ファブリーズ cm 気持ち悪い。 新ファブリーズCMの女優は誰?母親役の女性モデルがかわいい!

小西真奈美のファブリーズCMが可愛すぎると絶賛!CMギャラにも驚愕!

ファブリーズ cm 気持ち悪い

消臭剤にはトイレ用、室内用、車用等様々な分類がされ、さらには置き方タイプのものからスプレータイプ、エアロゾールタイプと様々な製品が販売されています。 部屋の防臭からベッドやマットレス、靴やソファー等の洗濯機では洗えないものを消臭し、除菌するといった宣伝文句で多くの家庭で置かれています。 しかし、その様な消臭剤、特に部屋や空間に拡散する程に 大量に使用されている消臭スプレーは、実は 毒の霧であるという噂を聞きました。 そこで、今回は除菌消臭スプレーについて調べてみました。 「ファブリーズはいらない」ファブリーズは毒の霧? 除菌&消臭スプレーといえば、ファブリーズやリセッシュが有名ですね。 おそらく日本で一番売れているのがファブリーズではないかと思います。 他にもないか探してみたのですが、これしかホームページ上では見つかりませんでした。 ファブリーズは食品ではありませんが、噴霧すると鼻や口から吸いこむことになりますし、肌に触れれば肌から成分が吸収される可能性もゼロではないでしょう。 しかし、このホームページの成分表にも製品にも しっかりとした成分表示がされていません。 この時点で筆者の私は不安を感じます。 また、成分をしっかりと書かない企業姿勢にも疑問を感じてしまいます。 さて、成分表を詳しく見てみると、CMや宣伝で言っている「トウモロコシ由来」の消臭成分と「水」以外は化学物質が含まれているようです。 カッコで(有機系)と書いてありましたが、何か有機系なのかいまいちこれだけでは理解できません。 著書「ファブリーズはいらない」で有名な、食品、環境、医療などの分野で活躍しているジャーナリストの渡辺雄二氏によると、この正体は「第四級アンモニウム塩」ではないかと指摘しています。 また除菌・消臭スプレーは、家庭用品品質表示法の対象外なので、洗濯用洗剤や台所洗剤のように詳細に成分を表示する必要はありません。 だから「除菌成分(有機系)」などという曖昧な表示で、第四級アンモニウム塩などの危険な成分が入っていることが多いのです。 しかし成分表にしっかりと成分を書いていないことからすると、入っている可能性も我々にとっては否定できません。 渡辺雄二氏によると、この第四級アンモニウム塩という化学物質が体に大きな影響を及ぼすと指摘しています。 これに含まれる塩化ベンザルコニウムは、陽イオンの界面活性剤であり、逆性石けんの成分です。 細菌の表面はマイナスなので、この成分のプラスとひきつけあって細菌の細胞膜を破壊するという仕組みのようです。 CM等で天然由来消臭成分配合等と謳っていますが、実際に除菌作用をしているのは、天然成分ではなく化学物質である可能性が非常に高いと思います。 第四級アンモニウム塩は揮発性のものですので、蒸気を浴びたり臭い嗅ぐことで体内に吸収されやすいです。 もしファブリーズ等の消臭スプレーを使って目が痛くなったり、発疹やかゆみ等の過敏症状が出てしまったりする方がいたら、第四級アンモニウム塩がその原因であるかもしれません。 また、原因不明のアレルギー症状、胸痛やめまい、動悸や不整脈、倦怠感やうつ、喘息等の様々な症状が出ている方で消臭スプレーを常用している方は、消臭スプレーの使用を中止してみてください。 さらに、揮発性有機化合物を長期利用することにより今健康な方でもシックハウス症候群や化学物質化敏症等が起こる可能性があるのかもしれないと考えると、やはりできるだけそのようなものを日常生活からは遠ざけておきたいです。 (Naverまとめより) アレルギーとは、ある物質に対し免疫が過剰に反応してしまうこと。 ある物質の摂取量がその人の許容範囲を超えると、症状があらわれる アレルギーは、アレルゲンの容量オーバーによって起こると考えられています。 普段は何ともなくても、アレルゲンをあびつづけると許容オーバーになり、突然アレルギー症状を発症してしまいます。 もちろん、個人差がありいつまでたってもアレルギーを発症しない健康な方もいらっしゃいますので、全ての人に当てはまるわけではありません。 しかし、そのアレルゲン物質が日常生活に無くても良いものであれば、それを置かないほうが安心して生活を送ることができますよね。 化学物質に敏感になると、アレルゲンを浴びてしまうと意識が無くなってしまうという方もいらっしゃいます。 