暇潰しにゅーす。 暇つぶしニュース|ワロタあんてな

暇つぶしニュース|ワロタあんてな

暇潰しにゅーす

「夜の歌舞伎町では、上を見ながら歩かないと危ない」 日本一の歓楽街・歌舞伎町(東京・新宿)では、昨秋来、こんな言葉をよく聞くようになった。 特に、「呪いのビル」の前では、冬の寒風に身を縮めながら上目遣いでビルの屋上を気にして、足早に通り過ぎる人が多い。 大理石と重厚感ある石のエントランスが目を引く、高級感漂う8階建てのビル。 その屋上から、昨年10月2日、20代の女性が飛び降り自殺を図った。 午後7時頃、外階段で靴を脱いだ彼女は、腰ほどの高さの手すりを越えて屋上から転落。 たまたま下を歩いていた歩行者の男性を直撃した。 女性は救急隊の処置を受けたが、間もなく死亡。 男性も右腕を折る重傷を負った。 「目撃情報などから事件性はないと判断され、彼女が亡くなった背景はほとんど調べられなかった」(捜査関係者) 昨秋以来、歌舞伎町で飛び降りが後を絶たない。 その多くが若い女性だ。 10月のわずか1か月間で、100mほどしか離れていない2棟のビルで起きた飛び降りは、未遂も含めて少なくとも7件。 「呪いのビル」。 今、歌舞伎町で2つのビルはそう呼ばれている。 しかし、事件性がない以上、警察は深くは調べないし、大きく報道されることもない。 原色のネオンの陰に、人知れず若い命が消えている。 飛び降りで亡くなった、前出の20代女性は、ホストクラブの常連客だった。 まつげが長く目鼻立ちのくっきりした美人。 風俗店で働きながら「担当」と呼ばれる目当てのホストに入れ込んでいたという。 友人が語る。 「彼女は『メイ』(仮名)という名前で歌舞伎町で遊んでました。 ホストクラブに借金が200万円ほどあったみたい。 全部、担当につぎ込んだって。 メイは担当のことが本当に好きで、彼氏だと思っていたけど、『でも、裏切られたのかな…』って。 完全に病んでた」 女性が飛び降りた理由は借金苦ではなかったと、友人が続ける。 「借金は風俗で働けばすぐに返せる額。 あなたみたいにキレイなら、何でももっとうまくいきそうなのにって言ったら、メイは哀しそうに笑ってた。 『もう、どうしようもないよ』って」 このビルにはホストクラブやバーが15軒ほど入居する。 周辺のビルも似たようなもので、目の前の通りは、通称「ホスト通り」。 街では、女性たちの飛び降りとホストクラブを関連付ける声は根強い。 「この街で30年以上暮らしていますが、今は異常事態です。 現場の『ホスト通り』は飛び降りで、すっかり有名になりました。 自殺騒動が一度起きると、SNSやツイッターで、一瞬にして拡散されていく。 すると、悩みを持った人たちが同じ場所で繰り返し、それがまたネットで広がる。 夜の街だから、たしかにお金で苦しんで自殺を図る人は昔からいた。 「ここがあのアルタかー!ようやく地上だ!」という気持ちの方が強いので特に感じた事はなし。 あと西新宿の住友生命ビル。 因みに前者は逢魔時で後者は13時位。 新宿でないがサンシャイン60は来ると気分悪くなったり色々。

次の

カラパイア

暇潰しにゅーす

このハッシュタグを使う意味や目的ですが、ハッシュタグを使うことで 同じジャンルやイベントの話題をツイートしている参加者のツイートを探すことができるため、共通の趣味を持ったユーザーを見つけて、フォローしやすくなります。 また、ハッシュタグ付きのツイートを行った際に他のユーザーに自分のツイートを見てもらいやすくなるといったメリットもあります。 同一のハッシュタグを付けたツイートが増えると、Twitterで「このハッシュタグが盛り上がっている」と認識し、トレンド一覧に掲載します。 トレンド一覧に掲載されることで、多くのユーザーがこのハッシュタグの話題に触れるため、さらに話題沸騰するような仕組みになっています。 ハッシュタグは元々Twitterの1ユーザーであるChris Messina氏が提唱したローカルルールでした。 彼は2007年にハッシュタグ付きのツイートを初めて投稿したのです。 上記のツイートを翻訳すると「グループ付けに ナンバー を使うのはどうだろう? barcamp [メッセージ]のように。 」となり、グループ化するのに を使おうと提案したわけです。 そしてこのハッシュタグが流行った結果、Twitter公式はハッシュタグのハイパーリンク化に着手。 現在のようにTwitter内のハッシュタグのリンク化・検索が可能になったのです。 当時のハッシュタグはアルファベットでしか利用できませんでしたが、2011年からは漢字・ひらがななど日本語に対応したハッシュタグが利用可能になりました。

次の

Twitterの、画像のタグ付け機能の使い方

暇潰しにゅーす

56723• 318400• 07月16日 18:12• 07月16日 17:22• 07月16日 15:12• 07月16日 14:12• 07月16日 13:12• 07月16日 12:32• 07月16日 12:12• 07月16日 11:42• 07月16日 11:12• 07月16日 10:32• 07月16日 09:12• 07月16日 08:12• 07月16日 07:12• 07月16日 06:32• 07月16日 05:12• 07月16日 04:12• 07月16日 02:12• 07月16日 01:12• 07月16日 00:12• 07月15日 23:12• 07月15日 22:12• 07月15日 21:12• 07月15日 20:12• 07月15日 19:12• 07月15日 18:12• 07月15日 17:12• 07月15日 16:12• 07月15日 15:12• 07月15日 14:12• 07月15日 13:12• 07月15日 12:32• 07月15日 11:12• 07月15日 10:12• 07月15日 09:12• 07月15日 08:12• 07月15日 07:12• 07月15日 06:42• 07月15日 06:12• 07月15日 04:12• 07月15日 02:12• 07月15日 01:12• 07月15日 00:12• 07月14日 22:12• 07月14日 20:12• 07月14日 19:12• 07月14日 18:12• 07月14日 17:12• 07月14日 16:12• 07月14日 14:12• 07月14日 13:12•

次の