外国 かっこいい名前。 外国のかっこいい苗字(ファミリーネーム)15選|女の子のかわいい名前も

国際な名前って? かっこいい、かわいい男の子と女の子の名前50選! 海外でも通じるおすすめの名前一覧

外国 かっこいい名前

男女別!英語のかっこいい名前【アメリカ】 それでは、 男女別の英語のかっこいい名前を見ていきましょう。 まずは アメリカ版の英語のかっこいい名前です。 正義と勇敢さのシンボルであり、天使と悪魔の聖戦時には天使軍の軍団長をつとめています。 天使の中でもかなり高地位につく大天使なので、聖書の広がりとともに英語圏でマイケルの名前が増えました。 イギリスでは姓に見られる名前で、先祖を大事にする気持ちが名前に表現されています。 また 女性の名前としてつけられる場合にはKylie(カイリー)などと語が変化するのが特徴です。 古代ゲルマン語でバイキングのことを示すnorthmanが由来。 アメリカでも特に歴史のある ドイツ系アメリカ人の家系にある英語名です。 トマスはイエス・キリストの使徒の一人として新約聖書に登場する人物です。 アメリカの大統領や副大統領の名前、政治関係者に多く見られる名前で、 聖人トマスの思慮深く用心深い人物像が政治の世界では好ましいのでしょう。 ハリウッドで活躍する映画スターにも多い名前なので認知度が高いと言えます。 イギリス名ではThomという英語表記に変化する場合もあるようです。 正直な人という意味を持ち、男子にも女子にも使えます。 富と運を友人とするという、とても縁起の良い英語のかっこいい名前です。 ジョセフは聖書の中のヨセフの名前が変化したものですが ジェイコブはヨセフの父ヤコブにあやかった名前です。 ヤコブはイエス・キリストにとても近い聖人で、国によって名前の形を変えながら愛されています。 様々な派生形があり、イギリスではアンドルー、フランスではアンドレ、アメリカではアンドリューと変化するのが特徴のかっこいい英語の名前です。 スコットランドといえばイギリスが近いものですが、イギリスでは姓にスコットを用いるケースが多く、 スコットランドから移住したスコットランド系アメリカ人はルーツを大事に思う気持ちを英語の名前にこめるようになりました。 Eugen(ユージーン)の略称としても使われます。 Geneの意味は遺伝子で、生命の継承をあらわしているのです。 古いイギリスの名前にJaneという英語名がありましたが、時代を経るとともに使われることが少なくなり、アメリカにおいてJeanというかっこいい名前としてよみがえったのです。 古いフランス語のaime(エメ)がかっこいい名前に変容したもので 意味は愛や好意となります。 中世の時代に英語圏で使われるようになりましたが、それほど一般的ではありませんでした。 19世紀頃、英語圏からアメリカに移住した人たちの間で流行し、女の子の人気の名前としてよみがえったのです。 愛称はキャシー、ケイティと略されます。 20世紀頃のアメリカにおいて女の子につける英語の名前として大流行したからです。 元々は 栄光や賛美、成功を示す英語の単語であるgloryから派生しています。 ポルトガル女王の名前で、ポルトガル圏では高貴な名前として貴族の間で使われていましたが、アメリカの女優グロリア・スワンソンの知名度によりアメリカ国内で広く一般的に使われる名前となりました。 男女別!英語のかっこいい名前【イギリス】 それではイギリス版、英語のかっこいい名前をご紹介します。 イギリス王室にウィリアムという英語名が多い理由はイギリス王室の祖となるイングランド王の名前がウィリアム1世だからと言われています。 ドイツ語の名前であるWilhelm(ヴィルヘルム)が由来とされていますが、イングランド平定の争いが続いていた時代、ドイツは友好国で戦にも協力することがあったようです。 そのためイギリス王室には元ドイツ王族の血も混じっています。 元は スコットランドの公用語であるゲール語で子犬や若い犬という意味を持ち、スコットランドの主要な産業である牧羊業において 犬をとても大切に扱っていた歴史からきています。 旧約聖書の創世記に登場する ヨセフが語源となっています。 ヨセフはエジプトを飢饉による食糧難から救った英雄で、ヨセフにあやかり 誠意ある人物に育ちますようにとの願いをこめて名付けられることが多いのです。 牧羊の歴史を持つ国では犬が大変大事にされてきました。 特にイギリスと密接な関係にあるアイルランドに多いかっこいい名前です。 新約聖書の中の 預言者エレミヤの名前が時代の流れとともに変化しました。 古いアイルランド語が元になっていて 尊い生まれという意味があります。 フランスやドイツ、アメリカやオランダなど、世界各国で見ることのできる名前ですが、近年イギリスで増えている名前です。 パッと頭に浮かぶ有名人がたくさんいるかと思いますが、元々は英語圏を由来としています。 