バッタ大量発生 2020 日本。 バッタの大群は日本に来るのか⁈なぜ巨大化した⁈大きさや現在位置が気になる!

大量発生したバッタは中国から日本に来るのか?影響や被害について考察

バッタ大量発生 2020 日本

サバクトビバッタが大繁殖して世界各地で食糧危機を招いているようです。 日本では馴染みが薄いですが、バッタによる被害は蝗害 こうがい と呼ばれ、世界的にはずいぶん昔から 自然災害の1つとして扱われているようです。 2020年にもアフリカのサバクトビバッタが大繁殖を果たし、農作物に壊滅的な被害を与えているとのことで、さらなる被害抑制のために効果的な対策が求められているとのこと。 そんなとき僕のようなド素人は「バッタを食用として食べれば、食糧危機と駆除の対策ができて一石二鳥なのでは?」と考えてしまいますが、実際どうなんでしょうか? 今回はサバクトビバッタを食用として食べることができるのかについて調べました! 下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【蝗害】サバクトビバッタは食用で食べるのは無理? 結論から言いますと、 サバクトビバッタは食用として食べることが可能なようです。 FAO(国際連合食糧農業機関)のレポートにも、 In Africa, the desert locust, the migratory locust, the red locust and the brown locust are eaten. アフリカでは、サバクトビバッタ、トノサマバッタ、赤いイナゴ、茶色いイナゴが食べられています。 という記述がされており、現地では焼いたり炙ったり揚げたりとさまざまな食べ方をされているとのこと。 kovbh がシェアした投稿 — 2019年 1月月25日午前3時22分PST 北アフリカのフランス語圏では 「砂漠のエビ」という美味しそうなネーミングまで付けられているようです。 ここまで見ると「じゃあ普通に食べれて食料として活用できるじゃん!」と思いますよね? しかしそれは大量発生していないサバクトビバッタの話とのこと。 実は、蝗害となるほど大量発生したサバクトビバッタを食べることはかなり無理があるのだとか。 オランダにあるワーゲニンゲン大学の教授で、FAOによる報告書の著者の一人でもあるアーノルド・ヴァン・フイスさんも、 メールでの取材に「よく聞かれるんだけど」と前置きしつつ、 「食べることを(バッタの)対策にするのは、忘れましょう」とコメントしているみたいです。 大繁殖したサバクトビバッタが食用として活用できない理由とは一体・・・? 【蝗害】サバクトビバッタを食料として食べられない理由! ウィキペディアの情報だと、蝗害で食糧不足になったときには、不足した食料をバッタで補うということがあったようです。 大型の種がいる地域では、イナゴ同様に食用にされる。 古代よりトノサマバッタやサバクトビバッタによる蝗害が度々起こるアフリカや中東地域では、古くから捕まえて食用としていた。 中東にルーツがあるイスラム教やユダヤ教は食に関する細かい規則があるが、前述のように預言者や聖人が口にする記述が聖典に記述されており、イナゴと同じく例外的に扱われる(ハラールを参照)。 中国では素揚げや炒め物にして食べる。 しかし上述した通り、近年では大繁殖したサバクトビバッタを食べることは「好ましい対処法ではない」とされています。 その理由を簡単ですが調べてまとめてみました。 味がまずい・おいしくない まずは大繁殖したサバクトビバッタは 味がまずい・おいしくないというのがあるようです。 そもそもバッタはイナゴと違って殻が固く、食べたときに苦味も強いのだとか。 サバクトビバッタは肉が少なくてスジが多くて食用に向かないってあったけどどうなんでしょうか…. アフリカの該当地域で食用にする習慣はあるようだが… 群生相のサバクトビバッタって見るからに省エネでイナゴなんかに比べると如何にも食べでが無さそうではある。 飢餓状態で体の中はスカスカ、飛行に適応するために全身が硬くなり、生物濃縮で毒持ち、あげくにカロリー貯蓄のため体の油分をワックス化しているとなればもうどうやっても美味しくないと思いますね…。 このように 消化がすこぶる悪いということも、サバクトビバッタが食用として向かない理由みたいです。 殺虫剤に汚染されている 大量発生した サバクトビバッタは殺虫剤によっての汚染がひどいようです。 大量発生した時点で殺虫剤が散布されるようで、サバクトビバッタの体には大量の殺虫剤が付着している可能性が非常に高いとのこと。 日本で唯一サバクトビバッタの研究者である、バッタ博士の前野ウルド浩太郎さんの解説。 殺虫剤で駆除しているので食べられないと。 殺虫剤にまみれたサバクトビバッタを食べれば、当然人体にも何かしらの影響が出てくる可能性があるようなので、大量発生したサバクトビバッタを食べるのは現実的にありえないようです。 ちなみに、 「殺虫剤に汚染されたサバクトビバッタを大量に集めて市場で売っていた」 という時代も少し前にあったようですが、あまりにも危険な行為のため現在では 大量発生時のサバクトビバッタの売買は禁止されているとのこと。 サバクトビバッタには毒性がある? 殺虫剤での人体の影響の他に、 「サバクトビバッタには毒性があるから食べれない」という情報もネットでは見られました。 これについては有力な情報がなかったんですが、どうやら毒性のある草や農薬のついた作物も見境なしに食べるからではないかと言われているようです。 大量発生したサバクトビバッタは凶暴化する上に、餌不足でなんでも食べるためという見方が強いようです。 軽く調べただけですが、ニジェールではバッタは食べるけれども、今回の騒動になっているサバクトビバッタは食べないらしい。 蝗害対策として殺虫剤を使用するので、食べるのは危険。 毒性のある植物も食べるので危険。 などの意見がありました。 — 地球放浪21年目 Qリプトラベラー cryptraveler サバクトビバッタは、毒性の植物も食べるから、毒が蓄積されてるよ。 — 熱血タツボン博士🦕🦖🐢 098Tatsubon またサバクトビバッタは餌不足から共食いをするらしく、 共食いによって毒性の蓄積濃度が濃くなるようですね。 サバクトビバッタが厄介すぎる。 食いもん食い尽くしたら毒素ある植物くって蓄積、更に共食いで蓄積。 食べる部分はすくなく、外骨格、特に頭がかたくもがなきゃいけないしそもそも食うのは危険。 死んだら死んだで土地汚染して農業不可。 普段は害無いしで予防は無理。 1個体ずつ調べるのも無理がありますし、やはり食べるのはちょっと・・・。 サバクトビバッタを食用として使えれば駆除と食糧不足対策にもってこいなんですが、 ・味がまずい・おいしくない ・殺虫剤に汚染されている ・毒性を蓄積している可能性がある という理由から、現実的ではない方法のようです。