自宅で消臭スプレーを服にかけ、その後知人と対面した際に、その知人が化学物質に敏感だった為に、対面直後に意識を無くして倒れてしまったという話も耳にしました (亀山クリニックのドクター「毒多ぁ亀山の小児科日誌」より) 先日受診した 自宅の臭いで具合が悪くなる 男性の奥様が気を利かして「ファブリーズ」をシュッシュしてから来たのでさあ大変、CSのMさんは検査のときにぶっ倒れてしまいました。 CSでファブリーズまで苦手な人はそれほど多くはありませんが、何が入っているかもわからないものをTVCMを信じて家の中に撒きまくる人が多いことには驚かされます。 化学物資過敏症外来の受診前禁止項目に「ファブリーズ」が入る日はそう遠くないでしょう。 このドクターのブログでもありますように、医療現場ではファブリーズが禁止となっているところもあるようです。 実際、私の妻が子どもをつれて小児科に行った際、ファブリーズ禁止の張り紙を発見したそうです。 」とホームページに記載しています。 匂いが消えて、汚れが消えて(実際には消えているかどうかは不明ですが)、良い香りがする・・・焼肉の後の匂いやたばこのにおい、ペットのにおいなどを消すときなどにも大変便利です。 しかし、私が指摘したいのは、成分表の中身が不明であることと、実際に化学物質過敏症の人が意識を失うほどの力をもった物質が入っている可能性があることです。 化学物質というのは、少量では問題はなく安全と言われていますが、その化学物質に囲まれた生活を5年、10年、20年としていくとどうなるのか誰にも分かりません。 今安全だと言われている物質でも、数十年後の積み重ねで影響があるかもしれないと考えると、不要な化学物質はできるだけ遠ざけておきたいというのが私の考えです。 実際、最近は化学物質が原因でアトピーや喘息、アレルギーなどが発症する可能性があると指摘している専門家の方が増えてきています。 ペットも危険 そして人間だけではなく、ペットも同じ危険にさらされている可能性もあり、ネットで検索するとそのような報告をしているブログを見かけます。 ペット臭の防臭の為、マットに消臭スプレーをした所、中毒を起こし、ペットが吐いたりひきつけを起こしてしまったという事象も報告があります。 また、消臭スプレーが原因で肝臓を悪くして死亡した犬もいるそうです。 短命で命を失うペットの中には、この様な化学物質を周囲で大量に使用され、様々な病気を引き起こした後に短い歳月で命を無くしていく可能性があるのです。 もちろん、消臭スプレーに限らず、他の殺虫剤やくん煙剤、入浴剤や防虫剤等様々な危険な商品があります。 現在の多くの消費者は、あまりにも多くの化学物質に囲まれて生活をしている為、感覚が麻痺してしまっているのでしょう。 成分はほぼ同じものにも関わらず、お風呂用や台所用、車用や床用等々、次々へと新しく商品が発売され、その度に大量のCMが流れます。 それにより、無意識のうちに手にしている人もかなりの割合で多いのではないでしょうか。 (「spotlight」より) 知人が猫と犬を多頭飼いしているんだけど、その動物たちが次々肝臓疾患になるようになり、主治医の獣医さんから布用消臭スプレーを使っていないかと指摘されたそう。 多頭飼いなので、特有の動物臭を部屋から消すために多用していたとのこと。 特によく聞くのはファから始まるスプレーらしい。 私もアメリカでは禁止されているという話を始めて聞いたので調べてみたところ、ファブリーズにはアメリカ版というのが販売されており、日本版とは内容物が違うようです。 アメリカ版の成分はトウモロコシ由来消臭成分、エタノール、香料となっており、除菌の作用が無いということが分かりました。 日本版には除菌成分があり、アメリカ版には除菌作用が無い。 これは推測になりますが、この除菌作用が上で説明したように「第四級アンモニウム塩」であり、もしアメリカで禁止されているのであれば、アメリカ版ファブリーズに除菌作用が無いというのもうなずけます。 日本は添加物大国といわれるほど、海外で禁止されている化学添加物の規制がまだあまりありません。 例えばマーガリンなどが良い例です。 不思議です。 ) 無くても生活できるものは無くしましょう 先に述べておりますが、再度警告しておきます。 化学物質に過敏な方を除くと、消臭スプレーに限らずそれらの商品を使用しても何も症状が現れる様な事は無いという方がほとんどです。 しかし、化学物質は確実に我々の健康を蝕んでいると考えられます。 アレルギー予防で消毒しているつもりが、その化学物質でアレルギーを悪化させているというケースが多くあるという可能性をまずは把握しましょう。 確かに、その蓄積は目には見えませんし、科学、医学では解明されていない部分もありますので、「科学的、医学的にそれを証明してください。 