年賀状 句読点。 年賀状に句読点をつけてしまった! これってマナー違反なの?

句読点を付けない理由は?知っておきたい年賀状マナーまとめ

年賀状 句読点

スポンサーリンク 年賀状に句読点は使わないの? 結論から言いますと、 年賀状は句読点を使わないのがマナーです。 ネットでアップされている年賀状のテンプレートや、 市販している年賀状に句読点は一つも使用されていません。 なぜかというと、古来から日本語の正式な文書には 句読点というものが存在しなかったからなんですね。 明治時代以降、海外の文書の影響もあり、読みやすく するために句読点が使われるようになってきます。 それ以来、日本の文化として定着し、現在では 文書を書くときには句読点を使うのが常識となりました。 実際、句読点がある方が文章は読みやすくなりますからね。 年賀状以外にも句読点を使わないで書かれている 文章が身近なところにも存在しています。 それは 「賞状」です。 賞状のように、格式を重んじられる書面には、 今でも句読点を使わないのがマナーだと言われています。 格式を重んじられる書面には句読点は使わない 年賀状も格式のある書面ですので、句読点を 使わないのが正式な書き方となるのです。 また、句読点には「区切る」という意味があります。 年賀状では、 「末永くお付き合いお願いします」 「今年も宜しくお願いします」 というように「長くお付き合いを続けたい」という 願いを込めた文章を多く使用しますね。 「区切る」とはお付き合いが切れることを連想してしまうので、 縁起が悪いので年賀状では使用すべきではないのです。 印刷会社に原稿を書いてお願いした場合、原稿に 句読点を使ってあったとしても、印刷会社の方で 気を使って、削除してくれることもあります。 スポンサーリンク 年賀状に句読点を付けてしまったら書き直し? では自分で作成した年賀状に句読点を使ってしまったら、 書き直しをしなければならないのでしょうか? 「句読点を使わないのがマナー」ということを 知っている人は実は意外と少ないです。 ですので、句読点を使ってしまったとしても、 意外と気にせずに読んでもらえます。 ただ、目上の人に出す場合は、マナーにうるさい人の 可能性もあるので、使わない方が無難です。 もし句読点を使ってしまったのなら、 書き直しをしておきましょう。 関連記事 年賀状に句読点は使わない?改行はどうする? 年賀状では句読点を使わない代わりに 改行を上手に使う必要があります。 改行を使うことで、句読点を使わなくても 読みやすい文章にすることができます。 改行の際に気を付けるべきポイントは、 「単語の途中で改行しない事」です。 たとえば、.

次の

「終活年賀状」の例文50種類!失礼のない文面&書き方【年代別】

年賀状 句読点

年賀状のマナーで句読点はどうすればいい?どうすれば読みやすくなる? 多くの人が聞いて「え?マジで?」と思うマナーがこの『 年賀状には句読点は使ってはいけない』です。 文章書くには句読点必要でしょ!って思うんですが、実は本来のマナー的には年賀状に句読点。 や、は使えません。 使用不可! 元々、「。 」句点や「、」読点は縦書きの時代は無かったと言われています。 という歴史はさておき。 年賀状というのは季節の挨拶状ということで、年始の挨拶をしに行けない代わりにご挨拶をする役割があります。 そのためどうしてもこういった古い習慣が残っている傾向が強いのだと考えられます。 また、年の初めなのに区切りをつけてしまうのがよろしくないという 後付くさ~い? 理由もあります。 とはいえ、横書きの添え書きに句読点が無いと読みにくいですし、癖でカンマを打ってしまうこともあります。 そのため 現在はそれほど厳重に注意されるようなマナーではなくなっているのも事実。 マナーは相手の方のために気を使うものですから、句読点を使わないのがマナーだとして読みにくく書いては元も子もありません。 が!一応・念のため、 目上の方やマナーに厳しい方に年賀状を出す際には、句読点は付けないで添え書きをすることをオススメします。 なので、もしまだ年賀状を買っていないorレイアウトデザインしてない場合で、マナーに気を使って年賀状を書いておきたいという場合は、デザイン自体も縦型にしてみてくださいね。 デザインやレイアウトについてのマナーは詳しく知りたい場合には『』をチェックしてみてください。 年賀状の一言にビックリマークやはてなマークなどの感嘆符・疑問符は使っていい?だめ? 「本年もよろしくおねがいします!」 なんて書いたら、元気よく言えてそうでいいかなーって思います・・・かね? 一応そういうことにしておきます スポンサーリンク 実は「!」ビックリマークや「?」はてなマークなどの 感嘆符・疑問符は正式な文面には使えません。 そのため特に目上の方・上司・先輩などに出す年賀状にはこれらの英数記号は使わないように気を付けてください。 元々日本語って感嘆符・疑問符が無くても通じるようにできているんです。 『お元気ですか?』 『お元気ですか』 意味が通じないことは無いですよね。 句読点と同じく本来の日本語の形に立ち返って書くことに気を付けていくと、これらのはてな・ビックリマークは不必要ということになります。 ただしお友達や親しい間柄の方、家族に宛てた年賀状などにはこういった縛りはありません。 カジュアル仕様で構わない文面ならばはてなマークやビックリマークは使っても大丈夫です。 ついでにハートマークを使っても・・・一応大丈夫だと思いますが、お相手をちゃんと選んで使ってくださいね 笑 年賀状のマナーで忌み言葉ってどんなのがあるの? 色々と使ってはいけない記号があるというのはさておき、言葉自体にもNGワードがいくつかあります。 ただ、全部挙げていくときりがないので、ここでは代表的な一例をあげます。 4 画:欠 切 5 画:去 失 6 画:死 血 朽 7 画:戻 別 冷 折 8 画:苦 往 9 画:重 浅 負 枯 10画:破 帰 逝 流 倒 消 弱 病 衰 11画:悪 敗 崩 寂 閉 潰 12画:無 終 割 痛 散 悲 疎 廃 絶 13画:飽 滅 嫌 褪 詰 15画:摩 潰 16画:壊 薄 19画:離 21画:魔 これ以外にも「あんまりよろしくない意味の漢字だよなぁ・・・」と思うものがあったら控えておくのが賢明です。 有名かもしれませんが うっかり使いやすいのが「去年」です。 これは「旧年」などに言い換えて使うのがいいです。 また、使いたい言葉が忌み言葉だった場合に詰まってしまったら、で 似たような言葉で言い換えられないか調べて見ることをオススメします。 それでも見つからない場合には、 物事をポジティブに捉えたらどういう表現になるかな?と考えてみると意外と言葉が見つかります。

