スマートex。 「スマートEX」と「EX予約」(新幹線予約)違い【運賃料金比較・予約のしかた】

スマートEXの割引は、さほどお得ではない。

スマートex

知らない間にのサービス、「スマートEX」が始まっていました(2017年9月から)。 新幹線のサービスって、なんだかが必須だったり有料だったりのイメージがすごく強かったのですが、いつの間にか(2017年9月から)普通の(でもでもなんでもよし)と普通のクレジットカードで登録ができるようになって、しかも無料だということで、利用してみたところ、確かに便利ではあるもののいくつか注意点があったのでまとめてみたいと思います。 スマートEXのいいところ 会費とかかかりません のサービスといえば、「」があったのですが、こちらは年会費1,080円で新幹線が少し安く予約できるというもの。 1年に1度乗るか乗らないかみたいなエコノミーユーザーは相手にされてない感じでした。 「スマートEX」の場合は、会員登録は必要ですが、会費とかかからないのでとりあえず登録しとくみたいなこともできます。 でもなんでもOKです の新幹線(東北・山形・秋田・北海道・・)でといえば、こちらは「」があったのですが、これは対応端末がもちろん必要な上、じゃない人は会費が取られたりとなんか微妙に不便なサービスでした。 「スマートEX」の場合は、クレジットカード機能ついていないでもでもなんでも(相互利用可能なものなら)登録できますし、ほとんどのクレジットカードが使えるので、かなり良心的です。 ただ、のエリアに限られる(例えばなら東京~まで…)ので、使う機会はあまりなさそうですが…… 切符を無くす心配ナシです 飛行機とか、になって久しいので、新幹線の1万円以上する切符を持ってるとそれだけでなんか緊張しますが、当たり前ですがなので、切符をなくす心配がありません。 「スマートEX」の使い方、かなり簡単でした 1. 会員登録する 公式サイトから、会員登録をします。 このとき、クレジットカードとを登録します。 は英数字15桁の手入力が必要です。 クレジットカード同様、番号が間違っていたらアラートを返してくれます。 予約する のぞみ、ひかり、こだまの指定席、自由席、普通車、、どれでも予約できます。 指定席の場合、座席表が表示されて細かく指定できるのが嬉しい。 直前の予約だと、隣に人がいない席とかも選べます。 登録したICで乗る 在来線の改札も、新幹線の改札も、登録したで「ぴ!」とやって乗ります。 在来線の分の料金は、その際勝手にされます。 新幹線改札で「ぴ!」とやると、こういう利用票がもらえます。 普通の新幹線は降りるときに改札を通すと回収されてしまいますが、これは回収されないのでチケットコレクターとしては嬉しいです。 出るときも改札で「ぴ!」とするだけ 指定席の場合、席番号の照合は車掌さんが手持ち端末でやってくれてるので、指定の席に座ってれば車内改札とかもありません。 出るときも改札で同じを「ぴ!」とすれば出られます。 スマートEXの最も大きな注意点、ふつうに買うよりも割高になる可能性ありです スマートEXの説明のページに小さく書いてあるこちらの文章が、いちばん大きな注意点だと思います。 乗車券・の効力が一体となった専用商品です。 「 東京都区内」「内」といった所定の乗車券に適用される、いわゆる「特定都区市内制度」は適用されません。 新幹線乗車駅まで(降車駅から)在来線をご利用の場合は、別途在来線の運賃等が必要です。 このため、 利用によっては、駅窓口等でお買い求めいただく所定のきっぷと比べて「スマートEXサービスと在来線の運賃等の合計額」の方が、高額になる場合があります。 (引用元:) 噛み砕いて書くと、以下2つの場合があります。 乗車券とを別々に購入できないので、微妙に割高になる可能性ありです スマートEXで乗る場合、「乗車券とを別々で購入」ができません。 JRの乗車券は距離が長ければ長いほど料金がお得(なことが多い)ため、在来線にある程度の距離乗って新幹線に乗り継ぐ、あるいは新幹線同士を乗り継ぐ場合に微妙に高くなる可能性があります。 例えば「東京から名古屋、名古屋から新大阪でそれぞれのぞみに乗る」ときに、 「東京から新大阪までの乗車券代(8,750円)」+「東京から名古屋の代(4,830円)、名古屋から新大阪の代(3,210円)」= 16,790円 だったのが、 「東京から名古屋の乗車券+代(10,890円)+名古屋から新大阪の乗車券+代(6,160円)」=17,050円 になるので、微妙に高いです。 かなり微妙ですが。 (JRの乗車券の計算、色々複雑なので間違ってたらすみません) 2. 「東京都区内」などの制度がないので、やはり微妙に高いです 今まで、新幹線を買うとき、「東京都区内〜内」のような切符になっていて、〜間などがタダで乗れてラッキー、だったのが、スマートEXの場合、その制度がありません。 なので、〜間、ばっちりから引かれます。 