税金 が なくなっ たら。 もしも日本から税金がなくなったら悲惨になる。

税金ない世界

税金 が なくなっ たら

今年から自動車税種別割と名称が変更されましたが、これまでクルマを保有している人にとっては、名前が変わっただけで納税の内容は変わっていません。 今年の納期限は6月1日でした。 クルマにかかる税金は非常に多くの種類がありますが、これらの税金はクルマを手放したら返ってくるのでしょうか。 今回は、クルマを手放した時の、クルマに関する税金の流れについて解説していきます。 クルマに対しては多くのお金がかかります。 税金や保険料の流れを知ることで、無駄な税や保険料負担が減っていくでしょう。 ・「還付」と「返金」は違うということを理解する お金が返ってくるという意味では、還付も返金も同じ意味ですが、どこから誰からお金が戻ってくるのかという点で意味が異なります。 税金によく使われる「還付」という表現は、行政機関などが税金や押収物を所有者に返すという意味があり、「返金」はその名の通りお金を戻すということです。 直接行政からユーザーにお金が戻る「還付」と、税金の支払い義務者が変わり今まで払っていたお金が単純に戻される「返金」とでは、手続きの流れもお金が戻ってくる仕組みも変わるので注意が必要です。 ・「還付」されるのは、抹消手続きを行った時 自動車税種別割や自動車重量税は、抹消手続きを行うと余分に支払った税金が「還付」されます。 これは自動車税や自動車重量税が前払いの税金という特性があるからです。 たとえば自動車税の場合、当年の4月1日にクルマの使用者であるユーザーに対し、翌年3月までのクルマの使用にかかる税金を徴収しています。 つまり今年の5月に支払った自動車税種別割は、来年の3月31日までクルマを使用するために、あらかじめ支払っている税金ということになります。 同様に、車検時に支払う自動車重量税についても同様の性格があり、乗用車の場合には車検有効期間である向こう2年間クルマを使用するために支払っている税金です。 したがって、期間満了を前にクルマを手放し抹消手続きを行う(ナンバープレートを返納して、公道を走れないようにする)ことで、税金の「還付」を受けることができるのです。 クルマに対してかけられている税金の一部は、抹消手続きで還付されます。 「還付」と「返金」は意味が違うことも理解しておくと万全です。 自動車税種別割に関しては、一時抹消を行うことで還付手続きが発生し、自動車重量税については永久抹消を行うことで還付手続きが発生します。 「一時抹消」とは一時的にナンバーを外し、車検有効期限を切ってしまうことで、クルマを使用できないようにする手続きのことです。 一時抹消したクルマは、再度車検を取得し登録手続きを行うことで、公道を走れるようになります。 対して「永久抹消」は、その後に登録手続きを行うことができません。 永久に公道を走る権利を失わせる手続きになります。 廃車手続きにイメージが最も近いのが「永久抹消」です。 ・名義変更の際にトラブルが発生しやすい自動車税 クルマの個人間で売買、ディーラーや買取業者に下取りや買取りで売却した際に行われるのが名義変更です。 クルマを売却・下取りに出した際には、抹消手続きが行われると思っているユーザーが多いですが、実際にはクルマに残った車検期間を生かすために、買取を行った業者の名前に名義変更されるケースが大半です。 また、一時抹消を行うことで新たにクルマを使用する際には多くの手続きと費用がかかるため、抹消手続きではなく名義変更を行うのが一般的です。 先に挙げた通り、抹消手続きを行えば行政機関からの還付が受けられますが、ほとんどのクルマの売買の場合には、その後に廃車が決定している場合であっても、抹消手続きではなく名義変更が先立って行われるために、自動車税種別割の還付は行われないことが多いです。 名義変更手続きでは、新たなクルマの所有者に対して自動車税種別割の納税義務は発生せず、そのクルマに支払われた自動車税をそのまま使用することができます。 ただし、これでは旧ユーザーは、自分がクルマを使っていない期間の分の自動車税の支払いが発生し、新ユーザーは自動車税を支払わずにクルマを使うことができるので、税負担の不公平が生じます。 そのため、通例として、新ユーザーは旧ユーザーに対して、自動車税種別割の残月数分の金額を支払う形をとるのが基本です。 これにより、新ユーザーは自分が使用する期間の自動車税種別割相当額を支払い、旧ユーザーは抹消による還付を受けたのと同じようなお金のやり取りをすることになります。 これは行政機関が仲立ちしているわけではなく、個人間や顧客とお店の間で行われているお金のやり取りであることを理解しておきましょう。 自動車ディーラーや買取業者ではしっかりとこの手続きを踏まえて、自動車税種別割の返金が行われていることが多いですが、個人間売買の場合には、あらかじめしっかりと自動車税種別割分の支払いについて取り決めを行っておくことが重要です。 ・自動車重量税や自賠責保険料などは買取価格に含まれている 自動車税種別割については、返金のような形で手元に目に見えるお金として戻ってくるケースが多いですが、自動車重量税や自賠責保険などは、残月数分を現金でユーザーに戻すというケースはほとんど無く、多くの場合は下取価格や買取価格に上乗せする形でユーザーへの返金をしています。 明細にいくらと明示されるケースは少なく、提示された下取金額の中に還付されるべき税や保険料が含まれていると認識しておきましょう。 少々不透明な方法ですが、このやり方が一般的になっているため、クルマを売却する際には戻ってくる税金や保険料に留意しながら話を進めていくといいでしょう。 目に見える形で戻ってくることが少ない自動車重量税や自賠責保険料、下取りや買取りの際には、その金額に何が含まれているのかも確認する必要があります。 まとめ ちょっとわかりにくい、クルマに関する税金の行方について解説してきました。 クルマを手放す際には、支払った税金がどういう形で戻っているのかを確認し、理解しながら進めていきましょう。 多くの税負担があるクルマですから、税金に対するしっかりとした知識を持つことが、ユーザー側にも必要になってきています。 (文:佐々木 亘) by カテゴリー : , タグ : , ,.