古くはスコットランド王の名前でしたが、そのジェームズ6世がイングランド王として戴冠したことによりイギリス全土で人気の英語名となったのです。 映画で有名なMI6某スパイの名前もジェームズとなっています。 英語圏ではチャールズですが、ドイツ語形だとカール、フランス語圏だとシャルルとなり、王族の名前として共通するかっこいい名前です。 アルフレッドの意味は古代英語で 天の声を聞ける人という意味です。 イングランドの王アルフレッド大王は勇猛さで有名ですが、かなりの読書家で深い知識を持ち、多くの本を翻訳したことで知られています。 女の子にも男の子にも見られる名前ですが、やや女子の名前に名付けられることの方が多くなってきました。 yとiのバリエーションがあります。 7世紀頃、イングランド東部のアングリア地方に修道院を設立した功績で聖人となったプリンセスの名前に由来します。 日本ではメリーの方が一般的です。 聖母マリアをイギリス形にした名前で 慈愛の心を持ち続ける人という意味があります。 スコットランドの女王、フランス王妃の名前として有名です。 古代ヘブライ語のエリザベートから派生していて 神に誓うという意味があります。 主な愛称はリズやベスが一般的です。 英語表記でEmilia(エミリア)と間違われやすいですが、意味は異なりますので混同しないようにしてください。 アメリアの意味は 生命力にあふれているという意味です。 男女別!英語のかっこいい名前【フランス】 では、 フランス版英語のかっこいい名前を見ていきましょう。 フランスのかっこいい名前を男女別にご紹介します。 フランス国王の名前として継承されてきました。 有名ブランドの名前としてご存知かと思います。 フランス革命の後に知名度が少し落ちたものの、その 高貴さで人気が再燃し世界中に広まった名前です。 アメリカでは語尾のsを入れてルイスと発音します。 英語の名前にあるGeorge(ジョージ)をフランス形にするとジョルジュと読みます。 ギリシャの聖人ゲオルギオスから由来したと言われていて、元の名前の意味は大地の恵みを受ける人という意味があるのです。 農業を営む方にはピッタリの名前ですね。 ドイツ語を語源としていて 意志を貫くという意味があります。 英語表記と読みが特殊ですが、フランスの王侯貴族の名前に多く見られる名前です。 語源がはっきり分からないほど古くからあり、4世紀から5世紀ごろにヨーロッパへ移住したイラン系民族からついたのではないかという推測がある名前です。 ギリシャの勇猛な軍人で王であるアレクサンダー大王から継承された名前で、『三銃士』の著者であるアレクサンドル・デュマ・ペールによりフランス国内で一般的となりました。 アレックスという愛称で呼ばれることが多いようです。 フランス語圏ではHを発音しないためにアンリという呼称になりますが、英語圏ではヘンリーと変化します。 日本では女性の名前でつけられることが多いようです。 英語圏ではフランシスとなり、スペイン語圏ではフランシスコとなるなど、国によってさまざまに変化するかっこいい名前として知られています。 フランソワーズはフランソワの女性名称で、発音が美しい名前です。 英語圏ではクローヴィスと発音します。 英語圏ではジョンに変容し、女性形ではジャンヌと変化します。 英語で表現する時の相性はJerry(ジェリー)と呼ばれます。 フランス語で 翡翠をあらわす言葉で、主に彫刻に使われる翡翠を指し示します。 1970年代頃から女の子の名前として人気になりましたが、それ以前は男の子につけられるケースもありました。 古いフランス語のパンセから派生しました。 小さく可憐な花ですが、色によって幸せや喜び、天真爛漫などの前向きな花言葉がならびます。 由来は旧約聖書の中の救世主を示す名からきていて、主にフランスで多く使われるようになりました。 貴族という意味を持つことから高貴な名前として知られるかっこいい名前で、実際に王族の女児につけられるケースが多いです。 意味は 芽吹きで、植物の芽吹く様子や新緑の美しさを表現した、春にピッタリの名前と言えます。 英語圏には16世紀からの宗教改革以降に広まりました。 男女別!英語のかっこいい名前【イタリア】 次は 英語のかっこいい名前イタリア版をご紹介します。 あまりに有名な人物にイタリアの芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチがいることから広く世に知れ渡りました。 Leoはライオンすなわち獅子のことで、強い獅子という意味がこめられたかっこいい名前です。 英語読みはレナードで表記もLeonardとなることがあります。 イタリアでは主に男の子のかっこいい名前として使われていますが、響きが美しいので女の子の名前にもつけられるケースが増えてきました。 