ソード シールド てってい こう せん。 【ソードシールド】ヨロイこうせきの効率的な集め方と使いみち|DLC 鎧の孤島【ポケモン剣盾】

【ポケモンソード・シールド】はがねタイプ最強のわざ名は「てっていこうせん」に決定!

ソード シールド てってい こう せん

てっていこうせん の基本情報 はがねタイプの高威力特殊わざ ステータス画面から確認できる情報は次の通りです。 タイプ:はがね• 分類:特殊• 威力:140• 命中:95• PP:5• 効果:自分もダメージを受ける この、「自分もダメージを受ける」の部分を詳しく書くと、 「 自分も、自分の最大HPの半分のダメージを受ける」となります。 また、 攻撃対象は1体です。 すべてのはがねタイプのポケモンに教えられる 進化前のポケモンであっても、 はがねタイプがあれば覚えられます。 逆に、はがねタイプを持たないポケモンは覚えられません。 どこで教えられる? ダンデに勝利した後に、エンジンシティの奥まった場所で何度でも何体にでも教えてもらえます。 ダンデに勝利後、階段を下った先にいる人物から教えてもらえます なつき度を上げなくても教えられる? 捕まえたばかりのポケモンであっても覚えられます。 余談ですが、同様にドラゴンタイプが覚えられる教え技にりゅうせいぐんがあります。 第7世代までは「なつき度」を上げないと覚えられませんでしたが、第8世代では捕まえたばかりのポケモンでも覚えられるようになりました。 余談ついでですが、「なつき度」は第8世代では「なかよし度」として扱われるようになったようです。 てっていこうせん を使うのが難しい理由 奇数調整しても黄色ゲージに ポケモンのダメージ計算は基本的に小数点以下切り捨てです。 そのため、「とびひざげり」を外した際に最大HPの2分の1の固定ダメージを受ける、などと言った場合には、最大HPを奇数に調整することで、小数点以下切り捨ての分、1だけ受けるダメージが小さくなります。 しかし、てっていこうせんは例外で、例えば、最大HPが145のジュラルドンがてっていこうせんを放つと、反動で78のダメージを受けてしまいます。 わざが外れた場合も、自分は最大HPの半分のダメージを受けます。 また、相手が 「まもる」などでわざを受け止めた場合も、自分は 最大HPの半分のダメージを受けます。 反動でひんしになると負け 対人戦で最後の1対1になったとき、自分のわざ「てっていこうせん」で相手を倒すと同時に自分も反動で瀕死になると、 「てっていこうせん」を使った側の負けとなります。 わざを外してもダメージを受けるところなどは、 「じばく」「だいばくはつ」と同じ仕様ですね。 私が考える てっていこうせん の使い方 ドータクンの自主退場わざ 第8世代では、ドータクンが「だいばくはつ」を覚えなくなりました。 そのため、 「トリックルーム」を使った後の自主退場技として、「てっていこうせん」を使うことが考えられます。 あくびによる起点回避 自分の残りHPが半分以下のときに「てっていこうせん」を使えば、相手の 「あくび」戦法を抜け出すことができます。 ただ、こちら側が ポケモンを1体失うことになるリスクは意識しなければなりません。 まとめ 登場したばかりでまだベストな使い方が開拓途中の「てっていこうせん」。 使いどころが難しいですが、上手い使い方を模索していきたいです。

