 この最初の検査の前後になにか問題があったり、避妊リングを取り出したい場合は、医師や看護師に相談しましょう。 自分やパートナーが性感染症の疑いがある場合は、医師に相談しましょう。 性感染症が骨盤内感染症の原因となる可能性があるためです。 以下のような症状がみられたら、かかりつけ医や避妊リングを挿入したクリニックで受診しましょう。 ・下腹部に痛みがある ・高熱が出る ・腟分泌物が悪臭がする こうした症状がある場合、感染している場合があります。 避妊リングを外す場合 いつでも避妊リングは医師によって取り出すことができます。 別の避妊リングを挿入する予定がなく、妊娠を望まない場合、避妊リングを取り外す7日前から、コンドームを使うなどの別の避妊方法を使いましょう。 これによって、精子が子宮に入らないようにすることができます。 精子は体内で7日間生存することができ、避妊リングを取り出せばすぐ妊娠が可能な体になります。 避妊リングを取り出したら、通常の受胎能力が戻ってきます。 避妊リングを使うことができる人とは 多くの女性が避妊リングを使うことができます。 妊娠したことがない女性でも、HIV陽性の人でも使えます。 病歴を尋ね、避妊リングが最も適した避妊方法であるかどうかについて、医師や看護師は確認します。 以下のようなことがあれば、避妊リングをしようすべきではありません。 ・治療をしていない性感染症や骨盤内感染症がある場合 ・子宮や頸部に問題がある場合 ・腟から理由のわからない出血をしている場合。 例えば、生理と生理の間の期間やセックス後の出血。 子宮外妊娠の経験がある女性や、最近中絶をした女性、人工心臓弁がある女性は、避妊リングを挿入する前に医師に相談をすべきです。 すでに妊娠している、または自分やパートナーが性感染症のリスクの可能性がある場合には、避妊リングを挿入すべきではありません。 自分やパートナーが性感染症についてはっきりわからないようであれば、婦人科等で検査を受けましょう。 出産後に避妊リングを使用する場合 通常、経腟分娩であっても帝王切開であっても、出産後4-6週後以降に避妊リングを挿入することができます。 避妊リングを挿入するまで、出産後3週間(21日間)は他の避妊方法を使うようにしましょう。 場合によっては、出産後48時間の間に挿入ができる避妊リングもあります。 母乳育児の間の使用も安全で、授乳には影響を与えません。 避妊リングを使用することのメリットとデメリット 避妊リングは避妊の効果的な方法とはいえ、避妊リングを挿入する前に考えておかなければいけないことがあります。 避妊リングを使用することのメリット ・妊娠したことがない女性も含め、多くの女性が避妊リングを使うことができる ・1度避妊リングが挿入されれば、すぐに効果が現れ、取り出すまで最大10年効果が続く ・セックスの妨げにはならない ・母乳育児をしている間も使うことができる ・避妊リングを取り出せばすぐに受胎能力が通常に回復する ・他の薬剤による影響を受けない 避妊リングを使うことで、子宮がん、頸がん、卵巣がんのリスクが高まるという証拠はありません。 感情の起伏の変化や性欲の変化がでる人もいますが、こうした変化は非常に少しです。 避妊リングを使うことで体重が増加するという証拠はありません。 避妊リングを使用することのデメリット ・生理期間が長くなる、痛みが強くなるなど、生理が重くなることがあります。 この症状は数ヶ月で改善します。 ・避妊リングは性感染症を防ぐことはできないため、コンドームも使用したほうがよいでしょう。 避妊リングを使用している間に性感染症に罹った場合、治療をしなければ骨盤内感染症になる場合があります。 ・避妊リングの使用を止めることの理由として多いのは、腟からの出血や痛みがでることです。 避妊リングのリスク 避妊リングを使用した後、合併症が起こることは非常に稀です。 ほとんどが使用開始後1年以内に症状が現れます。 子宮への損傷 1,000件に1件以下の割合で、挿入時に避妊リングが子宮や頸部を穿孔することがあります。 これは下腹部の痛みの原因となりますが、通常は他に何の症状の原因にもなりません。 避妊リングを挿入する医師が経験豊富である場合、こうしたことが起こるリスクは非常に低いでしょう。 穿孔が起きた場合、避妊リングを取り外す手術をする必要があります。 避妊リングを挿入した後にひどくお腹が痛んだら、すぐに医師に連絡をしましょう。 穿孔はすぐに治療する必要があります。 骨盤内感染は、避妊リングを挿入してから最初の20日で起こることがあります。 感染のリスクは非常に低いです。 性感染症のリスクが低い女性100人のうちの1人以下が骨盤内感染症に罹る可能性があります。 避妊リングの滑落 時々、避妊リングが子宮から滑落したり、位置がずれることがあります。 これは挿入してからすぐに起こることが多いですが、よく起きるわけではありません。 医師や看護師は避妊リングが正しい位置にあることのチェック方法を教えてくれます。 子宮外妊娠 避妊リングが外れて妊娠した場合で、妊娠の継続を望む場合は、避妊リングはできるだけ早く取り出す必要があります。 避妊リングを使用している間に妊娠した場合に、子宮外妊娠となるリスクは少しあります。 コメント:•

