ジャンプ バック ナンバー。 「週刊少年ジャンプ,バックナンバー」に関するQ&A

ジャンプBOOKストア!

ジャンプ バック ナンバー

A ベストアンサー 前号が売れ残っていたとして… 雑誌は多くの場合、新刊発売日の前日から新刊の品出しまでの間に売場から下げます。 (品出しと同時に下げる場合も含め) その後、返品梱包(箱詰め)をして取り次ぎに返品するのですが、 作業効率の面から、ある程度まとめて行なう場合が多いと思います。 但し、週刊誌は取次への返品期限が期間く設定されているため、 売れる可能性の低いバックナンバーの返品不可を避けるために、 月刊誌などに比べ、早目に返品をしていると思います。 また、仮に返品がされていなくても、箱詰めをしPPバンドなどで厳重に梱包した場合は、 どの箱に何が入っているか分からなくなる上に梱包を解くのも大変ですので、対応は難しくなると思います。 というのは、返品梱包前の状態でバックヤードにあったため、 持ってきてくれたのだと思います。 いずれにせよ、発売日当日の早い時間で、前号が売れ残っていれば、 対応してもらえる可能性は高いのではないでしょうか。 前号が売れ残っていたとして… 雑誌は多くの場合、新刊発売日の前日から新刊の品出しまでの間に売場から下げます。 (品出しと同時に下げる場合も含め) その後、返品梱包(箱詰め)をして取り次ぎに返品するのですが、 作業効率の面から、ある程度まとめて行なう場合が多いと思います。 但し、週刊誌は取次への返品期限が期間く設定されているため、 売れる可能性の低いバックナンバーの返品不可を避けるために、 月刊誌などに比べ、早目に返品をしていると思います。 また、仮に返品がされていなくても、箱... A ベストアンサー こんにちは。 こういう探し物は運というのも付いて回りますね。 以前ここで起きたことですが、質問された一日か二日前にその本がオークションに割合安く終了していて、質問者も回答した私も非常に残念な思いをしたことがありました(質問者はそのオークションを知らなかった)。 しかもなかなか出ない本だっただけに、悔しさは倍増。 そんなことはともかく、ヤフー・オークションの記録は4ヵ月だけ保存されています。 調べてみると6月に1冊出ています。 auctions. yahoo. aucfan. 既にある場所にはこれを1000円で探し物登録をしているようですね(私はそちらでハンターポイントが200を超えるところまで行っています)。 更にオークションのアラートも利用すると見落としが少なくなるでしょう。 出品者によっては号数でなく、「何月何日号」の表記で出す可能性もあります。 検索用語は「少年ジャンプ 1997」にしておくと良いと思います。 実際に上記のサイトでこれを実行してもあまり1997年の少年ジャンプは出されていません。 ですからそんなに見分けるのに手間が掛かることも無く済むと感じます。 アラートに付いてはこちらをどうぞ。 yahoo. html 今回古書店もある程度は調べましたが、売値がそれほど高くなるものではないので、この頃の週間少年ジャンプ自体の登録がほとんどありません。 早く見つかるといいですね。 こんにちは。 こういう探し物は運というのも付いて回りますね。 以前ここで起きたことですが、質問された一日か二日前にその本がオークションに割合安く終了していて、質問者も回答した私も非常に残念な思いをしたことがありました(質問者はそのオークションを知らなかった)。 しかもなかなか出ない本だっただけに、悔しさは倍増。 そんなことはともかく、ヤフー・オークションの記録は4ヵ月だけ保存されています。 調べてみると6月に1冊出ています。 auctions. yahoo. A ベストアンサー 半額などの値引きをするのは、その商品を売れ残りにしたくないからです。 かといって値引きをすると、店の儲けに影響がでます。 へたをすると利益ではなく損になってしまいます。 まず1日でのことを考えていきます。 閉店間際の時間に値引きをするのですが、かといって、閉店ぎりぎりまで値引きをしないと、値引きした時には、すでに客がいなくなってしまって、値引きの意味が無くなってしまいます。 そう考えて行動するとその店のおおよその値引きを始める時間が予想出来ます。 ですから、いままでの買い物の経験から言うと次のように感じます。 1日での販売が完了したい加工食品(お弁当など)は、おおよそ閉店の1時間~2時間前の時間帯から値引きしています。 その店の閉店時間もかなり影響してきます。 8時閉店の店では、それほど客足が途絶えないので、7時を回らないと値引きをしてくれないことが多いです。 また、10時閉店の店の場合は、客足がとおのく8時ちょっとまえから値引きを始めています。 ところが、12時まで開いているスーパーなどは、むしろ、11時ごろまで値引きをしてくれません。 おそらく、10時ころまで開いている店で買い物出来なかった人がたくさん来るので(時々私も車をとばして行っていた)、コンビニに近い感覚で商売をしているのだと思います。 1週間で考えると、まず土、日に特売を良くやる店は、「土、日限定特価」とかをやるのですが、売れ残った商品でも月曜日には通常価格に戻します。 かなり大量に売れ残った場合は、そのまま特売価格やあるいは、その特売価格より多少高い値段ですが、そうでない限りは、ほぼ間違いなく通常価格に戻します。 