琵琶湖競艇 特徴。 びわこ競艇特徴 有利不利 攻略法

ボートレース琵琶湖競艇場の特徴まとめ【予想のコツや抑えるべきポイント】|競艇万舟屋

琵琶湖競艇 特徴

こんにちは、の川田です。 滋賀県の面積の6分の1を占める琵琶湖の南西部に位置するボートレースびわこについて、特徴や有利不利・レース傾向などを考察してみたいと思います。 びわこ競艇場は同じ関西の住之江競艇場や尼崎競艇場のようなプールではなく、自然の湖である琵琶湖を利用しているわけですが、琵琶湖には海のような満ち干きが存在するのでしょうか?答えは「一応存在するけど海のような大きな影響を及ぼす規模では無い」と言う事になります。 つまり、びわこ競艇場のスタンドから水面を眺めるとあまりに広大で「海っぽく」感じてしまいますが、住之江競艇場や尼崎競艇場での活躍の多い選手でも、海水を使用している競艇場にありがちな、スタートに苦戦すると言う事は少ないです。 びわこ競艇攻略の鍵は「1コースの取捨選択」にあって、近畿4場の中でも随一のインコースの弱い水面として知られています。 これを書いている現時点ではナイター設備が無いので、気温の高い夏場はインコースの勝率が最悪で、気温の下がる冬季ではインコースの勝率が上がります。 この傾向は実は三国競艇場とは真逆であり、福井県にある三国競艇場では夏場よりも冬場の方がインコースが弱くなる傾向にあります。 インコースが弱いので、他の近畿3場と同じようにインコースを信頼して舟券予想を組み立てると、裏切られてしまう事が多いですので、よほど琵琶湖のインコースを得意としている選手以外は、よく注意を払って死角が無いかどうかをチェックした方が良いですね。 午後になると1号艇にA1級・2号艇にA2級の選手を配置した本命番組「ゴゴイチ特賞」が行われるのですが、インコースが若干不利になるように作られたコースレイアウトのため、オール女子戦などではかえって波乱番組として機能する側面があります。 例えば2014年の8月に行われた「ヴィーナスシリーズ第7戦びわこプリンセスカーニバル」では、合計4回組まれたゴゴイチ特賞の内3回が2連単1-2で決まらなかったのです。 まさにで話した「逆に張る」ような戦法が効果的だと言えます。 いくら意図的に番組マンがインコースに有力選手を配置したところで、元々のコースレイアウトがインコースにハンデをつけるような形状になっているのですから、もし、固そうだと思って大金をぶち込むような勝負をするのなら、琵琶湖のゴゴイチ特賞のようなレースではなく、インコースの有利な競艇場の準優勝戦などの方が信頼できそうな気がします。 どうしてボートレースびわこのインコースが比較的弱い傾向にあるかと言うと、第2マークが客席側の岸から70mの箇所にあるのに対して、第1マークは客席側の岸から44mの箇所にあり、ホームストレッチ側のコースは入り口が広くて出口が狭い形状になっています。 びわこ競艇場では1コースに進入する選手は大体第2マークから2艇身ぐらいの距離(5mから6mぐらい)をあけてスタート方向へ向きます。 それでも、26mもの幅員差のせいで、1コース艇は第1マークまで20m前後の「横移動」をしなければなりません。 当然、上図のような艇の進行角度でターン態勢に入るため、インコース艇になればなるほどターンに必要な旋回角度が大きくなり、減速が必要になります。 このようなホームストレッチ側の入り口が広くて出口が狭い形状は全国的に見られるコースレイアウトではあり、中には多摩川競艇場のように、2マーク側と1マーク側での幅員差が30m以上にもなる所もあります。 しかし、びわこ競艇場と同規模の幅員差の競艇場でも、びわこ競艇場ほど1コースが不利になっているコースの方が珍しいですね。 例えば唐津競艇場なんかは幅員差28mなんですが、統計データを見ると、びわこ競艇場ほど1コースは弱くありません。 他にも浜名湖競艇場は幅員差33mもあるのに、びわこ競艇よりも1コースがよく勝利しています。 私は最初、風の影響があるかも知れないと考えて、競艇場の写真を見たのですが、確かに唐津競艇場には防風林があるのに対し、琵琶湖と言う障害物の無い地理条件でありながら、びわこ競艇場には暴風壁のようなものは無く、これが原因かと思いました。 しかし、浜名湖競艇場を見ると、申し訳程度の植樹はしているものの暴風の役割を果たすには不十分ですし、琵琶湖と同じように湖に設置されている競艇場と言う事を考えてもどうして両場の1コース艇の勝率に違いが出るのかがわかりませんでした。 私は物理的な状況以外の事に目を向けてみたのですが、実は浜名湖競艇場はびわこ競艇場と比べるとSG・G1・G2・G3などの上級レーサーの集まるレースの開催数が多い事に気付きました。 私は福岡競艇場の特徴を調べる時にVTRを見ながら「コースレイアウトも重要だが、それ以上に選手の腕がモノを言う」と言う事に気づいていましたから、この競艇場の集客力や売上規模による「集まる選手の質」と言うのはかなり説得力があるように思います。 最初に申し上げたように、ゴゴイチ特賞のようにインコースを勝ちやすくお膳立てされたレースですら、レベルの低い選手は勝ちきる事が出来ないわけですから、斡旋される選手の質が低ければ低いほど、条件が同じ他の競艇場よりもインコースの統計データの数値は低くなるはずです。 私が競艇で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。

