学資保険 給付率。 JAの学資保険(こども共済)のデメリットはコレだった!

貯蓄型の学資保険を比較。返戻率・給付パターンで徹底比較!

学資保険 給付率

「郵便局の保険」と言う安心感 郵便局は、簡易生命保険という名称で保険商品を多く発売していました。 簡易生命保険は、郵便局が民営化した際に「かんぽ生命」が取り扱うようになりました。 民営化したとは言っても郵便局である頃と変わりはなく、多くの保険を発売しています。 かんぽ生命が取り扱う保険の中でも 特に人気なのが「学資保険」です。 やはり、郵便局が販売しているという安心感から人気があったようです。 そんなかんぽ生命の学資保険ですが、2014年4月にリニューアルされました。 返戻率がアップしたり、受け取り方の仕組みが増えたりと、大きなリニューアルです。 では、そんなかんぽ生命の学資保険は入っておくべきものなのか。 返戻率はどのようになっているのか、等について説明します。 かんぽ生命の「はじめのかんぽ」の基本情報 かんぽ生命の学資保険は「はじめのかんぽ」という名称です。 加入可能な子供の年齢は次のようになっています。 出産する前(妊娠中)から加入することが可能です。 出産前:出産140日前から• 出産後:0歳〜最高12歳まで また、保険料の支払い方法はそれぞれ次の2通りあります。 12歳払い込み完了• 18歳払い込み完了 学資金の受け取り方は3通り 支払った保険料の受け取り方は、次の3通りに分かれています。 大学入学時の学資資金準備コース• 小・中・高+大学入学時の学資金準備コース• 大学入学時+在学時の学資日金準備コース 以下で、それぞれのコースの仕組みや返戻率を紹介します。 大学入学時の学資資金準備コース 加入可能年齢:出産140日前〜12歳まで 大学入学時の学資資金準備コースは、 18歳満期時点で満期金を一括で受け取るコースです。 そのため、大学の入学資金に充てることができるというわけです。 このコースでは、満期金を途中で祝い金として受け取らないため、返戻率が良くなっています。 特に、12歳までに払い終えるようにすれば、保険料を預けておく期間が長くなるため返戻率が更にアップします。 保険期間中の学資金のイメージ 18歳まで保険料を支払うように加入した場合、学資金の貯まり方はこのようなイメージになります。 このコースの返戻率例 保険料払込み年齢 12歳払込み完了 18歳払込み完了 返戻率 103. 各学校の入学準備にお金を使いやすいコースです。 ただし、その分加入できるのは3歳までと短くなっています。 このコースでは、途中で学資金を取り崩して受取るため、返戻率が悪くなってしまいます。 取り崩すたびに、積み立てている保険料が減ってしまい、かんぽ生命が運用できるお金が減ってしまうためです。 そのため、返戻率を重視したい学資保険においてはおすすめできないコースだといえます。 保険期間中の学資金のイメージ 18歳まで保険料を支払うように加入した場合、学資金の貯まり方はこのようなイメージになります。 このコースの返戻率例 保険料払込み年齢 12歳払込み完了 18歳払込み完了 返戻率 101. 受け取る満期金の金額は、毎年定額となっています。 このような仕組みのため、満期金を大学の入学金に充てることはできませんが、その代わりに毎年の在学中の授業料に充てることができます。 このコースは、18歳時点から更に+3年間保険料を預けておく期間が増えます。 そのため、 全コースにおいて最も返戻率が良くなっています。 特に、12歳までに払い込んだ場合には、保険料を全額預けておく期間が伸びるため、返戻率が更に良くなります。 保険期間中の学資金のイメージ 18歳まで保険料を支払うように加入した場合、学資金の貯まり方はこのようなイメージになります。 