ただし普段から通常料金より200円安く、「EX早特」という割引サービスもあるみたい ただし、その微妙さを見越してか、スマートEXでは普通に予約するだけで、通常の料金より200円ぐらい安いので、新大阪〜間ぐらいだったらスマートEXの方が得な可能性もあります。 引用元: 細かく運賃計算したい人はこちら: また、3日前や21日前に購入すれば若干割安になるEX早特、というサービスもあって、もう何が何やらです。 再びただし、EX早特は、割安になるやら時間やらが限られているので、「これに当たればラッキー」ぐらいに思っておいた方がいいかもしれません。 なにがなんでも安く買いたい、という人以外は、スマートEX利用するなら、数百円〜数千円の誤差のことはあんまり考えないようにしましょう。 なにがなんでもの場合、それこそ今までの「」の方がいいじゃんみたいな話も出てきますから…。 余計なことは考えなくてよくて便利、というのがスマートEXの利点だと私としては思います。 スマートEXのごく個人的な注意点 以下は気にするほどでもないですが個人的な注意点です。 JR在来線と新幹線、同じで乗るしかありません これは私用と業務用でを使い分けしている私のような人のみに当てはまるポイントかもしれませんが、乗り換え改札をそのままで通り抜けると、在来線で乗ってきた場合と同じで新幹線にも乗るしかありません。 さらに着いた先で乗り換え改札からそのままJRに乗り継ぐと、そこも延々同じになります。 交通費を私用と業務用で使い分けたい場合、一旦改札出るとかしなくてはいけないので、面倒です。 予約の変更はできるけど、やや使い勝手悪し スマートEXは、乗車前(新幹線の改札でぴ!とやる前)なら何度でも無料で予約の変更が可能です(差額が発生する場合は差額必要)。 と言ってもこれ、でも同様にできたので、これまで私は、遅めの時間帯で指定席を予約して、当日、駅についてにすちゃっと切符を入れて、すちゃっとその時乗れる一番早い便に変更する、ということを頻繁にやっていたのですが、スマートEXの場合、手持ちのでそれをやることになります。 と聞くと便利そうなのですが、この変更のステップが、操作感の問題との通信速度の問題で、でやるよりも微妙に時間がかかります。 体感としては、で2分でできてたのが、5分はかかる感じ。 微妙な差ですが、を5分、移動中に落ち着いて操作するのってなかなか難しい。 歩きながらとかだともう無理です。 そしてこの変更、新幹線の改札でぴ!としてしまったあとはできません。 なので、新幹線の駅に到着する前にどこかで落ち着いて変更しなければならず、けっこう余裕を持って変更することになり、駅の待合室でぼけっと時間を持て余すことが多くなったような気がします。 個人的な都合ですが。 なんかちょっと使いづらい、変更画面。 特に時刻をいちいち選ぶところがとても面倒。 すぐログアウトするので、会員番号やパスワードを何度も聞かれます スマートEXのサイトでは、勝手にログアウトする頻度がかなり高いです。 ログイン中に、で別の操作をしてるとすぐログアウトする感じです。 クレジットカードを一度登録すれば、次からもチケット購入できてしまうサイトなので、仕方ないといえば仕方ないのですが、何度もパスワード入れなきゃいけなくて面倒です。 ついでに、会員IDがメールアドレスではなく、独自の会員番号(変更不可)なので、これを忘れるともう、ものすごく面倒です。 これもあって、移動中に予約の時間変更しよう、というのがとても面倒。 たしかに何度でも変更できるけど、実際に何度も変更することはあまり想定してない感じです。 端末での切符変更や受け取りに必ず「パスワード」を聞かれます スマートEXの専用機や、いつものでも、変更や発券ができます。 ですが、このとき必ず「スマートEXのログワードを手入力」する必要があって、これ、特に急いでる時はものすごく面倒です。 予約の場合は、クレジットカードの暗証番号でできるのにな。 ちなみに&でも結構いろいろできます いくつかのサイトで、「もう窓口の長蛇の列に並ばなくて大丈夫!」というように書いてあるサイトがあって、いやいや今までの「」との組み合わせでもできましたよ、と思ったので、スマートEXじゃなくても、とでできることを書いておきます。 でももちろんできます。 座席指定は、スマートEXのように座席表までは出ませんが、A席指定などざっくりできます。 で予約した場合、予約した時のクレジットカードをに入れて4桁の暗証番号を入力すると、予約分の切符が発券できます。 窓口に並ぶ必要ありませんし、8桁以上のパスワードとかもいりません。 発券した後も、にすちゃっと切符を入れると、「1度まで」無料で変更できます。 だったら、つかうか、とお考えの関西の皆さんは、切符の受け取りが「の駅」に限られてしまうのでご注意ください。 参考: 個人的には、のの操作感がけっこう好きなのです(それに尽きるかも)。 スマートEX、だいたいわかったので、次きねっとで取るかもなー、というところでした。 もう少し、操作感が改善されたら良いのになー。 関連するかも記事 tamura38.