次の

バッタ大量発生の現在地はどこ?日本に来る?怖い・ヤバイという声多数!

バッタ大量発生 2020 日本

「この…大群は…恐ろしい」 アルバート・レマスラニ氏は4月、アフリカ、ケニア北部で息を弾ませながらこう言った。 レマスラニ氏は自身を撮影した動画のなかで、サバクトビバッタの群れをはたきながら歩いている。 体長5センチ余りのサバクトビバッタは厚い雲のように同氏を取り囲み、1万組のトランプが一斉に切られているかのような羽音を立てる。 「数百万匹はいます。 あちこちで…食べています…悪夢が現実になったような光景です」。 レマスラニ氏はうめくように語った。 最大2500万人が食料不足に レマスラニ氏(40)はケニア中部の村オルドニイロに家族と暮らし、ヤギの世話をしている。 ヤギたちは低木や高木を食べて生きている。 レマスラニ氏は地元の言い伝えでしかサバクトビバッタを知らなかった。 ところが2020年、食欲旺盛なサバクトビバッタの大群が数十年来の規模で東アフリカに押し寄せた。 サバクトビバッタは底なし沼のような食欲の持ち主で、農業に壊滅的な被害をもたらす恐れがある。 成虫は自身の体重と同じ量の植物を1日で食べることができる。 サバクトビバッタの体重は約2グラムだ。 群れはニューヨークを埋め尽くしても余りある規模の700億匹に達することもあり、その場合、約13万6000トンもの作物が1日で失われる計算になる。 もっと小さな4000万匹の群れでも、3万5000人分の1日の食料に匹敵する量の植物を1日で食べてしまう。 今回の大量発生は、エチオピアとソマリアでは過去25年、ケニアでは過去70年で最悪の規模となっている。 一帯は作物の生育期を迎えており、新型コロナウイルスの影響で対策が難航している間に、サバクトビバッタの群れは増殖している。 国連食糧農業機関(FAO)は、東アフリカの最大2500万人が2020年、食料不足に見舞われると試算している。

次の

新型コロナより危険!バッタ大量発生は中国だけじゃなく日本も危険!?

