ヒトラー の 時代。 アドルフ・ヒトラーとはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

演説テクニックにて民衆を味方につけたアドルフ・ヒトラー

ヒトラー の 時代

「ナチス」とは国民社会主義ドイツ労働者党Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterparteiの通称です。 1933年1月に政権を奪取してから、第二次世界大戦で敗北し崩壊する1945年までの間、ドイツを戦争に導き、人種主義によるユダヤ人の迫害を強行しました。 ナチスの母体は1919年1月5日ミュンヘンで結成されたドイツ労働者党です。 反ユダヤ主義と、労働者および中産階級の救済を目的としていました。 1919年9月にヒトラーが入党します。 彼は演説がうまく、しだいに支持を拡大させていきました。 1920年2月には、25ヶ条からなる党綱領(二十五ヶ条綱領)を公布し、このころから党名を国民社会主義ドイツ労働者党と改称しました。 ヒトラーはその後党首となりましたが、1923年に企てた反乱が失敗し、投獄されます。 一時党勢は弱体化しますが、短期間で彼が釈放されて復帰すると、再建され急拡大。 1925年の得票数はわずか2万7000人だったのが、その後群小右翼団体を吸収して膨張、1929年には17万6000人、1931年に80万6000人、1933年に390万人に膨れあがります。 1930年9月の総選挙でナチスは得票率18%を獲得し、第2党になります。 それに続く1932年7月の総選挙では 37%を得て第1党に躍進。 ヒトラーは軍部や財界との関係を強くしていきました。 その結果、1933年にはついに政権を奪取することに成功、ナチス・ドイツを誕生させたのです。 アドルフ・ヒトラーはオーストリア・ハンガリー帝国の税関吏の子として1889年に誕生しました。 両親を早くに失い、ウィーンで画家になろうとしましたが、叶いませんでした。 オーストリア・ハンガリー帝国内の民族闘争に関わるうちに、政治的な野心が芽生えていきます。 1913年の春に、ウィーンからドイツのミュンヘンに移住します。 このころにはドイツ民族至上主義者となり、国際主義的なマルクス主義を憎み、ユダヤ人を目の敵にするようになりました。 第一次世界大戦が始まると母国のオーストリア軍には入らず、ドイツ軍に志願して入隊します。 軍隊生活は彼に適したものであり、一級鉄十字章を授かるような功績をあげ、軍隊内の戦友愛や規律、団結の精神が人生の規範となるべきだと考えるようになりました。 1919年9月、ナチスの母体となるドイツ労働者党に入党します。 当時から演説を得意とし、聞くものを虜にする才能を発揮しました。 宣伝活動を主導し、党勢力の拡張に貢献、そして1921年7月に党首の地位を得ます。 1923年11月8日から9日にかけて、「ミュンヘン一揆」と呼ばれるクーデターを起こすものの失敗し、1924年12月まで投獄されます。 その間、彼は自らの主張を書物にまとめることに着手。 後に『我が闘争』というタイトルとなり、1925年に1巻が出版されました。 この本の中で、東ヨーロッパを征服して生存圏を東方に大拡張するプランが明らかにされています。 ヒトラー率いるナチスは1930年9月の総選挙に大勝して第二党に躍進、1932年春の大統領選に立候補し、ヒンデンブルクに敗れはしたもの得票率で33%となり、無視できない存在であることを示しました。 同年7月の総選挙で第一党となり支配勢力各層の有力者が彼を支持するようになったので、1933年1月、ヒトラーはついにヒンデンブルグから首相に任命されました。 すぐに議会で全権委任法を成立させ、独裁制の樹立に成功します。 翌年はヒンデンブルクの死とともに大統領を兼ね、総統と称するようなり、生涯その地位に居続けました。 