次の

Suica・PASMOなど交通系ICカードだけで新幹線に乗れるスマートEXは便利

スマートex

Contents• 首都圏・東海にお住いの方はJR東海エクスプレス・カード、関西の方向けにはJ-Westカードという住み分けになっております。 この提携カードを発行してエキスプレス予約を使うととても便利なのですが、二つ問題点がありまして、「 公式HPでカードのベネフィットがわかりにくい」「 還元でもらえるJ-Westポイントの汎用性が低い」ということでした。 一つ目の問題点、公式がわかりにくいというのは、当サイトのに使い方を詳しくまとめていますので、参考にしてください。 で、二番目の問題点を解決するには、 手持ちのクレジットカードにエクスプレス予約をプラスするという方法がありました。 こちらの方法だと「グリーンプログラムが使えない」のと「一部対象外のクレジットカードがある」のが問題点です。 スマートEXの概要 は 年会費なしで、 ネットで新幹線を予約し、手持ちのSuicaやPasmoなどで東海道・山陽新幹線に乗車できるサービス。 2017年9月30日に始まりました。 あらゆるチケットがネットで予約できるこの時代に、新幹線 だけ は一般にはネット予約ができず、上記のようにエクスプレス予約の会員にならねばなりませんでした。 「スマートEX」サービスの目玉は3点! ネットで予約!予約変更は何度でも無料 有料会員にならずとも新幹線がネットで予約できるようになりました。 しかも ネット上で予約変更は何回でも無料。 これはかなりのメリットです。 また、この表からわかる通りネットから予約することで 窓口価格よりも一律200円安くなります!実際の予約のやり方などはこの先の項目で紹介します。 手持ちのクレジットカード登録ですぐ使用可能 これまでエキスプレスカードやJ-Westカードに入会することで使っていたエクスプレス予約。 確かに窓口で買うよりかなり安くなるので便利でしたが、 決済で貯まるJ-Westポイントがとにかく貧弱。 例えば PontaやTポイントに交換することはできず、JALやANAのマイルにすることもできません。 その詳細はにまとめましたが、 現実的にはICOCAに再チャージするしか選択肢がありませんでした。 高還元率カードで新幹線代が決済できるのなら、かなりメリットになる可能性があります。 ちなみに私がメインカードにしているのは、 JALカードよりJALマイルが貯まり、しかもウエスティンなどのホテルをもつホテルチェーンSPGの 上級会員資格が付帯する SPG・アメリカンエキスプレスカード。 手持ちの交通系ICカードで乗車可能 さらに、これまでは通常の交通系ICカードの他に EX-ICカードを持ち歩く必要がありましたが、スマートEXでは手持ちの交通系ICカードに紐付けられるので、余計なカードを持ち歩く必要がなくなります。 スポンサーリンク スマートEX利用までの手続き スマートEXに登録するにはからメールを入力。 その後送られてくる入力フォームに手持ちのクレジットカードと手持ちの交通系ICカードなどの情報を入力、これで完了です。 うん、ちゃんとSPGアメックスでも登録可能でした!この最初の画面はエクスプレス予約の画面とほとんど同じですね。 左上のロゴが違うくらい。 スマートEXのネット予約は確かに便利! では実際にスマートEXでの予約をやってみます。 希望の時間を入力すると、前後の新幹線がリストアップされるので好きな電車を選択。 普通席・自由席と見込み運賃が表示されます。 運賃クラスを指定後、座席を選ぶをクリック。 座席表の中から好きな席を選べますね。 これは視覚的にもわかりやすくて良い! で、最後に確認画面があるのでこの後クレジットカードのセキュリティコードを入力して終了です。 簡単ですね!ちなみに作業的にはエクスプレスと全く同じシステムです。 スマートEXのデメリット・注意点 従来の新幹線のチケットは在来線との接続が無料で、例えば「東京都内は無料」と言った感じで在来線区間の運賃はかかりませんが、 スマートEXの場合は在来線部分には追加料金が必要です。 なので、額面上200円安いと言ってもその先の在来線の値段を考えて選択する必要があります。 スマートEXでどれくらい安くなる? さて、では肝心のお値段。 実際どれくらい安いのか? スマートEXの実際の値段を見る前にまずはエクスプレス予約での割引運賃の値段設定から確認します。 こちらが 乗車当日まで予約できる商品。 これまたわかりにくいですね。。 で、こちらが 早めに予約すると安くなる商品たち。 さらにこちらも。 色々あってややこしいですが、グリーン車関係とこだま関係の運賃を割愛すると 直前まで予約可能:EX予約・EX予約往復・e特急券 前もって予約必要:EX早特・EX早特21 と、このように理解すればOK。 この中で最もお得なのは EX早特21なので、諸条件をチェックします。 