自宅 バー。 【バレエ】自宅でできるバーレッスン動画【Youtubeまとめ】

【自宅で憧れの肉体に】懸垂バーのおすすめランキング10選【2020年最新】

自宅 バー

大人の気分を誘う、和モダンのホームバーをつくりました。 和の趣を意識したオリジナルのバーカウンター。 コンパクトサイズのシンクとビルトインの冷蔵庫を備えています。 その下にはワインセラーのためのスペースを。 シックなウォールナットにより、上質な家具のような重厚感が。 壁をフカしていぶし銀のような特殊塗装を施し、間接照明を仕込んで奥行きを感じられるようにしました。 ショーケースのように煌めくグラスケースには、コレクションしたグラスを並べて華やかに。 下がり天井でフレーミングし、バーらしさを強調しています。 家族やごく親しい仲間とウイスキーでも飲みながら語り合いたくなるような、静かな空間です。 〈case3〉大人が夜ごと集うバーラウンジ.

次の

【自宅で憧れの肉体に】懸垂バーのおすすめランキング10選【2020年最新】

自宅 バー

まず、自宅カフェと週末カフェについて、用語の意味をちゃんと決めておきたいと思います。 もちろん、ここで紹介する以外の業態もあるかもしれません。 自宅カフェ 自宅の一部をカフェスペースとして解放し、飲み物や食べ物をお出しするスタイルです。 大幅な改造工事を行う場合、費用は大きくなります。 しかし、保健所の審査を通るための最低限の工事で済ませ、あとはインテリアに凝るなどの工夫をすれば、 低資金で開業するのも可能です。 週末カフェ 平日は他の仕事をしている人が、週末に自宅、レンタルスペース、他のお店の一部を借りるなどして、カフェを営業するスタイルです。 場所の手配ができるかがポイントですが、上手に選択すれば、低リスクでカフェを開業できます。 本格的にやるにはまだ早いけど、まずは 自分の腕試しをしたい、という人がこのスタイルをとることも多いでしょう。 「自宅カフェ・週末カフェ」からカフェ開業を始めるメリット では、自宅カフェ・週末カフェの開業にはどんなメリットがあるのでしょうか?ポイントをまとめてみました。 低リスクで始められる 独立店舗としてカフェを開業する場合に比べ、低資金で開業できます。 そのため、万が一売上が芳しくなかった場合でも、 背負うリスクは少なくて済みます。 次のステップへの足掛かりにできる もちろん、将来は独立店舗としてカフェを開業したい人にとっても、自宅カフェ・週末カフェを体験するメリットは大きいです。 まず、 自分の腕がどこまで通用するか、実体験で学べます。 また、低リスクで開業できるので、売上を着実に積み重ねていけば、独立店舗開業資金を貯めるのも可能です。 パラレルキャリアを実践できる 将来、独立店舗としてカフェを構えるつもりはない、という人にもメリットはあります。 本業以外に仕事を持ち、社会貢献していくことを「パラレルキャリア」と言います。 自宅カフェ・週末カフェの経営はまさにこの パラレルキャリアの実践につながるのです。 本職は会社員でも、料理やお菓子作りが好きだったり、コーヒーや紅茶にこだわりがある人はきっといるはずです。 人にお出しできるものを作り、喜んでもらうのも立派な社会貢献でしょう。 いっぽう、デメリットは? では、「自宅カフェ・週末カフェ」で開業を始めるデメリットは何でしょうか。 これについても考えてみました。 コスト意識を持たないと痛い目にあう 自宅カフェ・週末カフェといっても、資金0で始められるわけではありません。 それなりの資金を投下する以上、まずは資金の回収を目指さなければいけません。 独立店舗でやるよりは低資金で始められますが、資金を回収できなければビジネスとしては成り立たないのですから。 厳しい言い方ですが、自宅カフェ、週末カフェでいつまでたっても利益をあげられないようでは、独立店舗でのカフェの開業はあきらめたほうがいいでしょう。 