」といわれれば、それは大変難しいです。 しかし、最近子どもに多いアレルギーやアトピー、不妊症、原因のわからない体調不良、さまざまな現代病の原因がもし、化学物質に囲まれた生活を行っているからかもしれないとしたら、その可能性を否定することもまた難しいのです。 原発の問題もそうでした。 「直ちに健康に害を及ぼすものではない。 」として安全だと発表した政府やマスコミ。 「直ちに」健康に害を及ぼすものではなくても、それを5年、10年と摂取したらどうなるのでしょう?もしそれが原因で病気が発生したとしても、その原因を今の科学や医学で突き止めることは難しいのです。 大量のCMによって、消臭スプレーをはじめとする科学物質で作られた製品が我々の生活に必要なものであると消費者を洗脳しているとも言えます。 しかし、これらの製品の多くは無くても生活が送れますし、より安全な他の代用品に変えることが出来ます。 そもそも、これらの製品は臭いのもとになっている汚れを落としているわけではないのです。 一見、聞こえは良いですが、汚れた状態で臭いだけがしないという状態は、不衛生かつ、不自然ではないでしょうか。 不要なものは買わないことで、これらの危険な製品を家庭内に持ち込まないで下さい。 そしてそれらに頼らず、臭いや汚れが気になった時には洗い、水拭きし、換気を行いましょう。 次亜塩素酸ナトリウムという成分自体は人間用の食品の除菌でもよく使用されているのですが、強アルカリ性のためワンちゃんやネコちゃんが直接舐めてしまうと非常に危険です。 次亜塩素酸ナトリウムには、かなり強力な消臭効果と除菌効果が見込まれるのですが、どのような行動を取るか分からないペットにはこれ単体では安全性に問題があると言えます。 この問題を解決する手段として、強アルカリ性の次亜塩素酸ナトリウムを酸性剤で中和させると、強力な消臭効果と除菌効果を維持しながら安全性を高められることは以前から分かっていました。 しかし、これらを安全に混ぜ合わせる技術は、非常に繊細な作業が必要になるため、いままで導入する技術は確立していませんでした。 なぜならそのまま混ぜ合わせると、「混ぜるな危険」と言う注意書きそのままに、有毒なガス(塩素ガス)が発生してしまうからです。 しかし、カンファペットの共同開発元であるハセッパー技研が長年の研究を重ねることで、この難しい『混和技術』を実現することができました。 (この技術は、東京都よりベンチャー技術大賞 奨励賞を受賞いたしました。 ) カンファペットは、「東京都より表彰を受けた信頼性のある技術で生成された衛生水」 です。 安全なもので消臭&脱臭 まず、布団やソファー等はカバーを取り外し洗濯をして下さい。 洗濯が出来ない本体やベッドマットレス等は吸引力の強い掃除機をかけましょう。 臭いの元の多くは菌やダニ、埃等のため風通しの良い場所で天日干しをして、しっかりと掃除機をかけていきます。 また、洗濯機に入らない布団やカーペットは浴槽にぬるま湯をはり、足で踏み洗いを行い、水気を切って干しましょう。 洗濯の際に合成洗剤を使用しては元も子もありませんから、重曹を使用しましょう。 重曹は消臭効果に優れており、料理にも使用されるほどに安全です。 重曹に付いては をご覧ください。 重曹をカーペットやソファーに1日程蒔いておき、掃除機をかけるだけでも臭いが取れます。 また、臭いの元は自身の体臭が原因となっている場合があります。 入浴時に少量の重曹や炭を入れると体臭が抑えられます。 重曹と炭はタンスやシューズボックス等に入れることにより、衣類や靴の消臭・脱臭にもなります。 日ごろしまってあるものは、時折風通しの良い外に干し、収納自体も全部明けて風を通して上げ、湿気をなくしましょう。 煙草や料理等の軽い臭いであれば、1日程外に干すか、イオン式の空気清浄機の上で干すと臭いが取れます。 この他にも安全なアロマスプレーを手作りして使用する方法があります。 材料は次の通りです。 ペットがいるご家庭では利用しないほうが良いみたいです。 特に猫と精油の組み合わせはやめましょう。 精油(10滴)・無水エタノール(5ml)・精製水(45ml) 無水エタノールに精油を入れて棒でよくかき混ぜ、さらに精製水を入れてかき混ぜれば完成です。 ソファーやカーテン等、香らせたいところに吹きかけて使用します。 冷蔵庫に保管し、1~2週間で使い切るようにしましょう。 殺菌・消臭効果のある精油はティートリー、ペパーミント、オレンジスイート、ローズマリ ー、ラベンダー、ローズウッド、レモン、サイプレス等がありますが、抽出時に化学薬品等を使用しない安全な精油を良く調べた上で使用して下さい。 こちらの記事も合わせてご覧下さい。

