海外fx スプレッド 0。 海外FX業者スプレッドランキング!全16業者中、1番低スプレッド業者はここ!

海外FXスプレッド比較情報/2019

海外fx スプレッド 0

最小スプレッドの海外FXブローカーは?5社を比較紹介 FX業者を選ぶとき、 スプレッドの狭さはやっぱり気になる部分ですよね。 特に、スキャルピングメインでトレードをしている人にとっては、スプレッドが狭いことは絶対条件ともいえるでしょう。 でもそこで、「スプレッド重視で選ぶなら、海外業者よりも幅が狭い国内のブローカーのほうがいいんじゃ…」と思うのは間違いです。 「海外FXは国内のブローカーよりスプレッドが広い」という考え方は時代遅れです。 最近では、海外FXにも、国内業者に劣らない低スプレッドのブローカーが沢山あるからです。 また、海外FXは国内業者と違って、レバレッジの大きさや約定力などと組み合わせれば狭いスプレッドを最大限に有効活用できるというメリットがあります。 この記事では、特に低スプレッドの海外FX業者と、おすすめの海外FX口座を紹介していきます。 2 1. 2 1. 5 1. 4 GEMFOREX NoSpread 0. 3 0. 3 0. 8 0. 5 XM Standard 1. 8 1. 7 2. 3 2. 6 XM Zero 1. 1 1. 0 1. 1 1. 0 1. 3 1. 0 1. 6 1. 0 AXIORY Standard 1. 9 1. 8 2. 4 2. 8 AXIORY ECN 1. 0 0. 6 0. 9 0. 6 1. 2 0. 6 1. 2 0. 6 TitanFX Standard 1. 33 1. 2 1. 57 1. 74 TitanFX ZERO 1. 03 0. 7 0. 9 0. 7 1. 27 0. 7 1. 44 0. 7 LAND-FX Classic 0. 9 0. 9 2. 0 1. 6 LAND-FX ECN 1. 0 0. 7 0. 8 0. 7 1. 5 0. 7 1. 3 0. 7 Tickmill Classic 1. 8 1. 8 2. 0 2. 2 Tickmill Pro 0. 6 0. 4 0. 6 0. 4 1. 2 0. 4 1. 1 0. 4 Tickmill VIP 0. 4 0. 2 0. 4 0. 2 1. 0 0. 2 0. 9 0. 7 1. 2 3. 0 1. 7 HotForex ZeroSpread 1. 0 0. 8 1. 6 0. 8 1. 2 0. 8 1. 6 0. 8 Tradeview Standard 1. 8 1. 7 2. 0 1. 6 0. 5 0. 7 0. 5 1. 0 0. 5 0. 9 0. 5 TradersTrust Classic 2. 0 1. 8 3. 6 3. 2 TradersTrust Pro 1. 3 0. 9 1. 2 0. 9 1. 4 0. 9 1. 4 0. 9 TradersTrust VIP 0. 7 0. 3 0. 6 0. 3 0. 8 0. 3 0. 8 0. 3 is6com Standard 1. 6 1. 5 2. 4 2. 3 is6com Micro 2. 0 1. 9 3. 1 2. 9 XLN Trade MT4cent 1. 0 1. 0 2. 0 1. 0 XLN Trade Profit 1. 0 1. 0 2. 0 1. 0 MiltonMarkets Standard 1. 7 1. 7 2. 4 1. 6 MiltonMarkets Premium 0. 9 0. 8 0. 9 0. 8 1. 9 0. 8 0. 9 0. やはり実質の手数料になるだけあって、スプレッドを基準に口座を選ぶトレーダーも多いので、しっかり確認しておくのが良いですね。 スプレッドが狭いのは?おすすめ海外FX業者比較 それでは、海外FXブローカーの中で特にスプレッドの狭い5社と、提供している口座を紹介していきます。 