コンフィデンス マン 映画 キャスト。 コンフィデンスマンJP2020キャスト一覧!相関図も詳細に紹介

映画「コンフィデンスマンJP」キャスト一覧&5つの注目ポイントをネタバレ紹介!

コンフィデンス マン 映画 キャスト

5月1日に全国ロードショーされる映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の追加キャスト13名が発表された。 本作は、『ミックス。 』『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『リーガルハイ』シリーズを手がけた脚本家・古沢良太による大人気テレビドラマの劇場版第2弾。 昨年5月17日に公開された映画は、観客動員数は200万人以上、興行収入29. 3億円以上の大ヒットを記録した。 主役の美しきコンフィデンスウーマン・ダー子を長澤まさみ、真面目で小心者の若きコンフィデンスマン・ボクちゃんを東出昌大、百戦錬磨のコンフィデンスマン・リチャードを小日向文世がそれぞれ演じ、前作では3人の信用詐欺師(=コンフィデンスマン)たちが、日本を飛び出し、前作では香港で史上最大のコンゲーム(騙し合い)を繰り広げた。 映画第2弾「プリンセス編」でダー子らがコンゲームをしかけるオサカナは、世界有数の大富豪一族・フウ家。 フウ家の当主、レイモンド・フウが亡くなり、その残された10兆円の遺産を狙い、史上最大のコンゲームが行われる。 今作から『コンフィデンスマンJP』の世界に新たに登場するのが、フウ家長女であるブリジット・フウを演じるビビアン・スー。 長男のクリストファー(古川雄大)、次男のアンドリュー(白濱亜嵐)とともに、10兆円の遺産争いを繰り広げる。 そして、フウ家の遺産争いに巻き込まれるホテルの支配人役で滝藤賢一、謎の画家・ユージーン役で濱田岳、悪徳詐欺師・ヤマンバ役で濱田マリ、元某国大統領夫人役でデヴィ・スカルノが出演する。 また、過去作に登場したキャストの続投も決定。 映画前作の『ロマンス編』から、ダー子の敬愛するコンフィデンスマンのスタアを演じる竹内結子、前作でダー子の前に立ちふさがった天才恋愛詐欺師・ジェシーを演じたう三浦春馬が再び登場する。 SPドラマ「運勢編」でリチャードを騙しかけたハニートラッパー・韮山波子として広末涼子も再登場。 そして、第1話と『ロマンス編』で暗躍し、日本のゴッドファーザーと呼ばれるダー子たちの宿敵・赤星栄介役で江口洋介が3度目の登場を果たす。 さらに、前作でダー子に弟子入りした子猫・モナコ役の織田梨沙、悪徳美術商・城ケ崎善三役の石黒賢、ダー子の子猫として活躍する鈴木さん役の前田敦子、悪徳芸能プロモーターのホー・ナムシェン役の生瀬勝久とシリーズおなじみの面々が勢ぞろいする。 instagram.