次の

【ポケモン剣盾】役に立つ人や技教えの場所・日替わりイベント一覧【ポケモンソードシールド】

ソード シールド てってい こう せん

6度目の投稿のぴょぴです。 文章がおかしいこともあるとは思いますが温かい目で見ていただければ嬉しいです。 間違っているところや意見などはコメントで教えて下さい。 今回は解禁後直ぐに、育成論が幾つも投稿されたジバコイルというポケモンを紹介します! 採用理由と役割• 役割 役割は全部で三つあり、 第一役割 両壁貼り 第二役割 ボルチェンによる対面操作 第三役割 アタッカー おまけ• 採用理由 壁貼り要員と対面操作とアタッカーを一匹でこなせるからです。 詳しくは差別化の項で記載いたします。 持ち物• ひかりのねんど 壁貼り要員なので、壁ターンを延長するひかりのねんどでほぼ確定です。 別に、持ち物がひかりのねんどでも他の役割に支障は出ません。 性格・特性・努力値と調整• 特性 がんじょう 確定です。 行動保証が得られるのは非常に大きいです。 じりょくは恩恵が少ないため非採用。 アナライズもアタッカーより壁貼りの方に重点を置いているので非採用としています。 Aは使わないので不問。 混乱、イカサマのダメージを減らすために、できれば0推奨です。 cはアタッカーとしての性能向上のために31。 sは後攻ボルチェンの為に0としています。 物理特殊ともに耐久が欲しいためHぶっぱ。 火力が欲しいためCぶっぱ。 余りはBかDへ。 後攻ボルチェンがしたいのでSには振らないで下さい。 技構成 確定枠• リフレクター コンセプトなので確定• ひかりのかべ コンセプトなので確定 準確定枠• ボルトチェンジ こちらも今回のコンセプト。 壁を貼った後に退場しつつ、対面操作します。 たかがボルトチェンジでも、こいつから打たれるとそこそこ痛い一撃になります。 てっていこうせん 相手をがっつり削りつつ退場します。 相手が地面タイプ等の要因で、ボルトチェンジがきかないときや一匹持って行きたい時に使います。 選択枠 以下オススメ度順• でんじは 個人的に選択枠の中では一番優秀だと思っていますが、ボルトチェンジとはミスマッチ。 起点作成もしたいなら採用の余地はあるでしょう。 いやなおとorきんぞくおん 起点作成に使う技ですが、打つ機会は少ないかと思われます。 10まんボルト アタッカーとしての性能を高くしたいなら。 ですが、そこまでアタッカーとして使いたいなら壁貼りを捨てた方がいいかと。 ラスターカノン 同上 フェアリーが許せない方へ。 じばく どうしてもじばくで退場したい方と、ハピナスに一矢報いたい方用の技です。 私はオススメしません。 差別化 ここまで読んでくれた方はこう思ったかも知れません。 「それ、ほかのポケモンでいいんじゃね?」 では差別化していきましょう。 対オーロンゲ オーロンゲに自主退場技はないので、その点で差別化できます。 対クレッフィ 残ったときのアタッカー性能が、こちらの方が高いです。 また、クレッフィの退場技はてっていこうせんのみなのに対し、こちらはボルトチェンジもあるので、ジバコイルを残しつつ有利対面をつくれ可能性があります。 対ジュラルドン また、ジュラルドンの退場技はてっていこうせんのみなのに対し、こちらはボルトチェンジもあります。 