次の

【 男性差別CM 】 ファブリーズのCMなどへの苦情

ファブリーズ cm 気持ち悪い

もくじ• 自作消臭剤の、作り方 水道水:400ml 重曹:8g 無水エタノール:40ml 好みの精油:0. 5ml を容器に入れて、シャカシャカ混ぜれば完成です。 香りが不要であれば、精油は使わなくてもOKです。 僕はドラッグストア等で容易に入手できるハッカ油を使っています。 ハッカ油はちょっとレトロ感のあるいい匂いがするし、夏場の入浴剤やトイレの除菌等の使い道もあるので、おすすめ。 水に関しては、精製水を使うという人もいますが、私が試してみた感じでは水道水で問題ないです。 腐ったりしません。 水道水も消毒はしてあるから、綺麗ですよ。 自作消臭剤のメリット 効果が高い タバコの臭いがバッチリ落ちます。 市販品など目じゃありません。 この自作消臭剤で、消臭効果を担っているのは重曹なのですが、重曹というのは不思議なくらい何にでも使えて各方面で優秀ですね。 安い だいたいボトル1本分、400mlを作った場合のコスト比較をしてみましょう。 それぞれの購入価格は、最寄りのドラッグストアのものです。 3円くらいです。 400mlの消臭剤を作るためには0. 1円くらいになります。 要するにほぼタダみたいなものなので、今回は四捨五入して0円として計算しています。 自作すれば440mlで141円。 市販のものは370mlで398円。 2倍以上のコスト差です。 補充が容易 使い切ってしまった場合、ファブリーズやリセッシュならば買いに行かねばなりません。 自作の場合、重曹や無水エタノールのストックがあれば、すぐに補充することができます。 これも意外と大きな差ですよ。 そもそもなぜ自作したいのか 別に普通に売ってるんだから、それ使えばいいじゃない、と思われるかもしれませんが。 それでもいいんですけど、小さなことなんですが満足のいかない点がありまして。 僕が不満に感じる点は大きく以下の3つ。 香りが余計 様々な香りがついたものが販売されていますが、結局あの香りって余計じゃないか? と思うのです。 あれって世の中に「消臭剤」でしか存在しない香りじゃないですか。 世の中の、気持ちの良い場所、 森とか、花畑とか、海とか、そういう本当の気持ちのいい場所の香りって、土の匂いや、日光の匂いや、雨の匂いがかすかに混ざった、なんともいえないバランスのものでしょ。 気持ちのいい香りってそういうものであって、家にいながらそういう匂いを楽しめるのであれば価値はあると思うんだけど、しかし、そうではなくて香料を組み合わせて作られた、まがいものというか「 ザ・消臭剤の香り!」を身にまとって生活したところで、「それ、何が楽しいの?」と思うのですよ。 無香料のを買えばいいんでしょうが、あまりにバリエーション豊かな香り付き商品に押しやられて、小さな店だと無香料を置くスペースが無かったりするし。 効果が物足りない 以前働いてた喫茶店は喫煙OKな店だったんですが、タバコのにおいに対しては効果が弱いですね。 ファブリーズやリセッシュは。 化学物質をなるべく排除したい ファブリーズに使われている成分は、「トウモロコシ由来消臭成分」。 これが具体的に何か、というのはメーカーからは明らかにされていません。 「シクロデキストリン」なのではないかという見方が有力なようではありますが。 こちらも具体的な表示義務がないので詳細は分からないのですが、両性界面活性剤というと塩酸アルキルジアミノエチルグリシンなどが広く使われているようです。 そうは言っても文学部卒の僕には何のことやら分かりませんが。 このへんの記事でも書いていますが、 こういった、なんだかよく分からない成分が入っているのが気持ち悪いのよ。 まずは安全面や環境に対する影響、本当に大丈夫か? という懸念があります。 もうひとつは気持ちの問題です。 素性のよく分からないものが生活に食い込んできて、それが当たり前になってしまう、という現状にモヤモヤするのです。 それだったら、「ウチの消臭剤は、重曹とアルコールと水でできてます」と自分が分かっている方がスッキリして気持ちがいいじゃないですか。 最後に持論:メーカーの開発競争にNOを唱えたい 市販の消臭剤は、どんどん新製品が現れます。 テレビCMもバンバン打ってます。 メーカーに勤める皆さんは、他社に負けないように、おそらく時には残業もして、疲れた体に鞭打って、開発や試験や、広告プランの作成に励んでらっしゃることでしょう。 もちろん企業が利益をあげて、経済が回って行くためには、常に新しい商品・新しい仕事を作り出していかなければならないことは分かります。 でも、世の中のサラリーマンがこんなにも疲弊して、趣味や、家族と過ごす時間も持てず、満員電車で押しつぶされそうになっている今の日本。 そんな代償を払ってまで、これ以上経済を大きくする必要がありますか? 人生を犠牲にしてまで、お金を稼ぐ必要がありますか? 多少収入は減ったとしても仕事なんか早めに切り上げて、さっさと帰って、家族とゆっくりお茶でも飲めばいいじゃん。 世の中をそんな方向に向けていきたいので、僕はメーカーが血眼になって開発競争しているような商品は、買わないのです。