ドイツや、スペインなどにも派生していて 高貴さと強さと賢さの象徴とされています。 ローマ帝国の要人だけでなく、庶民の間でも人気の名前でした。 マルコを英語読みするとMark(マーク)となり、こちらもポピュラーな名前です。 ヴェネツィアの探検家マルコ・ポーロによって英語圏にその名が広まりました。 崇高な狼という意味を持つかっこいい名前で、スウェーデン王の名前に使われた歴史もあるほどです。 神の名前や神の声を聞くという意味を持つ言葉で、旧約聖書の中の預言者にちなんだ名前として知られています。 宗教改革後にホーリーネームとして世界各地で使われるようになりました。 古代ローマ帝国に多かった姓のアントニウスが後世に継承されています。 英語形Anthony(アンソニー)は、イギリスで人気の名前の一つです。 新約聖書の著者と言われる聖ルカにちなんだ名前で、フィレンツェ出身のルネッサンス彫刻家の作品とともにヨーロッパに広がりました。 英語圏でLuke(ルーク)と形を変え、さらにアメリカにまで伝わったそうです。 英語読みはロミオとなり、シェイクスピアの 『ロミオとジュリエット』で悲劇の主人公を演じています。 語源は英語のbeauty(美)ともイタリア語のbella(美)とも言われていて、ドイツ語のlind(素敵)との造語とも言われています。 同じく聖女であるアガタの声を聞き、癒しの力を持ち、その力をいぶかしんだ役人から迫害を受けても信仰心を失わずに数々の奇跡を人々に見せたと言われています。 英語ではLucille(ルシール)フランス語ではLucie(リュシー)と変化して、ヨーロッパ全土で広く使われているかっこいい名前です。 18世紀以降、ジュリアという英語読みでヨーロッパ全土に広まりました。 日本でもかっこいい名前として人気になっている名前です。 ローマ帝国を再統一したコンスタンティヌス帝の母であり、ゴルゴダの丘で聖十字架を発見した 聖ヘレナに由来します。 シェイクスピアの作品でビアンカという名前の女性が登場すると、イタリアだけでなく英語圏でも流行しました。 男女別!英語のかっこいい名前【その他の国】 では、アメリカ、イギリス、フランス、イタリア以外の国での 英語のかっこいい名前をご紹介しましょう。 色々な国の英語でかっこいい名前をまとめました。 その語源はイエス・キリストの使徒の一人である 聖パウロから来ており、キリスト教の広まりとともに世界中でこの名前が増えました。 さらに物事を再生させる力もありますので、活力あふれる名前として男児の名前につけられることが多いようです。 発音も意味もかっこいい名前として、英語圏以外でも人気を誇っています。 とてもかっこいい名前ですが、イギリスやアメリカといった英語圏では少なく、ブラジルやメキシコ、エクアドルといった聖地信仰の強い国に多く見られます。 それぞれの読みはセバスチャンとセバスティアンとなりますが、イタリア語圏ではセバスティアーノとなるなど、それぞれの国による独特の変形が見られるかっこいい名前です。 キリスト教の聖人である聖セバスティアヌスを讃えた名前で、ぶれない信仰心をあらわしています。 新約聖書の中の聖人シモンが元になっていると考えられています。 シモーヌはシモンの女の子版で男女共通のかっこいい名前として人気です。 変わらぬ信仰のシンボルであり、炎などの厄災から守護すると人々から崇拝されています。 ハインリヒやハインリッヒと形を変えて伝わることがあり、愛称はどちらもハインツと呼ばれます。 元々は英語圏のHenry(ヘンリー)という名前がドイツ語版に変化して、ドイツ王の名前となりドイツ国内で人気の名前となりました。 英語圏よりもスペインやポルトガルの王室で多く使われているようです。 スペイン語圏に多いこの名前を世界中に広めたのが画家のサルバドール・ダリだと言われています。 元は英語のFrederick(フレデリック)が様々に変化し、ドイツ王室でフリードリヒとして定着しました。 語源は古いドイツ語のermenで、物事の要素とそれらすべての集合体である全体を意味し、子を宿す女性の包容力をイメージしています。 スペインの王家で受け継がれてきた名前ですが、イサベルの名前と類似した名前はイギリスだけでなくポルトガルやフランスにも見られ、王族の女児の名前として定着しました。 元はローマの貴族姓だったのですが、結婚などによってスペイン国に入り、名前としてつけられるようになりました。 ギリシャの名産品であり人々の生活に欠かせないハチミツを作り出す蜜蜂を大事に慈しんでいる様子が分かりますね。 英語圏で 女性らしく美しい成長をという希望をこめてつけられることが多い名前です。 四大天使のうちの一人ガブリエルにあやかってつけられましたが、ラテン語派生ですと女性名詞は語尾がaの発音となります。 意味は同じで、 インスピレーションと再生の象徴です。