彼は和戦両様を使い分け、巧みな外交を展開し、第一次世界大戦におけるベルサイユ条約を無効化。 ドイツが失った領土を回復するとともに、並行して再軍備を進め、強いドイツの復活に国民は狂喜しました。 しかし各国の譲歩は長くは続かず、1939年のポーランド侵攻により第二次世界大戦が勃発。 ヨーロッパのほとんどを占領しましたが、連合国からの反攻が始まると急速に戦況が悪化します。 1945年4月30日、ベルリンを包囲され、陥落直前に自殺。 ナチス・ドイツは崩壊しました。 戦後ドイツは東西に分割され、再統一されるまでに40年以上かかっています。 ドイツでナチスが支持された理由 第一次世界大戦に敗北したドイツにとって、その講和条約は屈辱的なものでした。 領土は縮小され、植民地は戦勝国のものになり、軍備は制限されました。 なにより莫大な賠償金が課せられ、国内経済は破綻状態になり、国民の生活は長期に渡り混乱したのです。 1929年に起こった世界恐慌も、さらにその状況を悪化させました。 ナチスはドイツ民族の優秀さを説き、失っていた自信と誇りを取り戻すための政策は、政府に不満を持つ中産階級を取り込んでいきます。 具体的にはベルサイユ条約の破棄、植民地の再配分、ユダヤ人の排斥を唱え、当時の国際秩序に挑戦し、他民族を攻撃する手法を取りました。 表面的には社会主義政策をかかげて、国民生活の安定を約束します。 こうして選挙のたびに票を伸ばしていきました。 しかし支持したのは、民衆だけではありません。 ナチスとともに、政府への不満を吸収していたのは共産党も同じでした。 共産党の台頭を恐れた資本家や軍部はナチスを支援することに傾き、それもナチスの急速な勢力拡大に寄与する形となりました。 ナチスのユダヤ人迫害 ヒトラーは首相になると、従来から主張していたユダヤ人の排斥の実行に着手します。 ゲルマン民族は優秀な民族でユダヤ民族は劣っているという極端な民族主義で、ユダヤ人という理由だけで、ドイツ社会から強制的に排除しようとしました。 ヨーロッパには伝統的に反ユダヤの感情があり、ドイツ国内が一致してナチスを支持させるために利用したのです。 同時に、ユダヤ財閥が所有する多額の資産を没収する狙いもありました。 初期においては、ユダヤ人を集めて拘留するための強制収容所を建設します。 ナチスと対立する政治思想の人たちも対象とされました。 1933年から1945年にかけて、ナチスが建設した収容所の数はおよそ2万にものぼり、強制的に収容されたユダヤ人の数は数百万人に達しました。 1938年11月、「水晶の夜」と呼ばれる大規模なユダヤ人迫害が起こります。 ドイツ各地でユダヤ人の居住する住宅や店舗が次々と襲われました。 ユダヤ人住民が殺害されたり、強制収容所に送られる異常な事件でした。 これ以降ユダヤ人の強制収容は厳しくなり、ドイツが統治する領土全体でその活動が展開されます。 1939年9月にドイツはポーランドに侵攻、第二次世界大戦がはじまりました。 ナチスは占領したポーランドに絶滅収容所を作り、占領地帯のユダヤ人を集めて送り込むようになります。 ポーランドはユダヤ人の人口が多く、効率的に「最終的解決」を進めていきました。 「最終的解決」とは、ユダヤ人を絶滅させることです。 絶滅収容所は大量殺戮を効率的におこなうために建設されました。 アウシュビッツ収容所の一部として作られたビルケナウ絶滅収容所のガス室では、毎日6000人ものユダヤ人が殺されたといわれています。 ドイツがポーランドから撤退するまでの数年間で、絶滅収容所では300万人以上のユダヤ人が殺害されたそう。 人類の歴史上でも前例のないこの大規模な虐殺を「ホロコースト」といいます。 生き延びた人はごくわずかでした。 ホロコーストについて詳しく知りたい方はコチラ 1944年、アメリカ・アイゼンハウアー総司令官を中心とする連合軍が、総力を結集して反攻作戦を開始しました。 