また、こちらはがんじょうによる、行動保証があります。 対アローラキュウコン 少し微妙ですが、ジバコイルならアローラキュウコンと違って天候を変えられて、役割が果たせないという心配がありません。 ジバコイルで壁を貼る強み 1 豊富な退場技 相手に応じてボルトチェンジとてっていこうせん とじばく を使い分けることができます。 2 残ったときのアタッカー性能の高さ 腐ってもC130属なので、かなり痛い一撃をお見舞いできます。 3 ボルトチェンジによる対面操作 コンセプトにもしましたが、対面操作ができるということは使っていて強いです。 4 がんじょうによる行動保証 いたずらごころ以外の特性のポケモンが壁を貼る場合、どうしても持ち物を襷にするか、一撃でやられるリスクを背負うかの二択になりがちですが、特性がんじょうのおかけで実質ひかりのねんどと襷を両立できます。 5 読まれない ジバコイルはC130属なので、アタッカー型が殆どで、壁貼りが読まれたことは一回もありませんでした。 カジュアルバトルなので何ともいえませんが 立ち回り例 基本的には先発で投げて壁を貼り、状況に応じて退場します。 両壁を貼り終えたときに、がんじょうが残っていればボルトチェンジ、どうしても一匹もっていきたいならてっていこうせん、等と上手く使い分けてください。 与ダメージ計算 てっていこうせん• h4ドラパルト 101. 2〜119. h4ミミッキュ 193. 8〜229. h4ドリュウズ 50. 0〜58. h252トゲキッス 122. 9〜144. h4ホルード 101. 2〜119. H252振りカバルドン 79. 5〜93. h4ヒヒダルマ ガラル 233. 1〜275. h4サザンドラ 85. 7〜101. h4エースバーン 火 53. 8〜63. h252ギルガルド シールド 30. 5〜35. d252ラプラス 52. 6〜62. h252マリルリ 76. 3〜90. h4ファイアロー 116. 8〜137. A特化からやぶパルシェン つららばり 48. 0〜59. A特化チラチーノ スイープビンタ 25. 4〜31. A特化ウーラオス すいりゅうれんだ 55. 9〜67. また、ジバコイルが貼った壁を使って龍舞を積むのも強いです。 おわりに いかがでしたでしょうか? 壁貼り型ジバコイルの強みが伝わっていれば幸いです。 読みづらい箇所もあったと思いますが、暖かい目で見ていただけると幸いです。 間違っているところ、おかしいところ等はコメントで教えていただければ嬉しいです。 ここまで読んで頂きありがとうございました。 壁張り要員に必要な要素として高い素早さがあると思います。 相手より先に行動し、半減できる壁を張ることで一撃で落とされることを防ぎ、もう一方の壁を張る事が役割なためですね。 更に相手がかたやぶりドリュウズだとそもそもなにもできずに倒されますね。 差別化とおっしゃっている全てのポケモンと比較できる論になっていないと思います。 私の書き方が悪かったのですが、がんじょうはあくまでも保証であり、高い耐久力と豊富な耐性で壁を貼るのがジバコイルの仕事だと思っています。 ドリュウズ対面はそもそも、ジバコイルではどうしようもないので考えません。 論点のズレた返答になっていたら申し訳ありません。

