めまい ツボ 手首。 メニエール病のツボ

メニエール病のツボ

めまい ツボ 手首

位置:爪の両端、付け根あたり。 手足どの爪にもあります。 「井穴(せいけつ)」と呼ばれています。 押し方:人差し指と親指で挟むようにしてゆっくりと押します。 10秒くらいかけて押す時に息を吐き、離す時に息を吸うように!痛気持ちいくらいの強さで押してください。 特に痛い指は時間を20秒くらいに増やしても良いです。 入浴中にすると頭に血が上りやすくなる場合もあるので注意が必要です。 それぞれの指(爪)に対応している体の部分があります。 症状に合わせて対応する指を少し長めに押しても良いかもしれません。 息苦しさや不安は手の方が対応してそうですね。 手の爪が対応しているもの 親指:呼吸器系(風邪予防) 人差し指:整腸作用(緊張を緩める) 中指:緊張、不安、不眠緩和 薬指:血圧調整、三半規管に作用(めまい緩和) 小指:循環器系(動悸を抑える) 足の爪が対応しているもの 親指:新陳代謝(冷え、貧血、イライラ緩和) 人差し指:消化器系・食道 中指:消化器系・胃 薬指:胆汁強化(血液の滞りを緩和、コリを緩める) 小指:泌尿器系 爪もみは続けることで効果が出たという人もいるので即効性といよりかは、ゆっくり自律神経を整えるイメージかもしれません。 私の場合は日によって押した時痛い指が違ったりします。 その時の体調なのかなと思いながら押しています。 原因は何だろう? 外で不安になった時は「大丈夫、大丈夫」と心の中で思いながら押しています。 お守りのような感じです。 根本から治して、苦しくならない生活をおくりたいですね。 人それぞれ、いろいろな原因があります。

次の

肩こりからくるめまいに、自分で簡単にできるツボ刺激法

めまい ツボ 手首

ここでは手首が痛い時に押して効くツボを、ご紹介していきます。 手首の痛みに効果的なツボは複数あります。 ツボを押して痛みを和らげる方法は、簡単でしかも自分でいつでも出来るというのが利点です。 ただし、痛みが強く腫れや炎症がひどい場合にはかえって逆効果の事もあるので控えるようにしましょう。 それでは手首の痛みに効くツボを、小指側の痛みや親指側の痛みに分けてご紹介していきましょう。 肩こりや頭痛、めまいなどにも効くと言われています。 の代表的なツボでもあります。 胃腸の働きを整え、胃の痛みにも効くと言われています。 猫背の方の肩こりに良く効きます。 動悸息切れの解消に効果的なツボとして有名です。 万能のツボと呼ばれ、体の様々な不調に効果があるとされています。 耳鳴り、歯の痛み、腕の疲れなどに効果があるとされています。 下痢や腹痛にも効果があるとされています。 目の疲れ、腕の疲れ、下痢や便秘にも効果があるとされています。 咳や喘息、喉の痛みにも効果があるとされています。 sponsored link このページを読まれた方は次のページもよくご覧になっています。

次の

めまいの対処方法でツボを紹介。効果があるのはココだ!

めまい ツボ 手首

めまいの原因は様々ですが、検査で特に異常がみられず、自覚症状として肩こりや首のこりがある場合は、肩や首の緊張が取れるとめまいが改善する場合があります。 実際、頚椎症の方の場合、首を動かした際に頚部の椎骨動脈が圧迫され、瞬間的に脳の血液が不足してめまいを生じることもあり、頚性めまいなどとも呼ばれています。 肩こりや首こりは、長時間座って何かに集中していたり、PCなどのデスクワークの多い方に起こりやすく、めまいを発症する多くの方は心当たりがおありでしょう。 このような肩こりめまいでお悩みの方に、以下に仕事中などに簡単に自分でできる、めまい予防のための肩こり解消法をご紹介いたします。 めまい予防のための肩こり解消のツボ 基本はツボ押しになりますが、より効果を出すために呼吸を意識しながら行います。 呼吸は自律神経を調整するのに効果的なので、ツボを押している間は以下のような呼吸を心がけてください。 呼吸のしかた 鼻からゆっくり息を吸います。 その後、口を軽くすぼめて、息をゆっくり時間をかけて吐いていきます。 簡単なことなのですが、実は息を吐く時には、副交感神経という、血管を拡張させて血流を改善する神経の働きがよくなるのです。 息を吐いている時間が長いと、それだけ副交感神経が優位になりますので、息を吐く方に集中して呼吸をしてください。 もちろん、息は苦しくなるまで吐くのではなく、無理のない範囲で行いましょう。 ツボの押し方 ツボは指でグリグリと円状にこねるように押すのではなく、基本は垂直な圧迫刺激と考えてください。 1 まず、指をツボの上に置きます。 2 置いた指で垂直にツボを圧迫していきます。 3 痛気持ちいい感じのする所まで押したら、その指の圧をキープします。 4 そのまま、上にご紹介した方法で呼吸を3回し、指の力を抜きます。 肩こりとめまい治療のツボ 外関 手首を反らせるとできるシワの真ん中から指の幅3本分くらい上。 曲池 肘を曲げるとできるシワの端。 腕骨 手の小指側の側面で、手首の骨の少し上。 姿勢をリセット 肩こりや、首こりのひどい方の多くは姿勢の悪さが原因である場合があります。 ツボ押し終了後には、意識的に胸を張るような姿勢をしましょう。 その際、以下のような感じで呼吸と一緒に行ってみましょう。 1 息を吸うと同時に胸を張ります。 2 息を吸いきったら3秒から5秒ほど呼吸を止め、姿勢をそのままでキープ。 3 ゆっくり息を吐くと同時に胸を張った姿勢をゆるめます。 4 3回から5回繰り返します。 効果のでかた ツボ押しは即効性をもとめてやり過ぎると、かえって体がだるくなってしまったりします。 ツボ押し後30分くらいたつとジワジワと効いてきますので、やりすぎないようにしましょう。 ツボ押しの間隔は最低3時間くらい間を空けて行うと良いでしょう。 肩こりは仕事に戻るたびに再発すると思いますが、これを3週間程度続けていけば、肩こり体質も多少変化していくと思いますので、根気よくお試し下さい。

次の