ノースプレッド口座は海外FXで最狭水準の口座で、なんと手数料もありません。 GEMFOREXに関して2017年頃までスプレッドが広いという声もありましたが、GEMFOREXは2017年末にこれを改良。 オールインワン口座のドル円のスプレッドは1. 5 pipsから1. 2pipsまで狭くなりました。 現在も当時も、忘れていけないのは GEMFOREXのオールインワン口座が固定スプレッドであるということです。 多くのFX初心者は海外FXのスプレッドの狭さのみに目を奪われがちですが、FXトレーダーなら原則1. 2pipsの固定スプレッドがいかに優良なスペックか理解できるはず。 「相場がよく動くのにスプレッドが広がる」 「そのせいで狙った価格で差せない」 ということや 「スプレッドが広がりポジションが切られた」 「スワップ狙いの長期保有のものだったのに」 という経験もあるでしょう。 当サイトでは、最小スプレッドの狭いノースプレッド口座やスプレッドが広がりがちなECN口座より、どんな相場でも原則固定1. 2pipsというオールインワン口座をオススメします。 オールインワン口座では、豪華なボーナス特典や無料EAを使うことができるといったメリットも多いです。 ノースプレッド口座には無料EAもボーナスもありません。 1000倍のレバレッジ、固定1. 2pipsのスプレッド・・・というスペックから、 ハイレバレッジ&スキャルピングには最適の海外FX会社です。 2pips 0. 2pips 0. 5pips 0. 4pips 0. TradeViewの「ECN口座」、「cTrade口座」 次におすすめなのが、TradeViewの 「ECN口座」と「cTrade口座」です。 TradeViewはトレーダーの中でもスプレッドの面で評判がよく、特に cTrader口座では0. 0pipsで取引できることも多くあります。 また、手数料も安いので手数料を含めた取引コストで比較してもTradeViewに優位性があると評価しているトレーダーも多いです。 XMとTradeviewのポン円 GBPJPY のスプレッドを比較。 XMはだいたい3. 0~3. 3くらい。 Tradeviewは0. 7~1. 1くらいかな。 アバウトで。 XMの手数料は無料。 Tradeviewの手数料は1ロットあたり片道約368円。 なので0. 368ピップス相当かな。 まぁTradeviewのコストは激安なので比べるのは酷ですけど。 6pips 0. 7pips 0. 0pips 0. 9pips 0. 一方約定力にも定評があるので、がしがしスキャルピングをしていきたいという方には向いています。 Tickmillのプロ口座は最低入金額も2万円と高くなく、業界トップクラスに狭いスプレッドを提供しています。 6pipsとなっており、ドル通貨ユーザーにはぴったりです。 8pips 1. 8pips 2. 0pips 2. 2pips 0. 6 0. 2pips 0. 6 0. 8pips 1. 5 0. 7pips 1. 2pips 0. 4 0. 2pips 0. 4 0. 8pips 1. 3 0. 7pips 0. TickMill口座開設したの忘れてたけど、通貨のスプレッドは狭くていい感じ。 レバも500倍だ。 後に円口座ができるという情報がありますがまた未定なので、ドル、もしくはユーロなどの口座でトレードができる方はおすすめです。 MiltonMarketsのプレミアム口座は、 手数料を加味しても0. 9pips~となっており、非常に狭い平均スプレッドになっています。 口座タイプでもスペックは全く同じなので、手数料の面を考慮するならプレミアム口座を選ぶのがおすすめです。 7pips 1. 7pips 2. 4pips 1. 1pips 0. 9 0. 1pips 0. 9 1. 1pips 1. 9 0. 1pips 0. LAND-FXの「クラシック口座」 海外FXの低スプレッド競争でも一味違うのがLAND-FX。 