バッタ大量発生 2020 日本

バッタの大量発生はなぜ起こる? 蝗害は主にアフリカなどで起こる事が多いのですが、なぜこうしたバッタの大量発生が起こるのでしょうか? 先に結論を言ってしまうと、その原因は主に 「大雨」による影響が大きいと言われています。 ではなぜ大雨が原因でバッタの大量発生が起こるのか、順を追って説明します。 大雨により植物が繁茂 バッタの主食は草などの植物です。 植物は雨季に雨が降る事により成長していくのですが、通常であれば 雨は数日しか降らないため、一か月程度で枯れていきます。 しかし 大雨が降ると、草が枯れるのが通常より遅くなります。 すると雨季の始まりを合図に孵化したバッタが、 エサを求めて草木が残っている場所に一斉に集まってくるのです。 そしてその場所から移動することなく、数世代に渡りどんどん繁殖していきます。 バッタの繁殖力は非常に高いので、あっという間に数を増やしていきます。 そして草がやがて枯れていきますので、 草が残っている狭い範囲に大量のバッタが集まっていき、ますます数を増やしていくのです。 バッタの「相変異」 バッタはそもそも「孤独相」といい、単独行動を好む生き物です。 しかし上記のように 狭い範囲に大量のバッタが集まる事で、「群生相」と呼ばれる移動に適した生態に変化します。 (この変化を「相変異」といいます。 ) 「群生相」に変化したバッタは、暗色への変化や羽が長くなったり、足が短くなったりと、見かけ上もさまざまな変化が。 さらに群生相になったバッタは1日に100km以上もの距離を移動し、その過程で小さい群れ同士がどんどん合流していき、ますます巨大な群れに成長していきます。 大量発生しているバッタは、こうした「群生相」に変化した個体の集まりなのです。 バッタ大量発生の日本への影響はある? 日本では、気候の問題や土地の狭さが影響して、蝗害が発生したことはほとんどありません。 ただ全く発生しないかと言うとそんなことは無く、少なくとも明治時代には大量発生が確認されており、当時の陸軍はバッタの群れに大砲を撃ちこむなどして駆除に務めたのだとか。 しかし、アフリカなどで大量発生したバッタが日本に移動してくる可能性はないのか?という心配をする人もいると思います。 こちらも結論からいうと、その心配は無用です。 というのも、アフリカなどで大量発生しているバッタは主にサバクトビバッタと呼ばれる種類なのですが、この サクビトバッタは寒さに弱く、1,000メートル以上の山は越えられないと言われています。 (参考:) そのため、少なくとも 大 量発生しているバッタが日本に移動してきて蝗害をもたらすという可能性は無いようです。 ただ、 中国は少なからず影響を受けているようです。 なぜならアフリカで大量発生したバッタの大群が、 中国の隣国であるパキスタンまで来ているのだとか。 もしこのまま中国までバッタが侵攻して農作物を荒らした場合、中国は大きなダメージを受けてしまいます。 日本は農水産物の輸入を海外から行っている部分も多く、もちろん中国からも水産物の輸入を一定数行っています そのため、万が一 中国の食料品や経済がダメージを受けた場合、日本への影響も少なくはないでしょう。 またあまり知られていないですが、 日本政府はアフリカやアジアなどに数億円規模の経済支援を行っています。 そういった意味でもバッタ大量発生の日本への影響はかなり大きいですね。 バッタ大量発生の対策は? バッタが大量発生した際の対策としてはどのようなものがあるのでしょうか? 大量発生しているアフリカなどの現地では、主に 「殺虫剤を撒く」という対応が取られています。 しかも人が背中に殺虫剤を担いで行うという、非常にアナログなもの。 車や飛行機を使い大量に撒くという方法も取られているようですが、資金や人員の面でなかなか進んでいない模様。 防除費用は年間数億円にも及ぶそうです。 さらに環境への影響も懸念されており、安全で効率のよい防除方法の開発が待たれています。 ちなみに上述の中国では、パキスタンに専門家を派遣するとともに、10万羽のアヒルを動員しています。 なんとアヒルはバッタを1日で200匹食べるということで、成果が期待されています。 まとめ 以上、アフリカ東部やインドで起こっている バッタの大量発生について調べてみました。 バッタの大量発生はなぜ起こるのか?、日本への影響はあるのか?対策はどのようなものがあるの?という部分が少しお分かりいただけたのではないでしょうか。 日本ではあまり馴染みのない 蝗害ですが、世界的に深刻な問題となっており日本への影響も無視できません。 一日でも早く効率的か対策方法が確立されることを願っています。

次の