小池 百合子 ゲーム。 小池百合子の「密ですゲーム」3個紹介!プレイ方法やリンク先も解説

小池百合子の「密です・ソーシャルディスタンス」が技発動のよう!ネタまとめ

小池 百合子 ゲーム

ソーシャルディスタンスを保ち続けると、レベルがアップしていきます。 制作期間は実質4日間です。 (新型コロナの影響で)通っている学校もアルバイトも休みになったので、早めに制作することができました。 まず、「密です」というワードが、強烈に印象に残っていました。 アルバイトの最終日だった11日の夜、家に帰るためまっすぐの道を長い時間歩いていました。 その二つが融合して、歩いて向かっていく先の通行人を「密です」という言葉で押し退けられたら面白いぞと思い、その日のうちに制作を開始しました。 「かんたん」か「ふつう」好きな方を選んでください。 始めは「かんたん」から挑戦した方がいいかと思いますが、お好みでどうぞ^^ ゲームが開始されると「宜しくお願いします」という音声が流れ、都知事が歩き出します。 都知事を囲む緑色の円の中へ人を入れないように弾いていきます。 集団をタップ/クリックすることで弾き飛ばすことが可能です。 お魚や和牛でポイントGET 右下のマスクが全て無くなるとゲームオーバーです。 迫りくる集団を弾きやすくなるので簡単になるように思えますが… そんなに単純ではありません 笑 攻撃の「密です」の円が大きくなったことで、マスクを届けてくれる安倍首相似の男性や、和牛お魚が見えなくなってしまうのです! 結果、マスクなど必要なものがGETできず…END!!! ・長押しすると「密です」の範囲が広がる。 ・🥩や🐟を拾うとレベルアップ。

次の

密ですゲームとはスマホ無料アプリ!やり方と攻略方法まとめ!

小池 百合子 ゲーム

キーボードの右・左で自分の位置を変えられるので、迫りくる小池百合子を避けながら進みましょう。 どれだけ進めたかを競うゲームです。 プレイ開始後にマスク2枚が支給されていますので、 キーボード上でマスク着用することができます。 マスクを付けると1回だけ小池百合子との接触を防ぐことができるので、 積極的にマスク着用しましょう!w マスクがない状態で小池百合子に接触するとゲームオーバーです(密です密です密です…)。 iPhoneでは操作できなかったので、 パソコンからアクセスしてプレイすることになります。 自分が小池百合子となり、現れる人々を「密です!」と避けさせながらソーシャルディスタンスを守っていくというゲーム。 自分の周りの緑の円に他人が入ってきてしまったら、自分のマスクが一つ減ります。 画面をタップすると「密です」という音声とともに、人々を弾き飛ばすことができるので緑の円に触れないよう飛ばしましょう。 肉をとると「密です」の範囲アップ• 魚をとると「密です」の回数アップ• 安倍晋三をとると「マスク」が2個回復 となります。 都知事になって密集団を探して解散させるゲームです… — もうせ motulo こちらはまだウェブ公開されておらず、プレイできません。 ツイートが伸びたら公開する予定だということです。 みんなのプレイ状況は? ツイッターでは、プレイしている状況やどこまで進んだかを報告している様子が見られます。 小池百合子にぶつかってしまうと思わず、フフッと笑ってしまうのでオススメです!.

次の

【動画】密ですゲームの作者は誰?どんな人?元ネタ小池百合子都知事のソーシャルディスタンスと密です!発言

小池 百合子 ゲーム

事の発端となったのは、今月10日、小池都知事が記者団に囲まれた際、「! 」と言いながら記者と距離を取るという場面が投稿で広まったこと。 手を伸ばして記者と距離を取るという、正しい行動ながらそのさが話題となり、上で半ば流行語化していた。 その後、上ではこの一幕について、小池都知事がの使い手になって記者と距離を取るといった漫画がされたり、音源を作るが出現したりしているほか、「三密」「」なるものも登場。 2枚のHP 、用語で「体力」の意味 で、小池都知事のが描かれたパネルのようなものを避け続けるというや、自身が小池都知事になり、「」と言いながら半径2以外に人を近づかせないよう歩いていくというものも。 こちらもHPはとなっているが、まれに出現するらしき人物がをくれたり、お肉やお魚をすることもできる。 さらに、22日には「3D - 密集団を解散せよ」というが公開に。 これまでに比べもっとも高となっており、が小池都知事となり、街でおしゃべりしたりをしたりしている集団に近づき、「」と、集団の距離を空けさせるというもの。 なぜか空を飛ぶこともできるようになっており、上からは「自宅待機の時間これやろう」「これは」「『』界隈は天才ばっかで驚いてる」といった称賛の声など寄せられていた。 からは、「まさか認知してるとは…! 」「外出自粛を促すために小池都知事自身にして欲しい」「もう今年のは『』でいい気がする」という驚きや面白がる声も集まっていた。 たった一言がを作り出した小池都知事。 思わぬところで好感度を上げていたようだ。 小池百合子東京都知事 関連ニュース•

次の