マーボー 豆腐 殿堂。 つくれぽ1000丨麻婆茄子人気レシピ4選【殿堂入り】

豆腐人気レシピ【厳選51品】クックパッド殿堂1位・つくれぽ1000超も掲載中!

マーボー 豆腐 殿堂

なすは皮むき器で皮をしま目にむいて六つ割りにし、片栗粉を薄くまぶす。 うすく揚げ色がついたら取り出して、。 なすは全体に薄く片栗粉をまぶして揚げ焼きにすると、油が少なくてすみ、手軽にできる。 肉みそを作る。 フライパンをきれいにし、油をひかずにひき肉を入れて火にかけ、木べらでほぐしながらしっかり炒める。 ポロポロになったら残りの材料を加えて全体になじむまで炒め、いったん取り出す。 同じフライパンに油大さじ1、豆板醤、にんにく、しょうがを入れてさっと炒め、スープの素、水1カップ、2を加える。 1も加え、ふつふつとしたら火を止める。 ねぎ、を加えて混ぜ、にかける。 沸騰してがついたら火を止め、酢小さじ1を加えてさっと混ぜる。

次の

つくれぽ1000丨麻婆豆腐人気レシピBEST10【殿堂入り】

マーボー 豆腐 殿堂

「辛さ」と「シビレ」の伝道師 麻婆豆腐づくりにはそれなりに自信があった筆者ですが、四川料理のプロに教わったら目からウロコが3回落ちました。 講師は、都内の中華レストラン「 リバヨンアタック」の料理長・ 人長良次(ひとおさ よしつぐ)さん。 高校を卒業してすぐに「 シェラトン都ホテル」の中華レストランに就職。 当時の総料理長・黄綬褒章受賞者である 暁一氏に師事し、正統派の四川料理人としてキャリアをスタート。 何度も四川省に赴き、食べ歩きと研究を重ね、現在は一部のスパイスも現地・四川省から直接買い付けています。 人長さんは、本場の四川料理を日本人の舌に合うように調理しておいしさを伝えるのだ、という使命感に燃える 辛さとシビレの伝道師なんです。 しかも、中華鍋じゃなくて一般の家庭にもあるような 樹脂加工のフライパンひとつでいけるやつです。 人長さんのポイントを明確に押さえたレシピに、脳も舌もシビレました。 一味唐辛子の量について• 水溶き片栗粉が水に戻らない方法• 最後に油を追加する理由 特にここで 目からウロコが落ちました。 みなさんのウロコも落ちるといいなと思います。 プロに教わる「四川風 麻婆豆腐」を家庭のキッチンで作る方法 材料は豆腐1丁=2人前。 おいしく作るために適した分量です。 材料はできるだけ キッチンにあるような簡単なものや、 スーパーで買えるようなものだけで、工程を大きく3つに分けて、材料を工程に合わせて示しておきます。 油 大さじ1• 豚ひき肉 100g (他のお肉でもOK)• 甜麺醤(テンメンジャン) 大さじ1• 豆腐 1丁• 油 大さじ1• 唐辛子 適量3本くらい• ニンニク 小さじ1• 豆板醤 大さじ1• 酒または水 大さじ1• トウチ(またはトウチジャン) 大さじ1• 一味唐辛子 小さじ山盛り3杯(各自調節する)• 片栗粉 (硬めの水溶き) 大さじ3ほど• ニンニクの芽 適量• 油 大さじ2• 特製ラー油 ひとまわし• 花椒 思いっきり まずはメインの材料から 豆腐は絹でも木綿でもオッケー。 人長さんがお店で使っているのは絹豆腐だけど、家で作るなら木綿が失敗しにくいでしょうとのこと。 今回も木綿でやってもらいました。 ひき肉は豚、牛、合びき、なんでもオッケーです。 ニンニク、しょうがも市販のチューブのものでオッケー。 人長:僕、自分の家ではこれを使ってますよ。 ニンニクは買うと高いし、全部使い切らないから、気づくと冷蔵庫のすみでカラカラになってたりしてね(笑)。 チューブのにんにくで十分です。 粉末の「鶏ガラ中華スープの素」をといたものです。 