フランスのノルマンディーにて史上最大規模の上陸作戦を決行し、8月までにパリがドイツの支配から解放されます。 連合国にノルマンディー上陸を許したという知らせはドイツ軍幹部に衝撃を与え、クーデターによりヒトラーを排除する計画が実行されます。 しかしこれは失敗に終わり、彼に反対する者は粛清されました。 この事件はヒトラーの独裁政権をより強固なものとし、本土決戦によるドイツ国内の破壊は避けられないものとなりました。 その後もヨーロッパの西から米英軍は進撃を続け、翌年の1945年3月にはライン川に到達します。 一方で東側では、ポーランドのドイツ軍もソ連によって追い払われ、バルカン諸国も次々と解放。 さらに東方からドイツ本土に進入し、ベルリンを目指して進撃を続けます。 1945年2月、クリミア半島のヤルタで米英ソの首脳がナチス敗戦後のドイツの処理について会談し、分割占領、非軍事化、非ナチ化、戦犯裁判などを合意しました。 しかし、ヒトラーはあくまで戦争継続を主張し、3月にはあらゆる軍事施設などの破壊を命じる焦土作戦の決行を命じます。 4月になるとソ連軍がベルリンに迫り、1945年4月30日、ソ連軍の包囲網のなかヒトラーは地下壕で拳銃自殺。 側近たちにも自殺者が相次ぎ、ナチスの指導層が崩壊します。 5月、東西から連合軍に包囲されたベルリンは陥落。 ドイツは連合軍に対して無条件降伏し、ナチス政権は完全に終焉しました。 ヒトラーについて詳しく知りたい方はコチラ ナチスに関する歴史をよく知るための本 ナチスの人種主義はユダヤ人の迫害だけでなく、他の劣った民族の殲滅であり、それはドイツ人であっても能力が欠如していれば生存を許さなかったというくらい徹底していました。 ヒトラーは戦争が必要な表向きの理由を、ドイツ人のような優秀な民族がヨーロッパを統治し、ソ連のある東方の地域を植民地として経営することとして国民に示します。 第一次世界大戦の敗戦により貶められたドイツの復讐、戦争に大義があるのは当然です。 しかし裏でおこなわれた経済運営はすべて対外戦争のためであり、軍拡で喜んだ軍人と資本家たちもナチスの恐ろしい野望の本心を知ることありませんでした。 戦争が進んでそれに気づいてから反対してみても、排除されるだけでした。 戦争終結期になると、劣った民族が滅びることが必然であれば、戦争に負けたドイツは破滅するしかなく、降伏するのではなく滅びるまで戦うという狂信者のみが軍を指導していた、という恐ろしい事実を本書は語っています。 ナチスのイデオロギーの実践がどのような惨劇を生んだのかを知るためには、本書を丹念に読むことで事足りるでしょう。 最後に、タイトルを『ナチスの戦争1918-1949』とした著者の意図はどのようなものでしょうか。 彼によれば、ドイツ民族の最大の悲劇は、終戦を迎えた1945年では終わりませんでした。 その理由を知ることこそ、この本の価値であるといえるでしょう。 創造者としてのナチスドイツの思想がわかる本 ヒトラー政権がドイツ国民の熱望により誕生したという言説が誤解であることを説きながら、少数内閣であったナチスが、議会制を破壊することで強引に全権委任法を成立させた過程を振り返ります。 この全権委任法は、ナチスの政府がワイマール憲法を停止し、議会を経由せずに無制限に立法権を行使できることを認めており、これによりナチスの独裁が可能になったのです。 ワイマール憲法に代わり、彼らがすべての法律を支配しました。 憲法の定め以上に重要なのは、議会制民主主義が機能しているかを常に国民がチェックすることです。 それは選挙であり、選挙を通じて国民が政治に関心を持つことで、独裁は防げることを本書は示唆しています。 各国での「緊急事態条項」は 厳格な運用プロセスが定められており、ここでも立憲主義の堅持が前提であることが国民に十分浸透していることが述べられています。 つまり国家権力の強化だけに使われることがないよう、国民が監視できるのです。 この点において日本がどのような状態であるか問うことを、本書は求めています。 