ナポレオン の 辞書 に ない 言葉。 【本日の名言】優れた能力も機会なくしてはとるに足りない by ナポレオン の意味・解釈・教訓とは?

ナポレオン一世が言ったとされる「余の辞書に不可能の文字はない」の出典は何か。

ナポレオン の 辞書 に ない 言葉

いきなり自分ごとですが、僕はあまり洋画が得意ではありません。。。 なんか物語の展開が早くて、自分の感情が追いつかないことが多いです。 感情の移り変わりが唐突なんですよね。。。 共感求む。 (僕だけなのかな。。。 ) 感情描写も文化の違いがよく出るところだな〜と感じながら、映画観たりしてます。 そんな洋画が苦手な僕でも好きな映画がありまして、それがこの前観た レ・ミゼラブルです。 ミュージカル映画なのですが、とてもとても感動しました。 映画にこんなに引き込まれたのはホント久しぶりな気がします。 この映画の舞台は1700年後半のフランス革命の時代。 その時代にひときわ台頭した人物、 それが ナポレオン・ボナパルトです。 今日はフランスの 皇帝ナポレオンの名言を紹介します。

次の

ナポレオンの名言・格言集。果敢な行動力の言葉

ナポレオン の 辞書 に ない 言葉

受験シーズンもそろそろ終盤戦を迎え、受験勉強でボロボロになった辞書を見ながら合格の感慨に浸っている受験生も多い時期です。 「辞書」と言われてまっさきに思い浮かぶ人物といえば、「余の辞書には不可能はない」という台詞が有名なナポレオンですが、そんなナポレオンの一言を実際に再現した「ナポレオン辞書」なるものが存在したことをご存知でしょうか? その正体は、学研から出されていた国語辞典。 タイトルに『ナポレオン辞書』と銘打たれている以外は普通の辞書なのですが、問題は「ふ」のページ。 「不可能」が想定される行は、何にもない空白状態で、まさに「『不可能』がない辞書」だったのです。 ちなみに限定の販促品ゆえ非売品で、現在は入手不可能となっています。 しかし「単語がない辞書」はナポレオンだけではありません。 例えば、竹内まりやの名曲『September』には、意中の人から借りた辞書の「ラブ」という言葉を切り抜いて返すという一節が登場。 文字通り「ラブ」がない辞書を渡して、自分の恋に別れを告げるというおしゃれすぎる失恋方法だったのです。 またアーティストの森村誠は、新聞や辞書に乗っている「t、h、o、m、a、s」以外の文字を塗りつぶしたアート作品「Dear Thomas」を発表しています。 ナポレオンの名言は、本当は「不可能はフランス語ではない」が正しいという説もあります。 しかし、名台詞に名曲、アートなど、単語をなくすことだけで、あらゆるシチュエーションで存在感を示せるとは、やはり辞書の力は偉大なようです。 23(2015年2月14日発売).

次の

フランス語に、「不可能」という言葉はありますか?

ナポレオン の 辞書 に ない 言葉

そもそもナポレオンってどんな人なの? ナポレオンは学生時代から天才っぷりを発揮して数学に関しては学校で優秀な成績を収める。 その後、砲術師として軍隊に入ると、目覚ましい活躍をして、議会制を経て皇帝へと成り上がります。 あの当時のフランスから考えても、結構激烈な人だったという印象です。 戦争に次ぐ戦争をして、フランスを諸各国から守るように紛争したり 逆に命令に従わない国に大群で攻め入ったりしてたんですよね。 そして、妻に対してかなり愛情が深かったのです。 どれくらい深かかったかと言うと、ナポレオンからの手紙を読んだ妻が 「ウザい」 という程でした。 命令に従わなかったロシアに対して遠征をしていた際に 寒さのために兵士が鼻水を腕で拭きこするのを見て 「なんてはしたないんだ!! ってかめっちゃ汚い!! その時、ギロチンによる処刑も言われたのですが、一度はフランスを救った英雄ということで 彼は島流しの刑になってしまったのです。 でも、ナポレオンさんは自力で島を脱出して、帰ってきちゃうんですよね… しかも、皇帝に復位するんです。 なぜならこの時、欧州をどうするかの会議をやってたんですけども あぁでもないこうでもないをやってました。 そんな背景があったために、ナポレオンも妥協案を出したんですけども 受け入れられずに結局戦争になってしまいます。 戦争に負けたナポレオンは再び島流しになり 今度は帰ってこないようにと厳しい監視が着けられるようになります。 死因不明 二度目の島流しの後、ナポレオンは病に倒れます。 公式の見解では胃がんであったと言われます。 しかし、そこに疑問が浮かぶのがナポレオンが残した言葉 「死んだらイギリスに暗殺されたと思って」 フランスに彼の遺体を返還するために彼の死後遺体を掘り返してみると 不思議な事に一切腐敗した形跡がない。 おいおい、これはヒ素が使われたんじゃねぇのか… とナポレオン暗殺説が浮上したわけです。 また、島流し先の管理人であるハドソン・ローという提督がめちゃくちゃ嫌なやつで ナポレオンをこれでもかというくらい嫌がらせしていたと言います。

次の