仕上げに使うラー油は、できればいいものを使うのがおすすめですが、市販のものでも大丈夫ですよ。 まずは下ごしらえ 野菜を切ります。 ネギの芽切りです。 人長さんは普段はこういうことはしないそうですが、撮影ということで「バエる」技を見せてくれました。 人長:普通はペティナイフで芽切りをしますけど、100均のネギカッターでもいいです。 見えますかね。 ネギをくるくる回しながら刃を入れることで、縦方向に切れてプサプサになります。 これでみじん切りがしやすくなるわけです。 みじん切りします。 さすがプロと言うか、ノールックでトントン切ってます。 「トントントン、トントントン」がひと区切りです。 人長:リズムが大事なんです。 いま 6回で切ってますけど、2ビートでもいいんですよ。 リズムが取れているとノールックで切れるし、なにより疲れにくいですね。 こまけえ! 続いてニンニクの芽。 ニンニクの芽は香り付けの具材です。 お店では、 葉ニンニクを使うそうです。 こちらのほうが香りがいいのが理由。 中国でもだいたいこれ。 ただし日本のスーパーではなかなか買えないとのこと。 入手しにくい葉ニンニクのかわりに、ニンニクの芽を使うわけです。 まな板の上で包丁をニンニクの芽に押しつけてつぶし、香りを出やすくします。 そぎ切りにします。 人長:なんのために入れるかって、味じゃないんですよ。 香りを入れたいんですよ。 そぎ切りにすると断面積が大きくなるので香りが出やすいんですね。 食欲を誘ういい匂いっす。 肉味噌を作る ひき肉を炒めて、肉味噌を作ります。 サラダ油を大さじ1。 ひき肉100グラムを炒めて。 醤油を大さじ半分。 甜麺醤(テンメンジャン)を大さじ1。 満遍なく炒めたら。 お皿に移しておきます。 人長:お店では、この肉味噌をまとめて作るんです。 だいたい15キロくらい(笑)。 肉味噌は、前もって作っておいてもいいです。 ひき肉が特売のときに買って、たくさん作って冷凍しておきましょう。 野菜と炒めたら抜群においしいですし、担々麺の上にのせてもいいですね。 使い勝手がいいので、 まとめて作って小分けして冷凍保存するのがおすすめです。 豆腐をボイルする 次は豆腐を切ります。 およそ1. 5センチ角のサイの目切り。 人長:中華のまな板ってすごく便利で、切る角度を変えたいときはまな板の方を回せばいいんですよー。 豆腐が切れたら、ボイル。 目的は豆腐の水分を抜くことと、温めること。 沸騰したお湯に豆腐の水分を抜くための塩をひとつまみ。 ドバーと豪快です。 せっかくきれいに切ったので、お湯にそっと入れます。 人長:豆腐がお湯のなかで踊ってきたら、もうオッケーです。 人長:ザルに上げて水を切っておきます。 豆腐は、 なるべく直前にボイルしてください。 なんでかっていうと、冷めると豆腐同士が結着しちゃうんです。 せっかくきれいに切ったのに、塊になったら残念ですもんね。 それに、あったかいまま調理できる。 冷蔵庫から出してすぐの冷たい豆腐だと、豆腐に火が入る前に麻婆豆腐のスープが蒸発してしまうんです。 こうしてボイルする方法は、おそらく家庭でも失敗しにくいと思われます。 さっそく麻婆豆腐づくりへ さあ、麻婆豆腐の本番開始です。 熱したフライパンに油を大さじ1。 唐辛子を炒めます。 鷹の爪の輪切りでもいいそうです。 油に香りをつけるのが目的なので、辛さの調節は、あとで一味唐辛子でやります。 火を止めてニンニクを小さじ1。 豆板醤大さじ1。 人長:レシピなので正確っぽく言ってますけど、 分量なんてフィーリングでいいんです。 それが自分ならではの麻婆豆腐の味になるんです。 