次の

【ボートレース】琵琶湖競艇場徹底攻略!特徴や予想の仕方を詳細解説!

琵琶湖競艇 特徴

琵琶湖 びわこ 競艇の特徴は?予想のコツを徹底検証 今回は「琵琶湖競艇場」で稼げる予想をする為に、ココだけは抑えとけって箇所を説明して行こうと思う。 まず、琵琶湖競艇は 全国屈指のイン受難水面の競艇場だ。 競艇は1コースがめちゃくちゃ有利な競技として有名だが、 琵琶湖競艇でセオリー通りの予想をしても負けるのがオチ。 実際に、自分の力だけで何度も勝負したが10連敗は容易かった。 では、何を抑えておけば琵琶湖競艇で的中する予想ができるのか? 俺が自身の経験や色々と徹底的に探った結果から見えてきたモノをまとめてみたので、是非最後まで目を通して欲しい。 1着率が低い順 競艇場 1着率 1位 戸田 43. 1%は中々低いと思う。 「じゃあ1コースが1着にこなそうなレースを選べばいい」と思ったそこのあなた。 大正解。 しかし、その勝負レースが見抜ければ苦労はしないだろう。 加えて、この数値を完全に鵜呑みにはできない理由がある。 それは、この統計の中には 特定の条件の元で行われる企画レースの結果も含まれているからだ。 琵琶湖競艇では1日に2レース行われるシード番組と、好枠に軸艇を配したシリーズ最終日の番組という企画レースがある。 例えば「ゴゴイチびわこ」では、1枠と2枠にA級選手が入るレースといった内容だ。 このレースの1着率は1コースが67. であれば、琵琶湖競艇の純粋な1着率はもう少し低い。 標高が高いことで燃焼効率が悪く出足に影響を及ぼしていることや、1マークの振りが大きいレイアウトなためセンター有利といった理由から、琵琶湖競艇の1号艇の勝率は他の競艇場と比べて安定しないのだろう。 1着率が高い順 競艇場 1着率 1位 江戸川 18. 琵琶湖競艇の2コースの勝率は全国で2位と異常な数値を叩き出している。 では、なぜ、不利な影響を受けるのは1コースだけで、2コースの勝率は高く安定するのか。 その理由は単純でイン寄りではなく「センター寄り」で走ること。 琵琶湖競艇には「びわこロード」と呼ばれるバックストレッチ内側を最短距離で走れる場所があるのだが、その場所を通れるかが鍵となる。 1マークに有利なセンター勢が良い位置どりができ、レースを有利に進められることや、差しが決まりやすくなるのが要因だろう。 加えて、琵琶湖競艇はうねりが発生しやすく、レースに影響を与えることがよくある。 琵琶湖回りの山から流れてくる雪解け水によって水位が上がることで、風の影響を受けやすくなりうねりが発生する。 うねりは1マーク付近が最も影響が強い。 その為、1号艇が影響をうけやすく、その間にセンター勢が優位に立つ。 このコトから、琵琶湖競艇ではセンターコースの勝率が高いと言える訳だ。 そんな琵琶湖競艇場の良くない流れを払拭する為に俺も色々考えたんだ。 そこから導いた答えを教えてやる。 琵琶湖競艇の特徴を知らなくても稼げる?? ここまで琵琶湖競艇の特徴について説明してきた。 だが、結局のところ個人でうねりの影響、選手の思考やスタートタイミングを予想するのは不可能に近いと判断した。 その理由は・・・個人で予想しても得られる情報量には限界があるし、うねりの影響を完全に予測するなど至難の技と言えるからだ。 要は、個人で予想するには限界があるってことだな。 では、どんな対策を取れば苦難が強いられる琵琶湖競艇でいともあっさり的中することができるのか。 答えは簡単・・・ 競艇予想サイトを使うってことだ。 彼らは、競艇で的中する予想を提供する為に日々思考を凝らしている。 であれば、うねりの影響などもしっかり予測するだろう。 加えて、何百・何千という競艇予想を提供し続けていることを加味すれば、彼らの予想に乗るほうが圧倒的に高確率で的中をモノにできるよな。 でも、ただ単純に適当な競艇予想サイトを使ったってダメなんだ。 要は、琵琶湖競艇で見事な結果を残している予想サイトを選ばなければならない。 俺が参加してきた数多くの競艇予想サイトの中から、琵琶湖競艇にめっぽう強いサイトを紹介する。 琵琶湖競艇といえば・・・。 SPEEDには検証目的で数多くの予想に参加したのだが、どの競艇場でもしっかり利益を獲得している事は確認済。 そんなSPEEDが、琵琶湖競艇の予想を提供した時。 これがかなりスゴイのだ。 スタート展示での前付けなど、見てもいないのに進入体形を把握。 しかもスタートタイミングや道中の仕掛け方などもしっかり読み切る素晴らし予想を提供する。 こんな予想サイトがあるなら使わない手はないだろう。 まだまだ参加母数が少ないから説得力はないかもしれないが、これ以上の結果を残している競艇予想サイトを他には知らない。 参加するのは個人の自由だが、琵琶湖競艇で稼げる予想を手に入れたいなら試しに参加してみることをオススメする。 今回紹介させてもらったサイトは、いずれもメールアドレス1本で無料予想が手に入る。 非常に簡単なので、空き時間にでもポチっとしてくれ! またSPEEDは、琵琶湖競艇以外でも結果を残している競艇予想サイトだ。 合わせて参考にしてくれればと思う。