「緊急事態条項」の制定を企図する政権の問題点を整理し、あらためて立憲主義と議会制民主主義が危機にさらされていること認識すべきだと警鐘を鳴らします。 日本の将来を憂い、未来に何らかの貢献をすることを望むのであれば、この本は大いに参考になる内容です。 ナチスとヒトラーに関する歴史的検証は、ドイツそのものが破滅し戦後は東西に分割されていたため、いまだに謎を残したままです。 今後はさらに研究が進み、歴史の闇が晴れることが期待されます。 たくさんの教訓がこれからも発掘され、それを知り現代に生かすことこそが、戦禍に斃れていった多くの人々の弔いになるはずです。 冷酷で悲惨な事実も多いナチス関連の本ですが、風化させてはいけない記憶であることも忘れてはいけません。 日本で言うと、阿倍謹也、網野善彦、系の影響を強く受けました。 海外だとアナール学派で、封建世界ですかね、何度も読んだのは。 地中海は高くて手が出なかった。 大学では西洋法制史を専攻し、山内進とその上に連なる泰斗からの流れに属してきています。 ほとんど落第な学生で、全然関係のないとは言えませんが、ハイデガー、ポンティ、フッサールの現象学の流れにどっぷりつかった時期もあり、時代の流行でポスト構造主義もほうぼう読みました。 デリダなんかも読んだなあ。 ところが長谷川宏さんの影響でヘーゲルにもいあったりましたが、最後は木田元にもどり、その後は仕事も忙しいってことで、司馬遼太郎と山田風太郎を通勤電車で読むということなりました。 すると高校時代に読んだドストエフスキーに移り、小林秀雄を読み返し、並行して鶴見俊輔などいを読んで、いるのが現在です。 いろいろそのあいだも、小林信彦、半藤一利、三島由紀夫、小室直樹を多く読みました。

次の

ヒトラーが台頭した時代と酷似する現代、その本当の恐ろしさとは

ヒトラー の 時代

ホロコースト ホロコーストは、西洋文明、国家、近代官僚社会、そして人間性を理解するための重要な出来事です。 これは数百万人の罪のない市民に対する計画的な大量殺戮でした。 ユダヤ人を根絶すべき「寄生害獣」と見なす人種差別的イデオロギーによって駆りたてられたナチスは、歴史上前例のない規模のジェノサイドを展開したのです。 ナチスはヨーロッパのすべてのユダヤ人を絶滅させるつもりでした。 病人であれ健常者であれ、金持ちであれ貧乏人であれ、正統派ユダヤ教徒であれキリスト教改宗者であれ、老いも若きも乳児ですらも、そこには何の区別もありませんでした。 第二次世界大戦前にヨーロッパに住んでいたユダヤ人の3人に2人がホロコーストで殺されました。 1945年に第二次世界大戦が終結した時点では、600万人のユダヤ人が殺害されており、そのうち100万人以上が子供たちでした。 しかし、この統計は実情を正確に映し出していません。 というのは、生き残ったユダヤ人のほとんどは戦争中にドイツに占拠されなかった地域に住んでいたからです。 つまり、ソ連の東部、イギリス、ブルガリア、そして中立国だったスペインやポルトガル、スイス、スウェーデンなどの国々です。 ドイツ占領下のヨーロッパ諸国で生き延びた数万人のユダヤ人は、解放時までどこかに隠れていたり、強制収容所に監禁されていました。 ドイツ軍とその協力者は、自分たちの支配化にあるヨーロッパの地域内で執拗にユダヤ人を駆り出して殺害しました。 ホロコーストの時代に何が行われ、ナチスの殺戮計画がいつどこでどのように実行されたかについては、多くの記録があります。 しかし、ナチスの行動を理解するには、こうした計画が生まれた論理的な背景を検討し、それを理解することがまず必要です。 ナチスの人種的イデオロギーの信条を考察することは、彼らがヨーロッパのユダヤ人を物理的に絶滅させることになぜこれだけ固執したのかを理解するのにある程度は役立ちます。 