アタック ナンバー ワン ドラマ。 アタックNo.1

「アタックNo.1」初の実写ドラマ化: くりおね あくえりあむ

アタック ナンバー ワン ドラマ

アタック No. 1 2005年4月14日より6月23日まで、テレビ朝日系列毎週木曜日 - の「木曜ドラマ」枠で放送された。 主演は上戸彩。 アメリカ合衆国でもテレビジャパンで放送された。 放送日程 各話 放送日 サブタイトル 第1話 2005年4月14日 苦しくったって悲しくったって…負けない地獄の鬼特訓始まる 第2話 2005年4月21日 苦しくったって…生き残る! 鬼監督の罠 第3話 2005年4月28日 出て行け! コートから追放された娘の涙 第4話 2005年5月05日 嫉妬につぶされた夢ライバルの裏切り! 第5話 2005年5月12日 全てを捨てチームのために…涙の退部届 第6話 2005年5月19日 負けられない決戦! 鬼の特訓が今始まる 第7話 2005年5月26日 運命の激突! 必殺技三位一体攻撃に涙… 第8話 2005年6月02日 友情を賭けた死闘! 衝撃の事故が夢を… 第9話 2005年6月09日 今日が最後…勝って夢の頂点に立つ!! 第10話 2005年6月16日 最後の私のチャンス背番号1番の涙… 最終話 2005年6月23日 最後のアタックを!! この夢をかなえたい less.

次の

「アタックNo.1」初の実写ドラマ化: くりおね あくえりあむ

アタック ナンバー ワン ドラマ

解説 浦野千賀子の原作を、「巨人の星 1969 」の辻真先ほか三名が共同脚色し、岡部英二と黒川文夫が演出を担当したまんが映画。 作画監督は竹内留吉が担当。 1970年製作/62分/日本 配給:東宝 ストーリー 鮎原こずえは富士見学園に転校早々、劣等生グループの番長にされた。 バレー部への入部を断ったこずえは劣等生グループで即席バレー部をつくりチームワーク抜群の試合運びでレギュラーチームを破った。 そしてバレー部に入ったこずえはキャプテンに推薦された。 だがある日、天才的技術をもったみどりが転校してきて、バレー部に入り、財閥の父の力でキャプテンの座を奪ってしまう。 しかしみどりの身勝手なプレーで試合に負けてしまい、スパルタ訓練の本郷先生をコーチに迎えた。 名門松島中学との試合中、みどりはチームワークの重要さを知り、こずえとのアタック・コンビを完成させた。 この二人の活躍で、松島中学を破った富士見学園バレー部は再びキャプテンに選ばれたこずえを中心に日本一めざして歩み出した。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

無料視聴あり!アニメ『アタックNo.1』の動画まとめ

アタック ナンバー ワン ドラマ

オリジナル [ ] 本曲はそれまでの歌手として活動していたにとって初のアニメソングであり、「大杉久美子」名義による初めての曲でもある。 ただし、オリジナル歌手は大杉ではなく、主演のやエンディングテーマを歌ったによる音源が先に録音されており、大杉はそれらを聴いて練習した。 1969年12月開始のテレビ放送では第5話まで小鳩くるみ版が使われ、第6話から大杉久美子版に切り替わった。 小鳩版、大杉版ともカラオケは同一音源だが、では左右のチャンネルが逆転している(使用版はだったので区別できない)。 は複数のから発売された。 タイトルに不一致がある。 「アタックNo. 1の歌」 1970年1月• 「アタックNo. 1の歌」 1970年1月25日• 「アタックNo. 1」 1970年2月1日• 「アタックNo. 1の歌」 1970年4月• 「アタックNo. 1」 1970年5月1日• 「アタックNo. 1のテーマ」 1970年• 「アタックNo. 1」 1971年4月 ビクター盤のみが専属歌手だった小鳩くるみの歌唱によるもので、その他は大杉久美子歌唱による同一音源である。 のエンディングテーマ「バン・ボ・ボン」は全社とも同一歌手(伊集加代子)による同一音源を使用した。 これらのレコードは合計70万枚を売り上げ 、大杉は東芝盤でヒット賞を受賞した。 に「柴山モモ子」の芸名でレコードデビューして以来、なかなかヒットに恵まれなかった大杉にとっても、初のヒット曲となった。 開催期間中にのCMソングとして使用されたこともある。 小鳩くるみ版は現在もビクターのCDで聴くことができるが、伊集加代子版は音盤化されていない。 カバー版 [ ] アタックNo. 1 2005 [ ] 「 アタックNo. 1 2005」 の 初出アルバム『』 リリース 規格 録音 2005年 時間 11分39秒 チャート最高順位• 週間20位 ()• 登場回数7回 (オリコン)• 17位 ()• 登場回数5回 (CDTV) シングル 年表 アタックNo. 1 2005 (2005年) () 『sakippo 』 収録曲 10 アタックNo. 1 2005 」(アタックナンバーワンにせんご)は、の1枚目のである。 にから発売された。 解説 [ ] 福田の事務所の先輩であるが主演した系『』の主題歌として使用された。 のギタリスト、がプロデュースしている。 収録曲 [ ]• アタックNo. 1 2005 [3:12]• アタックNo. 1 (Attack Samba No. 1 Remix) [5:09]• アタックNo. 1 (Instrumental) 参加ミュージシャン [ ]• (Drums)• (Bass)• (Electric Guitars)• (Keyboards) その他のカバー版 [ ] 、、(アルバム『エンジェルパワー』に収録)、(シングル『血液ガッタガタPartII』のカップリング)、(メドレー曲「アニメタル・レディー見参! 」の一部)、(カバーアルバム『虎の穴2』に収録)によるカバー版が存在する。 マイラ・ケイが「ATTACK NO. 1」の曲名で、英語で歌唱した。 訳詞:リサ・ウィルソン、編曲:ハウス・ティー。 1993年発売の『英語! ポ・ポンのポン!! 〜なつかしアニメをペラペラ歌おう〜』収録。 ザ・マイクハナサーズは、メドレー曲「ヒロイン大集合」(1992年発売のシングル『ヒーロー大行進』収録)の1曲としてカバーしている。 には旅行代理店のCMソングとして、男性歌手によるカバー版が使用されたが、歌手名は未公表である。 脚注 [ ].

次の