エクセル 印刷 プレビュー 拡大。 Excelの印刷プレビューでイメージを拡大/縮小する方法

エクセルの【改ページプレビュー】を利用して印刷範囲を設定する方法|エクセルドクター

エクセル 印刷 プレビュー 拡大

改ページプレビュー簡単ステップ• 表示タブをひらく• 改ページプレビューを選択する• 改ページプレビュー画面が表示される 以上の3ステップで、改ページプレビューの確認がとても簡単にできます。 今回はそんな 【改ページプレビュー】について詳しく解説していきたいと思います。 青い実線や点線をドラッグして自由に動かして印刷するページ範囲を設定できます。 印刷 エクセルのデータを、プリンターを使って紙に出力する機能です。 印刷プレビュー 印刷結果を画面に表示し確認できる機能です。 エクセルの画面ではセルに文字が入っていても、実際に印刷すると文字が切れていることもあるのでそういったことがないか確認することができます。 今回の改ページプレビューは、印刷操作のレベルアップに大変おすすめの便利技です。 ほかにもがあるので、参考にしてみてくださいね。 表示方法は【標準】【改ページプレビュー】【ページレイアウトビュー】の3種類あります。 標準はいつも通りの表示方法ですが、ページレイアウトビューは改ページプレビューとは異なる印刷レイアウトの確認方法です。 ページレイアウトビューを選択すると、実際に紙に印刷したときのイメージで表示されるのでより、わかりやすい見た目となります。 余白にヘッダーやフッターも表示してもらえるのでとてもイメージが湧きやすいです。 しかし、各ページが独立しているので編集がしづらくなります。 まずは標準で表を作り、改ページプレビューで各ページに区切り、ページレイアウトビューで印刷状態を確認しながらヘッダーやフッター追加といった流れで利用すると良いです。 スポンサーリンク まずはエクセルの印刷範囲を確認しよう 今回はこちらの会員名簿を使って解説していきます。 最初の状態で印刷範囲がどうなるのかを確認しましょう。 【 ファイル 】タブをクリック 完成したデータを表示して 【ファイルタブ】をクリックします。 【 印刷 】をクリック 【 印刷 】をクリックして印刷プレビューを表示しましょう。 印刷範囲を確認しましょう 表示状態をよく見ると 点線が入っているのがわかります。 これが現在の 印刷範囲となります。 エクセルがデータのサイズや用紙サイズによって自動的に設定した 印刷範囲なのでデータがとても見づらい印刷となってしまいます。 表示方法の変更は画面右下のステータスバーにある3つのボタンでも変更できます。 このボタンであれば1クリックで表示方法を変更できるのでとても便利です。 改ページプレビュー画面の説明 入力されているセルの部分のみが表示されてそれ以外はグレー表示になっています。 表示されている部分が印刷される部分となります。 なので、 この改ページプレビュー画面を見ながら印刷範囲を確認できるので、いちいち印刷プレビューを開かなくていいからとても便利が良いです。 画像の中の表内にある 青い実線が印刷範囲となります。 この青実線を調整することによって印刷の範囲を調整できます。 青の点線はエクセルが自動で入れてくれた印刷範囲です。 ドラッグして動かすと実線になります。 先ほどの青実線の範囲で印刷範囲が設定されています。 ページも4ページとなっていますね。 この名簿で4ページだとちょっと見づらいので2ページ分に調整してみましょう。 改ページプレビューで印刷範囲を調節してみる 列 縦 に入っている真ん中の青実線は必要ないので消去します。 消去するにはドラッグして右側にもっていき表示されているセルの外側にもっていくだけです。 つぎに行 横 に入ってる青実線を調整して名簿の半分の25と26の間にドラッグします。 これで印刷プレビューを確認してみましょう。 名簿が2ページとなり、1ページに列がすべて入っているのでとても見やすいです。 このように自分のすきなところで区切って印刷が可能なのでどんな表にも対応することができるのが 【改ページプレビュー】です。

次の

以前のExcelではできていた印刷プレビューの拡大が2010ではできません。設定方法などあるのでしょうか?

