アンサングシンデレラ キャスト。 【アンサングシンデレラ】ドラマキャスト一覧やあらすじ!1話ネタバレ

【アンサング・シンデレラ】キャスト一覧と相関図あらすじ原作は?

アンサングシンデレラ キャスト

現在は3巻まで発売されていますが、完結していないので、ドラマの結末もどうなるのかとても楽しみですよね。 もしかしてドラマの続編ができたりするのかもしれません。 原作者の荒井ママレさんって初めて聞いた漫画家さんだなと思って調べてみたら、2009年にデビューした漫画家さんでした。 第63回新人コミック大賞に「死神のわけまえ」が入賞したんだそうです。 アンサングシンデレラもどんな作品なのか知らなくて少し読んでみたのですが、とても面白そうだったのでドラマもとても楽しみです。 アンサング(unsung)とは「ほめたたえられない」という意味で、縁の下の力持ちとして働く主人公を表したタイトルがアンサングシンデレラということのようです。 葵みどりは入社2年目の薬剤師なのですがドラマでは8年目と設定が異なっているようですね。 葵みどりは優れた味覚と臭覚を持っていて、よく患者を観察しています。 処方内容に不審点があれば処方した医師にはっきりと確認するのですが、医師からはウザがられてしまいます。 なんだか石原さとみさんが医師に怒鳴られている姿が目に浮かぶようです。 でも間違った処方で困るのは患者なんですよね。 実際に処方内容を確認して処方箋が変更になることも多くあるようで70%近くは処方が変更されるそうなんです。 薬剤師の仕事は本当に大切な仕事なんだと、改めて感じました。 子供が薬を飲んでくれない時にはアイスに混ぜて食べさせてあげると葵みどりが説明しているところがあって、なるほどなと思ったんですよね。 子供には錠剤はのどに詰めてしまってはいけないので粉薬を出すそうなのですが、小さい子供は特に粉薬は苦くて飲めません。 そこでアイスに混ぜるという方法をとるんだとか。 実際に調べてみたら乳幼児に薬を飲ませるコツとして、ゼリーに混ぜたり、ヨーグルトやジャムに混ぜたりする方法が紹介されていました。 ただ薬によっては混ぜると性質が変わるものもあるということなので薬剤師に相談した方が良さそうです。 原作では葵みどりは2年目の新人なのですが、ドラマでは8年目の中堅です。 年齢設定やキャリアが違うということで、原作とは少し違った言動などになるかと思いますが、患者に寄り添うという葵みどりの本質的な部分は変わらないと思います。 西野七瀬さんは「あなたの番です」でとても話題となりましたよね。 くるみのハッキリとした性格を上手く演じてくれるのではと思っています。 清原翔さんは「なつぞら」出演以来本当に色々なドラマや映画に出演されていますよね。 「恋はつづくよどこまでも」ではめちゃめちゃ嫌なヤツでしたよ!もぜひ読んでみてくださいね! 小野塚は謎めいたミステリアスな男性ということですが、清原翔さんが演じる役はどんな役でも見てみたくなるんですよね。 刈谷奈緒子(桜井ユキ) 桜井ユキ・変幻自在で大躍進! 演技派女優が毎日やる3つのコト FRIDAYデジタル — FRIDAYデジタル FridayDigi 刈谷奈緒子を演じるのは桜井ユキさんです。 刈谷奈緒子は周囲に厳しく無駄話をしないタイプで、主人公のあおいが怖がっている存在です。 桜井ユキさんが石原さとみさんを叱っている姿が目に浮かぶような気がします! 桜井ユキさんについてはをぜひ読んでみてくださいね! 羽倉龍之介(井之脇海) 【NHK人x物x録 『創作テレビドラマ大賞 デッドフレイ〜青い殺意〜』】創作テレビドラマ大賞を受賞された作品を映像化されると聞いて、とても新鮮な印象を受けました。 口数は決して多くないけれどムードメーカー的な役割を果たしている羽倉は周囲への気配りもできる人です。 工藤虹子はうわさ話が大好きな情報通です。 工藤がいると場が和むということなので、みどりのオアシスになりそうな予感がしますね。 金澤美穂さんについてはをぜひ読んでみてくださいね!.