ところが、その商品をいつまでも残しておくと、「店の査定」(各本支店での営業成績)に影響がでる(本などで読んだことがあるが、何となくしか憶えていない)のでしょうか、次の土、日までに処分しようとします。 ですから、前日の金曜日には、売り切りたいので、早ければ水曜日、そうでなくても木曜日あたりから、徐々に値引きを始めます。 また、キャンペーン商品も残るとその店が売れていないような印象を客にもたれるのをきらうのか、キャンペーン終了間際から、値段が下がってきます。 例えば、ペプシなどで新しい、キャンペーンがはじまったら、まず前のキャンペーン商品(オマケがついていたり、ポイントのシールが付いているもの)は、半額近い値段で一気に売りさばいてしまいます。 1年という長さで考えた場合は、春さきの新学年のセールを始める前1月ぐらいだいたい2月ぐらいから、旧商品の値引きが始まります。 また、そのセールの売れ残りの処分ということで、4月の終わり当たりに値引きされることが多いです。 季節に関係する商品でしたら、その季節のピークを過ぎたあたりから、値引きがはじまり、次の季節にはいったら、半額で売りさばいているようです。 例えば、夏のアウトドア商品などは、8月15日を過ぎた当たりから1~2割引きになります。 9月のはじめは、まだそれほどでもないですが、9月の末あたりでは、ほぼ半額になることが多いです。 店ごとの半額にするタイミングや考え方がかなり異なっています。 ですから、時間があるときには、なにげに欲しい物の値段などをチェックしがてら、店の中を散策する(ウインドショッピングのようなもの。 基本的には「見てるだけ」です)と値引きの時期が見えてきます。 助言にでもなれば、幸いです。 tukitosan でした。 半額などの値引きをするのは、その商品を売れ残りにしたくないからです。 かといって値引きをすると、店の儲けに影響がでます。 へたをすると利益ではなく損になってしまいます。 まず1日でのことを考えていきます。 閉店間際の時間に値引きをするのですが、かといって、閉店ぎりぎりまで値引きをしないと、値引きした時には、すでに客がいなくなってしまって、値引きの意味が無くなってしまいます。 そう考えて行動するとその店のおおよその値引きを始める時間が予想出来ます。 ですから、いままでの買い物の... A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 Q 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 暗算とまではいかなくても計算機 ケータイにもその機能はありますし があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。 05」で出ますよね。 なぜ、1. 05をかけるのかわからないのです。 本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。 まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。 よろしくお願いいたします。 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 A ベストアンサー 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。 つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。 だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた 残りである700円が答えです。 でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。 30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。 つまり、1000円の70%なので700円、となります。 %で表現する場合はこれに100を掛けます。 最後、消費税。 前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。 これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。 5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。 おまけ。 暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。 1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、 順番を無視しても答えは一緒です。 これならすぐに暗算できますね。 2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。 3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。 これなら暗算できそうですよね。 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場...

