ポケモン タイプ相性。 【ポケモンGO】タイプ相性表と倍率早見表

タイプ別相性表

ポケモン タイプ相性

概要 各ポケモンは1つ、もしくは2つのタイプを持っている。 ポケモンが使用する技もそれぞれ一つのタイプを持ち、ポケモン自身と同じタイプの攻撃技を使用した場合は威力が1. また、タイプには相性があり、攻撃技のタイプとそれを受けるポケモンのタイプによってダメージが4倍から0倍まで大きく変動する。 タイプ相性によるダメージの増減は劇的であり、把握しているといないとでは雲泥の差である。 ポケモンをプレイする上でもタイプ相性を覚えることは最重要と言えるだろう。 タイプには現在、以下の18種類が存在する。 この内、「あく」「はがね」の2種は第2世代から、「フェアリー」は第6世代から追加されたものである。 また、第4世代までは「」というものも存在していた。 のタイプ では、ポケモンやエネルギーのカードが(基本的に)1つずつタイプを持っている。 タイプ相性による弱点・抵抗力は各カード毎に設定されており、タイプ共通ではない。 発売当初のタイプの数は7種類。 第1世代当時15種類あった本編のタイプを圧縮したのは、プレイ時の混乱を減らすためだと製作人が明かしている。 その後の追加により現在は合計11種類となっている。 名称こそ漢字表記中心で本編のものとは異なるが、ポケモンのタイプは基本的に本編のタイプと対応している。 ゲームでの新タイプ登場に合わせて悪・鋼・フェアリータイプが途中から追加されたが、ドラゴンタイプのみBWシリーズの途中で突如追加されている。 また、ドラゴンタイプのみ基本エネルギーが存在しない。 タイプ 備考 草タイプ くさ・むし・どく PCGシリーズまで に相当 炎タイプ ほのおに相当 水タイプ みず・こおりに相当 雷タイプ でんきに相当 超タイプ エスパー・ゴースト・どく DP~SMシリーズまで ・フェアリー 剣盾シリーズから に相当 闘タイプ かくとう・いわ・じめんに相当 悪タイプ あく・どく 剣盾シリーズから に相当 鋼タイプ はがねに相当 無色タイプ ノーマル・ひこう・ドラゴン BWシリーズ途中まで に相当 ドラゴンタイプ ドラゴンに相当 フェアリータイプ フェアリー SMシリーズまで に相当 基本的に上記の対応に当てはまっているが、などの例外も存在する。 また、タイプを2種類保持している特殊なポケモンのカードも度々登場している。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

タイプ別相性表

ポケモン タイプ相性

効果なし 無効 タイプ相性とは? 技とポケモンが持つタイプの相性 タイプ相性とは、放った技と受けるポケモン自身が持つタイプの相性のことを言います。 放った技のタイプが、受けるポケモンの持つタイプと相性がいいとダメージが大きく、相性が悪いとダメージが少なくなります。 相性によるダメージの増減 相性によるダメージの増減は倍率で決まっています。 相性が良い技を放つとダメージの倍率は高くなり、多くのダメージが与えられます。 そのため、ポケモンバトルではポケモンと技のタイプを理解し、有利な技を放つことが非常に重要です。 そのため、どちらも効果が抜群だった場合には4倍のダメージに、どちらも効果が今ひとつだった場合には0. 25倍のダメージになります。 2つのタイプのどちらも効果はばつぐん 4倍 片方が効果はばつぐん、片方は普通 2倍 どちらも普通 or 片方が効果はばつぐん、片方は効果はいまひとつ 等倍 1倍 片方が効果はいまひとつ、片方は普通 0. 5倍 2つのタイプのどちらも効果はいまひとつ 0. 25倍 どちらか片方が効果がない 0倍 無効 関連記事 初心者向け記事一覧 タイプ相性表.

次の

【ポケモン金銀】金銀のタイプ相性表!タイプ相性と複合タイプについても解説【クリスタル】

ポケモン タイプ相性

39倍 参照元: タイプ相性の倍率早見表 相性補正 倍率 2つのタイプのどちらにも 「こうかはばつぐんだ」 約2. 56倍 「こうかはばつぐんだ」 約1. 6倍 相性なし 1倍 等倍 「こうかはいまひとつ」 約0. 625倍 2つのタイプのどちらにも 「こうかはいまひとつ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 +「こうかはいまひとつ」 約0. ポケモンGOにおいては「こうかなし」の代わりに0. 39倍となる。 2重相性で倍率が激化 2タイプを持つポケモンに対して、両タイプとも「こうかはばつぐん」取れる場合にはダメージが2. 56倍となる。 また、2タイプとも「こうかはいまひとつ」となる場合には、ダメージは0. 39倍まで軽減される。

次の