次の

年賀状に句読点を使わない?つけてしまった場合やメールでは?

年賀状 句読点

年賀状に句読点をつけない理由とは? なぜ年賀状に句読点をつけてはいけないのかについて詳しく解説します。 年賀状に句読点をつけてしまった場合の対処法とは? 年賀状に誤って句読点をつけてしまった場合、どのようにすれば良いのかを解説します。 メールで年賀状を送るときに句読点は必要なのか? 年賀状をメールで送るとき句読点はつけるのかどうかを解説します。 年賀状を書くときに注意すべきことは他にもあるの? 年賀状には句読点をつけないこと以外に注意すべきことがあるのかについてご紹介します。 以上の点を中心に解説していきます。 年賀状を書く際の参考になれば幸いです。 ぜひ最後までご覧ください。 年賀状に句読点って失礼なの? 私たちが文章を書く際には必ず使用する「、」「。 」などの句読点ですが、年賀状に使うことはNGとされています。 なぜ年賀状には句読点をつけてはいけないのでしょうか? その理由について詳しく解説していきます。 句読点をつけない理由は? 日本の昔の文章は全て縦書きで書かれていました。 毛筆の文化だったため句読点をつけるという習慣がなかったようです。 そんな縦書き文化の中、句読点とは文章を読めない人に向けて読みやすくするために用いられてきた歴史があります。 そのため、相手に敬意を表し丁寧な気持ちで新年をお祝いする年賀状に「、」や「。 」などの句読点をつけることは、 相手に対して学のない人や教養のない人という意味を含むため、失礼にあたると考えられているのです。 その名残で年賀状のほかにも、証書や賞状のような正式な文章には句読点を使用しないことが一般常識となっています。 私たちは普段文書を書くときの癖で、年賀状にも「、」や「。 」をつけてしまいそうになりますが、句読点をつけないことが年賀状の正式なマナーなのです。 友達同士など親しい間柄での年賀状の場合は、句読点の有無にこだわる必要はないかもしれませんが、目上の方や仕事関係の方に書く年賀状は正式なマナーで書くようにしましょう。 句読点を使わないでスペースを使う 年賀状などの正式な文章に句読点を使用することで、区切りがつくという考え方もあります。 区切りがつく、つまり、別れるや縁切りのような意味合いを含むという考えです。 おめでたいことは続いた方が良いという考えからきているようです。 つまり、縁起を担いでいるというわけです。 そのような理由から、年賀状のような正式な文章には句読点はつけないのですが、どうしても読みにくさを感じてしまう場合もあります。 そのようなときは、 句読点を使わずに改行をしたりスペースをあけるようにしてください。 そうすることで、読みやすく書くことが可能です。 また、印刷された年賀状に一言メッセージを書くような場合も、句読点はつけずにスペースなどで調整しながら書くようにしましょう。 年賀状に句読点をつけてしまった時は? 万が一、年賀状に句読点をつけてしまった場合はどのように対処すればいいのでしょうか? 対処法について解説していきましょう。 修正ペンで修正はNG 年賀状は相手に敬意を表し丁寧な気持ちで、新年のあいさつをする正式な文章(手紙)です。 修正テープや修正ペンなどでの修正は、 相手の方に失礼に当たるためNGとされています。 もし、自分宛の年賀状が修正テープや修正ペンで修正されて届いたら、どんな気分でしょう? 新年早々いい気分ではないはずです。 年賀状を書くときは、相手の方の気持ちになって書くことが大切です。 不快な気分にさせないための心遣いが必要です。 住所や名前などを間違えた場合も同様で、修正ペンでの修正はしないようにしましょう。 新しく書き直して送る 年賀状に間違えて句読点を書いてしまった場合は、 新しく書き直して送るようにしましょう。 たったひとつの句読点だったとしても、修正ペンが塗られているのは気分の良いものではありません。 新年早々、あなたの印象を悪くしてしまう可能性も考えられます。 年賀状は、正式な文章(手紙)だということを忘れずに、丁寧な気持ちで書いて送るようにしましょう。 