刀 書き方。 日本刀を描く時に気にする3つのポイント!参考になるマンガ(ちょっとH)

ライトノベルを書く上での擬音の使い方

刀 書き方

ライトノベルを書く上での擬音の使い方 ユウダイさんの質問 2012年11月25日 書き方の作法で「ドォォオオン!」等の擬音は好ましくないとありましたが、「Aは直ぐ様鞘から刀を引き抜いた。 そもそも音を文字で表すのが難しく、文字として見た時に見栄えが悪いのもあります。 ギャグ・コメディ・幼児or児童向けなら問題無いと思いますが、シリアスな場面では雰囲気を壊すでしょうね。 私自身、擬音は使わないように意識して書きますし。 同時にこの刀特有の木の擦れる様な音が響く」 といった感じで大丈夫かと思います。 「木の擦れる様な音」と比喩表現をつかっているので、あえて擬音を付ける必要はないでしょうね。 『擬音が有るからダメ』ではなく『擬音を使わない文章』を考える事、また『どう使えば擬音を活かせるのか』を考えるのも重要でしょう。 趣味の域から出ないのであれは、まぁ好きにすればいいと思いますよ。 おおむね夜霧様と同じような意見ですが、現実として笑いを抑えきれないようなコミカルな音ってありますよね。 たとえばアイドリング中の単気筒バイクの音は、遠方から聞くと「ペケペケペケ……」と現実に聞こえるもんです。 たとえシリアスなシーンでも、滑稽な音や奇怪な音に関しては、あえて擬音語(それも思いっきりヘンな)を使って異質さを表現するのもありかと思います。 ですが、ガガーっと書くよりシャッシャって感じでスゥーっと書いたほうがシャンとしてていいと思うですよ。 わかります? わかりませんよね。 むしろ、爆発しているなら「ドォォオオン!」って感じの音があることくらいわかると思います。 重要なのは「わかりやすさ」だと思うので、「ドォォオオン!」というのがどういう音だったのか、耳を劈くような音だったのか、地鳴りがするほどの低い轟音だったのか、はたまた遠雷が響くようなものだったのか、というのを書くべきだなと思います。 音というのは文字で表現できないものですから、実際の音を擬音のように直接書いてしまうとチープというか、無理してる感というか、要するに合わない。 だったら、その音を読者がイメージしやすいよう誘導してやる文章を書いたほうが物書きらしいじゃないですか。 しかし、最初に書きましたが、だからといって絶対にダメというわけではありません。 「なんの前触れもなく突然に爆発音がした」なんて場合には擬音で表現したほうがわかりやすいかな、と思います。 なので場合によりけり。 ただし使いすぎは厳禁って感じだと考えています。 同時に『シュリン』と、この刀特有の木の擦れる様な音が響いた」 例文ですと、私なら、すぐさま刀を引き抜き、Aは構えた。 木が擦れるような音が静かにこだまする。 シュリンと、木刀とは違って空を裂くような鋭い音だった。 あえて擬音を使いましたが、こんな感じに書きます。 うーん、「裂く音」ってなんか甲高い感じになっちゃってますね……まあいいや。 私も偶に使います。 今使って見て、ポイントが減少中です。 とててててとてととてとてと てててててとてとてととてと とととととてとててとてとて そんな足音と共に、ヒラヒラと白いモノが裾をたなびかせながら、すっと曲がり角へと消えて行く・・・ 三歳の男の子の足音として表現してみましたが・・・ 余り受けは宜しく無い様で・・・ まぁ、脳裏に浮かぶがままに使って見ました。 何となく楽しくなって使って見たのですが・・・ まぁ、楽しむ為に使っているので、気にしない事にしています。 ・・・気にはなりますが・・・ 気にしては駄目だと、思い込んでいます。 安易に使われると安っぽく。 もう少し違う表現方法が有るかと、他の方に思われたりするのではないでしょうか? 連想する音と、実際に聞いた音との違い。 爆ぜる・割れる・砕ける。 どれも破砕音ですが、違った音に聞こえるかと・・・ どんな音を連想するかでも、違いが見られます。 擬音は、その連想する音とのミスマッチを生み易くなり、相手を物語りから引き離し易くしてしまう。 折角、掴み掛けていたモノから、安易に乖離しやすくしてしまうのでは? 一寸酔いが回って来たので・・・ 参考になるかは判りませんが・・・私はこの様に考えて見たので、参考までにどうぞ。 