他のブローカーと比較して特にスプレッドが小さい!というわけではありませんが、十分な狭さに加えて 豪華なボーナスが用意されています。 低スプレッド、ボーナスに加えて高速約定も保証され、安定したFXトレード環境が準備されています。 USDJPY、EURUSDのスプレッドはLIVE口座(スタンダード口座)でも1. 0を切り、ECN口座でのスプレッドは紹介している海外FX4社の中で最小となっていますが、禁止取引があるのでスキャルピングには注意が必要です。 9 0. 9 2. 0 1. 6 ECN口座 0. 3(1. 0) 0. 1(0. 8) 0. 8(1. 5) 0. 6(1. FX業者によってこのスプレッドは違い、また、同じブローカーでも口座のタイプによって違ってきます。 FXブローカーを比較するときに注意すべきスプレッドについて、少し説明していきます。 固定スプレッドと変動スプレッド FX業者が提供しているスプレッドには、 「変動」と「固定」があります。 これは、文字通り提供されるスプレッドが変動するか、一定の値に固定されているか、ということです。 国内FXはほとんどが「固定」、海外FXは「変動」のブローカーが多いです。 どちらが必ずいい!ということはありません。 固定であればスプレッドが変わらないのでいつでも同じような条件で安定した取引ができます。 一方で、変動スプレッドだと最小0. 0pipで取引ができることもあるので、タイミングによってはかなりの好条件でトレードができます。 注目すべきは「最小」じゃなくて「平均」! 変動スプレッドを採用している業者が多い海外FXでは、LAND-FXのように公式サイトでリアルタイムのスプレッドを確認できるところもあります。 また、スプレッドの狭さを重視している多くの海外FXブローカーでは、一定期間の最小、最大、平均スプレッドなどを公開しています。 「どれくらい狭いか」を知りたいとき、ついつい最小スプレッドを見て「こんなに狭い!」と思いがちですが、 注目するべきは最小ではなく、 平均スプレッドです。 最小スプレッドというのは、ある一定期間のうちの最小幅ですから、 偶然狭くなったときの値が表示されてしまうのです。 測定期間が1年のように長かったりするとなおさら、その値が実際に確認できる確率は低くなります。 一定期間の平均スプレッドを確認するようにしましょう。 手数料にも注意!実質スプレッドを見極める 海外FXでは、多くのブローカーがスタンダード口座のほかに低スプレッド口座を用意しています。 インターバンクに直結させることなどで、0. 0pip~など文字通り低スプレッドを実現している口座なのですが、ほとんどの海外ブローカーが提供する口座では、スプレッド幅の狭さの代わりに 取引手数料がかかります。 この手数料に注意しないと、見かけのスプレッドは狭くても実際は普通のトレード用口座よりもスプレッドが広いという状況が起こってしまいます。 6pips、取引手数料が1lot 100,000通貨 あたり5通貨、つまり0. 5pipsです。 ほとんどの場合手数料は片道なので、注文と決済の2回のタイミングで手数料がかかります。 このとき、1lotの取引をしたとすると、 (0. 6pips のコストがかかります。 A社:スプレッド…1. 0pip 取引手数料…なし B社:スプレッド…0. 2pips 取引手数料…0. 5pips だとしたら、表示スプレッドだけならB社がお得に見えますが、実質スプレッドではA社のが狭くなります。 海外FX業者のECN口座を申し込む際には、取引手数料もしっかりと考慮しましょう。 まとめ 海外FX業者のスプレッドについてはわかっていただけたと思います。 スプレッドはトレードにおける手数料なので、自分がトレードする通貨ペアのスプレッドが狭い海外FX会社を利用するのが一番お得になります。 これから口座開設を考えている方、もしくは別の口座を考えている方は是非参考にしてみてくださいね。