趣味の延長ではなく、 一つのビジネスとしてとらえ、意識を保つ必要があります。 存在を知られにくい 自宅カフェ、週末カフェともに「 いつ、どこでやっているのか」を認知してもらえないと、なかなか集客につながりません。 「いい食べ物と飲み物を出せば、お客さんは来てくれるだろう」という受け身の姿勢ではダメです。 積極的に 広告宣伝活動を行わなくてはいけないのは、独立店舗のカフェと何ら変わらないのです。 ご近所トラブルの原因になる これは自宅カフェの場合に特に注意すべき点かもしれません。 カフェだって立派な飲食業です。 扱う食べ物や飲み物の種類によりますが、 強いにおいを発するものも扱うでしょう。 そのにおいが原因で、ご近所からクレームが来る場合だってあります。 また、カフェである以上、 知らない人が出入りする可能性は否定できません。 得体の知れない人に出入りされることに不安を覚えるる人が出てきても不思議はないのです。 これもやはり、クレームの来る原因になりえます。 自宅カフェ・週末カフェ開業、経営のコツ メリット、デメリットを踏まえ、自宅カフェ・週末カフェを開業、経営する上でのポイントを考えてみました。 次の3つに気をつけましょう。 コスト意識を持つ 自宅カフェ、週末カフェであっても、ビジネスとしてやる以上は、利益、採算がとれるかどうか?をしっかり考えるべきです。 もちろん、食材などにかかる費用をむやみに削るのは、お出しするもののクオリティを下げてしまう原因になるので、考え物です。 しかし、それ以外の部分では、工夫次第で費用を削るのも可能です。 特に、広告宣伝にかかる費用は、自分でソーシャルメディアに投稿するなど、工夫次第でいくらでもなんとかなります。 削れる費用と、削ってはいけない費用の線引きをしっかりして、まずは 採算を取れるラインを策定するべきです。 その上で、満足できるサービスを提供しましょう。 衛生対策は抜かりなく カフェ、と名乗る以上、お客様の口に入るものをお出しします。 保健所への届出、食品衛生責任者資格の取得、必要な設備の導入などはしっかり行いましょう。 また、調理の時に手洗いをしっかりする、感染症にならないよう気を付けるなど、気を付けるべきポイントはたくさんあります。 お客様の安全は自分が守る、という意識を持つのが大事です。 筋は通す 自宅カフェ、週末カフェともに言えることなのですが、トラブルの原因は周囲への配慮を欠いた対応にもあるでしょう。 ご近所に一言の断りもなく始めてしまった、スペースを貸してくれる人とのすり合わせが足りなかった……カフェを続けていくには、こういった対応をしていてはまずいです。 事前の相談は欠かさないようにしましょう。 特に、マンションの一室で自宅カフェをする場合は注意が必要です。 台所の改造も含め、管理規約に違反しないかどうかも確認してください。 やると決めた時点で管理組合に一度問い合わせをしましょう。 自宅カフェ・週末カフェの開業まとめ 自宅カフェ・週末カフェの開業は低資金で始められるので、まずは腕試しをしたい人にぴったりです。 ただし、あくまでビジネス、という視点を持って取り組まないと失敗します。 「 どうすれば成功できるか?」を常に考え、後悔のない選択をしてくださいね。 カフェの電気代はエネチェンジBizで見直し! カフェの経営など、法人の電気代はエネチェンジBizで見直しましょう。 電気代が気になるなら、電力会社を見直すことも大事です。 でも、多くの電力会社から最適な電力会社を選ぶのは大変ですよね。 法人向け電力比較サービス「エネチェンジBiz」では、でんきコンシェルジュが電気代削減のために、複数の電力会社から最適な電力会社への切り替えのお手伝いを行います。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

自宅バーを始めよう!初心者が最低限揃えたいアイテムを紹介するぞ!