EX早特 ・3日前までの予約 ・長距離区間の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車。 土休日はさらに割引あり。 スポンサーリンク 両方のアカウントで値段調査!結局どーなのよ? で、次に実際に二つのアカウントで同じ便を検索して値段を比較してみます。 原則としてスマートEXは窓口価格より200円安いということになっていますが、実際のところがHPからだけではよく見えてきません。。 EX早特21 最も新幹線が安くなる運賃・EX早特21。 新大阪から東京で、設定のある13:45の便を検索したところ・・ まずエクスプレス予約の場合。 新大阪〜東京で11000円は結構安いですね! 次にスマートEXでEX早特21運賃。 ありゃ、 こちらも11000円ですね。。 HPでは スマートEXでも、EX早特21は予約できるような記載になっていますが、実際にも利用可能!じゃあエクスプレス予約っていらなくね?となりますが・・・(下に続く!) EX予約 で、次に普通のEX予約の場合を見てみます。 エクスプレス予約だと、 新大阪〜東京で13370円。 指定席料金がかかりません。 対するスマートEX。 自由席で13620円。 エクスプレス予約の方が250円安いですね。。 さらにこちらは指定席料金がかかるので、 指定席で比較するとエクスプレス予約の方が880円安い! 参考:短距離線 ここは参考。 個人的にたまに使う京都〜西明石。 これならどうでしょう? エクスプレス予約だと指定席でも3300円。 スマートEXだとエクスプレスより 自由席で10円、指定席で330円高くなりますね。 片道でこれなので、 年に何回も往復するなら案外大きな違いになってくるかもしれませんね〜。 スマートEXとエクスプレス予約の値段比較 なんだかこんがらがってきたなので、一覧表にして整理しましょう。 スマートEX エクスプレス予約 プラスEX エクスプレス予約 エクスプレスカード J-WESTカード 区間 東海道・山陽新幹線 東京~博多間 東海道新幹線 東京~新大阪間 東海道・山陽新幹線 東京~博多間 条件 ネット入会 ネット入会 提携カード発行 年会費 なし 1080円 1080円 グリーンプログラム なし なし あり 早特 あり あり あり モバイル対応 モバイルSuica Apple PayのSuica モバイルSuica 在来線接続無料 なし なし なし 東京〜名古屋 普通車指定 10890円 10110円 10110円 東京〜新大阪 14250円 13370円 13370円 というわけで色々調べてきましたが結論とまとめは下記の通り。 ちなみにグリーンプログラムについては参照です。 グリーンポイントは 有効期間が短いポイントなので、かなり頻繁にそれなりの距離乗らないとあまりメリットがありません まとめ ・スマートEXは原則普通料金より200円引き。 ・最安運賃のEX早特21はスマートEXでもエクスプレス予約でも使える。 ・エクスプレス予約は指定席料金がかからない点が有利 ・自由席予約を前提としても、年に何回も新幹線に乗るならエクスプレス予約との値段の差が効いてくる。 まとめ やっと年会費を払わずともネットで新幹線が予約できるようになったので、これまで使ってきたエクスプレス予約とJ-WESTカードを解約して良いものか色々調べてみました。 最安料金である EX早特21に絞って利用するならエクスプレス予約は解約しても良さそうですが、短距離〜中距離でも年に数回以上新幹線に乗るなら年会費1080円はすぐに回収できそうです。 むしろお得になる可能性アリでしょう。

次の

スマートEXで新幹線がネット予約できるけど、結局いくら安いのよ?エクスプレス予約と徹底比較!

スマートex

期間中「スマートEX」に セゾンカード・UCカードを ご登録のうえ、 スマートEXで東海道・山陽新幹線を ご利用いただいた方の中から、 抽選で 50名様に 永久不滅ポイント 500pointを プレゼントいたします。 期間:2018年9月7日 金 ~10月21日 日• エントリーは本会員様に限ります。 当選者の発表は2019年1月お支払分のご利用明細への記載をもってかえさせていただきます。 永久不滅ポイント対象外カードの方へはUCギフトカード2,500円分をプレゼントいたします。 また、当選者の発表は、賞品の発送(2018年12月下旬)をもってかえさせていただきます。 UCポイント対象の方へは、UCポイント500pointをプレゼントいたします。 また、当選者の発表は、2019年1月お支払い分のご利用明細への記載をもってかえさせていただきます。 (株)クレディセゾンが実施するほかのキャンペーンとの重複当選はございません。 「エクスプレス予約」でのご利用は本キャンペーンの対象外となります。

次の