擬音は、チープとか安っぽいとか幼稚とか、ネガティブな印象がありますけど、なにより「書き手として」あまりに安易なんですよね。 同時に『シュリン』と、この刀特有の木の擦れる様な音が響いた」 は、わざわざ擬音を挟む必要性を感じません。 「木の擦れる様な」と、擬音に頼ることなく、字によってしっかり表現できているからです。 しかし、擬音を一切使わないというのも、面白みがありません。 僕は好んで「すらりと刀を抜く」「どうと倒れる」「ごうと炎が燃え上がる」「しんと静まり返る」というように、擬音語や、やや擬態語に近い擬音語を多用します。 やや古風な表現かもしれません。 その方が臨場感を出せる、迫力のある演出ができる、と判断しているからです。 一度「なぜ」擬音を使うことが好ましくないのか、とことん考えてみてください。 そうすれば、いずれ「擬音を使うのは好ましくない」という考え方から離れて、「擬音を使ってもいいんだ!」という境地に至ることができますよ。 僕が思うに 擬音語はその場の雰囲気を一変させる力を持っていると思います。 それは悪いことではないです。 使い方次第によっては、とても魅力的で良い効果が出るものもあるんじゃないかと思います。 効果を考えて使いましょう。 「ドォォオオン!」を書けば、読者の脳裏には漫画の絵で「ドォォオオン!」の書き文字が浮かぶでしょう。 あなたの作品が、読者の脳裏にそういう映像を思い浮かべることが望ましいものなら、それでよいです。 「シュリン」もそうです。 もし、漫画の絵ではなくドラマ仕立ての画像を思い浮かべてほしいなら、シュリンと書かずに、「木の擦れる様な音が響いた」と書けば、読者はそのようなドラマの中のようなリアルな音を想像してくれます。 もっとも、刀を抜いただけで音が響くというのは大げさすぎて、どういう刀なのか想像できるか疑問です。 小説を書くときに自分が想像した音と同じ音を読者に聞かせようとがんばるのもよいですが、似たような音なら読者の好みの音を想像させるくらいの幅をもった描写の方が、結果的に読者に負担をかけずに楽しんでもらえます。 『擬音を活かすポイント』、『擬音ではなく表現で描くポイント』で別けるということでしょうか? 使ってはいけないことは無いが、使う場面や、タイミング等で使い分けるということですか。 使っては駄目というわけではなく、場面や描き方によって使い分けるというのが最適なようですね。 本当にありがとうございました。 『比喩が使える音』は擬音を使わず、比喩表現で十分だと思います。 逆に擬音を使う時は『比喩出来ないような音』や『完全に不意を突いた突然の音』は擬音で構わないと思います。 また大きな音は比喩、小さな音は擬音でも良いかもしれませんね。 大きな音を擬音化するとどうしてもチープになりますよね。 交通事故の場面で衝突音を「ドォォオオン!」と擬音化するより、「まるで落雷の様な轟音が~云々」と比喩化して書いた方が洗練されたイメージを持つでしょう。 反面、小さな音は短い文で済むので違和感は少ないです。 「彼は懐からスッと名刺を出した」とか、比喩を使うまでもない音は擬音化しても良いと思います。 あとは場面ですかね。 日常的で穏やかな場面では擬音を使うけど、緊迫したシリアスな場面では比喩を使うとか。 そのシーンの雰囲気で使い分けるのも良いかもしれません。 まぁ擬音と比喩の使い分けなんて明確なセオリーやルールは無いので、各々の作風で使い分ければ良いと思いますけどね。 文章能力を向上させるには『読んで覚え、書いて慣れる』が基礎にして極みだと思いますよ。 そもそも此処の掲示板の質問や悩みなんて、商業作品をしっかり読んでれば自己解決できるモノばかりですしね。 では、蛇足失礼しました。 擬音についてですが、僕はアリだと思います。 特に動きなどの動作を表すというときには、擬音が読者にとってわかりやすいケースがあるからです。 というのも、ラノベの読者(2012年時点の10代)は絵本とか児童文学よりも、ゲームやアニメといった動く絵に慣れていることが多いため、擬音で動作を表したりするのが有効なことがあります。 (その反面、感触や色彩や語呂というのには、ちょっと鈍いかなと思います。 ) それと、これは蛇足ですが、今までのラノベの擬音の使い方は、一行だけや、行が空いていたりして、余白が多いせいかチープに見える節があります。