はじめのかんぽに付けられる特約の内容は? この学資保険には、特約で入院時の保障を付けることができます。 「その日から」という名前の入院保障特約です。 この特約の保障内容は次のとおりとなっています。 入院給付金• 手術給付金• 長期入院一時金 入院給付金 入院1日あたり満期金の1. 満期金を200万円にした場合には、3,000円です。 手術給付金 手術内容により入院給付金の5〜40倍の金額が支払われます。 満期金を300万円にした場合には、15,000円〜120,000円です。 長期入院一時金 入院期間が120日になった時、入院給付金の20倍の金額が支払われます。 満期金を300万円にした場合には、60,000円です。 この特約は付けるべきではない? この特約は、入院時の保障が得られてお得なように思えますが、付けるべきではありません。 理由は2つあります。 理由1:保障額の変動 1つ目の理由は、保障内容が設定する満期金の金額により変動するという点です。 満期金を増やすと保障内容が必要以上に大きくなってしまいます。 そのため、必要のない程の保障を付けてしまうことになります。。 理由2:返戻率の低下 2つ目の理由は、 返戻率が下がってしまうという点です。 せっかく返戻率を意識したとしても、特約料が追加されるためその分返戻率が下がってしまいます。 特約料は満期金の額が増えれば高くなるため、満期金を増やすとより返戻率が下がってしまいます。 以上のような理由から、特約を付けるべきではありません。 子供の入院時の保障を付けたい場合には、別で医療保険等に入るべきです。 入っておくべきかどうなのか ここまでの点を踏まえて、かんぽ生命の学資保険に入っておくかどうかですが、 返戻率を重視する学資保険においては他社の方が良い という結論になります。 返戻率は決して悪くありませんが… この学資保険の返戻率は決して悪くはありません。 リニューアル前のかんぽ生命の学資保険は、返戻率が元本割れをしていたため、それに比べれば十分頑張っています。 しかし、それでも他の保険会社の方が返戻率は上です。 唯一選ぶとすれば、「大学入学時+在学時の学資金準備コース」の12歳払込み完了の場合です。 このコースであれば、 返戻率111. 学資保険は返戻率が最も大切! 学資保険は、概ね18年間保険料を払い続けるものです。 払込む期間としては結構長い期間になります。 長い期間支払うのであれば、学資保険の最大の目的であるお金が増えるということが何より大切になります。 長い期間払っても増えるのがわずかな金額だったらちょっと悲しいですよね。 そうした理由から、学資保険では返戻率を何より大切に考えたいです。 ただ、返戻率は、• 子供の年齢• 加入者の年齢• 保険料払込期間• 満期金の受け取り方 と言った様々な要素で変わってきます。 そのため、選ぶ際にはしっかりと家庭状況などを踏まえて選ぶ必要があります。 ぜひ、じっくりと検討して、ご自分の家庭に最適なものを選んでみてくださいね。 私が実際に保険の契約をした無料保険相談会社。 相談時には、保険のメリットだけでなくデメリットもしっかり説明してくれた。 「他のFPさんの話も聞いてみて、もし私で良ければいつでもご連絡下さい!」 と言ってくれて、保険の勧誘はせず、常に相談者を気遣った提案をしてくれた。 そうした点等、相談を通してとても信頼でき、Lifull保険相談に契約をお願いした。 その結果、現在は自分に合った医療保険に加入できてとても満足している。 その後も複数の保険見直しをお願いしたが、その都度最適な保険を提案してもらえてとても助かっている。 また、加入後にも住所変更や等にすぐ対応してくれて、お願いして正解だった。 取扱い保険数 店舗により異なる.

