キャプテンアメリカ ムジョルニア。 『アベンジャーズ/エンドゲーム』の小ネタ紹介【ネタバレ】

キャプテン・アメリカ

キャプテンアメリカ ムジョルニア

2019年4月26日 金 より、 『アベンジャーズ:エンドゲーム』の公開が始まりました。 『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』から1年、ついにサノスとの戦いに決着がつきます。 そんな『アベンジャーズ:エンドゲーム』ですが、劇中で追い詰められたキャプテン・アメリカ スティーブ・ロジャース が、ソーのムジョルニアを持ち上げて戦うシーンがありました。 このシーンはかなり鳥肌物のシーンで、実際鑑賞中に多くの人たちが歓声を上げていました。 ですが個人的に思ったのが、キャプテン・アメリカは前からムジョルニアを持ち上げることができたのではないかということです。 今回は、キャプテン・アメリカが前からムジョルニアを持ち上げられた説について考察していきます。 関連記事 スポンサーリンク ムジョルニアについて ご存知の通り、ムジョルニアはソーが愛用するハンマーで、投げるとソーの手元に戻ってきて、ハンマーを持って飛行することもできる非常に有能な武器。 雷を発生させることも可能です。 惑星二ダベリアのドワーフによって作られました。 ソーは軽々とムジョルニアを持ち上げていますが、ムジョルニアを持つためには、ムジョルニアが認める崇高な精神の持ち主でなければなりません。 なので、地球最強レベルの怪力であるハルクでもムジョルニアを持ち上げることはできません。 そんなムジョルニアですが、『マイティ・ソー:バトルロイヤル』の劇中で、ソーの姉であるヘラによって粉砕されてしまいました。 ですが、2014年のアスガルドにタイムトラベルしたソーが、2023年の地球に持って帰ってきました。 そしてサノスとの決戦の際に、キャプテン・アメリカが持ち上げます。 ちなみに、ストーム・ブレイカーについては製作時にグルートが掲げていること、ならびにサノスも持てたことから、ムジョルニアのような認められたものだけが持つことができるという制限は無いようです。 ムジョルニアを持てたキャラクター 上記した通り、ムジョルニアを持てるのは、ムジョルニアが認めた崇高な精神の持ち主のみ。 ゆえに、ムジョルニアを持てる人物は限られてきます。 マーベル・シネマティック・ユニバース MCU の中でムジョルニアを持ち上げてきたキャラクターは、以下の通りです。 キャプテン・アメリカ• ヴィジョン• オーディン• ヘラ ソーとオーディンはもちろんですし、ヘラもオーディンとともに活動していた時期に、ムジョルニアを愛用していました。 こうみると、キャプテン・アメリカとヴィジョンがムジョルニアを持ち上げたのが、相当すごいことだということがわかりますね。 ちなみに、ヴィジョンがムジョルニアでウルトロンを吹っ飛ばすシーンは、個人的にかなり気に入っています。 スポンサーリンク キャプテン・アメリカは前からムジョルニアを持てた? ではここからは、本題のキャプテン・アメリカは前からムジョルニアを持てたという点についてです。 なぜそう思ったかというと、キャプテン・アメリカがムジョルニアを使いこなせ過ぎていたからです。 おそらく、 キャプテン・アメリカはもともとムジョルニアを持ち上げられるということをわかっていたのでしょう。 『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』の劇中で、アベンジャーズのメンバーがムジョルニアを持ち上げてみるというシーンがありましたね。 ホークアイやブルース・バナー、トニー・スタークやローディがムジョルニアを持ち上げられない中、キャプテン・アメリカはムジョルニアを少しぐらつかせました。 その際、ソーは非常に驚いた表情をしていましたが、結局キャプテン・アメリカは無理だと言ってやめました。 ですがこのとき、 キャプテン・アメリカは軽々とムジョルニアを持ち上げることができたのでしょう。 なので、ソーはキャプテン・アメリカがムジョルニアを持ち上げた際に、「やっぱりな」というような発言をしていたと考えられます。 しかし、キャプテン・アメリカは非常に謙虚で史実な人間なので、 他のメンバーが持てない中自分だけ持てるというのに後ろめたさを感じ、そして何よりソーのプライドを守るために、ムジョルニアを持ち上げられないふりをしたというわけです。 そう考えると、ぶっつけ本番でムジョルニアを使ってサノスに雷を落とすことができたのも納得がいきます。 いずれにしろ、キャプテン・アメリカがムジョルニアを持ち上げるシーンは、MCUの中でも歴史に残る名シーンであることに変わりはありません。 スポンサーリンク 第三者配信による広告掲載を無効化していない場合は、サイトへの広告配信に Google 以外の第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie も使用される可能性があるため、その点についても次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示する必要があります。 引用元: お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、訪問者からの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。 お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで、お客様がデータ収集のために Cookie を使用していることを必ず通知するものとします。 また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。 引用元: このサイトについて.