次の

【2020年版】海外FX口座スプレッドを同環境で比較(2年間、5分ごとにスプレッド計測)海外FXスプレッド狭いランキング

海外fx スプレッド 0

スプレッドとは? FX取引における外貨交換手数料のようなもの。 FXでは通貨を買うときと売るときの値に差があり、その差額分をスプレッドと言います。 海外FX業者のスプレッド比較基準• 対象は当サイトで紹介している全海外FX業者9社• 主要通貨ペア7種類のスプレッドで比較 【ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージードル円、ユーロドル、ポンドドル、オージードル米ドル】• 比較要素は基本的にスプレッドのみ ・スキャルピングに制限があるものは除外する ・初回入金額10万円以下の口座タイプで比較• 変動スプレッドは「平均スプレッド」で比較する 基本的には公式HPで公開されている平均スプレッドを引用• STP口座・ECN口座もひとくくりでランク付け ECN口座は「平均スプレッド+取引手数料」で算定 通貨ペア スプレッド 取引手数料 往復0. 6or0. 8pips込 順位 ドル円 0. 90pips 平均値 1位 ユーロ円 1. 10pips 平均値 1位 ポンド円 1. 60pips 平均値 1位 豪ドル円 1. 50pips 平均値 1位 ユーロドル 0. 90pips 平均値 1位 ポンドドル 1. 10pips 平均値 1位 豪ドル米ドル 1. 00pips 平均値 1位 平均 1. 15pips 1位 スプレッド比較ランキング 第1位は HotForexのゼロスプレッド口座となりました。 HotForexは2010年から運営を開始しており、アジア諸国では知名度が抜群に高い海外FX業者です。 ボーナスが豊富であったり、多種多様な口座タイプが用意されており非常にバランスが良く取れている海外FX業者となっています。 通貨ペア スプレッド 取引手数料 往復0. 6pips込 順位 ドル円 1. 00pips 平均値 2位 ユーロ円 1. 30pips 平均値 2位 ポンド円 2. 30pips 平均値 3位 豪ドル円 1. 50pips 平均値 1位 ユーロドル 1. 00pips 平均値 3位 ポンドドル 1. 50pips 平均値 3位 豪ドル米ドル 1. 20pips 平均値 2位 平均 1. 40pips 2位 スプレッド比較ランキング 第2位はAXIORYのナノスプレッド口座となりました。 AXIORYは、海外FX特有のハイレバレッジでも追証無しで取引することができ、日本語対応もあることから日本人ユーザーが多いブローカーです。 また、海外FX業者の中でもまだ対応している業者が少ないcTraderを提供しているため、最先端プラットフォームで取引をすることも可能です。 AXIORYについて詳しく知りたい方は別記事「 」をご覧ください。 通貨ペア スプレッド 取引手数料 往復0. 7pips込 順位 ドル円 1. 03pips 平均値 3位 ユーロ円 1. 44pips 平均値 3位 ポンド円 2. 15pips 平均値 2位 豪ドル円 1. 82pips 平均値 3位 ユーロドル 0. 90pips 平均値 1位 ポンドドル 1. 27pips 平均値 2位 豪ドル米ドル 1. 22pips 平均値 3位 平均 1. 40pips 2位 スプレッド比較ランキング 第3位はTitanFXのブレード口座となりました。 TitanFXは2016年から導入した「Zero Pointテクノロジー」で約定力が大幅に向上しました。 低スプレッドと高速約定に定評があり、一気に新規口座開設者数と知名度を伸ばしています。 TitanFXについて詳しく知りたい方は別記事「 」をご覧ください。 通貨ペア スプレッド 取引手数料 往復1. 0pips込 順位 ドル円 1. 海外FX業者として信頼性が高く、口座開設ボーナスや入金ボーナスあり、大きな魅力で溢れています。 しかし、スプレッド水準においてはやや広めとなっており、スキャルピングトレードには不向きとなっています。 XMについて詳しく知りたい方は別記事「 」をご覧ください。 通貨ペア スプレッド 取引手数料なし 順位 ドル円 0. その中で、GemForexではスプレッドに特化したノースプレッド口座を用意しています。 平均スプレッドだけで見ると、圧倒的なスプレッド水準を誇ります。 しかし、今回ランキング外となってしまいました。 その理由としては、 スキャルピング制限があったり、 初回最低入金額が30万円であるため、今回の比較基準から外れてしまったからです。 資金力がある方や、スキャルピングを主とした取引でない場合はオススメの口座となっています。 GemForexについて詳しく知りたい方は別記事「 」をご覧ください。

