タイムズ カー シェア 退会。 【知らなきゃ損する】タイムズカーシェアは即退会しても違約金0円?

『タイムズカーシェア』の特徴と口コミ評判!入会・予約・使い方・退会する流れを解説

タイムズ カー シェア 退会

休会制度のないタイムズカープラス 他のカーシェアリング業者には、休会することができるところもありますが、残念なことにタイムズカープラスにはこの制度がありません。 従って、 利用しない場合には退会するしかないということになります。 タイムズカーシェアを退会する方法は難しくありません。 入会時同様に非常に簡単に退会することができるようになっています。 専用ホームページのマイページからご登録情報の確認というところから手続きができます。 退会の申込完了後には取り消しができないので注意が必要です。 注意しないといけないのは、当月の基本料金が戻ってくることはありませんので、退会日には気を付けましょうということくらいです。 タイムズカープラスは月単位で月額基本料金が発生しますが、月の途中での解約の場合の日割り計算は行われません。 退会後に再入会することはできるのか また、退会はしたものの、事情により再入会したいというときには簡単に再入会できるのでしょうか。 タイムズカープラスの場合には、問題なく再度入会することができます。 まさに、カーシェアリングの利用者というのは、1台の車両を他の会員たちとシェアするというシステムなので、転勤、引越、あるいはステーションがなくなったなどのやむを得ない事情で退会するケースも非常に多いわけです。 従って、 いつでも自由に入会と退会ができる仕組みとなっています。 再入会に対してのデメリットはないのか タイムズカープラスの場合には、 基本的にはデメリットはないと考えてよいでしょう。 新規入会キャンペーンの2か月間料金無料サービスなどには、再入会の場合は対象外となっていますが、これも2度同じサービスは受けられないというだけでデメリットとは言えません。 むしろ、 利用しなかった期間の基本料金を払わなくて済んでいますので、退会したことは正解であったと言えます。 業界2位のオリックスカーシェアの場合には、通常コースと共に毎月の基本料金が発生しないコースも提供されています。 カーシェアは必要だけど、今後は利用頻度が少なくなるという場合などには、コースを変更しておくという方法もあるので安心です。 ただし、オリックスは関東・東海・関西地域だけが中心のサービス展開で、その他の地域ではほぼステーションがありません。 利用しやすさではタイムズが優勢 つまり、オリックスカーシェアが向いている人 というのはごく限られてしまうことになります。 ・サービス展開地域内での利用が多い ・月に一度、利用するかしないか程度の頻度である ・月額料金を掛けたくない このような人には、向いているといえるでしょう。 一方、 タイムズは全国規模で展開されているため、出張先・旅行先などでもステーションが見つかる可能性が高いでしょう。 タイムズカープラスの場合には、いつでも出入りが自由にできるようにされているだけではなく、より利用者である 会員にデメリットがないように配慮がなされています。 住んでいる地域・利用する地域によってはオリックスカーシェアなど他サービスのほうが安いこともあるかもしれませんが、利用のしやすさの面から見ると断然、タイムズが便利ということになります。

次の

年に数回しかカーシェアを使わない人におすすめのサービスはどれ?

タイムズ カー シェア 退会

タイムズカーシェアの家族プランの入会条件 入会条件 家族プランは、「運転免許証に記載された名字もしくは住所」が同一であることがご入会の条件となります。 同一でない場合は、同一名字もしくは同一住所であることを確認できる書類をご用意ください。 (同一住所であっても、家族ではない場合は受付できません) 大事なところをまとめると、 家族プランに加入できるかできないかは、以下の2つの条件で決まります。 運転免許証の名字もしくは住所が同一であること (運転免許証の記載で同一でない場合は、同一名字もしくは同一住所であることを確認できる書類を提出すること)• 同一住所であっても、家族ではない場合は受付できない 条件2が強くて、「家族じゃない人を家族プランにすることはできない」です。 同一の住所であっても、家族でないといけません。 つまり同棲状態ではダメで、婚姻しているなど家族である必要があります。 同一の名字(で、家族)であれば住所が違っても入会できます。 ただ、家族であっても、住所も名字も違う(結婚して姓が変わった、など)場合は加入できません。 逆に言うと、例えば山田さん家の三男が結婚して住所が変わっても、三男の姓が「山田」である限り、お父さんが加入しているタイムズの家族プランに会員として入っていられるということになりますね。 男性側の名字に合わせることはまだ多いことを考えると、女性に不利な条件ですね。 まとめるとこんな感じです。 名字が同じ 住所が同じ 名字が同じ 住所が違う 名字が違う 住所が同じ 名字が違う 住所が違う 家族である OK OK OK NG 家族でない NG NG (単に同一名字) NG (同棲) NG メリット の記事で解説しています。 家族プランに新たに追加する場合の手続き 会員専用マイページ内の「ご登録情報の確認」より『家族運転者追加申請書』をダウンロードいただき、記載の送付先までご郵送ください。 ICカードがお手元に届き次第、ご予約可能となります。 家族プランの条件から外れる場合の退会方法・プラン変更について 退会方法 家族プランの主契約者以外の家族会員のマイページから退会することはできないので注意しましょう。 主契約者以外の家族会員の退会は、主契約者のマイページから退会することになります。 個人プランの退会と同様、違約金などもありません。 家族プランから主契約者がいなくなることはできないので、もし主契約者が変わる場合は、主契約者の変更申請を書面で記入して郵送する必要があります。 プラン変更をしたいとき 自分が主契約者でなく、単なる家族会員の場合で書いていきます。 どちらの場合も「新規入会」の扱いになり、情報の入力はあらためて行う必要があります。 以前から家族プランの会員だったからスムーズに移行できるというわけではないので注意が必要です。 個人プランの入会方法についてはこちらで詳しく説明しています。

