さ なる 歯科 逮捕。 歯科医師逮捕

【岡山県】患者の歯を削った歯科医師逮捕

さ なる 歯科 逮捕

【岡山県】患者の歯を削った歯科医師逮捕 2018. 17 水曜日 【傷害の疑いで歯科医師逮捕】 2018年1月17日、岡山県警は、患者の歯を不必要に削り損傷させたとして、傷害の疑いで歯科医師男(53)を逮捕した。 男は「患者を傷つける行為はしていない」と容疑を否認している。 逮捕容疑は2017年5月17日、男の自宅が入るビルで開設した歯科医院に初診で訪れた岡山市の男性(25)の承諾を得ていないのに、歯科器具を使って奥歯2本の健康な部分を切削し、治療に約1カ月かかる傷害を負わせた疑い。 岡山県警によると、2017年5月末、男性が受診した別の歯科医師が警察に相談したことを受け、捜査を進めていた。 【歯科医師のリスク管理】 近年、歯科クリニックでの防犯カメラ導入が急速に増えており、弊社に御問い合わせ頂く方は皆、口をそろえて「受付、診察ブースにカメラを設置したい」と話します。 この事件ではどちらの言い分が正しいのかは詳細や背景が不明な為分かりませんが、恐らく「事前に承諾をとったかどうか」「削ったところは削る必要があったのか、削る必要のない健康な部分だったのか」といったところにポイントがあり、通常は承諾書にサインでもしてもらわない限り「承諾をした」という明確な証拠は残りませんし、削った後の歯から既に失われたところが健康だったかどうかを判別するのも困難であり、「承諾をとっていた・歯は悪くなっていた」という証拠は残りにくく、基本的には証拠の無い水掛け論になってしまいます。 そして、その水掛け論の結果がどうであろうとも、歯科クリニックは必ずダメージを受けることになります。 こういうことが起きるからこそ、歯科クリニックでは無実の証拠確保のために診療ブースに高画質防犯カメラと、できれば集音マイクも設置したい、と考えることになります。 上記の事件では「逮捕」という所までしか発表されておらず、今後不起訴になるのか、罪に問われることになるのかは分かりませんが、素人目からすると歯医者さんが歯を削ったことが傷害事件・逮捕に結びつく事がある、ということに驚きを禁じ得ません。 医療施設の導入事例はコチラ 【関連する防犯情報】•