次の

もしも税金がなかったら、私たちの暮らしはどう変わる? マネリー

税金 が なくなっ たら

ざっくり見出し• 税金の歴史を振り返ってみる 簡単に税金の歴史を振り返ると、税金は1800年前の卑弥呼が支配する邪馬台国、弥生時代からあるようです。 そして時は流れ昭和25年 1950年 のシャウプ勧告に基づいて税制改革が行われ、今の税制度の基盤がこのシャウプ勧告から来ているようです。 そして平成元年 1989年 今の日本人を悩ませる消費税という新たな税制改革が行われました。 歴史はざっくりとこのような感じになり、今回の本題でもある 税金が無くなると僕たちの生活にどのような変化が起きてしまうのかを見ていきましょう! 【7選】税金がなくなるとどうなるのか? それでは税金がなくなると一体僕たちにどのような影響をもたらすのかをまとめて行きたいと思います。 給料が上がる 年金と社会保険料が差し引かれなくなることにより手取り収入がその分増える事になります。 物価が安くなる 消費税や自動車税や固定資産税などが一切無くなることにより様々な物が安くなる。 タックスヘイブンになる事により世界から多くの企業が進出してきます。 病院で全額自己負担になる 保険証が無くなる事により病院での診察料や薬代が全額負担になってしまう。 重い病気になると全額負担のため数百万が一気に飛ぶ事により医療はお金持ちだけが受けられるものになる。 救急車を呼ぶのにたった一回で45000円程かかってしまう。 警察が営利企業になる 税金が無くなる事により警察は営利企業になり、緊急搬送コースや遅いコースなどのプランに別れてしまい予約制になってしまう。 事故の処理や書類代などもお金が必要になり、従来通り24時間電話は通じず営業時間が設けられてしまう。 夜中事故や事件があっても連絡が通じないのはとても怖いですね。 公務員も営利企業になる 学校などの学費が高くなり、学校で使用する机や椅子、本など全てが自費になり学校に行ける人が減り勉強する事が贅沢な行事になり、全学校が私立化してしまう。 道路の舗装が無くなる 重量税が無くなる事により道路の舗装が一切されなくなり道路はガタガタ状態になってしまう。 気になった人が直せば良いという感じになってしまう。 年金、失業保険、生活保護、健康保険の撤廃 結論を言えばそんな事に頼らず個人で稼ぐスキルを付けようという選択肢しか若者には残らない。 税金が無くなる=良い事では無い 簡潔にまとめると 税金が無くなる=全てが良い方向に向くかと言えばそんな事はなさそうですね。 税金が無くなる事により手取り収入が増え消費税が一切無くなりますが、それ以上に他の所での自己負担が大きくなる為、出費が増えますね。 今回まとめた事はあくまでも架空に過ぎず今の日本はもはや世界2位の重税国家のため税金が無くなるどころかさらに増えそうですね。 重税国家をこれから生き抜くためには会社という枠組みの中での収入ではとても生き残れなくなってしまい、今僕たちがやるべき事は会社という枠から抜け出し 個人で稼ぐ術を身に着ける事。 10年後に気づく事が出来るのか今気づいて行動出来るのかで将来は大きく変わってきます。 何も会社員で働く事が正しい訳ではありません。 今の日本は昭和の風潮が残っていますが、昭和も終わり平成もそろそろ終わってしまい、新しい時代が来る中でいつまでも昭和のような固定観念を持ってる人はこの先確実に置いて行かれます。 今までの普通がこれからは通用しなくなる。 個人で稼ぐ力を身に付けた人がこれから生き残れる時代。 僕のLINEでは友達になってくれた方のみに 個人で稼ぐ為の秘密を公開しています。 個人で稼ぐ力を身に付けたい方はしてLINEでしか公開していない講義にご参加ください。