次の

男の子の最強にかっこいい名前280選!みんなの憧れの的に!

外国 かっこいい名前

映画やドラマなどで海外のかっこいい名前を 耳にすることは多いですよね。 日本の名前は漢字にそれぞれ意味がありますが 海外では名前自体に意味があります。 かっこいい響きの名前にも 宗教的な意味や歴史に由来した意味があるんですよね~。 こちらでは海外男性のかっこいい名前やその意味についてまとめてみました。 海外男性のかっこいい名前とその意味は? ただかっこいいと思っていた 海外男性の名前にも意外な意味や由来があります。 Liam(リアム) 今海外で最も人気がある男性の名前がLiamです。 「動揺しない守護者」という意味があり 最近は日本でも見られる名前です。 Noah(ノア) シンプルでかっこいい名前ですね。 「心地よい」という意味の他に ノアの方舟といった宗教的なイメージを持っています。 日本では女の子に付けられることがある名前ですが 海外では男性の名前として人気があります。 Logan(ローガン) 「小さな空」という意味のある名前で 映画のタイトルにも見られますね。 Lucas(ルーカス) 「光をもたらす人」というラテン語が由来している名前です。 近年になって徐々に人気が高くなっている名前のひとつです。 Mason(メイソン) 「石工職人」という意味があり もともとは苗字として使われていました。 Ethan(イーサン) 「強い」「普遍の」といった意味を持ちます。 Oliver(オリヴァー) 平和の象徴である 「オリーブ」を意味する名前です。 Elijah(イライジャ) 「主は私の神」という宗教的な意味を持つ名前で 聖書の中では預言者「エリヤ」として登場します。 Aiden(エイデン) アイルランドやスコットランドで人気のあった名前で 近年はアメリカやカナダでも人気の出てきている名前です。 ケトル神話の火の神に由来しています。 James(ジェイムズ) ヘブライ語で 「役割を担う人」という意味があり 昔から人気のある伝統的な名前です。 Benjamin(ベンジャミン) ヘブライ語で「最も頼りになる右腕の息子」という意味があります。 ベン、ベンジーといった略称で呼ばれることの多い名前です。 Sebastian(セバスチャン) 主にヨーロッパで人気のある男性の名前で キリスト教に伝わる殉教者に由来しています。 その為キリスト教徒からとても人気のある名前です。 Alexander(アレクサンダー) ギリシア語で「人類の擁護人」という意味があります。 近年は 常にランキングでトップ10入りしている人気のある名前です。 Jackson(ジャクソン) 有名な歌手の苗字として知られていますが 名前としても人気があります。 ジャックの息子という意味があります。 Jacab(ジェイコブ) こちらもキリスト教徒ではとてもメジャーな名前で 聖書に登場する「ヤコブ」が由来しています。 Carter(カーター) 男性名だけでなく苗字としてもよく見られる名前です。 Michael(マイケル) 聖書に出てくる大天使ミカエルの英語形の名前です。 