ナチスの人種的イデオロギー ナチ党の総統(指導者)アドルフ・ヒトラーは、ナチスのイデオロギーとして知られるようになる概念を考案し、それを雄弁に伝えました。 彼は自分自身を深遠で偉大な思想家と見なしており、非常に複雑な世界を理解するための鍵を見出したと確信していました。 彼は人間の特性、態度、能力、行動は、人種的な特質によって左右されると信じていました。 ヒトラーの観点では、すべての集団、人種、人民(彼はこれらすべてをほとんど同じ意味で用いました)は、世代間で変わりなく伝えられる特質に拘束されます。 そして個人は生来の人種的特質を克服することはできないと考え、 人類の歴史はすべて人種的闘争という観点で説明がつくとしたのです。 人種的イデオロギーを考案するにあたり、ヒトラーとナチスは19世紀後半のドイツ社会ダーウィン主義の理念を利用しました。 それ以前の社会ダーウィン主義者と同様に、ナチスも人間は集合的に「人種」に分類することができ、それぞれの人種には先史時代に人類が登場した時点から遺伝的に伝えられてきた固有の特徴があると信じていました。 こうして継承された特徴は、外観や身体的構造だけでなく内面にも反映され、思考、創造性、構成力、知性、文化や芸術の鑑賞力、身体的強さ、軍事的果敢さなどを左右すると考えました。 またナチスは、「適者生存」に関するダーウィン進化論に基づいた社会ダーウィン主義の見解を採用しました。 ナチスにとって人種が存続するかどうかは、子孫繁栄、そして人口増加を支え食料を提供するための土地の増加、そして自然が生存競争に勝ち抜くために与えてくれた固有の人種的特徴を守るための遺伝子プールの純粋さを慎重に維持していくことにかかっていました。 それぞれの「人種」が拡大を求めており、地球上のスペースには限りがあるので、生存闘争には必然的に武力による征服や軍事衝突を伴います。 したがって、戦争、それも継続的な戦争は自然なことであり、人間を取り巻く環境の一部でした。 人種を定義するにあたって、社会ダーウィン主義者は長所も短所も含めて固定観念化し、民族的外観、行動、文化などを生物学的な継承に基づく不変なものとし、年月を経ても変化せず、環境や知的発達、社会化にも影響を受けないものとしました。 ナチスにとって、ある人種に属する個人を別の文化や民族グループに同化させるのは、代々継承された本来の特徴は絶対変化しないはずなので、不可能なことでした。 いわゆる人種の混合によって起きるのは退化だけだと考えました。 対象グループ ナチスはユダヤ人を「人種」と定義しました。 ユダヤ教とは無関係でした。 ナチスはユダヤ人およびユダヤ人的行動に関するさまざまな否定的固定観念を生物学的に決定された遺伝的なものとし、こうした特徴を持ってユダヤ民族は他の人種と同様に、他人種を排他することで自分たちを増殖させていこうとしているのだと見なしました。 ユダヤ人は最大の敵と見なされましたが、ナチスの人種的イデオロギーは他の民族も迫害や監禁、絶滅の対象としました。 これにはロマ族(ジプシー)、身体障害者、ポーランド人、ソ連の戦争捕虜、アフリカ系ドイツ人が含まれました。 ナチスはまた、政治犯、エホバの証人、同性愛者などを「反社会的」な人々として、敵または安全を脅かす存在と見なしました。 これらの人々は常にナチス政権やその行動に反対し、ナチスの社会規範に一致しなかったからです。 彼らは国内の異分子や人種的脅威となる存在を、果てしないドイツ社会の絶え間のない自己粛清として排除していきました。 ナチスは、劣った人種を従わせ、さらには絶滅させることは、優れた人種の持つ権利であるだけでなく義務でもあると信じていました。 彼らは、このような人種闘争は自然の法則と一致するものだと見なしました。 ナチスは、優性なドイツ民族がスラブ人やアジア民族(ソ連の中央アジアの人々やコーカサス地方のイスラム教徒)など、彼らが本質的に劣性と判断した従属民族を支配するという戦略的ビジョンを描き、それを実行していきました。 