次の

医師が逮捕!|その後や免許はどうなる?対処法や逮捕後の流れも解説|刑事事件弁護士ナビ

さ なる 歯科 逮捕

あなたや、あなたのご家族が逮捕されてしまったら、まずは弁護士に相談しましょう。 特に、逮捕された方が医師である場合、 実名報道や、罰金刑以上の有罪判決で医師免許が取消される恐れがあります。 この行政処分は、執行猶予がついた場合でも同様です。 これは、検察官は有罪立証確実である事件だけを起訴しているためだと言われています。 したがって、起訴された場合、有罪判決が下される可能性が高いでしょう。 不起訴処分を獲得するのであれば、 逮捕から起訴されるまでの最大23日間の弁護活動が非常に重要です。 ご家族が逮捕されてしまってどうすべきかわからないのであれば、 まずは弁護士にご相談ください。 この記事では、医師が逮捕された場合の対処法から、逮捕された場合に考えられる影響、逮捕後の流れまで解説します。 逮捕から72時間以内の対応が 運命を左右します 医師が逮捕・起訴された場合、 次のようなリスクがあります。 判決によって 医師免許が取り消される可能性• 実名報道される可能性• 前科がつく可能性• 長期の身柄拘束で 仕事に影響が出る可能性 逮捕後 72時間 の対応が、今後の流れを左右します。 お近くの弁護士を検索し、 ご相談ください。 医師が逮捕された場合の対処法 ここでは、逮捕されてしまった場合の対処法を解説します。 弁護士に相談する もし、逮捕されてしまったら、まずは弁護士に相談してください。 医師が有罪判決を受けた場合、刑事罰だけでなく行政処分が下され、その後の 医師免許再取得も非常に難しくなります。 したがって、不起訴処分を獲得することが重要です。 弁護士に相談することで、以下のような弁護活動を行ってくれます。 取調べに関する助言・今後の流れの説明• 警察に対して、公表を回避するよう意見書の提出• 早期身柄解放のための弁護活動• 被害者との示談交渉• 不起訴処分・執行猶予の獲得・実刑の回避 医師の行政処分を行っているのは、厚生労働省の医道審議会です。 逮捕された場合、医師法などに基づき、処分が下されます。 医師の場合、 罰金刑以上の判決を受ければ、医業停止や免許の取消しといった厳しい処分が下されることになります。 法定刑に懲役刑しか定められていない『強制わいせつ罪』などは、執行猶予がついても処分対象です。 逮捕から起訴されるまでの時間は、最大23日しかありません。 前科とならない不起訴処分を目指すのであれば、ただちに弁護士へ相談しましょう。 【北海道・東北】• 【関東】• 【北陸・甲信越】• 【東海】• 【関西】• 【中国・四国】• 【九州・沖縄】• 被害者との示談成立は、事件の解決を意味します。 そのため、その後の刑事処分に有利な事情として働く可能性が高いです。 ただし、被害者との示談は、以下の理由で弁護士に依頼するケースが一般的です。 捜査機関は、被害者の連絡先を明かさないため直接連絡することは不可能• 被害者の感情を害するため示談を拒否される• 解決の相場が分からずに混乱が生じる 被害者の連絡先の入手はもちろん、被害者感情に十分配慮して交渉してもらうためには、弁護士に依頼した方がよいでしょう。 取調べの際に作成される供述調書は、裁判時に強力な証拠となります。 また、後からこれを覆すのは困難だからです。 弁護士が来るまでは、黙秘を貫いた方が賢明でしょう。 業務上過失致死罪などの場合は、早い段階で弁護士と協力して、反論できる証拠などをそろえましょう。 いずれにしても、ただちに弁護士へ相談することをおすすめします。 【北海道・東北】• 【関東】• 【北陸・甲信越】• 【東海】• 【関西】• 【中国・四国】• 【九州・沖縄】• 医師が逮捕された場合のその後 医師が逮捕された場合、その後どうなるのか、どういった処分が下されるのかについて解説します。 実名報道される 医師が逮捕された場合、実名報道されることが考えられます。 警察の発表や、報道機関には、どういった事件を報道するのか明確な基準はないそうです。 しかし、公共性・社会性・話題性・重大性を総合的に判断して、報道するようですので、報道される可能性は十分にあるでしょう。 【参考】 弁護士に依頼することで、逮捕直後の報道を回避するよう意見書を提出してもらうことが可能です。 もっとも、有罪判決後に下される行政処分は、厚生労働省から公表されます。 それをメディアが報じることで、インターネット上に記録が残ることになってしまうでしょう。 懲戒解雇される 勤務医の場合、医療法人との間で結ばれた雇用契約によって、懲戒解雇とされることが考えられます。 雇用契約の内容にもよりますので、どういった処分が下されるのかは、病院側と調整することになるでしょう。 行政処分が下される 医師の行政処分は、 免許取消・医業停止 業務停止 ・戒告の3つがあります。 処分内容の決定に関しては、厚生労働省が公表している『』にまとめられています。 それによると、処分の決定は、以下を参考にするとしています。 刑事処分の量刑・執行猶予の有無・裁判結果などを参考• 刑事事件に至らない医療過誤 医療ミス でも、明確な注意義務違反に認められる場合は処分対象となるなど 上記の処分が下されたとしても、欠格期間などを経て、再教育研修を受けることで、復帰することができます。 免許取消 逮捕されたことだけを理由に、医師免許を取り消されるということはありません。 起訴され、罰金刑・懲役刑・執行猶予含む判決が下された場合は、免許を取り消される可能性があります。 再交付されるには、欠格期間を経る・再教育研修を受ける必要があります。 医師免許欠格期間 罰金 刑の執行後、罰金以上の刑に処せられずに5年を経過するまで 執行猶予 執行猶予期間満了まで 実刑 刑の執行満了後、罰金以上の刑に処せられずに10年経過するまで ただし、再教育研修を受けたからといって、再交付されるとは限らないようです。 医業停止 医業停止の場合、3年以内を目安として医療行為に携わることが禁止されます。 医師免許の停止ともいいます。 停止期間後、再教育研修を受けることで復帰することは可能です。 医師が逮捕された後の流れ 逮捕後の流れはこちらです。 逮捕後48時間以内に取調べ、検察へ送致 送検• 検察で24時間以内に勾留の要否を判断し、裁判所へ勾留請求• 裁判所が勾留決定• 勾留10~20日 逮捕後から勾留決定までの72時間は、家族であっても接見 面会 が許されません。 勾留後も、犯罪の内容によっては、接見禁止処分が下される場合があります。 逮捕直後から勾留決定までの接見、接見禁止処分の接見が可能なのは弁護士だけです。 逮捕直後から早い段階で弁護士に相談することで、不利な供述を回避できるよう、助言などを受けることができます。 まずは弁護士に相談してください。 早ければ早いほど、早期の身柄解放に繋がるでしょう。 「早い段階で弁護士に相談していればよかった…」と 後悔しないように、まずは相談してください。 また、逮捕された被疑者でも、警察にお願いしてを呼ぶことが可能です。 あなたが私選弁護人に相談する際は、刑事事件を扱った実績のある弁護士、事件の内容によっては医療過誤を扱った実績のある弁護士を選びましょう。 刑事事件を熟知している弁護士であれば、おのずと素早い対応をしてくれることでしょう。