次の

『アンサング・シンデレラ』キャスト情報からあらすじ、ネタバレまで一挙紹介!!【最新】(2020年7月23日)|BIGLOBEニュース

アンサングシンデレラ キャスト

葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。 救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていた。 そこに、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて来た。 心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。 それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。 薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。 しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。 くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。 患者の投薬状況を見て回るみどりの早足に、くるみは着いて行くのがやっと。 医師から小児病棟の糖尿病患者、渡辺奈央の血糖値が安定しないと聞けばすぐさま病室に赴くみどり。 その病室には奈央と仲の良い森本優花も入院中。 優花も糖尿病で入退院を繰り返していた。 薬剤室に戻ったみどりは刈谷奈緒子(桜井ユキ)に一喝される。 医師から続々と届く処方箋の調剤に大忙しだからだ。 みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。 羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。 そんな時、みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く。 すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。 これが林とみどりの因縁に…。 fujitv. html みどりとくるみの当直の日、みどりは林が受け持つ妊娠中の患者、矢島の頭痛のための薬が効かないとの電話を研修医から受ける。 そこで頭痛の原因を考えたみどりは、ただの偏頭痛ではなくHELLP症候群だと考えたが、矢島の担当医は林。 瀬野に電話で相談するが、医者に相談しろと言われてしまう。 ただ待っているだけでは落ち着かないみどりは、直接患者の元へ向かうことに。 胃潰瘍だと判断して周りの声を聞かない林対し、みどりは、患者はただの偏頭痛じゃないと訴えるが、「医師免許を持っているのか!?患者を診るな!」と怒られてしまう。 みどりの必死の訴えで薬を投与し、無事出産。 しかし医者ではないのに患者を診たとして薬剤部にクレームがきて、医療安全委員会の議題に持ち上げられてしまった。 そんな中、糖尿病で入院している奈央が行方不明になり、あおいが病院中を探すと階段で倒れているのを見つけた。 薬をちゃんと投与しているのかと周りが責める中、わざと間違えたのではないかと聞くみどり。 病気のせいで学校でも楽しく生活を送ることができなかった奈央は、病気を振り返せば同じ病気を持つ友達と一緒に病院で過ごし続けることができると思い、わざと血糖値を悪くしていたのだ。 安全委員会の会議では、薬剤師という立場で患者を診たみどりに対する措置が話し合われたが、助産師、救命救急士、そして副部長の瀬野の発言により、みどりへの処罰は無くなった。 数日後、奈央は退院することに。 常に患者に寄り添うみどりは、優花の元へ行き、優花も日常の現実から逃げるためにわざと状態を悪くしていたのではないかと訪ねる。 病気と付き合って、現実と向き合っていかなくてはいけないことをあおいは伝え、奈央と優花は、これからは病院の外で会おうという約束をした。 数年後、そこには仲良く二人で普通の日常を送っている姿があった。

次の

『アンサング・シンデレラ』キャスト情報からあらすじ、ネタバレまで一挙紹介!!【最新】(2020年7月23日)|BIGLOBEニュース

アンサングシンデレラ キャスト

葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。 救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていた。 そこに、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて来た。 心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。 それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。 薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。 しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。 くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。 患者の投薬状況を見て回るみどりの早足に、くるみは着いて行くのがやっと。 医師から小児病棟の糖尿病患者、渡辺奈央の血糖値が安定しないと聞けばすぐさま病室に赴くみどり。 その病室には奈央と仲の良い森本優花も入院中。 優花も糖尿病で入退院を繰り返していた。 薬剤室に戻ったみどりは刈谷奈緒子(桜井ユキ)に一喝される。 医師から続々と届く処方箋の調剤に大忙しだからだ。 みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。 羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。 そんな時、みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く。 すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。 これが林とみどりの因縁に…。 fujitv. html みどりとくるみの当直の日、みどりは林が受け持つ妊娠中の患者、矢島の頭痛のための薬が効かないとの電話を研修医から受ける。 そこで頭痛の原因を考えたみどりは、ただの偏頭痛ではなくHELLP症候群だと考えたが、矢島の担当医は林。 瀬野に電話で相談するが、医者に相談しろと言われてしまう。 ただ待っているだけでは落ち着かないみどりは、直接患者の元へ向かうことに。 胃潰瘍だと判断して周りの声を聞かない林対し、みどりは、患者はただの偏頭痛じゃないと訴えるが、「医師免許を持っているのか!?患者を診るな!」と怒られてしまう。 みどりの必死の訴えで薬を投与し、無事出産。 しかし医者ではないのに患者を診たとして薬剤部にクレームがきて、医療安全委員会の議題に持ち上げられてしまった。 そんな中、糖尿病で入院している奈央が行方不明になり、あおいが病院中を探すと階段で倒れているのを見つけた。 薬をちゃんと投与しているのかと周りが責める中、わざと間違えたのではないかと聞くみどり。 病気のせいで学校でも楽しく生活を送ることができなかった奈央は、病気を振り返せば同じ病気を持つ友達と一緒に病院で過ごし続けることができると思い、わざと血糖値を悪くしていたのだ。 安全委員会の会議では、薬剤師という立場で患者を診たみどりに対する措置が話し合われたが、助産師、救命救急士、そして副部長の瀬野の発言により、みどりへの処罰は無くなった。 数日後、奈央は退院することに。 常に患者に寄り添うみどりは、優花の元へ行き、優花も日常の現実から逃げるためにわざと状態を悪くしていたのではないかと訪ねる。 病気と付き合って、現実と向き合っていかなくてはいけないことをあおいは伝え、奈央と優花は、これからは病院の外で会おうという約束をした。 数年後、そこには仲良く二人で普通の日常を送っている姿があった。

次の