次の

ジャンプが神対応! バックナンバーを無料公開。「鬼滅」も単行本より先が読める。 : 東京バーゲンマニア

ジャンプ バック ナンバー

日本一売れている少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」が電子書籍になりました。 月額課金で購読すると紙媒体より安くなる上、バックナンバーも無期限で読めるなど、かなり本腰を入れた内容となっています。 本日正式公開された「少年ジャンプ+」公式ページ。 「ガンガンONLINE」のように、無料で読めるWEBマンガが公開されただけかと思いきや、なんと電子版「週刊少年ジャンプ」や電子版コミックスの購読・購入も可能です。 さらに本日付けで配信開始されたスマホアプリ「少年ジャンプ+」の ・ をインストールすれば、パソコンだけでなくスマホやタブレットから無料マンガや週刊少年ジャンプを読むことも。 なお、気になる価格は「週刊少年ジャンプ」を単体購入する場合は300円、定期購読の場合月額900円。 1年に6冊配信される「ジャンプNEXT!! 」を含め、1ヶ月あたり平均4~5冊のジャンプを楽しめるため、定期購読はなかなかリーズナブルかもしれません。 配信されるタイミングは発売日の午前5時。 販売期間は限定されるものの、バックナンバーも購入可能。 単体購入および定期購読後のジャンプは販売期間にかかわらず無期限で読める点は大きなメリットではないでしょうか。 ちなみにAndroidスマホで購入した週刊少年ジャンプをiOS機器や他のAndroidタブレットなど、マルチデバイスで楽しむことも可能。 気が付けばiPhoneまでもが大画面化され、誰でも電子書籍を読む環境が揃いつつある昨今だからこそ、この電子版配信には大きな価値があるのではないでしょうか。

次の

大手出版社、臨時休校を受け漫画誌を無料配信 『ジャンプ』『コロコロ』などのバックナンバーで読者支援

ジャンプ バック ナンバー

基本的には、毎週月曜日に発売されている『週刊少年ジャンプ』 毎週のことながら、中には、 忙しさのあまり『先週号を買い忘れた!』という方や、『2か月前のジャンプが読みたい』という方も少なからずいることだろう。 一昔前ならば、小さな商店や本屋の物陰に売れ残った分が置いてあったものだが、現在ではそうもいかず・・・。 そうね、まずはそこから話しましょう! 本屋やコンビニなどで、毎週発売される週刊少年ジャンプ。 もちろん仕入れした分が全部売り切れるならば良いだろうが、そんな上手く売り切れるわけもなく。 そして、最終的に出版社へと返品された雑誌は、 断裁処分されリサイクルされているようだ。 イメージ なるほど、返品することで 本屋やコンビニでは損失にならないんだね・・・。 そう、 それなら売れるかわからないものを置いておくより、返品したほうがいいでしょ? つまり、 本屋やコンビニでの入手は不可能と・・・。 『集英社』から入手することは可能? そうだ!それじゃあ 『集英社』なら・・! う~ん、果たしてどうかしらね。 週刊少年ジャンプを発行している『集英社』 集英社の公式ページを下に見ていくと 、確かに『バックナンバー』という項目が存在している。 ここでは、『集英社』が発行している特定の雑誌の バックナンバーを取り寄せることができるのだが・・・。 しかし残念ながら、 『週刊少年ジャンプ』という項目は存在していないようだ。 つまり、いくら発行もとの『集英社』からとはいえ、 バックナンバーを直接入手することは不可能なのである。 取り扱っていない理由としては『毎週発売する雑誌のため、保管スペースの確保が難しい』『長期保存が難しい紙を使用しているため、保管に向いていない』・・などなどだろう。 どうにか入手できないの?? ううーん、どうにかして入手できないのかなあ。 まあ、方法はあるっちゃあるけど・・・。 入手する方法のひとつとしては『 amazon』などの本を扱う通販サイトだろう。 特にamazonでは、数年前までは扱っていなかったのだが、最近になり『週刊少年ジャンプ』の扱いを始めた。 なるほど、 先週までくらいのだったらamazonを使えばいいのか! でも、転売されていたり、古本が出ている場合があるから、よく確認してから注文してね! もっと前のバックナンバーが欲しい! 先週とかではなく、もっとの昔のバックナンバーは入手できないかなあ・・・。 1冊ずつの料金はかかるものの2019年現在、 「2014年27号」から読むことが可能である。 よほどのジャンプマニアでない限り、これだけあれば十分な量であろう。 つまり、今回のことをまとめると 『週刊少年ジャンプのバックナンバーは雑誌としての入手は難しいが、電子版でなら2014年27号から読むことが可能』ということだ。 古くても2014年からか・・・。 もしかしたら、今後、もっと昔のも配信されるかもよ?それに期待しましょ! 最後に・・・ 以上、『週刊少年ジャンプのバックナンバー』についてであった。 昔は集英社から取り寄せられた気もしないでもないのだが、現在では取り寄せることはできないようであった。 週刊少年ジャンプのバックナンバーの配信は面白いと思うので、『1980年代~1990年代』辺りのものを、電子版で配信して欲しいものである。 権利の都合であったり、広告などの関係上なかなか難しい問題ではあるのだろうけど、集英社には是非とも挑戦して欲しいことのひとつだ。 taka19870704.

次の