腎盂 腎炎。 腎盂腎炎(腎盂炎)の原因、症状、治療 入院は必要?性行為でなる?感染経路、診療科、子供・妊婦のリスクも解説|アスクドクターズトピックス

腎炎の症状ってどんなの?腎臓炎の種類と原因や食事で気を付けること

腎盂 腎炎

この病気を知らないためにそのまま放置し、悪化する場合があります。 腎 盂内(腎臓内の尿のたまるところ)で細菌が繁殖し腎臓にまで炎症が及んだもの を腎盂腎炎といいます。 本来、健康な人は膀胱から尿管、腎盂には細菌は存在しません。 それが何らかの原因で細菌が侵入して炎症を起こすのです。 細菌の侵入経路で、もっとも多いのは尿道の出口から侵入した細菌が尿の通り道を遡り腎盂に達して起こるケースです 上行性感染。 稀に、血管を通って腎臓に感染することもあります 血行性感染。 主に大腸菌、緑膿菌などグラム陰性桿菌と腸球菌です。 なかでも大腸菌による感染が約90%にも達します。 腎盂腎炎は女性に多く発生する傾向があります。 理由に、女性の方が、大腸菌 などが存在する肛門と尿道の距離が近いこと、尿道が短いことなどが挙げられま す。 また生理や性交で陰部が不衛生になったり、妊娠による子宮の増大で尿管 が圧迫されて尿の流れが悪くなることもあるため発症しやすいと考えられていま す。 腎盂腎炎を繰り返す場合には、尿の通り道に生まれつきの異常がある場合も あります(膀胱尿管逆流現象)。 急性腎盂腎炎はこれらの症状が急激に表れます。 吐き気がする・ 寒気を感じる・全身がだるくなるなどの症状がでたり、時には脱水による意識障害がでることもあります。 さらに重くなると細菌が腎臓から血流に乗って全身へ広がり、命に関わることもあります。 尿の通過障害のある場合には、緊急処置が必要となります。 治療は抗生剤が中心です。 主として経口抗生物質で速やかに改善しますが、時には入院して抗生物質の点滴を受けなければならない場合もあります。 腎盂腎炎をおこしやすくする原因があれば、それぞれに対応した治療を行います。 特に尿の通過障害がある場合には、緊急に通過の改善処置を行います。 腎盂腎炎の予防にはお風呂やシャワーなどで陰部を常に清潔に保つことが大切です。 できれば排便後に陰部の洗浄を行うとよいでしょう。 万が一細菌が尿道に入り込んだとしても、腎臓にまで上ってこないように尿で流してしまうことも大切です。 そのため水分を適切にとって、膀胱に尿を溜めこまないうちに排尿するのも、ポイントです。

