可愛い 子 に は 旅 を させ よ 意味。 「可愛い子には旅をさせよ」など、可愛いに関することわざを調べてみた | 3分雑学「なべのけしき」

可愛い子には旅をさせよの意味・使い方|ことわざ|趣味時間

可愛い 子 に は 旅 を させ よ 意味

「可愛い子には旅をさせよ」の意味とは 「可愛い子には旅をさせよ」とは 「自分の子供が大切で可愛いのであれば、自分の手元において甘やかすのではなく、社会の辛さや厳しさを経験させた方がよい」という意味があります。 昔の旅は、現代のように交通機関が発達していたわけではありません。 移動手段は馬か徒歩くらいしかなかった昔では、旅とは容易なものではありませんでした。 しかし、その厳しさが子供にとっていい経験になり、大切な子供の成長につながるということです。 「可愛い子には旅をさせよ」の類語 「可愛い子には旅をさせよ」の類語には、このようなものがあります。 ・獅子の子落とし ・いとしき子には杖で教えよ 獅子の子落としという言葉は、獅子が生まれた子を谷の底に落としよじ登ってきた強い子だけを育てるという言い伝えからできました。 獅子は、生まれた瞬間から「可愛い子には旅をさせよ」を実行しているんですね。 しかし、弱肉強食の世界では当たり前なのかも知れません。 「可愛い子には旅をさせよ」の反対語 「可愛い子には旅をさせよ」の反対語には、このようなものがあります。 ・親の甘いは子に毒薬 ・親の甘茶が毒になる 2つとも甘やかして育てたら、将来的にこどものためにならないという意味です。 甘やかすことにより、世間知らずで何もできないといったような大人になってしまうので、甘やかすだけはいけませんね。

次の

【可愛い子には旅をさせよ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

可愛い 子 に は 旅 を させ よ 意味

>子供が大きくなったら、 ではなくて、 親にとって可愛くてたまらない子供は、親が甘やかし過保護にしてしまい、ロクな人間に育たない。 だから、可愛い子ほど、親元から外に出し、他人の中で世の中の厳しさを経験させないといけない。 という意味だと思います。 昔は、子だくさんです。 子供が8人、10人なんて家庭も結構、あるわけです。 そしたら、親にとって、可愛い子、可愛くない子、ができて当たり前。 子供だからって、親から平等に愛されるわけじゃない。 長男とか、末っ子、とか外見や仕草が可愛い女の子、とかを特別に溺愛してしまう傾向が出てくる。 ときには、「できの悪い子ほど可愛い」ってこともあります。 可愛くない子はさっさと奉公に出したりして、働かせますが、可愛い子はいつまでも家において甘やかしてしまう。 で、結果、我儘で、甘ったれで、傲慢なろくでもない人間に育ってしまったりする。 だから、「(親にとって)可愛い子には、旅(他人の中で苦労)をさせよ(でないと、自立できず、ロクでなしになっちゃうよ)」となるわけです。 あえて反対語っていえば、 「憎まれっ子、世に憚る」でしょうかね。 人にあまり好かれない子は、憎まれ嫌われながらも、たくましく世を渡っていく。 今の日本みたいに少子化になると、子供はみんな親には「可愛い子」。 だから、子供はぜーんぶ、旅をさせないとダメ、ってことになりますね。 旅をさせない親、は「私の可愛い子だから、私以外の人はさわっちゃイヤ」と手元において面倒をみて、子供の自立を阻む親。 子に依存して、自分の人生を子供におっかぶせるタイプです。 「うちの子、私がいないとダメなのよ」「生き甲斐は子供です」などと口走ったりする親。 親自身が自立してない、ってことでしょうね。

次の

ことわざについてです。

可愛い 子 に は 旅 を させ よ 意味

「可愛い子には旅をさせよ」と言うけれど、私はちょっと納得がいかない! だって旅は辛いから 「外で 苦労をして来い!」という意味で使われていますが、本来旅はそれほど辛いことばかりではないと思ってしまうからです。 「甘やかさず、旅で成長させる!」と言う部分はその通りです! 旅をさせることで 一回りも二回りも大きな人間になるという点は納得です。 海外旅行をしたことのある人の方が知識が多少でも豊富になるかもしれないし、時に 旅は考え方をも変えてしまうこともあると思うのです。 よく聞くのは インドやなどの地域を長く旅して来た人は、色々なことに対する価値観が大きく変わったと話していたりします。 ちょっとしたことでも動じなくなる• 時間の概念が大雑把になる• 大抵の動物に慣れてしまう• もの凄い天才が大勢いる• 何も無いというシンプルさに慣れる などと聞いたことがあります。 事故なども日常茶飯事で、車もあちこちで故障して炎上しているし、道端に人が倒れていることもしょっちゅう。 5分待ってと言われたら、 30分待ちは当たり前! そんなことで怒ってたらキリがない。 そこら辺に やサソリがいたり、見たこともない虫が飛び交っていたり… この人の頭の中はどうなっているの?と疑問になるような 凄い天才が普通に会社や学校にいるんだそうです。 娯楽がないので、特におしゃれの必要もなく、 モノを買うという習慣が無くなってしまうそうです。 確かにこの様な国に長く住むことを旅とするならば、「可愛い子には旅をさせよ」と言うのは 本来の意味としてはピッタリの言葉かもしれません。 辛くても、カルチャーショックを受けても、それはあなたの血となり肉となる! 私はこのような国を避けてきた訳ではないのですが、 お腹に自信がないため、• 「安心してお水を買える国」• 「外食してもお腹が痛くならない国」 をどうしても選んでしまっています。 年齢を重ねると、その気持ちは更に強くなるので、生涯インド方面に行くことはないのかもしれません。 1人旅はダメ、1人で遠くに行くのもダメ、夜遅くは出かけちゃダメ ダメがもの凄く多かった母を思い出します。 母自体も旅行好きではなかったので、きっと 私の旅好きは反動なんですね。 その反動は子育てにも凄く影響を与えたんだと思います。 いざという時にすぐに帰れるように近場中心ではありますが、子供たちとはよく旅行しました。 可愛い子には海外、国内問わず、旅に沢山付き合わせてしまいました。 息子が小児喘息だったため、吸入器を持って行き、必ず病院近くのホテルを選んでいました。 その影響かはわかりませんが、娘は旅好きに育ち、息子はあまり興味がないのか仕事以外で旅にはほとんど行かないです。 子供の頃に、2人を連れて行った海外は、 韓国、台湾、香港、上海、、グアム、ハワイです。 何度か行った国もあります。 主人が行けなくても1人で連れて行っていました。 旅は良い経験をするという意味では一番有効ではないかと思いますし、そういう意味では 「可愛い子には旅をさせよ!」は合っていますね! 娘は身振り手振りで言葉が通じない相手に意思を伝えるのが上手ですし、息子もなぜか外国人の役を沢山貰えています。 笑 2人は旅先の小さなハプニングでも、よく覚えていて兄妹で時々話しています。

次の