次の

ファブリーズの危険性!知らなきゃ恐い人体への影響とは!

ファブリーズ cm 気持ち悪い

A post shared by 相楽 樹 itsukisagara on Jun 4, 2017 at 3:16am PDT 相楽 樹(さがら いつき) プロフィール 生年月日:1995年3月4日 出生地:埼玉県 身長:162cm サイズ:76-60-80cm 靴:24cm 血液型:O型 職業:女優 ジャンル:映画・テレビドラマ・CM 活動期間:2010年 — 事務所:イトーカンパニー 主な作品:テレビドラマ『熱海の捜査官』『とと姉ちゃん』 趣味:色々なガムを食べること・刑事ドラマを見ること・猫にいたずらすること 特技:ゴルフ(5年)・料理(和食)・スポーツ全般(テニス、バスケ、陸上) 酔わないウメッシュ公式サイト 和歌山県内の契約農園で採れた、「完熟南高梅」を100%使用。 熟度が高く貴重な為、市場には出回らない特別な梅を種の美味しさまで果実まるごと使用することで、梅酒らしい風味を実現。 また、酸味料、香料、着色料、人工甘味料、などの添加物を使用せずにつくりました。 お酒の苦手な方をはじめ、酔いたくないけど梅酒感覚は楽しみたい時など様々な生活シーンで楽しめる本格梅酒ソーダテイストです。 梅果汁10%、1缶(350ml)あたり梅由来の有機酸1,270mg含有。 本当~~~~に、今一番大嫌いなCMがこれ。 特に、あのギラついたオヤジの顔・・・生理的嫌悪感でいっぱいです。 実際にあの顔でじとっと見られたり話しかけられたら通報します!!! なのに、毎晩楽しみに見ている某海外ドラマチャンネルで1時間に1回は必ず入るので、その度に電源を切るかチャンネルをかえるか音声を消して横を向くか・・・とにかくストレスです。 いつまで放映するのでしょうか・・・。 クレーマー気質ではないつもりですが、チョーヤに電話かメールをしようかとまで悩んだり、同じような人はいないかとネットをうろうろ検索してここへ来ました。 最近いろいろなCMや番組が炎上して打ち切りになったりしていますが、これはなぜ女性団体?などから問題にならないんでしょうか?!誰か声を上げて~(他力本願)。

次の