松本 潤 仲間 由紀恵。 松本潤の熱愛彼女?ごくせんから仲間由紀恵と発展?彼は結婚も考えていた!

松本潤の熱愛彼女?ごくせんから仲間由紀恵と発展?彼は結婚も考えていた!

松本 潤 仲間 由紀恵

仲間由紀恵(なかま・ゆきえ)• 職業:女優• 交際期間:2002年頃 1人目は女優の仲間由紀恵さんです。 お2人の熱愛報道が出たのは、2013年頃ですが実際に交際が噂されるようになったのは2002年頃のこと。 きっかけは2002年4月に放送されたドラマ『ごくせん』での共演です。 撮影現場でも2人の親密度合から、スタッフの間で「もしや?」と噂になるほどだったとか。 また、ファンの間でも松本潤さんと仲間由紀恵さんが一緒にいるところを目撃したなどの情報がネットで多々上がっていたとか。 そして、暫くたった2013年頃に、一部の週刊誌で 「仲間由紀恵は妊娠していてその相手は松本潤」とかなり衝撃的な内容を報道すると話題になったようですが、この報道は噂で実際には報道されていません。 事実関係や決定的な証拠がないことから、共演がきっかけで熱愛報道が出てしまったという線が濃厚そうですね! その後、仲間由紀恵さんは2014年9月18日に俳優の田中哲司さんとご結婚され、2018年7月に男の子を出産されています。 ラブラブモードで腕をからませて座り、恋人同士の雰囲気だった。 松本潤さんと榮倉奈々さんは2007年1月20日公開の映画『僕は妹に恋をする』で共演してしています。 榮倉奈々さんと鈴木えみさんはファッション雑誌『セブンティーン』のモデルで親友の仲なんだとか。 なので、榮倉奈々さんを通して2人が知り合ったという形が一番高そうですね! その後、松本潤さんと鈴木えみさんのデート報道や普段から一緒にいる様子も見られないので2人の熱愛報道は解消されたとされています。 柴咲コウ(しばさき・こう)• 職業:女優・歌手• 交際期間:2010年頃 5人目は女優・歌手の柴咲コウさんです。 お2人の出会いは、2010年に放送された『わが家の歴史』での共演と言われています。 アプローチをかけたのは松本潤さんの方で、ドラマの放送が終わった後も、食事に誘ったり、連絡を取り合ったりしていたようです。 また、2010年5月13日発売の『女性セブン』にスクープされ、この時お2人は都内のVIPルームで友人を交えて食事をし、解散後に別々のタクシーで松本潤さんのマンションで落ち合ったところを撮られていますね。 ただ、このスクープがきっかけで互いの事務所から猛反対をくらい別れてしまったようです。 松本潤さんの方は、かなり本気で柴咲コウさんに惚れていたようで抵抗したようですが、事務所の移行には従わなければならないので仕方ないですね。 仲里依紗(なか・りいさ)• 職業:女優• 交際期間:2012年頃 6人目は女優の仲里依紗さんです。 お2人の出会いは2012年1月に放送されたドラマ『ラッキーセブン』での共演と言われています。 また、2012年1月発売の『FRIDAY』にて東京の人気ベイエリア・豊洲 江東区 にあるおしゃれなカフェでお2人が密会してるところをスクープされています。 が、実はこの密会してると思われた写真はドラマ『ラッキーセブン』の撮影シーンだったようです。 確かによく考えれば、芸能人が 見つかりやすい人気エリアでデートしてるわけないですよねw そして仲里依紗さんは2013年の3月に俳優の中尾明慶さんと結婚&妊娠していること発表しています。 葵つかさ(あおい・つかさ)• 職業:グラビアアイドル・セクシー女優• 交際期間:2012年頃から? お2人が実際に付き合っていたのは2012年~2017年と言われているので井上真央さんと二股だったと報じられています。 2016年12月末発売の『週刊文春』にて、お2人の密会がスクープされました。 文春の報道内容によると、お2人が出会ったのは2012年2月で、歌舞伎役者の中村勘三郎さんのお通夜だったとのことです。 その場ですぐに松本潤さんの方から連絡先を聞きだし交際に発展したとか。 そしてほぼ半同棲状態だったようですが、現在は別れているようです。 別れる理由となった原因は、かなりキツイ内容と話題になっていますねー リークしたのは葵つかささんの友人でその内容はこちらになります。