エクセル 印刷 プレビュー 拡大

エクセルにおいて、ワークシートをできるだけ拡大して印刷させる方法をご紹介します。 はみ出ない限りで拡大させる手順です。 以下のワークシートを最大にして印刷するための設定をします。 まずは「ページレイアウトタブ・ページ設定」のボタンを使います 下図のオレンジ枠。 「ページ設定」ダイアログボックスが表示されます。 「ページ」タブで「用紙サイズ」と「印刷の向き」を設定しましょう。 サンプルでは「A4・横向き」としました。 他の設定は後回しとします。 「余白」タブへ進みます。 「上下左右」の余白を狭くしましょう。 サンプルでは「0. 5」cmとしました。 5mmですね。 また左下で「ページ中央」寄せをするかどうかを決定します。 「水平」は右が余った場合に左右中央寄せをさせる機能です。 「垂直」は下が余った場合に上下中央寄せをさせる機能です。 続いて印刷範囲を限定します。 「表示タブ」にある「改ページプレビュー」が便利です。 画面が縮小されます。 「グレー部」は「印刷されない範囲」です。 「青枠内」は「印刷される範囲」です。 「青枠」はドラッグで移動させることができます。 サンプルではA列が不要です。 そこでA列の左にある青枠を右へドラッグし、B列の左まで移動させます。 A列が印刷対象から除外されました。 続けて1行目を印刷対象から除外します。 なお、現状の印刷イメージ・印刷プレビュー結果は以下のようになります ファイルタブ・印刷。 「改ページプレビュー」中に「はみ出るレベルまで」拡大すると「点線」が表示されます。 この点線はページの切れ目を意味しています。 この点線はドラッグで移動させることができます。 点線を印刷範囲の端までドラッグします 水平・垂直両方とも。 するとページが切れないように縮小倍率が計算されます。 「改ページプレビュー」を解除します。 「表示タブ・標準」をクリックします。 最後に印刷プレビューして確認しましょう ファイルタブ・印刷。

次の

Excel2007で、印刷プレビューの拡大の倍率をもっと上げたい。

エクセル 印刷 プレビュー 拡大

ショートカットキー• 『CTRL』+『P』 『P』は Printまたは、PreviewのPなので、覚えやすいですね。 『印刷プレビューと印刷』のショートカットキーを押すと、下の画像のような印刷プレビューの画面に切り替わります。 (Excel2010の画面です) あとは、印刷内容、プリンタ、ページ指定などの内容を確認して、印刷ボタンを押せば指定したプリンタにシートの内容が印刷されます。 『印刷プレビューと印刷』から 元の表示画面(シートが表示されている画面)に戻るには、リボンのタブをクリックしてもいいですが、 『ESC』キーだと一発で戻って便利です。 クイックアクセスツールバーにコマンド(ボタン)を追加する方法は、次の記事で詳しく書いているので参考にしてください。 ただし、ショートカットキーとマウス操作を比べると、マウス操作の場合はキーボードから一旦手を離してマウスを持つ必要があるので、どうしてもキーボードの方が便利に感じます。 マウス操作が苦にならないのであれば別ですが、 ショートカットキーの方がパッパッと操作ができる分、ショートカットキーの『CTRL』+『P』をおすすめします。 印刷プレビューと印刷のショートカットキーのまとめ エクセルで資料を作る場合は、印刷したり誰かにエクセルのファイルを送ったりすることが多いです。 自分が印刷しなくても、受け取った相手が印刷する場合もあるので、作ったファイルが印刷しても問題ないことを 印刷プレビューで確認しておけば、相手からも喜ばれると思いますよ。 ちょっとしたビジネスマナーですね^^ また、プリンタによっては、同じエクセルファイルでも違う印刷結果になる場合もあるので、印刷する場合は、必ず『印刷プレビュー』で印刷内容を確認する癖をつけましょう。

次の