人長:ご家庭ではニンニクとしょうがはチューブのもので大丈夫! 人長:ニンニク、しょうがは炒めないと香りが出ません。 豆板醤も弱火でじっくり炒めないと、赤い色と辛みと香りが出ないので、ここは 弱火でしっかり炒めます。 でも焦がしちゃダメなので、焦がさないための水分を入れるんです。 水でもいいんですけど、酒のほうが香りがいいので、今回は酒を入れます。 大さじ1です。 人長:焦がさないように、弱火です。 豆鼓(トウチ)と一味唐辛子を入れます。 豆鼓(トウチ)を大さじ1。 これは豆鼓醤(トウチジャン)でもオッケー。 一味唐辛子は小さじ山盛りで3ですが、辛さは調整してください。 人長:なんで一味唐辛子をあとで入れるかというと、こいつらって焦げやすいんです。 また、豆鼓はいっぱい入れてあげるとおいしい。 もちろん瓶入りの豆鼓醤でもいいです。 しれっとした表情で一味唐辛子をどんどん追加し、我々を不安にする人長さん。 唐辛子の辛み成分カプサイシンは護身用催涙スプレーの主成分でもあります。 制圧されちゃう。 人長:炒めて、ちょっと香りが出たらすぐに中華スープを入れます。 焦がすのがいちばんダメなんで、早めに水分を入れるんですね。 あとでまた調整するので、まずはだいたい100ccです。 醤油を小さじ1杯入れて。 味見です。 プロはこまめに味見をするので失敗しないんすよね。 そしてここで、先ほどの肉味噌を入れます。 人長:おっ。 なんかそれっぽくなってきましたね(笑)。 さっと混ぜて。 ボイルしておいた豆腐を入れます。 冷めないうちに、というのが重要。 ジェントルな手付きです。 豆腐が壊れないようにソフトに混ぜまして。 ここで残りの中華スープを追加。 100cc。 ぜんぶで200cc入れたことになります。 人長:スープを2回に分けて入れる理由は、1度で入れてしまうとシャバシャバになって作りにくいから。 それに、味を見ながら追加していくと失敗しにくい。 少し水分が蒸発してきたら足す、みたいな気持ちですね。 味見をして。 硬めの水溶き片栗粉の登場です。 人長:水溶き片栗粉は、大さじ2杯くらいかなー。 ここ、ポイントです。 片栗粉を入れるときは必ず火を消してください。 片栗粉は熱でダマになってしまうことが多いんです。 人長:入れたらいったん混ぜてください。 そして火をつける。 これでとろみが付きます。 そしてニンニクの芽をこのタイミングで入れます。 おっと、片栗粉が追加されました。 人長:とろみが足りなかったらまた火を止めて追加します。 1発で決める必要はないんです。 結局、水溶き片栗粉は大さじ3かな。 水溶き片栗粉ってタイミングを間違えたらおしまいかと思ったら、やり直しがきくとは意外でした。 心強いことです。 人長:片栗粉を硬めに打ったら、鍋肌から油を大さじ1杯、くるーっと流し入れます。 なんでかっていうと、 麻婆豆腐の豆腐って、焼かなきゃいけないんです。 焼くことによって、香りが出てくるんです。 麻婆豆腐って、煮物じゃなくて炒め物なんですね。 今回はフライパンを使用していますが、中華鍋の場合は下にしっかり焦げ目がつくほど焼くんですよ。 そして強火でグツグツ、最後にしっかりと無駄な水分を飛ばしてあげるんです。 人長: ちょっと硬いかなと思うくらいに仕上げるのがポイントです。 見極めとしては、まわりがグツグツするくらいまで。 強火で焼くことによって、香りが全体に回るんです。 ここをちゃんとやればずいぶんおいしくなります。 人長:片栗粉って、ちゃんと焼いて火を通さないといけないんです。 できてしばらくたった麻婆豆腐から水が出てくるのって、まだ片栗粉が「生」だからなんですね。 