いみ じき 意味。 古典

古典

いみ じき 意味

古典の現代語訳 昔、袴垂とて、いみじき盗人の大将軍ありけり。 十月ばかりに、衣の用なりければ、衣少しまうけむとて、さるべき所々、 うかがひありきけるに、夜中ばかりに、人、みな静まり果てて後、月の朧なるに、 衣、あまた着たるなる主の、指貫のそば挟みて、絹の狩衣めきたる着て、ただ一人、 笛吹きて、行きもやらず、練り行けば、 「あはれ、これこそ、われに絹得させむとて、出でたる人なめり。 」と思ひて 走りかかりて、衣をはがむと思ふに、あやしくんものの恐ろしく覚えければ、 添いて、二、三町ばかり行けども、われに人こそ付きたると思ひたる気色もなし。 いよいよ笛を吹きて行けば、試みむと思ひて、足を高くして、走り寄りたるに、 笛を吹きながら見返りたる気色、取りかかるべくも覚えざりければ、走りのきぬ。 かやうに、あまたたび、とざまかうざまにするに、つゆばかりも騒ぎたる気色なし。 希有の人かなと思ひて、十余町ばかり具して行く。 さりとてあらむやはと思ひて、 刀を抜きて、走りかかりたるときに、そのたび、笛を吹きやみて、たち帰りて、 「こは、何者ぞ。 」と問ふに、心も失せて、われにもあらで、つい居られぬ。 また、「いかなる者ぞ。 」と問へば、今は逃ぐとも、よも逃がさじと覚えければ、 「ひはぎにさぶらふ。 」と言へば、「何者ぞ。 」と問へば、 「字、袴垂となむ、言はれありと聞くぞ。 あやふげに、希有のやつかな。 」 と言ひて、「ともに、まうで来。 」とばかり、言ひかけて、また、同じやうに、 笛吹きて行く。 この人の気色、今は逃ぐとも、よも逃がさじと覚えければ、鬼に神取られたるやうにて、 ともに行くほどに、家に行き着きぬ。 いづこぞと思へば、摂津前司 保昌といふ人なりけり。 家のうちに呼び入れて、綿厚き衣、一つを賜りて、「衣の用あらむときは、参りて申せ。 心も知らざらむ人に取りかかりて、汝、過ちすな。 」とありしこそ、あさましく、 むくつけく、恐ろしかりしか。 いみじかりし人のありさまなりと、捕らへられて後、 語りける。 十月の頃に着物が必要になったので、その着物を手に入れようとして、物になりそうな所を何箇所か窺いながら歩きまわった。 夜中ごろに人がみな寝静まって後、月はおぼろに出ていたが、着物をたくさん着込んだ男が、指貫袴の裾を股立ちのところに挟み、絹の狩衣らしいものを着て、ただ一人笛を吹いて、どこへ行くともなくゆっくり歩いて行く。 これに出くわすと、おお、こやつこそおれに着物を得させようとして出てきた者に違いないと思って、走りかかって着物をはぎ取ろうと思ったのだが、不思議なことに何となく怖ろしく感じられたので、そのまま二三町ばかりもついて行った。 しかし相手は、自分にだれかがついて来ていると思っている様子もない。 ますます興に乗って笛を吹いて行くので、今度こそやってやろうと思い足を高くあげて走り寄ったところ、笛を吹きながら振り返った相手の様子は、とても討ちかかれそうにも思えなかったので、逃げ去ってしまった。 それからも何度かあれこれやってみたけれど、少しも騒ぐ様子もない。 これはめったにない人だと思い、十余町ばかりも後をついて行った。 そうかといってこのままですまされようかと思い直して、思い切って刀を抜き走りながら襲いかかろうとした時に、今度は笛を吹きやめて振り返り、「お前は何者か」と聞いてくると、それだけで気が遠くなるような感じで、我にもあらず自然にかがみ込んでしまった。 かさねて、「いかなる者か」と聞くので、「通称は袴垂といわれております」と答えると、「そういう者がいると聞いておるぞ。 物騒でとんでもないやつだな」と言って、「一緒について参れ」とだけ言うと、また同じように笛を吹いて行く。 この人の様子では、今となってはたとえ逃げたとしても、よもや逃がすまい、と思われたので、鬼に魂を取られたような気分で一緒について行くうちに、家に着いてしまった。 どこかと思うとそこは摂津で、その人は摂津の前国司保昌という人であった。 家の中に呼び入れて、綿の厚い着物を一つ下さって、「着物が必要になった時には、ここに参って申せ。 気心も知れないような人に襲いかかって、お前、間違いをするな」と言われたのだが、それは思いがけなくも気味悪く怖ろしかった。 並々でなく立派なご様子の人だったと、袴垂は、捕らえられて後に語ったということだ。 ====== これでいかが? こちらは、「宇治拾遺物語」を訳したものです。