次の

AXIORYをプロが評価。AXIORYのスプレッド・レバレッジ・入出金方法・取引ツール・口座開設方法・投資家からの評判を徹底分析

海外fx スプレッド 0

このサイトは、スキャルピングを基本スタイルにしている管理人が提供する海外FX業者のスプレッド比較情報サイトです。 海外FXとは 海外FXとは、日本国外を拠点に運営しているブローカーを利用したFX(外国為替証拠金取引)のことです。 運営拠点が海外のため、日本の金融庁からの規制に従うことなく、200~2000倍ものレバレッジで取引できることが最大の特徴です。 海外FX業者を利用するメリット 以下に海外FX業者を利用するメリットについてご紹介します。 高性能なプラットフォームが利用可能 海外FXでは、業者に依存せず、汎用的に利用できる高性能なMT4・MT5といったプラットフォームを無料で提供しています。 複数の海外FX業者を同じプラットフォームで取引できることは、操作スキルが重要な海外FXでは大きなメリットです。 スプレッドの重要性 海外FXのスプレッドは、業者側が独自に設定することができ、業者間でも大きく差があるため、スプレッドの狭い業者を選ぶことがとても重要です。 特に、ハイレバレッジのスキャルピングを好む・得意とするトレーダーは、スプレットが狭い海外FX業者を選ぶことにより、• 1pips 0. 25pips 0. 2pips 0. 3pips 0. 2pips 0. 35pips 0. 3pips 0. 3pips 0. 4pips 0. 3pips 0. 1pips 0. 25pips 0. 0pips 0. 3pips 0. 1pips 0. 3pips 0. 1pips 0. 5pips 0. 4pips 0. 3pips 0. 4pips 0. 25pips 0. 5pips 0. 3pips 0. 5pips 0. 35pips 0. 7pips 0. 3pips 1. 6pips 0. 5pips 1. 5pips 0. 25pips 0. 0pips 0. 3pips 1. 1pips 0. 5pips 1. 45pips 0. 35pips 1. 7pips 0. 3pips 2. 6pips 0. 3pips 0. 4pips 0. 5pips 0. 75pips 0. 25pips 1. 57pips 0. 35pips 0. 9pips 0. 3pips 1. 5pips 0. 25pips 0. 5pips 0. 3pips 0. 8pips 0. 35pips 1. 9pips 0. 3pips 1. 8pips 0. 5pips 1. 1pips 0. 25pips 0. 1pips 0. 3pips 0. 52pips 0. 35pips 0. 6pips 0. 3pips 0. 4pips 0. 5pips 0. 9pips 0. 3pips 1. 0pips 0. 35pips 1. 1pips 0. 3pips 1. 2pips 0. 5pips 1. 62pips 0. 35pips 1. 6pips 0. 25pips 0. 6pips 0. 3pips 0. 7pips 0. 35pips 1. 9pips 0. 3pips 1. 86pips 0. 35pips 1. 8pips 0. 3pips 1. 8pips 0. 35pips 1. 9pips 0. 3pips 1. 1pips 0. 35pips 1. 1pips 0. 5pips 1. 55pips 0. 35pips 0. 6pips 0. 3pips 0. 7pips 0. 35pips 1. 6pips 0. 5pips 1. 9pips 0. 3pips 1. 2pips まとめ 海外FXのメリット、スプレッド=取引コストの重要性、各業者別の取引コストをご紹介させて頂きましたが、国内FXとは違い、海外FXはスプレッドの負担が大きいことをご理解して頂けましたでしょうか? 海外FXならではのハイレバレッジ、ゼロカットシステムは国内FXには採用されていない独自のシステムであり、広域なスプレッドへの対策を怠りさえしなければ、海外FXは優位な取引をトレーダーにもたらしてくれます。 レバレッジの低さ、ロスカットレベルを下回ってしまう程の大高騰、不透明な取引方式といったことで国内FXに懸念を感じているのなら、海外FX業者の利用をおすすめします。 おすすめの海外FX総合サイト スプレッドだけでなく海外FX全般の情報を入手したい方は、以下のような海外FX全般の情報を取り扱うサイトで情報を入手して頂くとよいでしょう。

次の