あごすけ ブログ。 上越市 麺屋あごすけ。: ( ^ω^)のブログ

上越市 麺屋あごすけ。: ( ^ω^)のブログ

あごすけ ブログ

このページの目次• ラーメンが高い 笑 あごすけのラーメンは他所より高めです、昨日食べた「黒とんこつチャシュー麺」は1,100円を超えてきます。 たとえがチャーシュー麺でなくても800円以上します。 ですから、他所のお店より高めの価格設定ですが、食べて見れれば分かりますが、素材が違うんですね。 特にスープは濃厚のスッキリ味で、ダシの素材の良さ感じます。 そしてチャーシューは2種類乗っていて、どっちも美味しいのです。 もはや、ラーメンと言うより中華料理の世界観を出しています。 「あごすけ」はやや高めですが、納得の味でお客様を満足させています。 ただ、あご出しスープや豚骨スープは好き嫌いがはっきりしてるのかもしれません。 わざわざ、遠くから来る方は、多少値段が高くても気にしませんよね。 日常の食ではなく、少し特別な食を目指しているのでしょうね。 掃除が行き届いている。 「あごすけ」に行って感心するのが、厨房がきれいなんですね。 いつもピカピカ。 店内も混雑店とは思えないほど奇麗です。 かなりこだわりを持って清掃しないと、こうなりません。 人気店には相反する葛藤があるのです。 混雑すると、店内が汚れる。 店内が汚れると、お客様が減る。 の相関関係です。 でも、本当の繁盛店は混雑しても奇麗なんです。 基本的な部分がしっかりして個性的。 ラーメンに関しては、味は圧倒的なんですね。 他にもあご出しラーメンはありますが、二番煎じ感は否めません。 ここの味はオリジナリティもシッカリしていますし、味は万人向きではないにしろ、変わりません。 これって、頑固やラーメン店って感じで、嫌だったら他所にどうぞって感じすよね。 誰も、吐出した接客能力を持っている訳ではありません。 しかし、誰が対応しても同じ対応をします。 あの混雑店で、てきぱきお客様を裁く姿は凛々しさも感じます。 慌てず、淡々と接客する姿は僕は素晴らしいと思います。 ラーメン以外の味は? 「あごすけ」はラーメン以外も出しています。 それは餃子ですね。 チャーシューも出していますが、一応ラーメンの一部ですよね。 この餃子は僕もよく食べるのですが、味は「普通」です。 感動もなければ、不味いわけでもない。 本当に普通なんです。 この、ギャップ何? 笑 季節限定のメニューで飽きさせない。 昼限定とか、夜限定とか、季節限定のメニューが用意されていて、それが数量限定なのです。 そして、遅く来るとすでに売り切れていて、食べられない。 よし、今度は・・・・・ と思っちゃうんですよね。 うまいな~ それに、飽きさせない工夫も・・・ やっぱり商いは飽きないか。 昨日感じたことはそんな事かな? お客様が若い人が多く、ソーシャルの発信が多い。 僕もその一人です 笑 ブログやFacebookやTwitterやさらに、食べログなどのソーシャルで「あごすけ」の事を発信している人は多いと思う。 逆に公式のSNSはさっぱりですね 笑 これは、狙っている訳ではなく、結果的にそうなっているに好きない感じですが、決して無視できない影響力ですよね。 過去の「あごすけ」の記事も参考にしてください。 タグ: 高橋 樹男 (たかはし みきお) ナステビュウ湯の山㈱ナステビック代表取締役社長 それまでは全く畑違いの、建設関係の仕事に長年従事するが、2007年よりナステビュウ湯の山㈱ナステビックの代表取締役社長に就任。 就任早々、夫婦でキスをさせるイベントなど実行し、それまでとは全く変わった戦略を次々と打ち出している。 自らも、ちょっと変わった社長と自負し、現在も色々な事に挑戦している。 また地域のイベントも積極的に参加し、2013年万作の会による狂言イベント「真夏の笑い祭典」や2014年美人林で行われた、クラッシックコンサート「ブナの森美人林Concert」では、それぞれ実行委員長を務めている。 関連記事.