次の

腎盂腎炎(じんうじんえん)とは

腎盂 腎炎

腎盂腎炎の看護って何をすればいいの?【疑問にわかりやすく解説】 更新日: 2020-02-11 腎盂腎炎は若い女性におおい疾患のひとつです。 でも、高齢者でもよくおこります。 しかも、症状に気付かない人もおおくいますね。 病棟では、泌尿器系の感染で入院になる高齢者がたくさんいるので、どういった看護を提供していけばいいか悩むことがありませんか? 僕が病棟に入職したころは、疾患によって変わる看護や観察に悩み不安でいっぱいな日々をすごしていました。 看護って疾患別に何をしていくのか変わってきますよね? なので、そういった疑問や悩みに答えていきます。 この記事を読むと分かる内容は以下の通りです。 腎盂腎炎の病態がザックリ分かる• 腎盂腎炎患者にたいする具体的な看護が分かる• 腎盂腎炎の観察する項目が分かる• 悪化した時の患者の状態の経過が分かる では、さっそく見てみましょう。 腎盂腎炎の看護は慢性腎不全に移行させないこと【病態を把握しましょう】 腎盂腎炎の患者さんに対してどんな看護をしていったらいいか、結論から言うと「 慢性腎不全にさせない看護」が必要です。 そこで、まず考えた方がいいことがあります。 腎盂腎炎の病気について知ることですね。 もっと言うと腎機能について知ることで解決します。 といっても時間がない人が多いと思いますので、ここではザックリ解説しておおまかな理解をして頂ければいいと思います。 腎盂腎炎の病態をザックリ解説 腎盂腎炎は、細菌が尿道から侵入します。 その菌は上行感染といって、尿道から膀胱に、膀胱から腎臓に感染を拡大していく過程をとっていきます。 初期の症状• 排尿痛から始まり、頻尿の症状をおこす経過をたどります。 なかには、症状がないまま突然高熱がでて腎盂腎炎が診断されることもありますね。 腎盂腎炎はネフロンの数を減少させてしまいます。 腎機能を低下させてしまうので高齢者の腎盂腎炎は繰り返すと腎機能低下による慢性腎不全の原因になるというわけですね。 腎盂腎炎は腎臓の疾患なので、おしっこが出なくなると危険です。 てことは、繰り返したりひどくなると尿を濾過しなくなったり、尿量が減るんですね。 つまり、腎臓の働きが悪くなってくるので、良くないと考えます。 症状が進行したら慢性腎不全にいってしまう可能性があるので、そこに行かないような看護をしていけばいいと思います。 ぼくの病棟では、腎盂腎炎の患者さんは少ないですが、腎臓の疾患の患者さんは腎臓の働きが悪くなってくるとどんどん尿量が少なくなってきます。 尿の色も汚くなるし、臭いも悪臭になります。 病棟に居ると、ポータブルトイレで排尿されていて、患者さんの部屋に入っただけでおしっこ臭いのが強烈に感じられるのはよくあります。 それだけで「あっ!この患者さんの腎臓は状態が良くないな」とかが分かります。 あと、なんか分かんないけど熱がよく出たりするときは、慢性的な腎臓の感染が繰り返しているかのしれないと思って注意します。 高齢者は症状も出にくく、気付かないうちに繰り返すのが特徴です。 腎盂腎炎は抗生剤の点滴が効果的なので、治りやすく予後も良好ですけど、だからと言って軽視せずに看護していくことが看護の気づきになると思います。 具体的な看護を下記に示していますので参考にしてみて下さい。 具体的な腎盂腎炎の看護• 水分を促す(尿量を増やして細菌をだす)• 悪寒は保温する(毛布や電気毛布の使用、湯たんぽ)• 発熱と解熱を繰り返していないか• 尿量のチェック• 尿の性状や臭いのチェック• 食欲不振なら食事形態の工夫• 悪心の出現や嘔吐があれば口腔ケアや環境汚染の予防、不安に対する緩和• 日常生活の援助• 女性が多いので羞恥心の配慮• 浮腫が起こるので体位の工夫をしつつ足浴やマッサージ、または温罨法• かゆみの出現には衣服の配慮や皮膚損傷に注意する 腎盂腎炎から慢性腎不全に移行していくことは稀ですけど、ネフロンの数が減っていくことを念頭に入れておくと良いと思います。 