プロパガンダの目的として、ナチスはこの戦略をしばしば「東側」や「アジア」の野蛮人やユダヤ人リーダーとその組織から西洋文明を守るための聖戦として戦略的ビジョンを描きだしました。 人種的に定義された集団 ヒトラーとナチスの他のリーダーにとって、人間の究極的な価値は個々の人間性ではなく、人種的に定義される集団に属することでした。 人種集団の最終的な目的はその生存でした。 人間に生存本能があることに多くの人は同意しますが、ヒトラーは集団、人民、人種(これらは同じ意味に用いられます)にも生存本能があるとしました。 ナチスにとって、この集団的生存本能は常に「人種」の純粋さと「人種間」の領土争いに関するものでした。 ヒトラーたちによれば、人種の純粋さを保つことが重要なのは、他の人種と混合すると時間の経過とともに人種の粗悪化や退化が進み、優性人種としての顕著な特性が失われ、効果的に自己を防御する能力を損ない、ひいては絶滅の危機に瀕するからでした。 人種の人口増加によってさらに領土が必要になるので、領土拡張は不可欠だとヒトラーは主張しました。 増加する人口を支えるための新しい領土なくしては、人種はやがて発展をやめ、消滅することになるとヒトラーは信じていました。 ナチスはまた、人種の質的階層を想定し、すべての人種は対等ではないとしました。 ヒトラーは、ドイツ民族は「アーリア人」と呼ばれる卓越した人種であると信じていました。 ドイツ人は他のすべての人種に勝る才能に満ちた「アーリア」人種であり、生物学的な優位性で東ヨーロッパ全土にまたがる巨大な帝国を支配する運命にある、とヒトラーは確信していました。 「アーリア」人種 しかし、ドイツの「アーリア」人種は内外からの崩壊の危機に直面しているとヒトラーは警告しました。 内的な脅威は「アーリア」ドイツ人と劣性民族との人種間の結婚に潜んでおり、これらの劣性民族は、 ユダヤ人、ロマ族、アフリカ人、スラブ人であるとしました。 これらの人種間結婚で生まれた子供はドイツ人の血統に見られる優秀な特徴が薄れ、他の人種との生存競争に必要な能力を弱めると見なされました。 両大戦間のドイツの状態は、ナチスが遺伝的に劣性と見なす人種の繁殖を許容しており、人類全体の衛生に悪影響を与えているとしました。 これには、身体障害者や精神障害者、常習犯罪者や職業的犯罪者、浮浪者、身持ちの悪い女性、失業者、アルコール中毒者など、ナチスが社会的に「逸脱した行動」と見なす生活をしている人々も含みました。 ドイツ「アーリア」人種は外からも崩壊の危機に襲われていました。 これはヒトラーに言わせれば、ワイマール政権は土地と民族の競争で「劣性」のスラブ人とアジア人種に敗北しつつあるからでした。 この競争で、「ユダヤ民族」は伝統的な社会主義的戦力に磨きをかけて(ソビエト共産主義)、それがなければ無能なスラブ民族を動員してドイツ人をだまし、人為的な階級闘争を自然な人種闘争にすり替えて考えさせるようにしたとしました。 ヒトラーは、土地の狭さが原因でドイツ人の出生率が危機的な低レベルに下がっているのだと確信しました。 さらにそれを悪化させることとして、第一次世界大戦でのドイツの敗北とその結果としてのベルサイユ条約による広大な近隣領土の放棄がありました。 ドイツを存続させるには、ドイツは敵による国の包囲を解き、スラブ民族から広大な東側の領土を勝ち取るしかないとヒトラーは主張しました。 東側の領土を征服することでドイツは人口増加に必要なスペースを確保でき、増加した人口を支える食料を供給することができる。 これにより生物学的に運命づけられている最優秀人種として世界の最高権力に君臨できる、と主張したのです。 人種的敵対者の排除 ヒトラーとナチ党は明確かつ絶対的な人種的敵対者を描き出しました。 ヒトラーとナチスにとって、ユダヤ民族はドイツの内外両方における最大の敵を意味しました。 彼らの人種的劣性と遺伝子構成が資本主義と共産主義の搾取制度を引き起こしたのだとしました。 