次の

診療報酬を詐取容疑 歯科医2人を逮捕 総額は6億円か:朝日新聞デジタル

さ なる 歯科 逮捕

通常逮捕• 現行犯逮捕• 緊急逮捕 通常逮捕とは、逮捕令状を示し、疑いがかけられている犯罪と逮捕の理由を告げて、犯人を逮捕する手続きのことをいいます。 通常逮捕は、被疑者の人権を保障するという観点から、裁判所に逮捕すべきかのチェックを経て、必要があると判断された場合に逮捕できる手続きです。 現行犯逮捕とは、その名の通り、現行犯で即逮捕することを言い、逮捕令状なく行われます。 たとえば、犯人が万引きしているところを目撃した警察官が即逮捕することを指します。 犯罪が今行われているということが明白であるために、裁判所のチェックは必要なくその場で逮捕されるのです。 緊急逮捕とは、被疑者が殺人罪や強盗罪など重罪を犯したと疑うに足りる理由や証拠があり、緊急性があると判断された場合、逮捕令状なく逮捕する手続きのことを指します。 ただし、緊急逮捕の場合には、裁判所のチェックを受けるために、逮捕した後になりますが、逮捕令状を請求する必要があります。 仮に逮捕令状が出されない場合には、被疑者は釈放されることになります。 逮捕されたらどうなる? 警察官に逮捕された場合、原則として逮捕されてから48時間以内の取り調べにより「さらに留置の必要がある」と判断された場合、被害者は検察に身柄送検されます。 しかし、 48時間以内に「留置の必要がない」と判断された場合被疑者は釈放されます。 釈放はされますが身柄が解放されただけで不起訴が確定した訳ではなく、警察による捜査は続きます。 捜査の過程で容疑が晴れなければ、捜査書類が集まり次第、後日に書類送検 検察官送致 が行われます。 書類送検とは、被疑者が逮捕されない、または逮捕されたが釈放された場合に行われるもので、警察が検察庁に取り調べの内容や書類を受け渡すことです。 書類送検後、さらに検察官が被疑者の取り調べの捜査を行い、検察官が起訴や、不起訴にするか判断をします。 罪とならず• 嫌疑なし• 嫌疑不十分• 起訴猶予• 親告罪の告訴取り下げ 罪とならずとは、検察官による捜査の結果、そもそも犯罪行為となる内容が認められなった場合です。 暴行事件だと思って逮捕した案件が実際は 口論のみの喧嘩で暴行の実態はなかったなどの場合や、犯罪行為とみられていた行為が正当防衛であったと認められた場合などがこれに当たります。 嫌疑なしとは、捜査の結果、被疑者の疑いが晴れた場合です。 嫌疑不十分とは、 捜査をした結果、犯罪の疑いが完全に晴れたわけではなかったものの、裁判において有罪の証明をするのが難しいと判断された場合。 起訴猶予とは、有罪の証明が可能な場合であったとしても、被疑者の境遇や犯罪の状況を鑑みた結果、不起訴とする、と決定した場合のことです。 告訴取り下げとは、被害者が加害者への刑事処罰を望まないなどの理由で告訴を取り下げることです。 この場合、事件の内容が親告罪(告訴がないと公訴できない犯罪)であれば、告訴が取り下げられた時点で不起訴が成立しますが、親告罪ではない事件だった場合は、 被害者からの告訴が無くても起訴できるため、まだ起訴される可能性は残ります。 被疑者が不起訴処分となる為には、検察官に嫌疑が不十分であると判断されるために、警察が集めた書類 司法警察職員面前調書や実況見分調書など やさらに、検察官が取り調べを行った際に作成される検察官面前調書などから被疑者にとって有利となる自白文書や反省文を書いたり、被害者との示談交渉を行ったりする必要があります。 これらの対処を一般人が行うのはとても難しいため、不起訴処分を勝ち取るためには、法律の専門家である弁護士を雇い、力を借りる必要があります。 不起訴処分になると、被疑者に前科はつかないですし、刑事手続が終了した場合は、拘束からも解放されることとなります。 起訴されたらどうなる? 最後に、起訴後の流れから、保釈手続きについて解説していきます。 留置所で身柄を拘束されている被告人は、起訴が決定されると拘置所という刑事施設に身柄が移されます。 しかしこの場合は保釈申請をしなかった、または申請をしたものの初犯ではない、などのケースです。 保釈とは、被告人が保釈金を納付して刑事裁判まで 一時的に身柄が解放される制度です。 保釈の申請は、起訴を受けたそのときからすぐに可能であり、弁護士が行います。 弁護士が保釈申請書を提出すると、裁判所から保釈の許可、または却下が判断されます。 保釈が許可された場合、裁判所から保釈金の金額と保釈中の制限が言い渡されることになります。 指定された保釈金の金額を裁判所に収めて、初めて保釈となります。 保釈が許可されたとしても、保釈金を集めて納めることができなければ保釈はされません。

次の