次の

『タイムズカーシェア』の特徴と口コミ評判!入会・予約・使い方・退会する流れを解説

タイムズ カー シェア 退会

カーシェアを始めたきっかけ 入会のきっかけは、節約のため自家用車を売却する際の不安をやわらげるために いきなり車のない生活になることへの抵抗をなくすためでした。 実際、 「カーシェアの車があるんだから」という安心感は、10年近く東北で車必須生活が染み付いた私に車を手放すという勇気をくれました。 マイカーから、カーシェア利用にすることで月額2万円の節約に成功! 維持費が異様に高い車を手放して固定費が下がったことで、資産を大きく増やすことができました。 カーシェアも必要なしの生活へ あれだけ怖がっていた自家用車(マイカー)のない生活ですが、実際にやってみるとすぐに慣れました。 自家用車では、駐車場や車検と金額が大きいのに「そういうもの」と鈍感になっていた維持費。 でも、なぜかカーシェアで毎月の利用時間で料金が明確化されると、料金に敏感になるんですよね。 「カーシェアももったいないな・・・」と感じるようになりました。 3ヶ月間カーシェアを利用しましたが、実際にカーシェアが必要だったのは1回だけでした。 <実際の利用履歴>• 1ヶ月目・・・1度も利用なし。 (キャンペーンで)料金0円。 2ヶ月目・・・スポーツ自転車断捨離で、自転車屋までの運送で利用。 3ヶ月目・・・月額基本料金に含まれる無料分消費で2駅先の肉屋まで買い物。 料金1,300円。 の個人会員の場合、 カーシェアを利用しなくても、月額基本料を取られます。 それがもったいないと思い、3ヶ月目に車の必要性がない(二駅先なら自転車でいける)のに、無料分を消費するために無理に使うことになってしまいました。 2駅先の安いお肉屋さんに1030円の交通費を使ってわざわざ行くようでは、本末転倒デスね。 もう、カーシェアさえも私には必要ないのかもしれない・・・・。 「車があるから」という精神的安心の役割を終えて、車がない生活に慣れ、新たなステージへ来たようです。 その新たなステージとは、「月額料払うぐらいなら、車はいらんか。 」という悟り状態です。 (笑 3ヶ月でこの境地へ達した私って・・・・さすが。 生活レベルが落ちていく早さもすごいが、私の順応性もすごい。 (笑 カーシェア退会(解約)は簡単 そうと決まれば、いつまでも無駄な会費を払い続けるわけにはいきません。 3ヶ月目に「」を解約しました。 解約はネットで簡単にできます。 タイムズカーシェア解約方法 解約方法も画像で開設しておきます。 にログイン後、ご登録情報の確認をクリックする。 登録情報ページの一番下に「退会申込」とうところがあるので、クリックする。 確認画面で確認を押すと、あら簡単!カーシェア退会(解約)が終わりました。 【退会の注意】 退会手続きした月の月末退会になり、月額基本料金は日割りにはなりません! ベストな退会方法は、無料分を使用した上で、月末ギリギリに退会することです。 また必要になれば再入会すればいいだけの話です。 (実際にゼニー簿も必要になって、再入会しました。 ) タイムズカーシェアは再入会もできる! 使用しないなら、退会(解約)してしまいましょう。 また、車が必要な状態になれば、再入会すればいいだけの話です。 実際にゼニー簿は解約してから2年後に副鼻腔炎の治療で、車が必要となり再入会しました。 必要になったときにまた気軽に利用できるのが、カーシェアのいいところですよね! は解約や再入会のペナルティは特にありません。 自分の生活状況に応じて、気軽に利用しましょう!.

次の