次の

コンフィデンスマンJP プリンセス編 : 作品情報

コンフィデンス マン 映画 キャスト

— 2019年12月月10日午後8時31分PST 映画の公開はもともと2020年5月1日の予定でしたが、新型コロナの影響で延期となってしまいました。 今現在、日程は未定で「近日公開予定」となっていますが、分かり次第、随時追記しますね! 映画の第2弾となるプリンセス編は、 シンガポールで資産10兆円を狙った騙し合いが展開。 脚本はドラマや前作と同じ古沢良太さんが務め、監督は前作と同じ田中亮さんがメガホンをとります。 作品情報 作品名 コンフィデンスマンJP プリンセス編 公開 2020年5月1日 2020年7月23日 上映時間 124分 配給会社 東宝 監督 田中亮 脚本 古沢良太 音楽 fox capture plan 出演キャスト 長澤まさみ 東出昌大 小日向文世 小手伸也 白濱亜嵐 関水 渚 古川雄大 ビビアン・スー 柴田恭兵 北大路欣也 映画「コンフィデンスマンJPプリンセス編」出演キャスト ダー子:長澤まさみ — 2019年12月月10日午後10時08分PST ビビアン・スーさんが演じるのが、ブリジット・フウ役です。 ブリジット・フウは、世界屈指の大富豪レイモンド・フウの娘。 ビビアン・スーさんは、台湾出身のマルチタレントで日本でも多く作品に出演していますね。 トニー・ティンは、大富豪フウ家の執事。 ドラマ「あぶない刑事」で有名となったベテラン俳優さんですね。 レイモンド・フウは、世界屈指の大富豪で亡くなったあとに自身の遺産が狙われる。 時代劇や大河ドラマなどに多く出演する名俳優さんですね。 映画「コンフィデンスマンJPプリンセス編」の見どころや予告動画 映画「コンフィデンスマンJPプリンセス編」の見どころ 本作は、人気ドラマの劇場版シリーズ第2弾です。 第1弾では、香港で 熾烈 しれつな騙し合いを繰り返したコンフィデンスマン。 本作では、 大富豪家が抱える莫大な遺産を狙う物語になっています。 レイモンド・フウが残した 遺産の相続人は一体誰なのか・・・? 10兆円を狙って世界中から詐欺師が訪れるが、遺産を手にすることはできるのでしょうか。 二転三転するストーリの展開から目が離せません! 映画「コンフィデンスマンJPプリンセス編」の予告動画 映画「コンフィデンスマンJPプリンセス編」のあらすじネタバレ結末 映画「コンフィデンスマンJPプリンセス編」のあらすじ 世界屈指の大富豪レイモンド・フウが他界する。 莫大な遺産を巡り3姉弟が火花を散らすが、執事のトニーが発表した 相続人は誰も知らない隠し子のミシェルだったのです。 10兆円の遺産の話を知った世界中の詐欺師がミシェルを名乗り、伝説の島・ランカウイ島に集結。 ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人もフウ家に入り込むことに成功します。 コンフィデンスマンの3人は華麗に大胆に騙し合いを仕掛けるが・・・。 映画「コンフィデンスマンJPプリンセス編」のネタバレや結末 〜内容がわかり次第、執筆させていただきます〜 映画「コンフィデンスマンJPプリンセス編」の口コミ・評価レビュー コンフィデンスマンの映画してやられたわ。 一連の騒動で詐欺師としての深みが増すであろう次回作が楽しみだな。 莫大な遺産の相続人に指定されたミシェルとは一体誰なのか? コンフィデンスマンたちは10兆円を手に入れることができるのか必見ですね。 映画の公開は延期になってしまいましたが、 公開日は2020年7月23日となっています。 人気作品の第2弾「コンフィデンスマンJPプリンセス編」をぜひ、劇場でお楽しみください!.