次の

ジュラルドン

ソード シールド てってい こう せん

6度目の投稿のぴょぴです。 文章がおかしいこともあるとは思いますが温かい目で見ていただければ嬉しいです。 間違っているところや意見などはコメントで教えて下さい。 今回は解禁後直ぐに、育成論が幾つも投稿されたジバコイルというポケモンを紹介します! 採用理由と役割• 役割 役割は全部で三つあり、 第一役割 両壁貼り 第二役割 ボルチェンによる対面操作 第三役割 アタッカー おまけ• 採用理由 壁貼り要員と対面操作とアタッカーを一匹でこなせるからです。 詳しくは差別化の項で記載いたします。 持ち物• ひかりのねんど 壁貼り要員なので、壁ターンを延長するひかりのねんどでほぼ確定です。 別に、持ち物がひかりのねんどでも他の役割に支障は出ません。 性格・特性・努力値と調整• 特性 がんじょう 確定です。 行動保証が得られるのは非常に大きいです。 じりょくは恩恵が少ないため非採用。 アナライズもアタッカーより壁貼りの方に重点を置いているので非採用としています。 Aは使わないので不問。 混乱、イカサマのダメージを減らすために、できれば0推奨です。 cはアタッカーとしての性能向上のために31。 sは後攻ボルチェンの為に0としています。 物理特殊ともに耐久が欲しいためHぶっぱ。 火力が欲しいためCぶっぱ。 余りはBかDへ。 後攻ボルチェンがしたいのでSには振らないで下さい。 技構成 確定枠• リフレクター コンセプトなので確定• ひかりのかべ コンセプトなので確定 準確定枠• ボルトチェンジ こちらも今回のコンセプト。 壁を貼った後に退場しつつ、対面操作します。 たかがボルトチェンジでも、こいつから打たれるとそこそこ痛い一撃になります。 てっていこうせん 相手をがっつり削りつつ退場します。 相手が地面タイプ等の要因で、ボルトチェンジがきかないときや一匹持って行きたい時に使います。 選択枠 以下オススメ度順• でんじは 個人的に選択枠の中では一番優秀だと思っていますが、ボルトチェンジとはミスマッチ。 起点作成もしたいなら採用の余地はあるでしょう。 いやなおとorきんぞくおん 起点作成に使う技ですが、打つ機会は少ないかと思われます。 10まんボルト アタッカーとしての性能を高くしたいなら。 ですが、そこまでアタッカーとして使いたいなら壁貼りを捨てた方がいいかと。 ラスターカノン 同上 フェアリーが許せない方へ。 じばく どうしてもじばくで退場したい方と、ハピナスに一矢報いたい方用の技です。 私はオススメしません。 差別化 ここまで読んでくれた方はこう思ったかも知れません。 「それ、ほかのポケモンでいいんじゃね?」 では差別化していきましょう。 対オーロンゲ オーロンゲに自主退場技はないので、その点で差別化できます。 対クレッフィ 残ったときのアタッカー性能が、こちらの方が高いです。 また、クレッフィの退場技はてっていこうせんのみなのに対し、こちらはボルトチェンジもあるので、ジバコイルを残しつつ有利対面をつくれ可能性があります。 対ジュラルドン また、ジュラルドンの退場技はてっていこうせんのみなのに対し、こちらはボルトチェンジもあります。 また、こちらはがんじょうによる、行動保証があります。 対アローラキュウコン 少し微妙ですが、ジバコイルならアローラキュウコンと違って天候を変えられて、役割が果たせないという心配がありません。 ジバコイルで壁を貼る強み 1 豊富な退場技 相手に応じてボルトチェンジとてっていこうせん とじばく を使い分けることができます。 2 残ったときのアタッカー性能の高さ 腐ってもC130属なので、かなり痛い一撃をお見舞いできます。 3 ボルトチェンジによる対面操作 コンセプトにもしましたが、対面操作ができるということは使っていて強いです。 4 がんじょうによる行動保証 いたずらごころ以外の特性のポケモンが壁を貼る場合、どうしても持ち物を襷にするか、一撃でやられるリスクを背負うかの二択になりがちですが、特性がんじょうのおかけで実質ひかりのねんどと襷を両立できます。 5 読まれない ジバコイルはC130属なので、アタッカー型が殆どで、壁貼りが読まれたことは一回もありませんでした。 カジュアルバトルなので何ともいえませんが 立ち回り例 基本的には先発で投げて壁を貼り、状況に応じて退場します。 両壁を貼り終えたときに、がんじょうが残っていればボルトチェンジ、どうしても一匹もっていきたいならてっていこうせん、等と上手く使い分けてください。 与ダメージ計算 てっていこうせん• h4ドラパルト 101. 2〜119. h4ミミッキュ 193. 8〜229. h4ドリュウズ 50. 0〜58. h252トゲキッス 122. 9〜144. h4ホルード 101. 2〜119. H252振りカバルドン 79. 5〜93. h4ヒヒダルマ ガラル 233. 1〜275. h4サザンドラ 85. 7〜101. h4エースバーン 火 53. 8〜63. h252ギルガルド シールド 30. 5〜35. d252ラプラス 52. 6〜62. h252マリルリ 76. 3〜90. h4ファイアロー 116. 8〜137. A特化からやぶパルシェン つららばり 48. 0〜59. A特化チラチーノ スイープビンタ 25. 4〜31. A特化ウーラオス すいりゅうれんだ 55. 9〜67. また、ジバコイルが貼った壁を使って龍舞を積むのも強いです。 おわりに いかがでしたでしょうか? 壁貼り型ジバコイルの強みが伝わっていれば幸いです。 読みづらい箇所もあったと思いますが、暖かい目で見ていただけると幸いです。 間違っているところ、おかしいところ等はコメントで教えていただければ嬉しいです。 ここまで読んで頂きありがとうございました。 壁張り要員に必要な要素として高い素早さがあると思います。 相手より先に行動し、半減できる壁を張ることで一撃で落とされることを防ぎ、もう一方の壁を張る事が役割なためですね。 更に相手がかたやぶりドリュウズだとそもそもなにもできずに倒されますね。 差別化とおっしゃっている全てのポケモンと比較できる論になっていないと思います。 私の書き方が悪かったのですが、がんじょうはあくまでも保証であり、高い耐久力と豊富な耐性で壁を貼るのがジバコイルの仕事だと思っています。 ドリュウズ対面はそもそも、ジバコイルではどうしようもないので考えません。 論点のズレた返答になっていたら申し訳ありません。

次の