自宅 バー

大人の男なら。 憧れの「自宅バー」を実現するためのポイントは? 1:グラスと氷にこだわる 自宅にバーを作る際に気をつけるべきポイントは、まずはグラスと氷にこだわるべきです。 自宅バーをおしゃれでかっこよくするために重要なのは、自宅では味わえない非日常の演出で、グラスと氷を変えるだけでお手軽にバーの気分を味わうことができます。 大きめのタンブラーやシャンパンなどに使うフルートグラス、バカラなどを揃えるだけでかなり雰囲気が違ってきます。 氷も自宅の冷蔵庫で作った氷ではなく、コンビニなどで売っている氷に変えるだけで、自宅では味わえないちょっとした非日常な雰囲気を味わうことができます。 2:照明を選ぶなら「リラックス感」がポイント 自宅でバーを作る際に注意するべきポイントは、直接照明や間接照明など自宅バーの雰囲気を出すためには、照明選びがとても重要なポイントとなっています。 普通の蛍光灯ではなかなかバーの雰囲気を出すことが難しく、リラックスできて落ち着ける場所を演出してくれる照明を選びが自宅バーを作る際に重要です。 照明は、少し暗めの明るさを選ぶことで落ち着ける空間を演出することができます。 天井からチェーンなどで吊っているおしゃれなディティールのペンダントライトやスタンドライトなど、自分が思い描くバーのインテリア照明をきちんと考えて選ぶことで、よりおしゃれな自宅バーを作ることができます。 照明にこだわり選ぶことができたら、おしゃれで居心地が良い、リラックスできる大人な空間のバーが自宅に作ることができるので、とっておきの癒しの時間を過ごすことが可能です。 3:カウンターを選ぶ時のポイントは「サイズ感」 自宅バーを作る際に、カウンターを設置することでおしゃれで非日常感を演出してくれます。 また、バーカウンターは収納スペースが多いタイプもあり、キッチン周りなどのごちゃごちゃしたスペースをすっきりと片付けれることもできます。 また、バーカウンターのサイズ選びが、とくに重要です。 カウンター自体が高すぎるとお酒や食事がし辛くなってしまったり、バーカウンターのスペースが狭すぎると、同様にお酒や食事をしにくくなる可能性があるのである程度スペースを確保しておく必要があります。 バーカウンターの素材選びもポイントで様々な種類があり、お部屋のテーマの合わして素材を選んでいくようにすると、よりおしゃれな自宅バーへと変わっていきます。 自宅をバーにした10の実例を厳選してご紹介! 男らしいインダストリアルスタイルな自宅バー こちらの自宅バーは、無骨でクールなインダストリアルなスタイルとなっています。 ワイングラスを吊っているスチール製の吊り棚やヴィンテージ感のあるペンダントライトの柔らかく温かい光の照明がご自宅のムードをさらに引きたたせてくれます。 ワインセラーもおくことでより非日常感を演出できてまるで本当にバーにいるような体験がご自宅ですることができます。 また、テーブルや棚などがウッド素材でできているためインダストリアルの無骨さの中にも温かい雰囲気を感じさせてくれるので家族とリラックスとした時間を過ごせることが可能です。 ナチュラルさとカジュアルな雰囲気のホームバー こちらのスタイルは、シンプルでいてウッドスタイルと観葉植物が合わさることによって爽やかで居心地のよいリラックスした雰囲気を演出してくれます。 また、細かな間取りで閉塞感を感じることもなく開放的な空間で、壁付けの側面にステンレス素材を貼り付けていてお部屋を締めてくれてクールさも感じることが可能で、照明もスポットライトスタイルでスタイリッシュで落ち着きのあるホームバーの空間を作り出してくれます。 バーカウンターとフロアの素材を統一させていることで全体の空間を一体化させてくれて安心感も感じられ、いつも気軽にしっぽりとできる自宅バーとなっています。 リラックスできるバーのあるキッチンスタイル こちらのスタイルは、温かい柔らかな明かりが特徴のペンダンライトとなっていてウッドを基調としたデザインとなっておりキッチンとも付属なのでラフなスタイルで気軽に家族や友人を招いてリラックスした落ち着きのある空間でお酒を楽しめることができます。 