ユダヤ人は民族拡大のために政府や国家の組織体系(憲法、平等な権利の宣言、国際平和)を利用して、ドイツ民族のように優秀な民族の人種意識を弱体化させ、同化や人種間結婚を通じて優秀な血統の希釈を可能にしていると論じました。 ユダヤ人は、個人の権利を主張するメディアや民主議会、国際紛争の平和的解決に従事する組織など、自分たちが操れる手段を駆使して、世界の最高権力に発展するという生物学的願望を進めていると考えました。 ドイツ民族が速やかに決断して国の内外においてユダヤ民族に対抗しなければ、ユダヤ人に先導される多数の下等者、未開のスラブ人やアジア人族が「アーリア」ドイツ民族を一掃してしまうと、ヒトラーは主張しました。 ヒトラーにとって、政府介入による人種分離、「最優秀」な人種の繁殖、劣性人種の繁殖防止、領土拡張のための戦争は、ドイツ国家が自然で生物学的に決定されている生存本能に沿って行動することでした。 さらに、それはドイツ人の間に「自然な」人種意識を高め、ユダヤ人が議会制民主主義や国際協調、階級闘争などを通じて抑圧してきた人種意識をよみがえらせることでした。 人種的優越性により、ドイツ民族はスラブ人、「アジア」民族、そして彼らを操るユダヤ人から東側の領土を奪う権利と義務があると考えていました。 これらの目的を達成するためにドイツ民族は自然の本能に従うのだと、ヒトラーは主張しました。 そして、スラブ人を永久に打ち負かし、支配するために、ドイツ人支配者は地域のリーダークラスに加え、生物学的に調整された「ユダヤ」イデオロギーであるボルシェビキ共産主義を通じて劣性民族を編成する能力がある唯一の人種であるユダヤ民族を絶滅させる必要がある、としました。 この有害でドイツ人の生存に危険を及ぼす教義を排除するためには、それを信奉する人々を排除しなければならないとヒトラーは考えました。 これが自然淘汰だと信じたのです。 最終的に、ヒトラーの戦争およびジェノサイドの計画は、彼が方程式と見なした以下のアイデアに根ざしていました。 「アーリア」ドイツ民族は拡張し世界を支配しなければならない。 このプロセスには人種的なすべての脅威、特にユダヤ民族の排除が必要である、さもなくば、ドイツ民族が絶滅に直面する、これが彼の考えでした。

次の

『ヒトラーの時代』を読む|Markover 50 〜人生後半戦を愉しむ|note

ヒトラー の 時代

年表 西暦(年齢) 1889年(0歳)オーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州のブラウナウ・アム・インで生まれる。 1901年(12歳)リンツ実科中等学校一年生時、数学と博物学の試験に不合格。 1907年(18歳)ウィーン美術アカデミー受験。 不合格。 1908年(19歳)二度目のウィーン美術アカデミー受験。 不合格。 1909年(20歳)浮浪者収容所に入る。 1911年(22歳)リヒャルト・ワーグナーに心酔していきた時期。 この頃、図書館で読書し人種理論、反ユダヤ主義などに傾倒していく。 1913年(24歳)ミュンヘンに移住。 洋服仕立て屋ポップの元で比較的安定した生活。 1914年(25歳)ドイツ帝国が宣戦布告。 ヒトラーは喜んで志願。 四年間に渡り四十回以上の戦闘に参加。 伍長としては異例の最高戦功勲章「一級鉄十字章」を受章する。 1919年(30歳)ドイツ労働者党の有力な政治家と目されるようになり、高い演説力を評価された。 1923年(34歳)ミュンヘン一揆勃発。 ヒトラーは逮捕されるも、司法側を感化させる程の演説力で裁判は独壇場。 1925年(36歳)ナチ党再建。 この頃にミュンヘンをまとめ上げる。 1932年(43歳)ナチ党が国会の第一党になる。 1933年(44歳)首相就任。 ヒトラー内閣勃発。 独裁政権の始まり。 1935年(46歳)ヒトラー崇拝が国民的に義務付けられる。 