次の

たばこ税の使われ方とは?もしもたばこ税がなくなったらどうなる?

税金 が なくなっ たら

税金が払えないとき、免除ってしてもらえるの? 会社を辞めたら思い出したい、住民税の仕組み 税金を払う余裕がなくなったら、免除してもらえるのでしょうか? 会社に勤めているとあまり気にしていない税金ですが、何らかの理由で会社を辞めた人が、突然送付された納税通知に驚くことが多々あります。 こんな時、税金の免除は認められるのでしょうか? 2014年3月17日 税金を払う余裕がなくなったら、免除してもらえるのでしょうか? 会社に勤めているとあまり気にしていない税金ですが、何らかの理由で会社を辞めた人が、突然届いた納税通知に驚くことが多々あります。 こんな時、税金の免除は認められるのでしょうか? 会社を辞めた後に納税通知がくる税金に『住民税』があります。 この住民税、会社に勤めていれば給料から天引きされていて、私たちは知らない間に納税しているんです。 そしてこの住民税が非常にくせもので、もしも会社を退職して失業状態にあっても、納める必要があります。 なぜかと言うと、住民税の計算方法が関係してきます。 今払っている住民税は、昨年の所得に対してのもの! 住民税は1年間の所得に掛かります。 1年間の所得に該当する期間は『1~12月』まで。 会社では1~12月までの合計所得を計算し、翌年の1月末に各市町村役所に申請します。 役所では合計所得を元に課税額を算出。 この課税額を6月~翌5月にかけて、12分割した金額が給料から天引きされるという具合です。 例えば2014年1月に退職してしばらく職に付くことができなかった場合を想定してみましょう。 無職のまま6月になると、住民税の納税通知書が送られてきます。 この納税通知書は2013年1~12月に対しての税金です。 しかし納税通知書が送られてきた時に無職だった場合、免除申請が通るかと言えば、現実には難しそうです。 なかなか免除は認められないものの、分納には応じてくれる! 住民税の免除申請は、各市町村役所で行いますが、その基準は次のようなものです。 ・生活保護法による扶助を受けることになった方 ・納税義務者(本来納税の義務を負うべき人)が死亡し、その継承者による納税が著しく困難なとき ・災害があったとき 上記のような理由が納税免除となる基準となりますが、当然「去年は働いていたけど、今年は無職だから」という理由では免除は受け付けてもらえません。 そこで役所にお願いしたいのは、分納するという方法です。 会社に勤めていると課税額を12分割していますが、納税通知書では4分割となります。 例えば年収約500万円だった場合、住民税は約18万円()。 会社勤めだった場合は毎月1万5千円ずつ天引きされていますが、会社を辞めると4分割された1枚の通知書に4万5千円という納税額が書かれてくるんです。 これを会社勤めのように12分割にするという対応を、役所ではしてくれます。 また生活に困る場合には、さらに細かな分納も可能です。 一番いけないのは放置してしまうこと。 延滞金がかかるだけではなく、場合によっては資産の差し押さえということにもなりかねません。 免除とまではいかないまでも、役所も市民の生活を第一に考えて相談に乗ってくれます。 もしも退職して納税通知書が来たら、必ず役所に相談しに行くことをお勧めします。

次の