次の

『アベンジャーズ エンドゲーム』の疑問点を徹底解説

キャプテンアメリカ ムジョルニア

、ムジョルニアを持つ 衝撃の瞬間は突然にやってくる。 一転して窮地に立たされた は、数少ないメンバーでサノスと戦うことになる。 「今度こそちゃんと殺す」と宣言するソーに、シールドを再び携えたキャプテン・アメリカもその一員だ。 トニー・スターク/アイアンマンと並んで、3人はサノスへと立ち向かっていく。 しかし、まだインフィニティ・ストーンを手中に収めていなくともサノスは強力だ。 アイアンマンとソーの合わせ技を防ぎ、キャプテン・アメリカの猛攻をかわす。 岩場に追い込まれたソーはストームブレイカーを引き寄せるが、斧はサノスに奪われてしまった。 ソーのアーマーを刃が貫こうとした時、もうひとつの武器であるムジョルニアがサノスの身体を吹き飛ばす。 ハンマーを手元に戻したのは、ほかでもないキャプテン・アメリカ。 ついにスティーブはムジョルニアを操ることができるようになったのだ。 米国のポッドキャスト「」に登場したアンソニー&ジョー・ルッソ監督は、 「すべては『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)に遡ります」と話した。 同作でアベンジャーズの面々がパーティを満喫するシーンには、各自がムジョルニアを持ち上げようとするくだりが存在するのだ。 ホークアイやアイアンマン、ハルクらが失敗する中、キャプテン・アメリカだけはわずかにハンマーを動かすことができる。 その瞬間、ソーの見せる不安げな表情たるや……。 ジョー監督は「ファンのみなさんはあの時、キャプテンはハンマーにふさわしいだろうな、持ち上げられるかも、いつか持ち上げても不思議じゃないなと思ったんじゃないでしょうか」と語る。 ムジョルニアはソーにしか扱えないものではなく、ソーに並ぶ高潔な精神の持ち主ならば自在に操れる武器なのだ。 すなわち、この展開は完全なるファンサービスとして誕生したものだったのだ。 実際にルッソ兄弟はこっそり映画館を訪れ、この場面で客席が興奮に包まれるのを確認したそう。 アンソニー監督は「すごくうれしかったですね」と語っている。 ちなみにルッソ兄弟は、 キャプテンは『エイジ・オブ・ウルトロン』の時点でムジョルニアを持ち上げることができたと解釈しているそう。 同作の脚本・監督を務めたジョス・ウェドンがどう考えていたかは不明だが、二人はこのように説明しているのだ。 アンソニー「自分が持ち上げられるのかどうか、スティーブも試してみるまで分からなかったと思います。 だけどキャップは、自分の性格や謙虚さ、ソーへの敬意から、ハンマーを動かせるとわかった瞬間、動かさないことにしたと思うんです。 」 映画『 』は2019年4月26日(金)より全国公開中。 『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:.