次の

学資保険とは? 保険金給付と返戻率の仕組み

学資保険 給付率

まず課税されるかどうかの分かれ道として、学資保険の運用で増えた金額が50万円以上になると、課税対象になるため注意が必要です。 学資保険で受け取れる満期金やお祝い金は、所得の一種である「一時所得」になります。 まず一時所得は、上記のような計算方法です。 となりますので、一時所得は0円です。 つまり、 学資保険によって得た利益が50万円を超えると、課税対象になってしまいます。 400万円以上の学資保険に加入する場合には、返戻率などから計算したうえで、利益が50万円以上にならないかどうか確認が必要です。 注意点2:学資年金で受け取ると課税対象になる 学資保険の給付金の受け取り方の種類には「学資年金」という受け取り方があります。 学資保険での通常の給付金は一括で受け取るのが一般的ですが、その給付金を毎年分割で受け取るタイプの保険があります。 これを「学資年金」といいます。 前述したとおり、学資保険で受け取った給付金は、通常は「一時所得」です。 しかし学資年金で受け取った給付金は「雑所得」という扱いになります。 一時所得は、前述のとおり「働いて稼いだ所得や資産の譲渡などで得るような性質を持たない一時的な所得」でしたが、雑所得は「公的年金や非営業用貸金の利子、原稿料や印税などが該当」し、上記の 一時所得より少し「利益」の要素が強くなっています。 同じ学資保険の給付金で、 受け取り方が分割になっただけなのですが、かかる税金の種類が変わってきてしまうので注意が必要です。 学資金総額300万円で、60万円を5分割の学資年金で受け取った場合 (返戻率115. となり、8. 2万円分が他の所得と合わせて課税対象になります。 上で紹介した例2と同じ条件にもかかわらず、分割で受け取ることで税金が発生してしまうのです。 通常の一括受取のときにかかる「一時所得」の課税に比べて、「雑所得」になるとより低い金額でも課税対象になることが、おわかりいただけると思います。 給付金を受け取る際に、 学資年金として分割して受け取る場合には、課税対象になる可能性が高いことを念頭に置いておく必要があります。 しかし、受取人がお子さまになった場合には、お子さまは保険料を負担していないので、親からお金をもらったのと同じ扱いになり、「贈与税」がかかります。 税率と控除額は、基礎控除後の課税金額によって異なります。 その一覧は下記表のとおりです。 国税庁「No. 4408 贈与税の計算と税率(暦年課税)」をもとに作成 2. お子さまを受取人として300万円の給付金を受け取った場合 この場合には、以下の計算式になります。 このように、所得税に比べても、支払う税金の金額はとても大きくなってしまいます。 この差は 「誰が受け取るか」の違いだけです。 当然、税金の分だけ元本割れしやすくもなりますので、注意が必要です。 まとめ.

次の

学資保険の返戻率の罠!本当の貯蓄性は数字だけでは計れない

学資保険 給付率

まず課税されるかどうかの分かれ道として、学資保険の運用で増えた金額が50万円以上になると、課税対象になるため注意が必要です。 学資保険で受け取れる満期金やお祝い金は、所得の一種である「一時所得」になります。 まず一時所得は、上記のような計算方法です。 となりますので、一時所得は0円です。 つまり、 学資保険によって得た利益が50万円を超えると、課税対象になってしまいます。 400万円以上の学資保険に加入する場合には、返戻率などから計算したうえで、利益が50万円以上にならないかどうか確認が必要です。 注意点2:学資年金で受け取ると課税対象になる 学資保険の給付金の受け取り方の種類には「学資年金」という受け取り方があります。 学資保険での通常の給付金は一括で受け取るのが一般的ですが、その給付金を毎年分割で受け取るタイプの保険があります。 これを「学資年金」といいます。 前述したとおり、学資保険で受け取った給付金は、通常は「一時所得」です。 しかし学資年金で受け取った給付金は「雑所得」という扱いになります。 一時所得は、前述のとおり「働いて稼いだ所得や資産の譲渡などで得るような性質を持たない一時的な所得」でしたが、雑所得は「公的年金や非営業用貸金の利子、原稿料や印税などが該当」し、上記の 一時所得より少し「利益」の要素が強くなっています。 同じ学資保険の給付金で、 受け取り方が分割になっただけなのですが、かかる税金の種類が変わってきてしまうので注意が必要です。 学資金総額300万円で、60万円を5分割の学資年金で受け取った場合 (返戻率115. となり、8. 2万円分が他の所得と合わせて課税対象になります。 上で紹介した例2と同じ条件にもかかわらず、分割で受け取ることで税金が発生してしまうのです。 通常の一括受取のときにかかる「一時所得」の課税に比べて、「雑所得」になるとより低い金額でも課税対象になることが、おわかりいただけると思います。 給付金を受け取る際に、 学資年金として分割して受け取る場合には、課税対象になる可能性が高いことを念頭に置いておく必要があります。 しかし、受取人がお子さまになった場合には、お子さまは保険料を負担していないので、親からお金をもらったのと同じ扱いになり、「贈与税」がかかります。 税率と控除額は、基礎控除後の課税金額によって異なります。 その一覧は下記表のとおりです。 国税庁「No. 4408 贈与税の計算と税率(暦年課税)」をもとに作成 2. お子さまを受取人として300万円の給付金を受け取った場合 この場合には、以下の計算式になります。 このように、所得税に比べても、支払う税金の金額はとても大きくなってしまいます。 この差は 「誰が受け取るか」の違いだけです。 当然、税金の分だけ元本割れしやすくもなりますので、注意が必要です。 まとめ.

次の