自然素材にこだわっていて統一しておりバーカウンター、チェア、お酒を置く棚などがウッド素材となっており観葉植物も置くことで良いアクセントとなり自然を織り混ぜたインテリアのボタニカルインテリアとなっていて、より癒しの空間を演出させてくれてご自宅の憩いの場となるでしょう。 モノトーンで合わしたモダンスタイルバー こちらのスタイルは、シックにブラックとホワイトを基調としたモノトーンで仕上げたモダンスタイルな自宅バーとなっています。 バーカウンターとお酒を置く棚はブラックに、そしてバーカウンターの下はホワイトのレンガブロック風にしていてアメリカのブルックリンスタイルのようなおしゃれになっていてチェアもホワイトにしていて2色のモントーンによりシンプルで高級感のあるモダンな雰囲気を演出してくれます。 是非、モダンでスタイリッシュなシンプルなご自宅のバーで大人な時間を過ごしてはいかがでしょうか。 温かい明かりに包まれたロマンチックな自宅バー バーカウンターが特徴的なデザインのこちらのレイアウトは、バーカウンターが大理石風なデザインとなっていて、その上に関節照明を置くことでよりラグジュアリーでロマンチック空間を演出してくれます。 チェアはブラックと脚部分はステンレスで柔らかい空間をちょうどよく絞めてくれてスタイリッシュさも表現することが可能です。 間接照明を手元近くに置くことによって温かい光をより広げてくれるようになりロマンチックでおしゃれなバーとなります。 ラグジュアリー溢れるレトロスタイルなバー こちらのご自宅のバーはカウンターがブラックのウッド素材で全体のデザインがまるでヨーロッパにいるかのようなレトロスタイルなバーとなっています。 ペンダントライトもユニークなデザインをしておりチェーンで天井を吊っておりアンティークな雰囲気を演出してくれ、チェアも丸いデザインで愛着のわくデザインをしており、光沢のあるカウンターや棚によりラグジュアリーでリラックスできる空間となっています。 シンプルでいて洗練された上品な空間のバー こちらはものを出来るだけ減らして、シンプルで究極に洗練されて上品な空間でスタイリッシュなスタイルのバーとなっています。 カウンターとペンダントライト、チェアのカラーを合わしていてお部屋の統一感を演出することによって目に優しく落ち着きのあるバーとなりバーカウンターと照明、チェアをブラックに統一していてクールな印象のご自宅のバーとなります。 洗練された大人の上質な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。 豊富なお酒が置ける本格的バースタイル こちらは豊富なお酒が置けて保存できる棚が魅力的で、カウンターは清潔感のあるクリアなホワイトでカウンターの側面とフロアがウッドとなっており、どこか温かい居心地のいい空間となっています。 チェアと照明は、無骨なインダストリアルなデザインとなっており随所にステンレスやスチール素材を使われていてクールで男らしい雰囲気も演出してくれ、お酒をゆっくりと様々な種類を楽しみながら時間を過ごすことができます。 開放感のあるダイニングでゆったりとした時間を過ごせるバー L字型のキッチンと開放感のあるダイニングに設置したバーで、ウッド素材のバーカウンターとレザー素材とメタリックな脚部分でできた素材で落ち着いた大人っぽい雰囲気を演出してくれます。 照明もペンダントライトでカラーがブラウンとなっており、全体が温かい空間となります 開放的でリラックスできる空間でお仕事終わりなどにゆったりとした時間を過ごすことができ、広いスペースを活かして友人や家族たちでお酒を楽しむことができます。 ホワイトを基調としたモダンスタイルなバー こちらのご自宅のバーは、バーカウンターをホワイトで統一してその奥の壁はダークカラーで締めていてスタイリッシュでモダンなインテリアスタイルとなっています。 天井付近にはお酒を置く棚が取り付けてありお酒自体がインテリアとなってくれ、チェアもデザインがユニークでお部屋全体かラグジュアリーな空間を演出してくれ素敵な時間を過ごすことができるでしょう。 最後に ご自宅にバーを作られると、自宅ではなかなか味わえないちょっとした非日常感を体験することができ、気軽にお酒を楽しみながら、ご家族だったり友人達と時間をゆったりと過ごすことができます。 かけがえのない自分だけのリラックス空間ですから、最高のインテリアに囲まれて過ごしてみてはいかがでしょうか。

次の