腎盂腎炎で看護する観察項目は全身状態を見ていきましょう 受け持ちやその日の担当になった時に観察していくことは、主に症状を見ていけばいいと思います。 腎盂腎炎の患者さんの特徴として 全身症状が強く現れやすいってことですね。 腎臓の実質臓器の感染は発熱するっていう特徴がありますので、かならず熱が出ます。 熱が出ない泌尿器系の感染では発熱の有無である程度アタリがつけられるんですね。 たとえば下記のような感じ ・尿路感染であれば熱は出ません。 ・膀胱炎でも熱は出ません。 しかし、それ以上のうえの腎実質に拡大してくると高熱が出ます。 男性の場合、前立腺炎は発熱します。 高齢者の場合、慢性的に繰り返してくると発熱しにくくなる人がおおいです。 ときに重症化して高熱を出すことがあるので、推測として深い読みが必要になってくるかもですが、まずは全身状態の症状や発熱を観察していくのがいいと思います。 腎盂腎炎の観察項目 腎盂腎炎の観察項目を下記に示していますので、参考にしてみて下さい。 発熱がないか• 悪寒がないか• 悪心・嘔吐がないか• 腰背部の痛みがないか(脇腹もふくむ)• 全身症状の自覚がないか• おしっこのとき痛みがないか• おしっこが近くないか• おしっこの色がいつもと違わないか• バイタルサイン たとえば、入院患者さんが寝たきりで会話でのコミュニケーションがとりにくい時もあると思います。 その時はバイタルサインとオムツ内の尿の性状を観察します。 もしくは尿バックの量と色ですね。 たまに、尿路バックを使用している患者さんでバック内の色が 紫色に変色していることがあります。 見たことないでしょうか? これは感染徴候のサインです。 といっても何か治療が必要だとか、緊急性があるわけではないので経過観察になりますね。 腎盂腎炎が悪化するとどんな経過をたどるのか 腎盂腎炎は割と治りやすい病気ですけど、悪化すると尿量が減り腎不全になっていきます。 看護をするとき、腎機能の悪化に気付くためにはどういった過程を経て悪くなっていくかが分かっていると予防的な看護をしていく上で判断しやすくなるのではないかと思います。 こちらも下記に示していきますので、参考にして頂けたらと思います。 腎機能が悪化してきていると思われる判断材料• 高血圧になってきます• 夜間など尿量が多くなり尿を濃縮する機能が悪くなってきます• 浮腫をきたしてきます• 体がだるいなどの倦怠感を訴えるようになります• 心臓の機能が低下してきて心不全の症状が見られます• おしっこの量が極端に少なくなってきます• 気分がすぐれず不整脈や呼吸に異変がでてきます• 消化管症状を訴えてきます(吐き気など)• 貧血のような症状を訴えたりします 以上は腎機能をいろんな側面から悪くなってきたときの症状や訴え、全身状態の経過を書き出しています。 腎盂腎炎の看護では重症化していかないような関りが必要になりますけど、漠然としているので、どうしても重症化していることに気付かないことが多いです。 たぶん僕の病棟でもきちんと看護できてるか?といったらあいまいなところです。 重症化してきているかをみるポイントは、慢性化の経過を辿っていないかを疑ってかかることから始まるってことですね。 まとめ 腎盂腎炎に対して行う看護について書いていきました。 考え方としては、慢性腎不全に移行しないような関りをしていくにはどうすればいいかを考えて、看護していくことだと思います。 あとは、日々の看護の観察項目としてポイントとなる発熱の経過をみたり、全身症状が強く出やすいので、症状の緩和にはどんな看護を提供していけばいいかを考えることによって腎盂腎炎の看護の本質が見えてくるのではと思います。 参考にして頂けるとうれしいです。 最後まで読んで頂きありがとうございます。