次の

酒とめし あごすけ

あごすけ ブログ

SPONSORED LINK 長岡住みの僕が、上越の有名店「麺屋あごすけ」まで行ってきました。 上越まで車を走らせると1時間20分くらいで到着しますが、途中の日本海に見惚れて2時間くらいかかりました。 そんなこんなで、あごすけに到着したのは17時。 あごすけ到着!(17時) 夜の開店は17時半なので、「まだ30分あるじゃん。 楽勝!」とか思っていましたが、すでに10人程のお客さんが並んでいました。 さすがは有名店。 たまたま訪問したのが平日だったので、ラッキーだったのかもしれません。 僕はあごすけに3回ほど訪問していますが、土日の昼の行列はすごいものです。 待合所がL字型になっているのですが、この待合所を飛び出して並んでいます。 だいたい30人から40人位は座れるのですが、ここを飛び出すと2時間待ちになります。 開店15分前。 店員さんからメニューを渡されましたが、僕に迷いはありませんでした。 他のメニューも食べたいところですが、今回は心に決めていたラーメンがあります。 今回のお目当ては、限定メニューの「越後甘海老つけ麺(990円)」です。 あごすけメニュー(17時15分) 「越後甘海老つけ麺(990円)」は、2012年の大つけ麺博で全国第三位に輝いたラーメンです。 これを食べるために、昼飯を抜いて万全の状態でやってきたのですから、決意が揺らぐことはありませんでした。 開店まで残り10分。 僕のお腹が鳴り響き、横のカップルにチラチラ見られましたが、そんな苦行にも絶え、ようやく店内に入ります。 開店(17時30分) 出典: 並んだ順番が10番目ほどでしたので、すんなり入ることができました。 カウンターに通され、さらに待つこと15分。 ついに「越後甘海老つけ麺(990円)」が僕の前にやってきます。 「越後甘海老つけ麺」実食(17時45分) なんというビジュアル。 これは美味しそう。 早速、食べてみると「ウマっ」と声が漏れてしましました。 ストレートな太麺は、噛むとモチモチの弾力があって新しい食感。 スープはえび独特の風味で 旨味成分が凝縮されており濃厚。 一見こってりなスープに見えますが、意外とスッキリしています。 トッピングは、山盛りの千切りキャベツ、青海苔風味のラスク、豚バラ肉のチャーシューと肩ロース。 ラスクは、スープに浸しておいて最後に濃厚な味わいを楽しむのが最高です。 いやぁ、これはまさに至極の一杯。 おいしくいただきました。 あごすけさんはどれを食べても本当に美味い。 毎回来ても幸せを与えてくれます。 僕は初回の訪問時に 旨塩鶏麺をいただきましたが、あまりの衝撃さに今でも忘れられません。 「なんだよ、大げさだな。 」と思われるかも知れませんが、それまで1度もラーメンを美味しいと思ったことが無かった僕が、初めて美味しい!と思ったラーメンでした。

次の

【上越あごすけ】車で2時間かけ、あごすけ限定ラーメンを食べてきた

あごすけ ブログ

今年のゴールデンウィークは10連休と言うこともあって皆さん旅行に出かけたり、実家に帰ってのんびり過ごされる方が多いと思います。 ^^ せっかく新潟来たのだからあごすけで食べて帰りたい!と思っている方は多いんじゃないでしょうか? ただでさえ行列がすごいのにゴールデンウィーク中は2~3時間待ちは当たり前!開店前から長蛇の列ができるのです! そんな激混みのゴールデンウィーク中に行ってきました。 ^^ ほとんどが県外ナンバーの車で、初めてあごすけに来た方が多かったようで注文が「塩らーめん」や「正油らーめん」などオーソドックスなものを頼んでいる人が多かったです。 結局、開店1時間前からスタンバっても2時間待ちという結果となりました。 ^^; ただいま期間限定で越後甘海老蝦醤麺(えちごあまえびしゃーじゃーめん)が販売されています。 ^^; このスペシャルラーメン残念なことにゴールデンウィークが終わると終了してしまうかもしれません。 いつまでやっているか不明なので詳しくは店員さんに聞いてください。 ^^ もちろん一口目だけでなく最後までず~~~っと美味しいのでご心配なく。 今回は、上越の超人気店「あごすけ」ですね。 ゴールデンウィークの真っ只中、大混雑必至の中本当にお疲れ様でした。 開店前から行列並んで食べて、超満足でしたら並んだ苦労も忘れますよね。 小生、令和最初の一杯は「まっくうしゃ」の塩でした。 ゴールデンウィーク中は、新潟の人気店はいっぱいだろうな・・・と思いながら車を女池から県庁方面へ走らせていると、「ブタシャモジ」は意外とガラガラ。 もしかしてと思い上近江の「まっくうしゃ」へ。 やはり空いていました。 どうも、高速道路や市外の観光地は混雑していたようですが、市内の方は意外と空いていたようですね。 道路も渋滞なしでした。 おまけにスーパーマーケットもなんと空いている事やら。 あれだけレジで並ばずに買い物したのも久しぶりでした。 次は何処へ行こうか検討中です。 時間が合えば、「だしだ」へ行ってみたいと思っています。 今回も良い食レポありがとうございました。 またつまらないコメント、どうかご容赦下さい。 PS:大阪出張は、いつも伊丹まで飛行機。 そこからリムジンバスで大阪駅に向かいます。 そこから地下鉄に乗り換える為に大阪駅の地下街に入ると、どこからともなくカレーの香りが漂ってきます。 その香りを嗅ぐと、「帰ってきたな」と思います。 大阪では、なぜかあまりラーメンを食べたいと思いません。 大概は、きつねうどんとかやくご飯のセット。 またはきつねうどんとおいなりさんのセットが多いですね。 これでワンコインですからありがたいです。

次の