以下の記事では、書き損じの年賀状について詳しく紹介しています。 こちらもあわせてご覧ください。 年賀状に句読点をつけないということは分かったと思います。 実は年賀状には句読点をつけない以外にも、やってはいけない事柄があるのをご存知ですか? どんなことに注意するべきなのかを解説していきましょう。 鉛筆で書かない 年賀状を鉛筆で書くことはNGとされています。 それは、やはり 相手の方に失礼に当たるという理由からです。 鉛筆書きの年賀状は相手に、「手を抜かれている・軽く思われている」というマイナスな印象を与えてしまう場合があるようですので注意してください。 それ以外にも、正式な文章は鉛筆で書かないという考えもあると思われます。 鉛筆で書いた場合、簡単に消せてしまうからという理由もあるのでしょう。 また、ボールペンで書くことも一般的にはあまり良くないとされています。 ボールペンで書いた文字はとても細いため、新年のお祝いには相応しくないという考えがあるようです。 毛筆など太く力強い文字の方が、相手からの印象もいいといわれています。 筆で書くことが苦手な方は、できるだけ太めのペンなどを使用して書くのが良いでしょう。 内定先や上司の方に二文字の賀詞を書かない 賀詞とはお祝いの言葉で、年賀状に書く、謹賀新年や賀正などがそれにあたります。 また、新年なども賀詞になります。 内定先や会社の上司の方など目上の方に書く場合、二文字の賀詞(賀正・迎春・慶賀・賀春など)は、相応しくありません。 二文字の賀詞には、相手の方への敬意と丁寧な気持ちを表す漢字が入っていないため、 目上の方への使用は避けた方が良いとされているのです。 その点、四文字の賀詞の場合(謹賀新年・恭賀新年・敬頌新禧)、相手に敬意を表す漢字(謹・恭・敬・頌)が入っていますので敬語の挨拶になり、内定先や会社の上司の方など目上の方に書く場合に向いています。 年賀状を書く際には、使用する賀詞にも注意するようにしましょう。 賀詞を二つ以上用いない 賀詞を 二つ以上使用するのもNGとされています。 わかりやすく例をあげますと 新年あけましておめでとうございますの場合です。 これは 新年と あけましてが重複しています。 「新年おめでとうございます」か「あけましておめでとうございます」が正しい書き方になります。 また、賀正・謹賀新年などの短い賀詞と「あけましておめでとうございます」などの文章の賀詞を重複して使うこともNGとなります。 印刷された年賀状などは、最初から謹賀新年などの賀詞が印刷されていることがありますので、そこに手書きで一文を書き加えるときなど、文章の賀詞を重複して書かないように気をつけてください。 意外とやりがちな間違いですので、注意しましょう。 年賀状の句読点についてまとめ• 句読点は読みやすくするために用いたもの。 相手に敬意を表す年賀状での使用は失礼にあたるため年賀状に句読点はつけない。 読みにくさを感じるときは、改行やスペースをあけることで対応する。 年賀状に句読点をつけてしまったら、修正ペンの使用はNGにあたる。 新しく書き直して送るのが望ましい。 メールで新年のあいさつをする場合にも句読点はつけないほうがよいが、あまり厳しくとらえる必要はない。 年賀状を鉛筆で書くことは相手に失礼に当たるため避けるべきである。 目上の方に年賀状を書く場合、2文字の賀詞には相手に敬意を表す漢字が入っていないため使用を控え、4文字の賀詞を使用するのがよい。 短い賀詞と文章の賀詞など、2つ以上の賀詞を用いてはいけない。 年賀状は新年の挨拶としてとても大切なものです。 今回紹介したマナーに注意して年賀状を出してみてはいかがでしょうか。 「終活ねっと」では、年賀状に関する記事を多数記載しています。 以下の記事では、年賀状がいつからいつまで出せるのかについて詳しく紹介しています。 こちらもあわせてご覧ください。 最後までご覧いただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の