次の

20 Japanese

刀 書き方

【戦闘シーンの書き方を教えて下さい。 】 趣味で小説を書いています。 そこで戦闘シーンを書く機会があるんですが、 どうしたら躍動感のあるシーンが書けるかわかりません。 躍動感のある戦闘シーンの書き方を教えて下さい。 自分で書くと味気ない文か説明的にな文になってしまいます。 例えば、「A 主人公 がB ラスボス的存在 に刀で斬りつける。 」という場面だったら、単純に言うと「AはBに刀を構え斬りかかった。 」で一応場面の説明は書き終わってしまうし、「AはBに刀を向けた。 視線の先にいるBに思わず柄を握る手に力が入る。 遂に宿敵を倒す時が来た。 因縁の結末に心が高揚するのを感じた。 今まで不気味に吹いていた風が止んだ。 その瞬間、AはB目掛けて地面を蹴った。 視線はBから離さない。 確実にBが間合いに入ったのを確認するとAは渾身の力を込め大きく刀を振り下ろした。 」っとするとやたら長くて説明チックでテンポが悪い気がします。 どうなのでしょうか? 書き方について例示して頂けると助かります。 書いているのはライトノベル~コミック原作のようなものです。 カテゴリー的にはファンタジー ? で、バトルやアクションをメインにした話ではありません。 戦闘シーンがあるのは、身体能力が非常に高い生身の女子高生 主人公 VS物理攻撃を主とする鬼 一寸法師に出てくるのみたいなやつ で、女子高生の武器が鎌 大きめ です。 補足皆さん回答ありがとうございました。 システムの都合上ベストアンサーは一人しか選べませんが、どの方の回答も本当に参考になりました。 動作ブロックと感情ブロックの組み立てが悪い。 「遂に宿敵を倒す時が来た。 因縁の結末に心が高揚するのを感じた。 AはBに刀を向けた。 視線の先にいるBに思わず柄を握る手に力が入る。 今まで不気味に吹いていた風が止んだ。 その瞬間、AはB目掛けて地面を蹴った。 確実にBが間合いに入ったのを確認するとAは渾身の力を込め大きく刀を振り下ろした。 」 不必要な文が多い。 「遂に宿敵を倒す時が来た。 因縁の結末にAの心は高揚する。 Bに刀を向けた。 思わず柄を握る手に力が入る。 今まで不気味に吹いていた風が止んだ。 その瞬間、B目掛けて地面を蹴った。 確実にBが間合いに入ったのを確認すると渾身の力を込め大きく刀を振り下ろす。 」 連動性の欠如。 「遂に宿敵を倒す時が来た。 因縁の結末にAの心は高揚する。 Bに刀を向けた。 思わず柄を握る手に力が入る。 今まで不気味に吹いていた風が止んだその瞬間、B目掛けて地面を蹴り、間合いを詰めると渾身の力を込め大きく刀を振り下ろす。 」 これでどう? 個人的には語彙を増やす必要はないと思う。 っていうか語彙を増やしたところで、上手く扱えないなら意味ないし。 今、発生してる問題は語彙力に起因する事じゃないでしょ。 まぁ、語彙が多いのに越した事はないけどさ。 三人称だけど視点者はちゃんと一人に出来てるから、そこはいいんじゃないかな。 躍動感をどうやって出すのかっていうと、間合いなんです。 どんなにカッコよく書いても間合いが駄目なら全部駄目。 たらたら繋げてるだけじゃねぇかって思われるだけです。 間合いの取り方自体は非常に奥の深い世界だからこれは質問者様ご自身に極めて頂くとして、私はすぐに使えそうなコツだけ書いておきます。 ・動くシーンは出来るだけ動きを短くする事、範囲を狭くする事を意識して書かないといけません。 でないと読者の描画が追いつきませんからね。 「剣がぶつかり合う」なら想像は容易ですが「俺は敵に切りかかる」なんて非常に困難な物があるのです。 ・体感覚を入れないと臨場感が出ません。 一番手っ取り早いのは風、その次が傷の痛み。 嗅覚とか聴覚もいけるならどうぞ。 ・漫画の戦闘シーンの書き方が参考になります。 体現するといい。 違和感や矛盾が出来た時は、実際やってみるに限る。 語彙や言い回し、比喩や揶揄をもっと使うと簡潔に書けるかも知れないけど 無理や無駄をなくす方が、言葉数を減らしたり・間隔を短縮するよりスピード感が出てくる。 文字制限があるから、例示し辛いんだけど 突き出す刃先にBが居る。 ただ、それだけだと言うのに身体が高揚するのが解る。 因縁とか宿敵とかどうでもいいのだろう……今のAにBが越えられるか、その結果がすぐに解るのだ。 無理は無い。 静かに研ぎ澄まされた集中に全てを委ね、Aは蹴り足に力を込めてBへと飛び込んだ。 枯れ枝を振るう様に鉄の棒が振り落とされる。 残像が作る黒金の壁に怯まず歩を進め、地を撃つ轟音と同時に鎌の刃を凪ぐ。 防げるタイミングでは無いのだが、刃は立てられた鉄の棒に拒まれ、無防備なBの脇腹を掻く事すら適わなかった。 「や、やばっ!」 こんな感じ?かなり手を抜いたけど、言い方一つでボリュームも変えられるしテンポも整えられると思うんだよね どうだろうか.