ギリシア語では 「冠」を意味しています。 Jayden(ジェイデン) Jaden、Jedonが変形した名前で「感謝」という意味があります。 Daniel(ダニエル) ヘブライ語で「神は私の裁判官である」という意味があります。 愛称ではダンとなります。 William(ウィリアム) 「勇敢な守護者」という意味があります。 ただ短縮しただけのウィル以外にも ウィリー、ビル、ビリーといった多くの愛称があります。 まとめ 響きがかっこいいと思っていた海外男性の名前は 意味もかっこいいものが多いですね。 覚えやすい伝統的な名前が人気がありますが 日本と同じように時代によって流行りがあるみたいですよ。 また、愛称になると本来の名前とは 大きく違ってくるものもあって面白いですね。 親しい人にはぜひ愛称で呼んでください。 以上、海外男性のかっこいい名前や名前の持つ意味についてご紹介しましたので参考にしてください! お子さんの教育費っていくらかかるか知ってますか? また、子育てって長い年月にわたり教育費だったり結構なお金がかかりますよね。 幼稚園なら・・・ 公立幼稚園だと3年間で 66,792円 私立幼稚園だと3年間で 1,494,024円 小学校なら・・・ 公立幼稚園だと3年間で 1,930,248円 私立幼稚園だと3年間で 9,214,734円 こうしてお子さんを大学まで通わせることになり 幼稚園から大学までの 19年間にかかる教育費をまとめてみると 最もコストが低いとされる、すべて公立学校に進学するケースでも 約1,000万円かかります。 最もコストが高いとされる、すべて私立に進学するケースなら 約2,500万円かかります。 客観的に考えても大きな金額がかかることはもうすでにご存じですよね? 教育費はどんな進路であってもまとまった額が必ずかかります。 また、お子さんが「こんなことやってみたい!」なんて要望が出てくるようになれば、さらにお金が必要になってきます。 こうしたことを考えると 教育費はできるだけ早く準備を始めることが大切ではないでしょうか? でも、実際にお金をどうやって貯めるのか?というと・・・ そのやりくりは親である私たちも学校で学んできた訳ではないので案外、詳しくないですよね。 よくわからない・・・! そうした方は、こんなスクールでお金について学んでいたりするものです。 こちらの 「bookee」ではNYでも話題のお金のパーソナルトレーニングサービスで、一人ひとりに専属コンサルタントがつきお金に関する様々なお悩みを解決してくれます! ・自力で全然貯金できない人 ・将来の子育てにかかるお金に不安を抱えてる人 ・毎月何にお金を使ってるかわからない人 ・子供には満足の行くしっかりとした教育を受けさせてあげたいと考えている人 中立的なサービスなので、金融商品の販売をされる心配も無く 入会金も0円です。 また、国際的で海外・グローバルに通用する名前をお子さんにつけてあげたい!という方に役立つ記事がありますので参考にしてくださいね。

次の

男の子の最強にかっこいい名前280選!みんなの憧れの的に!