「ハイル・ヒトラー」が定着。 1938年(49歳)オーストリア併合。 この年、数多くの政策を行う。 1939年(50歳)第二次世界大戦勃発。 1944年(55歳)ヒトラー暗殺事件勃発するも未遂で終わる。 関係者を殺害。 1945年(56歳)敗戦。 ベルリン内の総統地下壕内で自殺。 ヒトラーの少年~青年時代 報われない少年〜青年時代 アドルフ・ヒトラーは少年時代は父との関係が悪く、反抗的で学校の成績も悪かったのです。 ヒトラーの学歴は小学校卒業までで、中学校の卒業資格すら持っていないというのは驚きです。 不遇な少年時代を過ごしたヒトラーですが、その報われない時代は青年期まで続き、18歳の時にウィーンの美術アカデミーを受験するも不合格。 その後、19歳の時にも美術アカデミーを受験しますがこの時も不合格で、彼はその後、絵を売り貧困な暮らしをしていたのです。 関連記事 >>>> ヒトラーの絵は下手だったのか? ヒトラーは本気で画家を目指していたわけですから、絵心が無かったわけではありません。 デッサン力が欠けているという意見も頻繁に聞きますが、彼の描く絵自体は素人目から見れば上手いと評価できるものもあり、そこは意見が分かれる所かもしれません。 ヒトラーが画家になれなかった一番の理由は、当時ウィーンでは抽象画や斬新な手法を用いた絵画が流行っていました。 しかし、ヒトラーが好んで描いていたのは、写実的な古典芸術の絵。 それが、当時の 流行とマッチせず、ヒトラーは画家になれなかったとも言われています。 兵役を経て政治家として活躍 20代前半まで不遇だったヒトラーですが、20代後半からはドイツ軍で武勲を上げ、最高戦功勲章 「一級鉄十字章」を受章するなど目覚ましい活躍をします。 その後、30歳の時(1919年) ドイツ労働者党の政治家になり、高い演説力が注目され政界で頭角を現していくようになります。 ヒトラーの思想の原型は18歳~25歳頃までに作られた言われており、ヒトラーをよく知る人達は、当時の彼を生真面目な読書家と評していました。 その頃に得た知識が、後のヒトラーの政治活動に多大な影響を及ぼしたことは言うまでもありません。 紆余曲折を経てドイツ国の首相に 政治家となって十数年あまり、逮捕されたり自殺を考えたり、様々な紆余曲折があったヒトラーですが、1933年(44歳)に ドイツの首相就任します。 ヒトラーのナチ党はこの頃には社会民主党を抜いて国会の第1党になり、僅か2~3年の間で非常に高い支持を得るに至ったのです。 その後、ヒトラーは独政権を始め、有名な 「ハイル・ヒトラー」の掛け声とポーズも国民に義務づけるようになりました。 第二次世界大戦時は枢軸国の実質的な指導者として世界に大きな影響を与え、1945年の敗戦と同時に、ベルリン内の総統地下壕内で自殺しました。 ユダヤ人大量虐殺ホロコーストとは? ヒトラーと言えば ユダヤ人を大量虐殺した ホロコーストで有名ですが、彼は実に 600万人のユダヤ人を組織的に迫害し、軽く 100万人以上のユダヤ人を殺害したとされています。 ヒトラーは20歳頃、ユダヤ人に絵を売って生計を立てていた時期もあり、なぜそれ程までユダヤ人に憎悪を抱くようになったのか直接的な理由は不明ですが、歴史的にユダヤ人は迫害の対象とされていて、ヨーロッパ全土でユダヤ人は憎悪の対象でもあったことがホロコーストの原因としてあげられます。 ユダヤ人のマルクス主義と真っ向から対立したヒトラーの独裁主義の影響もあり、それらが重なりホロコーストは引き起こされてしまったのです。 1935年頃から徐々にユダヤ人の自由は制限され、1942年より「最終解決」と呼ばれる数百万人のユダヤ人を強制的に収容所に移送して大量虐殺する政策が取られました。 1941年頃~ドイツ終戦となる 1945年5月8日まで続いたユダヤ人大量虐殺のことを、ホロコーストと呼びます。 きょうのまとめ ヒトラーについて簡潔にまとめました。

次の