次の

仲間由紀恵、松本潤、小栗旬の瑞々しさ!18年前の「ごくせん」に歓喜の声

松本 潤 仲間 由紀恵

嵐の解散が、もう一年後と迫る中、昔のドラマに出ていた若かりし頃の潤くんが話題になっています。 熱愛疑惑もありました、仲間由紀恵との出会いはこれだった。 松本潤と仲間由紀恵はここで共演した。 懐かしいドラマ ! 2019年4月、日刊大衆という週刊誌が、今までに松本潤が登場したドラマや映画で「一番かっこよかった作品」のアンケートを取っていました。 その中で、第三位にはドラマ『ごくせん』(7%票)が、ランクインしました。 ドラマ『ごくせん』とは、 漫画「ごくせん」をテレビドラマ化したもの。 仲間由紀恵が、山口久美子が極道という自分の立場を隠しながら、熱血女性教師を演じる。 荒廃した学園内で不良生徒たちと奮闘する様を描いたドラマであります。 2002年から2008年までの7年間で3部作シリーズ化され、それぞれ高視聴率の大人気ドラマとして記録されております。 映画化もされてます。 今見ても面白いですよ。 仲間由紀恵の美しさとかわいさと迫力の演技が魅力的です。 ドラマジャンルとしては、学園ものですね。 ぜひ、見て欲しい。 そんなドラマに、当時18歳だった「若かりし」頃の松本潤が登場しています。 長髪姿のヤンキーイケメンといった感じでしょうか。 かっこよくてかわいいね~。 初初しいとか、とんがってる感じがいいとか、制服姿がかっこいいとか、ヤンチャっぽさがいいとかが、ランクインされた理由のようです。 『ごくせん』シリーズは、最前線で活躍している人気を博した俳優たちの登竜門的ドラマとなっています。 出演者には第1シリーズ(2002年)では、 沢田 慎役の「松本潤」の他に、内山 春彦役の「小栗旬」、大野役「田中圭」、大石雄輔役の「上地雄輔」、毛利研一役の「松山ケンイチ」、結城正人役の「ウエンツ瑛士」。 第2シリーズ(2005年)では、 小田切 竜役の「亀梨和也」、船木健吾役の「高良健吾」、三沢ヒロ役「水嶋ヒロ」、武藤 一輝役の「落合モトキ」。 第3シリーズ(2008年) 風間廉役の「三浦春馬」、望月 純平役の「賀来賢人」、五十嵐 真役の「森崎ウィン」。 そうそうたるメンバーでありますよね。 生徒の数はシリーズ合計で106人もいるようです。 主役を演じた仲間由紀恵。 潤くんや、他の男たちに囲まれてさぞや楽しかったでしょうね。 ちなみに、ランクインの2位~は? 第2位はドラマ『99. 9-刑事専門弁護士』の11%票。 そして、第1位は! ドラマ『花より男子』であり、55%票だった。 松本潤と仲間由紀恵との共演を回想 2019年7月10日に放送の、バラエティ番組『今夜くらべてみました』 の中で、仲間由紀恵が登場。 ドラマ「ごくせん」の映像が流れ、共に振り返っていました。 その映像の中での、懐かしい場面の数々に「やめて~!」って、仲間由紀恵は大変照れていました。 また、 俳優の松山ケイイチは、2016年1月のバラエティ番組「VS嵐」の中で、ゲストとして登場。 番組内で、「ごくせん」の現場はピリついた雰囲気だったと語っていました。 あわせて読みたい : : : :.

次の

仲間由紀恵と松本潤の貴重な共演集<ごくせん>(『VS嵐』『「ごくせん」7年間の歴史すべて見せますスペシャル!』など)

松本 潤 仲間 由紀恵

新型コロナウイルスの影響で4月クールに放送予定だった新作連続ドラマが軒並み放送延期を余儀なくされたことで、期せずして巻き起こった再放送ラッシュ。 この2002年版のシーズン1だけでも松本潤をはじめ、小栗旬や松山ケンイチなど、生徒役から後の大スターを次々と発掘。 さらには学園ドラマが若手俳優たちの登竜門としての役割を果たすという、近年もつづく流れを本格的に確立した作品でもあるため、年を経るごとにその価値を高めている作品だ。 6月10日に放送された第2話では、夜の街で偶然不良グループに襲われている教え子の南(石垣佑磨)を助けた久美子が、ふたたびその不良グループに連れて行かれた南を助けるために生徒たちに向けて熱弁を振るう場面が印象的だ。 強力な相手に怯んで動こうとしない生徒たちに声を荒げながら、「人ってのは一人じゃ何にもできねえんだよ。 そして授業が始まるというのに学校を抜け出す久美子は「生徒守れないなら教師やってる意味ないから」と捨て台詞を残して、南を探しに行くのである。 ひとつのエピソードだけで数えきれないほど多くのストレートすぎるメッセージを投げかける点、そしてクライマックスには久美子が敵となる相手のもとに乗り込んでいき、生徒を奪還するという点。 それこそが、このドラマがシリーズ化や映画化もされるほどに人気を集めた最大の要因なのではないだろうか。 前述した豪華な生徒役をはじめ、かなり語りどころの尽きないドラマではあるが、ここはあえて主演の仲間由紀恵にフォーカスを当ててみたい。 90年代には大人しめな見た目を活かして、控えめな役どころを演じることが多かった仲間は、本作の直前に『TRICK』(テレビ朝日系)で突然コメディへの類稀なる適性を開花させる。 それに加え、毎週繰り広げる大立ち回りによってアクション性も磨いていく。 近年ではすっかり10代の頃とは異なるタイプの落ち着きを得て、ミステリアスな役柄が多くなったわけだが、こうして溌剌とした演技を見ると、久しぶりに仲間のコメディ演技を見たくなってしまうものだ。

次の