次の

『アベンジャーズ/エンドゲーム』、4年越しに明かされたキャプテン・アメリカの「事実」

キャプテンアメリカ ムジョルニア

2019年4月26日 金 より、 『アベンジャーズ:エンドゲーム』の公開が始まりました。 『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』から1年、ついにサノスとの戦いに決着がつきます。 そんな『アベンジャーズ:エンドゲーム』ですが、劇中で追い詰められたキャプテン・アメリカ スティーブ・ロジャース が、ソーのムジョルニアを持ち上げて戦うシーンがありました。 このシーンはかなり鳥肌物のシーンで、実際鑑賞中に多くの人たちが歓声を上げていました。 ですが個人的に思ったのが、キャプテン・アメリカは前からムジョルニアを持ち上げることができたのではないかということです。 今回は、キャプテン・アメリカが前からムジョルニアを持ち上げられた説について考察していきます。 関連記事 スポンサーリンク ムジョルニアについて ご存知の通り、ムジョルニアはソーが愛用するハンマーで、投げるとソーの手元に戻ってきて、ハンマーを持って飛行することもできる非常に有能な武器。 雷を発生させることも可能です。 惑星二ダベリアのドワーフによって作られました。 ソーは軽々とムジョルニアを持ち上げていますが、ムジョルニアを持つためには、ムジョルニアが認める崇高な精神の持ち主でなければなりません。 なので、地球最強レベルの怪力であるハルクでもムジョルニアを持ち上げることはできません。 そんなムジョルニアですが、『マイティ・ソー:バトルロイヤル』の劇中で、ソーの姉であるヘラによって粉砕されてしまいました。 ですが、2014年のアスガルドにタイムトラベルしたソーが、2023年の地球に持って帰ってきました。 そしてサノスとの決戦の際に、キャプテン・アメリカが持ち上げます。 ちなみに、ストーム・ブレイカーについては製作時にグルートが掲げていること、ならびにサノスも持てたことから、ムジョルニアのような認められたものだけが持つことができるという制限は無いようです。 ムジョルニアを持てたキャラクター 上記した通り、ムジョルニアを持てるのは、ムジョルニアが認めた崇高な精神の持ち主のみ。 ゆえに、ムジョルニアを持てる人物は限られてきます。 マーベル・シネマティック・ユニバース MCU の中でムジョルニアを持ち上げてきたキャラクターは、以下の通りです。 キャプテン・アメリカ• ヴィジョン• オーディン• ヘラ ソーとオーディンはもちろんですし、ヘラもオーディンとともに活動していた時期に、ムジョルニアを愛用していました。 こうみると、キャプテン・アメリカとヴィジョンがムジョルニアを持ち上げたのが、相当すごいことだということがわかりますね。 ちなみに、ヴィジョンがムジョルニアでウルトロンを吹っ飛ばすシーンは、個人的にかなり気に入っています。 スポンサーリンク キャプテン・アメリカは前からムジョルニアを持てた? ではここからは、本題のキャプテン・アメリカは前からムジョルニアを持てたという点についてです。 なぜそう思ったかというと、キャプテン・アメリカがムジョルニアを使いこなせ過ぎていたからです。 おそらく、 キャプテン・アメリカはもともとムジョルニアを持ち上げられるということをわかっていたのでしょう。 『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』の劇中で、アベンジャーズのメンバーがムジョルニアを持ち上げてみるというシーンがありましたね。 ホークアイやブルース・バナー、トニー・スタークやローディがムジョルニアを持ち上げられない中、キャプテン・アメリカはムジョルニアを少しぐらつかせました。 その際、ソーは非常に驚いた表情をしていましたが、結局キャプテン・アメリカは無理だと言ってやめました。 ですがこのとき、 キャプテン・アメリカは軽々とムジョルニアを持ち上げることができたのでしょう。 なので、ソーはキャプテン・アメリカがムジョルニアを持ち上げた際に、「やっぱりな」というような発言をしていたと考えられます。 しかし、キャプテン・アメリカは非常に謙虚で史実な人間なので、 他のメンバーが持てない中自分だけ持てるというのに後ろめたさを感じ、そして何よりソーのプライドを守るために、ムジョルニアを持ち上げられないふりをしたというわけです。 そう考えると、ぶっつけ本番でムジョルニアを使ってサノスに雷を落とすことができたのも納得がいきます。 いずれにしろ、キャプテン・アメリカがムジョルニアを持ち上げるシーンは、MCUの中でも歴史に残る名シーンであることに変わりはありません。 スポンサーリンク 第三者配信による広告掲載を無効化していない場合は、サイトへの広告配信に Google 以外の第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie も使用される可能性があるため、その点についても次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示する必要があります。 引用元: お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、訪問者からの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。 お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで、お客様がデータ収集のために Cookie を使用していることを必ず通知するものとします。 また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。 引用元: このサイトについて.

次の