片栗粉が生のままだと、また水に戻っちゃうんです。 こうやって(片栗粉を)硬めに打って、油で伸ばすことによって、しっかりと豆腐は焼けて、香りも出てくるし、片栗粉にも火が通る。 四川料理では「 煎(ジェン)」といって、焼くことがとても大事なんですよ。 人長:最後の仕上げにラー油をひと回し。 人長:できれば、いいラー油を使ってください。 お皿に移したら。 山椒、というか花椒です。 人長:最後にこいつの登場です。 花椒(赤)。 ホールでは香りが出ないので、ひくか、包丁で刻むなどして欲しいです。 もちろん粉末でもいいです。 人長:(花椒をどっさり入れながら)中途半端が! いちばん! おいしくないっ! ためらいなくどっさりと花椒を放り込む人長さん。 たしかに「ちょっとだけ」なんて、スパイスを入れる意味がありません。 ここは思いっきりいきましょう。 すげえビジュアル。 完成しました。 「どやっ」と決めてもらいました。 人長:うむ、我ながらおいしいですねー! 人長:四川省は盆地みたいになってて、一年中湿地というか、汗をかきにくい地域なんですよね。 そこでこういう辛い料理を食べて発汗作用を促すということなんですよ。 もともと唐辛子自体は歴史はそんなに深くないんですよね。 中南米が原産である唐辛子が世界中に広がったのは、大航海時代以降の15世紀からです。 人長:麻婆豆腐の由来は「あばた顔のおばあさんが作った豆腐料理」。 「麻」は「あばた」という意味。 労働者がいっぱいいたんですけど、豆腐が固くてまずいんです。 水牛を使って畑を耕してて、年を取って働けなくなった水牛を食べるんですけど、これも肉が固くておいしくない。 労働者が、そのおいしくない豆腐とおいしくない水牛の肉をお店に持ち込んで「なんとかおいしくできないか、ばあさん」と。 そこでできたのが麻婆豆腐。 そのお店が麻婆豆腐の元祖「陳麻婆豆腐」だったと。 いい食材じゃなくてもおいしくできるのが麻婆豆腐なんです、って僕の師匠が言ってました(笑)。 グレード違いの唐辛子が何種類も山積みである(写真提供:人長さん) 人長:麻婆豆腐は、あまり質の良くないお肉やお豆腐でも、すごくおいしくできる料理。 高級な材料じゃなくても、誰もが作ることができる「庶民の料理」なんですね。 で、僕らプロの料理人は、そこからさらにいかにおいしく作るかを常に目指しているわけです。 人長:この麻婆豆腐は、僕がホテルでの修行時代に作っていたものではないんです。 もちろんその当時はおいしいと思ってたんですけど、中国に行って食べたり、日本でよそのお店に食べに行って「これ、おいしいな」って思ったものがいっぱいあって。 それから自分なりに試行錯誤していたら、いまの麻婆豆腐に行き着いたんですね。 お店で出しているものがまさにそれなんですけど、でも今日のものも作ってみて、これもうまいなーと(笑)。 家庭でこういう味ができたらきっとうれしいと思うので、みなさんにもぜひ作ってみて欲しいです。 それが、僕というフィルターを通して、日本のみなさんに本場の中華料理を食べさせたいということにつながってくるのかなと思います。 人長さんがつくる麻婆豆腐が食べたくなったら 人長さんが料理長を務めるお店「 リバヨンアタック」は、・日本橋の室町エリアにあるシャレオツな中華レストラン。 なぜか卓球台やカラオケルームもある個性的なところ。 人長さんがこだわって調達した中国のスパイスや国産の食材を使って作られるシビレと辛さとうま味に満ちた料理を食べてたら、汗でだくだくになりました。 中国産の花椒をたっぷり入れたシビれる火鍋がいまおすすめの新メニューとのことなので、麻辣好きはぜひチャレンジするがよい。