次の

【ボートレース】琵琶湖競艇場徹底攻略!特徴や予想の仕方を詳細解説!

琵琶湖競艇 特徴

日本一の湖での競艇 滋賀県と言えば琵琶湖でしょう。 びわこ競艇場は滋賀県大津市にあり日本一の湖・琵琶湖の雄大な景観を楽しみながらレースを楽しめます。 びわこ競艇場はレース・賭けを楽しむのはもちろんデートや観光にもおすすめです。 びわこ競艇場は4階まであり、4階は指定席となっており落ち着いてレースを観戦できます。 さらに、4階には展望レストランがありレースを観戦しながら食事も楽しめます。 レースはもちろん、デートや観光でも訪れて欲しいびわこ競艇場ですが競艇はやはりギャンブル。 ここからはびわこ競艇場で舟券予想に参考となるデータを紹介していきたいと思います。 びわこ競艇場は時期によりインが弱い 競艇はインが有利なのは周知の事実です。 しかし、びわこ競艇場は時期によってはインが他の競艇場に比べて弱い傾向があります。 3%と他の競艇場と比べても平均的な数字です。 5%と他の競艇場に比べてインの勝率が低くなっています。 びわこ競艇場はその典型的なデータを示しています。 さらにびわこ競艇場は春から夏にかけて沖から強い風が吹くことで水面が荒れる傾向があります。 そのため、春・夏にかけてはインコースの1着率が著しく悪くなる。 もちろん、センター・アウト勢に比べれば1着率が高いのでインコースを完全に切ることはできないが春・夏のインコースには要注意だ。 びわこ幕開け戦・ゴゴイチびわこに注目 競艇場によって特徴的な特別のレースが組まれます。 びわこ競艇場ではG3と一般戦の第1Rと第5Rに企画番組が実施されます。 第1Rでは『びわこ幕開け戦』と銘打ち1号艇にA級選手が配置されます。 第5Rでは『ゴゴイチびわこ』と銘打って1号艇と2号艇にA級選手が配置されます。 これにより第1R・第5Rはインコースに実力上位の選手が入ることとなりレースの予想がしやすくなっています。 本命党は要チェックのレース番組です。 また、逆にインの実力者が舟券を外せは大穴になるので穴党も注目したほうがいいでしょう。 つまり、本命・穴党の極端な舟券予想をする人におすすめの番組です。 びわこ競艇場の出目データ 競艇の基本はインが強く1-2で決まることが多い。 びわこ競艇場もそれは同じようだ。 7%(407回)ある。 2番目に多いのは1-3で占有率10. 5%(242回)、3番目は1-4で占有率10. 5%(203)で1-2が圧倒的に多い。 インコースが崩れたときは荒れるが、1コースが逃げれば2コースが順当に2着になることが多いことがわかる。 このことからびわこ競艇場で舟券予想をするときは本命か大波乱で勝負するのをおすすめします。

次の