次の

【戦闘シーンの書き方を教えて下さい。】趣味で小説を書いていま...

刀 書き方

刀【かたな】• 数詞は「振 フ り」。 幅広:だんびら 段平• 武士が訪問宅に上がるときは、腰に差している太刀 タチ を鞘 サヤ ごと抜いて利き手 一般に右手 に持つことが礼儀だった。 また、座るときも利き手側 右側 に置く。 しかし、吉原遊郭では大門 オオモン で刀を預けてから入る。 偽装刀:参照しこみづえ 仕込み杖 熟語 四字熟語 「刀」の漢字を語中にもつ四字熟語6種を表にまとめる。 「刀」が入る四字熟語 いっとうさんらい 一刀両断 いっとうりょうだん 快刀乱麻 かいとうらんま 牛刀割鶏 ぎゅうとうかっけい 単刀直入 たんとうちょくにゅう 刀光剣影 とうこうけんえい 刀【かたな】 数詞は「振 フ り」。 幅広:だんびら 段平 武士が訪問宅に上がるときは、腰に差している太刀 タチ を鞘 サヤ ごと抜いて利き手 一般に右手 に持つことが礼儀だった。 また、座るときも利き手側 右側 に置く。 刀自【とじ】 一家の主婦。 「とうじ 刀自 」とも呼ぶ。 他人に仕えて家政をつかさどる婦人。 刀自【とじ】 [1]とうじ 杜氏、刀自。 刀自【とうじ】 [1]とじ 刀自。 刺刀【さすが】 腰に帯びる短刀や、懐中に入れる護身用の短刀。 小柄 コヅカ の別称。 こづか 小柄 細工用の小刀 コガタナ。 検字番号 検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。 「刀」の検字番号一覧 書籍 出版社 検字番号 角川大字源 角川書店 660 新大字典 講談社 1115 新潮日本語漢字辞典 新潮社 827 大漢和辞典 大修館書店 1845 大漢語林 大修館書店 823 辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検字番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。 国語施策.

次の