次の

腎盂腎炎の症状,原因と治療の病院を探す

腎盂 腎炎

腎盂や腎杯で炎症がおこると、やがて腎臓全体に炎症がおよびます。 片方の腎臓だけが炎症をおこす場合と両方の腎臓が炎症をおこす場合があります。 短期間のうちに激しい炎症のおこったものが、細菌が腎臓に住みついてしまって、炎症が続いているものがです。 急性腎盂腎炎では、激しい炎症のために腎臓が大きく腫 は れ、それがわき腹や背中、腰の痛みとして感じられることがあります。 寒気を伴って、急激に38度以上の高熱がでたり、吐き気や嘔吐 おうと などの胃腸の症状が現れたりします。 また、頻繁 ひんぱん に尿意をもよおし尿の回数が多くなりますが、尿の量は少なく、排尿のときに痛みを感じるといったのような症状がみられたり、尿に血が混じることもあります。 ほとんどの場合、適切な抗菌薬によって、比較的短期間で症状はおさまります。 ただし、放置すると敗血症をおこす場合もあります。 慢性腎盂腎炎では、疲労感や食欲不振、微熱などの症状が現れることもありますが、ほとんどが無症状で、診断が難しいとされています。 進行すると、を伴うことが多く、症状がかなり進んでから血圧の異常によって発見されることもあります。 細菌が住みついてしまって、炎症が悪化したり、おさまったりをくり返しているとに至る場合もあり、注意が必要です。 通常、尿は腎臓から尿管を通り膀胱へと流れます。 尿管と膀胱の間には一方通行の弁がありますから、逆流することはありません。 しかし、なんらかの原因によってここで逆流がおこったり(現象)、尿の流れが悪くなったりすると、細菌が膀胱から尿管、さらに腎盂から腎臓全体へと侵入し、炎症がおこります。 このような状態をおこす引きがねとしては、膀胱炎、、、尿路結石 にょうろけっせき 、、、妊娠などがあげられます。 また、ほかの臓器に感染源があり、そこから血液の流れを通じて細菌が侵入する場合もあります。 とくに、腎臓や尿路に結石や狭窄 きょうさく がある、あるいは尿管と膀胱の間の弁に異常があって逆流現象がある場合などには、急性の炎症が治りきらないことがあり、これが慢性腎盂腎炎に移行します。 また、妊婦の0. 5~2パーセントに発生するといわれています。 女性に多い理由は、女性は男性より尿道が短く、尿道口と肛門が接近しているために、細菌が侵入しやすいからと考えられます。 男性でも、前立腺肥大症や尿路結石があると尿道が圧迫され尿の流れが悪くなり、細菌感染がおこりやすくなります。 50歳を過ぎると、腎盂腎炎のおこる頻度の男女差は小さくなります。 しかし、原因から考えても抗菌薬の有効性は広く認識されており、抗菌薬を使用しないというグループをつくっての比較研究は、今後も倫理的に困難です。 ただし、抗菌薬の種類や使用方法を変えて、効果を比較した非常に信頼性の高い臨床研究がいくつかあります。 したがって吐き気や食欲不振があったり、経口摂取が困難だったりする症状の重い状態では、注射薬が使われます。 このことを確認した臨床研究は見あたりませんが、専門家の意見や経験から支持されています。 そのほかの原因による慢性腎盂腎炎については、抗菌薬が有効性を示す臨床研究は見あたりませんが、専門家の意見や経験から支持されています。 塩酸シプロフロキサシンについてはスルファメトキサゾール・トリメトプリムより有効であったという非常に信頼性の高い臨床研究が、レボフロキサシン水和物に対しては塩酸シプロフロキサシンと同等の効果であったという非常に信頼性の高い臨床研究があります。 セファゾリンナトリウムについては、妊婦において、アンピシリン+ゲンタマイシン硫酸塩、セフトリアキソンと同等の効果であったという臨床研究があります。 しかし専門家の意見や経験から支持されている薬です。 しかし、これらの薬は専門家の意見や経験から支持されています。 総合的に見て現在もっとも確かな治療法 まずは抗菌薬で治療を 腎盂腎炎は、大腸菌などの細菌が尿管をさかのぼって腎臓に侵入し、炎症をおこす腎臓の感染症です。 急性腎盂腎炎にしても、慢性腎盂腎炎にしても、炎症をおこす原因となる細菌を退治することが大前提になります。 現在、急性の腎盂腎炎に対して抗菌薬の使用が中心に行われています。 クラビット(レボフロキサシン水和物)、シプロキサン(塩酸シプロフロキサシン)などのニューキノロン系など、臨床研究で有効性が確かめられた抗菌薬もありますし、有効性を検討した臨床研究はないものの、専門家の意見や経験から支持されている薬剤も少なくありません。 使用の仕方は症状の状態に応じて 軽症の急性腎盂腎炎、慢性期の慢性腎盂腎炎では経口薬を使用し、中等度以上の急性腎盂腎炎や慢性腎盂腎炎が急性増悪した場合は、静脈注射で治療を行います。 とくに結石や腎・泌尿器 ひにょうき の病気をもつ人、免疫機能が低下していたり、糖尿病を基礎にもっている人などにみられる腎盂腎炎では、抗菌薬に耐性のある細菌が原因となることが少なくありません。 そのような患者さんでは入院のうえ、抗菌薬は静脈注射で、しかも比較的長期間(10~21日間)使用されます。 安静と水分補給は理にかなった対処法 腎盂腎炎の急性期には、安静にすること、水分を十分に補うことが必要になります。 このことは臨床研究によって示されているわけではありませんが、病気の成り立ちからいって、十分、理にかなった対応でしょう。 1 Gupta K, Hooton TM, et al. International clinical practice guidelines for the treatment of acute uncomplicated acute cystitis and pyelonephritis in women. A 2010 update by Infectious Diseases Society of America and the European Sciety for Microbiology and Infextious Disease. Clin Infect Dis. 2011;52:103-120. 2 Peterson J, Kaul S, et al. Urology 2008;71:17-22. 3 Talan DA, Stamm WE, Hooton TM, et al. Comparison of ciprofloxacin 7 days and trimethoprim-sulfamethoxazole 14 days for acute uncomplicated pyelonephritis pyelonephritis in women: a randomized trial. JAMA. 2000;283:1583-1590. 4 Holland NH, Kazee M, Duff D, et al. Antimicrobial prophylaxis in children with urinary tract infection and vesicoureteral reflux. Rev Infect Dis. 1982;4:467-474. 5 Naber KG, Savov O, Salmen HC. 5 g is as effective as imipenem 0. 5 g for the treatment of acute uncomplicated pyelonephritis and complicated urinary tract infections. Int J Antimicrob Agents. 2002;19:95-103. 6 Wing DA, Hendershott CM, Debuque L, et al. A randomized trial of three antibiotic regimens for the treatment of pyelonephritis in pregnancy. Obstet Gynecol. 1998;92:249-253. 出典 法研「EBM 正しい治療がわかる本」 EBM 正しい治療がわかる本について.

次の