外国 かっこいい名前

参考: 「Jacob(ジェイコブ)」に由来し、もともとはヘブライ語の「ヤコブ」が起源。 ヤコブは旧約聖書の中で、彼の子孫は偉大な民族になると神に約束された、とあります。 Charlie(チャーリー) Charles(チャールズ)の愛称。 イギリス王の「チャールズ1世」を由来としています。 「自由な人」という意味です。 Jacob(ジェイコブ) Jack(ジャック)と同様、ヘブライ語の「ヤコブ」が期限です。 聖書で重要な人物ですね。 George(ジョージ) ギリシャ語のgeorgosが起源です。 意味は「大地を耕す人」、つまり「農夫」です。 キリスト教の聖人で、多くのドラゴンを退治したゲオルギオス聖人にも由来します。 Ethan(イーサン) 「強い」「永遠のパワー」という意味のヘブライ語に由来します。 Henry(ヘンリー) Harry(ハリー)と同じく、「家の主」「君主」を意味します。 イギリス王に代々つけられた名前として人気があり、貴族に良くつけられた名前です。 Oscar(オスカー) ゲール語で「愛する人へ」という意味を持ち、古英語では「神の槍」という意味を持ちます。 アイルランドの伝統的な物語に登場する勇者の名前も「オスカー」でした。 イタリアで人気のランキング イタリア語では、通常 語尾が「 o」で終わると男性の名前、「 a」で終わると女性の名前になります。 ですので、人気No. 1の「 Francesco(フランチェスコ)」の最後の「o」を「a」に変えた「 Francesca(フランチェスカ)」は、女性の名前となります。 きれいな響きですよね! しかし… 残念ながら、「フランチェスカ」はイタリアの女性の名前ランキングには入っていませんでした(^^;) でも、 女の子に人気の一位は、うっとりするほど素敵な名前なのですよ! 参考: では、男性の名前ランキングです。 ギリシャや ローマ時代、そして キリスト教の影響を強く受ける名前たちです。 Francesco(フランチェスコ) アッシジのフランチェスコ聖人にちなんだ名前。 「誠実な人」という意味を持ちます。 Mattia(マッティア) 新約聖書でイエスの使徒の一人として登場するマッティア聖人にちなみます。 「神の贈り物」という意味。 Alessandro(アレッサンドロ) ギリシャ語のAlexandros(アレクサンドロス)からきます。 有名なアレクサンドロス3世は、マケドニア帝国の王様でした。 「自分の仲間を守る人」という意味です。 Leonardo(レオナルド) 「ライオンのように強い」という意味です。 古来より、ライオンは強さと荘厳さを讃えられ、自然の象徴である神聖な動物として崇められてきました。 映画【ロミオ+ジュリエット】でロミオを演じたレオナルド・ディカプリオは有名ですね! 参考: 5. Lorenzo(ロレンツォ) 「Laurento(ローマ帝国の前の地方)の出身」という意味。 Laurentoは月桂樹の多く育つ都市だったため、「月桂樹の都市から来た」という意味になります。 ヨーロッパで月桂樹は特別な意味を持ちますね。 「勝利」の意味を持ち、ローマ時代には戦に勝った皇帝が月桂樹の冠を被る習慣がありました。 オリンピックの勝者も被ります。 古来より、勝利と栄光のシンボルを意味するのです。 Andrea(アンドレア) ギリシャ語のAndros(アンドロス)からきます。 「強い男」「男らしい」 という意味です。 Gabriele(ガブリエーレ) フランスで人気No. 1の名前「ガブリエル」のイタリア語版。 神の言葉を伝える大天使として、聖母マリアにイエスを身ごもっていることを伝えたのもガブリエーレでした。 Matteo(マッテオ) 「マタイ」に由来し、イエス・キリストの十二使徒の一人。 「神の賜物」という意味です。 Tommaso(トッマーソ) アラム語の「双子」という言葉に由来します。 キリストの十二使徒の一人の名前でした。 英語バージョンは「トーマス」で、急に親近感が湧きますね! 10. Riccardo(リッカルド) 英語の「リチャード」に相当する名前で、代々イングランド王やイギリス王族に用いられた名前。 「勇敢な」「力強い支配者」という意味。 フランスで好まれる男性の名前 フランスも キリスト教の影響を強く受けた名前が多いです。 イタリア語と似ているものがいくつかありますね! 1. Gabriel(ガブリエル) キリストのメッセージを届ける大天使の名前。 聖母マリアに、お腹にキリストが宿っていることを告げに来た(受胎告知)のもガブリエルでした。 「ミカエル」と、ランキング第3位に入っている「ラファエル」と共に三大天使と呼ばれ、キリスト教にとって大切な名前なのです。 Jules(ジュール) 「若さ」という意味を持ちます。 キリスト教では人間一人一人を守護するための天使がついていると言われていますが、その守護天使たちを監督する天使がラファエルです。 ヘブライ語で「神は癒される」という意味があります。 ヨーロッパでは古くから、ライオンの強さを崇拝し、自然の象徴として讃える文化がありました。 Adam(アダム) 神が一番最初に作った人間、アダム。 ヘブライ語で「男性」という意味を持ちます。 アダムとイブの物語は、キリスト教の根幹を担う超重要なものなのです。

次の