次の

麻婆(マーボー)なす by陳建太郎さんの料理レシピ

マーボー 豆腐 殿堂

あとは豚ひき肉、生姜、にんにく、好みで唐辛子を準備します(調味料も特別なものは使わず、醤油、みりん、味噌、塩、こしょうのみです)。 生姜は皮をむいてみじん切りにします。 みじん切りにした状態で大さじ2ほど準備します。 にんにくは縦半分に切って芽が大きくなっていれば取り出し、同じくみじん切りにします。 小さじ1ほどあればよいです。 それから、好みで加える唐辛子は竹串などを使って種だけを取りのぞいておきます(輪切り唐辛子でもOKです)。 麻婆豆腐の豆腐の下ごしらえ 麻婆豆腐は煮込むときの水分量も少ないので、 豆腐を事前にきちんと下ごしらえすることが大切です。 そうすることで、水っぽくなった、豆腐の芯が温まってない、といった失敗を防ぐことができると思います。 どうやって下ごしらえをするかというと さっと下ゆでするのです。 手順としては、豆腐パックの水を鍋に入れ、豆腐はまな板に取り出して1. 5~2㎝角に切ります。 切った豆腐は鍋に移します。 鍋に豆腐がかぶるくらいの水を足し入れて、鍋を中火にかけ、 一度沸騰するまで待ち、沸いたらそっとざる上げしておきます。 ざる上げのときに多少崩れるかもしれませんが、そこは致し方なしということで…。 油が熱くなって沸々としはじめたら1分ほどそのまま香りを引き出し、そのあとで豚ひき肉を加えます。 火加減を中火にして、ヘラや箸でひき肉をほぐしながら、時おりフライパンを振ってひき肉を炒めます。 ひき肉の色に赤い部分がなくなり、しっかり火が通れば 塩ひとつまみ、こしょう少々(分量外)で下味をつけてから混ぜ、そこにAを順に加えます。 味噌だけは溶けにくいので、フライパンの中でダマがなくなるようによく混ぜるとよいです。 Aの調味料が混ざれば、下ゆでしてざる上げしておいた豆腐を加えます(煮汁が沸いてきたら火は弱めておきます)。 豆腐にもある程度の熱が残っていますが、ここで 2分ほどコトコトと豆腐を温めます。 豆腐を温めている間に、Bの水溶き片栗粉を用意します。 入れる直前に必ず底にたまった片栗粉を混ぜてしっかり溶きます。 フライパンの中を混ぜながら、少しずつ水溶き片栗粉を入れて、全体にとろみをつけます。 とろみがついてから、1分ほどぐつぐつと麻婆豆腐を沸騰させます(とろみを安定させるため)。 最後に 香り付けのごま油を大さじ1~2ほどまわしかけます。 さっと全体を混ぜたら完成です。 シンプルでやさしい味わいなので、仕上げに山椒の粉などは特に必要ないと思います(お好みですが)。 Twitterアンケートでは、唐辛子や香辛野菜(生姜,にんにく)を控えめにしたら幼児が喜んで食べてくれるという声も多かったので、キーワードタグをつけています。 ねぎ、豆板醤、紹興酒、豆鼓、オイスターソースなど、うま味や香り付けのものをさらにプラスした際には、山椒の粉もぴったりだと思います。 炒め物などパパっと作る料理では、Aの調味料を事前に混ぜておいたりしますが、麻婆豆腐は汁気の中で味噌もちゃんと溶けるので、順々に入れればOKです。

次の