次の

コンフィデンスマンJP プリンセス編 : 作品情報

コンフィデンス マン 映画 キャスト

それでは早速、コンフィデンスマンJPの映画、ロマンス編のあらすじとキャストを紹介していきましょう。 あらすじ 映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編 』は3人のコンフィデンスマン(=信用詐欺師)があらゆる手を使ってターゲットから大金をだまし取る 痛快エンターテイメント。 天才詐欺師のダー子 長澤まさみ 、ボクちゃん 東出昌大 、リチャード 小日向文世 、そしてアシストする五十嵐を中心として毎回、巧妙な手口を使ってお金持ちたちから大金を奪っていきます。 今回の お魚(ターゲット)は香港マフィアの女帝ラン・リウ 竹内結子。 彼女が持っていると言われる パープルダイヤをめぐって、主人公3人と五十嵐が香港に向かいます。 そんな中、ダー子を昔から知っているという天才詐欺師のジェシー 三浦春馬 が現れます。 ジェシーもラン・リウのダイヤを狙って近付きます。 伝説のパープルダイヤを巡って巻き起こる、詐欺師たちの壮絶なだまし合いバトル。 どんな展開になり、最終的にお宝は誰の手にわたるのでしょうか。 公開されたのは2019年5月17日 『コンフィデンスマンJP』 2019年5月17日。 ドラマが放送されたのは2018年。 そこから約1年ぶりの公開でした。 すごい豪華キャスト! また、ドラマに出演した人たちも出てきます。 コンフィデンスマンJP、モナコ役(織田梨沙) 今回の映画で話題になったのは、モナコ役の織田梨沙さん。 という訳で各社の記事から3つリツイートさせて頂きました!当選しご来場くださった皆様、お疲れ様でした!有難うございました また逢おう😉 【イベントレポート】「コンフィデンスマンJP」新キャラ・ダー子の弟子役は織田梨沙、小手伸也が危機感(写真20枚) — 映画ナタリー — 小手伸也 KOTEshinya 織田梨沙(おだ りさ)さんは1995年生まれ、ロマンス編が公開された当時23歳です。 千葉県出身でモデル兼女優さん。 クラシックバレエを3歳からから習っていたということで、バレエとフラダンスが特技なのだとか。 2016年の映画『秘密 THE TOP SECRET』で主演を努めています。 コンフィデンスマンでは、ダー子(長澤まさみ)の弟子という役どころ。 今回の映画で登場し、詐欺師仲間たちの中で可愛いがられる若手詐欺師、モナコを演じています。 実はコンフィデンスマンJPの映画に小栗旬さんが出演してます。 役は パープルダイヤの贋作を作る中国人です。 オタクっぽい見た目で雰囲気が全然違うので気付かない方も多いかもしれません。 最後のネタバレシーンで長澤まさみさんが贋作を依頼しているシーンで出てきます。 コンフィデンスマンJP映画ロマンス編の主題歌はOfficial髭男dism『Pretender』 コンフィデンスマンJPの主題歌はOfficial髭男dismの『Pretender』です。 Pretenderはプリテンダーと読みます。 2019年に大ヒットした曲なので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 映画の良い口コミ 一方で、イマイチだったという声もありました。 見ないと損するタイプの作品 初めに、この作品が絶対的に良作であることは間違いなく、最後まで飽きずに見れる数少ない邦画の一つだと思います。 コンフィデンスマンはドラマは、もちろんですが前作映画も作品作りに丁寧さを強く感じます。 恐らく見ればわかりますが、今作品では乱暴なくらい、雑すぎるくらいキャスティングが豪華。 たかがちょい役にも手を抜いていない当たりに感動すら覚えます。 特に印象的だったのがストーリー最初に何気に、ただ居るだけの「ジャッキーちゃん」。 仕事の成り行きで以前お会いしましたが、ジャッキーに似てるんだけど全くオーラが無くて、そのオーラの無さ加減が良く出ていてシュールだなと。 あと、使われている小物や衣装が結構面白い。 エンドロールの最後のほうで衣装協力の企業やブランドも分かりますが、演者が身に着けている服や小物、バッグ、何気ない壁の飾りとか本物志向というか、そこまでするんだーって感じで見入ってしまったシーンが何か所もありました。 基本的に洋画を中心に見るのですが、この手の映画でここまで布石がしっかりと効いていて伏線回収もキッチリしてくる作品って洋画では見たことないですね。 日本人らしい細かなストーリーや人物設定が上手で、本当に最後の種明かしまで真相が読めないって凄いの一言です。 あと、ドラマもそうですが早々に髭ダンを採用している当たりに作品作りのセンスを感じますね。 香港が舞台と言うことで見てみた。 テレビは見ていなかったけど、最後までどんなトリックが使われているか 楽しみに見ていた。 思っていた以上のトリックで楽しめた。 気軽に楽しむには、良い映画だと思う。 出典: あなたもきっと騙される!! ドラマに負けずとやっぱり面白い!! きっと最後までオチが分からないはず!! 見て損はない映画だと思います! 出典:• 最後まで飽きずに見れる数少ない邦画• キャスティングって大事だなぁと改めて考えさせられた• 思っていた以上のトリック• 見て損はない映画 ドラマが好きで映画も観た方も、普段映画好きの方がみても大満足する映画だとわかりました。 映画の悪い口コミ 良い口コミが多く、悪いレビューの方が少なかったです。 前半の伏線の仕込みがあまく、終盤のタネ明かしパートでのカタルシス感が弱い TVドラマシリーズの延長線上だからなのだろう、 俳優陣の演技のテンションやセリフ回しが 良くも悪くも実にギャグマンガ的である。 それは時として陳腐で安っぽくもあり、 見ていて興ざめしてしまう。 伏線、ミスリード、叙述トリックてんこ盛りで どんでん返しのあるサスペンス、ミステリーが 大好きな自分からすると、本作は期待ハズレである。 終盤のどんでん返し、タネ明かしパートが非常に雑な作りで 取ってつけたような感じがぬぐえない。 Aを陥れるために、BとCが結託して演技をしているとして、 そのAが居ない場面においても、BとCが結託して演技をしているのは不自然である。 BとCが結託して演技をしている、していない場面が Aが居る時と居ない時とでちゃんと描き分けられていた、 というのが伏線や叙述トリックとしてのあるべき姿なのだ。 良く出来たミステリーではそういう細かい点をちゃんと作りこんでいる。 本作は、様々な点で伏線の仕込みが甘い。 タネ明かしパートで、実はこうでした! と言われても そもそもそういう謎かけが出題されていないだろ! と思ってしまう。 出典: コンフィデンスマンJPシリーズは詐欺師が主役のコメディ作品なので、コメディ漫画的な演出が好きでない方は好まないようです。 ストーリーの間の伏線から読み解くような 謎解き好きの方には物足りなかったようです。 コンフィデンスマンJP映画ロマンス編、まとめ コンフィデンスマンJP映画、ロマンス編は、天才詐欺師3人が香港を舞台に、香港マフィアの女帝からパープルダイヤを盗むという計画を立てるストーリー。 主題歌は オフィシャル髭ダンディズムの『Pretender』。 映画好きも賞賛する良作で、大ヒットしました。 2020年にも映画の公開が予定されています。

次の