次の

古典の現代語訳

いみ じき 意味

食物などを他人から貰い乞う行為,またそのことによって生活を営む人をいう。 仏教語の〈乞食 こつじき 〉が転じて用いられたもの。 仏教では托鉢 たくはつ して食を乞い受ける〈乞食行〉は,解脱 げだつ を求める出家修行者がなすべきもっとも基本的な修行の一つである。 〈こつじき〉がいずれの時点で〈つ〉音の脱落した〈こじき〉となったかは,はっきりしないが,院政期の成立で鎌倉中期の書写になる《古本説話集》には,〈雪きえたらばこそ,いでてこじきをもせめ……〉とある。 また,の修行以外の〈乞食〉の例としては,早く《万葉集》に《乞食者詠二首》とみえ,この〈乞食者〉は〈ほかひひと〉と訓まれただろうと考えられている。 〈ほかひ〉は〈ほく(祝く・寿く)〉に基づく語で,2首の内容からも古く寿祝芸能をもって仕えた何らかの芸能者集団の存在が想定される。 市などの人の集まる場や人家の門口で種々の芸能を奉仕し,食物や金銭を得る行為は,歴史的にも地域的にも広く確認でき,この〈ほかひひと〉はそれらに連なるものと考えられる。 また古く〈こじき〉をいう語に〈かたゐ〉があるが,〈ほかいひと〉と〈かたい〉とは重なりつつも別概念であったかと思われ,〈かたい〉は〈ま〉に対する〈かた〉を語源とし,もともとから身体障害性と結び付いた概念であったらしい。 〈かたい〉の用例は《日本霊異記》など古代の文献に広く見られるが,やがて身体障害性のもっとも高いと考えられたハンセン病の患者(〈癩者〉)に特徴的に使用されるようになった。 〈こじき〉の排除・隔離が格段にすすむ近代以前には,〈こじき〉の語は,物を乞うという共通項の上にたって,以上の諸人・諸集団をはじめ,広く,托鉢勧進の宗教者や門付 かどづけ 芸人,さらには旅の行商人をも含めて用いられることもあった。 〈こじき〉という営みは,世界のさまざまな文化に存在し,そのあり方は,宗教と深くかかわりつつ,贈与と施し,定住者と漂泊民,富と貧困の関係についての,それぞれの文化の意味づけを担って多様に変遷してきたものと思われる。 煙突掃除人,,遍歴楽師,陶工,煉瓦工なども共同体構成員になれない存在であり,特に遍歴芸人のような放浪者は定住民の共同体成員からは怖れられ,賤視される存在であったが,彼らも,土,火,水などとかかわる点で共同体にとって不可欠なものでありながら,他面で危険なエレメントと深くかかわる存在として怖れと賤視の対象とされたのである。 狭義の共同体Mikrokosmosとその外に広がる世界Makrokosmosとの狭間に生きる以上の人々の仕事は共同体が成立する以前においてはまだ職業として確立していたわけではなかった。 … 【漂泊民】より …おのずとそれは,人間とその社会,歴史をとらえるさいの二つの対立した見方,立場にもなりうる。 例えば定住的な農業民にとって,漂泊・遍歴する人々は異人,〈まれひと〉,神であるとともに乞食であり,定住民は畏敬と侮蔑,歓待と畏怖との混合した心態をもって漂泊民に接したといわれるが,逆に漂泊・遍歴する狩猟・漁労民,遊牧民,商人等にとって,定住民の社会は旅宿の場であるとともに,交易,ときに略奪の対象でもあった。 また農業民にとっては田畠等の耕地が生活の基礎であったのに対し,狩猟・漁労民,商人等にとっては山野河海,,等がその生活の舞台だったのである。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

「いみじくも」の意味は?語源も徹底解説!

いみ じき 意味

一ヶ月で63点あげてセンター英語で194点達成、 52点上げてセンター世界史で91点に引き上げて、たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、 残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。 いつも独学受験. jpにお越しいただきましてありがとうございます。 助動詞: 薄緑のマーカーです 敬語: 緑のマーカーです 係り結び: オレンジのマーカーです。 音便: 水色マーカーです 唐土(もろこし)にいやしき夫婦あり。 餅を売りて世を渡り けり。 品詞分解 唐土 名詞 に 格助詞 いやしき シク活用形容詞「いやし」連体形 夫婦 名詞 あり ラ行変格活用動詞「あり」終止形 餅 名詞 を 格助詞 売り ラ行四段活用動詞「売る」連用形 て 接続助詞 世 名詞 を 格助詞 渡り ラ行四段活用動詞「渡る」連用形 けり 過去の助動詞・終止形 夫、道のほとりにして餅を売り けるに、人の袋を落とし たりけるを取りて見れば、銀の軟挺六つあり けり。 家に持ちて帰り ぬ。 この主いかばかり嘆き求む らん。 いとほしきこと なり。 主を尋ねて返し 給へ。 」と言ふ。 もとより六つ なり。 」 と論ずるほどに、果ては国の守のもとにして、これをことわら しむ。 ただし、共に正直の者と見え たり。 夫婦また言葉たがは ず。 主の言葉も正直に聞こゆれば、七つあら ん軟挺を尋ねて取るべし。 これは六つあれば、別の人のにこそ。 宋朝の人、いみじき成敗と ぞ、あまねく褒めののしり ける。

次の