次の

避妊リングの正しい使い方|子宮内避妊器具(IUD)の特徴を理解して計画的な妊娠を!

避妊リング デメリット

避妊リングとは? 避妊リングとは別名「子宮内避妊用具」とも呼ばれ、 子宮内にリング状の避妊用具を挿入しておくことで、受精卵の着床を防ぐ効果のある避妊具です。 ピルと同じくらい確実な避妊効果を得ることができ、 一旦挿入すると2~5年にわたって避妊効果を発揮し続けてくれます。 このため、生活習慣や持病などにより定期的・継続的なピルの服用が難しい人や、多忙で継続した通院が難しい人、今後長期的に妊娠を考えていない人にはおすすめの避妊方法です。 ピルの持つ「ホルモンの作用による避妊効果」と、避妊リングの持つ「異物反応による長期的な避妊効果」の両方を併せ持っており、IUSとも呼ばれています。 付加された黄体ホルモンは子宮内で少しずつ放出され、避妊と同時に経血となる子宮内膜を薄くし、月経による諸症状を抑える効果も発揮します。 避妊リングを使用するメリット• 女性の意思を主体として、90%以上の確率で避妊ができる• 高年齢や持病があるなど、 ピルが飲めない人でも使用できる場合がある• 一度挿入すれば、 長くて5年もの長期にわたって避妊効果が持続する• ピルとは違い毎日飲む必要がないので、避妊に煩わされる心配がなくなる しかし一方で、デメリットとしては以下のような要素が挙げられます。 避妊リングを使用するデメリット• 挿入の処置は自分でできないので、 通院して医師による装着と除去が必要になる• 毎月の経血量や不正性器出血が増える可能性がある• 副作用として月経過多や腹痛、不正出血、疼痛などを伴うことがある• 妊娠・出産経験のない女性は、使用にあたって医師に相談しなくてはならない また、以下の条件に1つ以上当てはまる人は「IUDを装着してはいけない」「IUD装着にあたって注意が必要な人」と判断されます。 銅に対してアレルギー反応、IUDに対して迷走神経反射を起こしたことがある• 性器または子宮、その周辺に腫瘍や形態異常、何らかの炎症、感染症などがある• 原因不明の不正出血や、貧血による月経過多が見られる• 子宮外妊娠を経験したことがある• 現在妊娠している、または妊娠している可能性がある• 過去に出産経験が一度もない• 授乳中である• 先天性の心疾患、または心臓弁膜症がある• てんかんの持病がある• 血液を固まりにくくする薬を服用している• 副腎皮質ホルモンの長期投与を続けている• 産婦人科を含め、身体のどこかに重篤な疾患・持病がある など 避妊リングを使用できるかどうかは、最終的には医師の判断によって決定されます。 特に将来的な妊娠を考えている場合は、避妊リングの使用にあたって気になることはすべて医師に確認し、判断を仰いだうえで使用するかどうかを決めてくださいね。 おわりに:避妊リングは一度の挿入で、長く高い避妊効果が期待できる! 飲み忘れの恐れや持病などにより、ピルの服用が難しい人にとって、同程度の高い避妊効果が長期的に得られる避妊リングは、魅力的な選択肢です。 しかし、メリットが多い一方でデメリットもあり、使用に注意が必要な場合もあります。 避妊リングに興味がある方は、産婦人科の医師に相談して効果やリスクをよく理解したうえで、避妊リングを使用するかどうかを決めてください。

次の