動物資源科学科。 動物科学科

動物資源化学

動物資源科学科

人類は、陸地や海洋に生育・生息する植物、動物、微生物などの多様な生物を、みずからの生命を維持し活動するための糧とするとともに、日常生活を支えかつ豊かにする貴重な資源として利用してきました。 そして、その長い歴史において、このような生物資源をそれぞれの利用目的にとってより望ましいものに改良するとともに、それらの潜在能力を最大限に引き出す栽培・飼育方法を確立することや生育・生息しやすい環境を整えることに、多大な努力を重ね知恵を絞ってきました。 その結果今日では、一見身の回りに食べ物や生活物資があふれているようにみえますが、地球規模で見れば 21世紀の食料生産が人口増加に追いつきそうにない深刻な事態に直面しており、また資源生物の過度な利用が、地球環境の悪化や生態系の破壊を引き起こしつつあるという重大な問題を抱えています。 したがって、資源生物のより安定した高い生産性とよりよい品質の確保を、環境との調和と生態系へのマイナスインパクトの低減を図りながら追求していくということは、これからの地球と人類に求められている大きな課題です。 資源生物科学科は、この大変難しいがチャレンジングな課題に取り組む人材を育てるため、基礎知識から応用技術まで、幅広い教育を提供する学科です。 学科は30分野(内容は下記参照)という多くの専門分野から構成されています。 それは、食用作物や他の資源植物、家畜や他の資源動物、海洋の魚介類や微生物といった多様な生物を、マクロからミクロまで、すなわち集団、個体から細胞・分子にいたる様々な視点から研究しているからです。 また、それぞれの資源生物を如何にして外的から保護し、その生育・生息する環境を好適な状態に維持するか、さらには如何にして不良環境下でも高い生産性を得るかについても、新しい品種等の創出も含めた研究がなされています。 このように資源生物科学科の教育内容は広い領域・分野にわたっていますが、大きくは下表に示す4つのグループに分けることができます。 したがって、1~2回生ではまず資源生物科学全般について学び、3回生ではそのなかで興味が深まったグループの科目を中心に受講して、それをもとに4回生での分属分野を選択するのが望ましいでしょう。 グループ 分野 資源植物 作物学、育種学、蔬菜花卉園芸学、果樹園芸学、栽培システム学、植物生産管理学、植物遺伝学、植物生理学、栽培植物起原学、品質評価学、品質設計開発学 資源動物 動物遺伝育種学、生殖生物学、動物栄養科学、生体機構学、畜産資源学、生物資源情報科学 海洋生物 海洋生物環境学、海洋生物増殖学、海洋分子微生物学、海洋環境微生物学、海洋生物生産利用学、海洋生物機能学 生産環境 雑草学、熱帯農業生態学、土壌学、植物病理学、昆虫生態学、昆虫生理学、微生物環境制御学、生態情報開発学 各分属分野のキーワード 分野 キーワード 食糧生産と環境、作物の生産性と遺伝子型・環境相互作用、環境ストレス耐性、生育予測モデル、情報計測、環境調和型の作物生産技術 品種改良、重要農業形質の遺伝分析、突然変異、病原性関連タンパク、遺伝子組換え、トランスポゾン 環境制御と生育調節、機能性野菜の開発、花色の変異機構の解明、有用品種の作出、塩素殺菌とリン酸難溶化を利用した有菌下での植物への有機物施与 開花結実生理、果実発育・成熟機構、バイオテクノロジーによる果樹育種、果樹遺伝資源の系統分類、自家不和合性遺伝子解析 農業生産生態システム、集落営農、田畑輸換、窒素循環、環境調和型の農業生産システム、広域情報計測、集落農業管理システム 温暖化に備えた高温耐性作物の開発休眠性メカニズムの解明、機能性成分の遺伝子解析、自家不和合性遺伝子の解析、染色体とゲノム解析、バイオテクノロジーと種苗生産 コムギ、細胞遺伝学、ゲノム、染色体、動原体、病害抵抗性、倍数体、細胞質遺伝、シロイヌナズナ、集団遺伝学、進化 環境応答の分子機構、花成、核酸と蛋白質による長距離情報伝達、頂端分裂組織の維持機構、エピジェネティクス、根粒形成と菌根形成 栽培植物と近縁野生種の遺伝的多様性、植物分子系統学、作物の起源、民俗植物学、遺伝資源の探索、コムギの系統保存事業 食糧作物や食品素材の品質評価、油脂食品の高品質化、タンパク質・多糖類の構造機能解析と利用、味覚 の受容メカニズム、酸化脂質の生体への影響と食品成分による防御 分子農業、高品質作物の設計・開発、遺伝子組換え作物、貯蔵タンパク質の輸送・集積の分子機構、タンパク質工学、食糧タンパク質・酵素の機能設計、x線結晶構造解析 質的・量的形質の遺伝学、システム生物学、オミクス解析、ビッグデータ解析、資源動物や希少動物の遺伝的評価・育種改良・個体分類・保全法の確立 クローン動物、細胞分化と脱分化、胚性幹細胞と生殖幹細胞、遺伝子組換え動物、哺乳動物卵子の体外受精と体外培養、哺乳動物の胚発生の分子機構解明 比較動物栄養学、栄養生理学、脂肪細胞の分化、ビタミン栄養、ミネラル代謝、食料・飼料の代謝調節機能 動物の生理・生産機能の評価、動物の環境生理と地球温暖化、環境汚染と環境ホルモン、卵巣の凍結保存 動物生産システムの生物学的・経済的評価、世界の動物生産システムの比較、環境保全型動物生産、動物遺伝資源の保全計画の評価 gps・gisを用いた放牧管理技術、動物生産のための情報システム構築、バイオテレメトリー等を用いた水圏生物情報の解析、水圏生物の保全技術 沿岸海洋、海洋環境保全、水産海洋、海洋生態系の仕組み、生物・物質輸送、河川・沿岸海域・外海域の相互作用、富栄養化と貧酸素化機構、安定同位体比、物質循環 沿岸性魚類の初期生態、ヒラメ・カレイ類の変態機構、海と川を往復する魚の生理生態、有明海特産魚類の保全生態、魚類分類学、魚類系統学 海洋性超好熱古細菌、深海底熱水環境、極限環境微生物の生理・生態、極限酵素、バイオ水素生産、脱窒細菌の生理生態、有毒微細藻のゲノム解析と遺伝子診断 微細藻類・菌類によるカルテノイド・バイオ燃料等有用物質生産、深海(微)生物、大型藻の分類と利用 未利用資源、食品機能、生理活性物質の探索、甲殻類の生体防御機構、高度不飽和脂肪酸の生理機能、脂質代謝の分子制御、遺伝子導入、生殖細胞、内分泌かく乱、メダカ 海洋生物機能成分のライブラリー化とその応用、有機・無機ハイブリッド素材の開発、干潟の生物機能を活用した環境浄化、遺伝子組換えによる養殖魚の品種改良 雑草管理、雑草の生活史特性、雑草の除草剤抵抗性生物型、外来雑草の侵入・定着と拡散、作物ー雑草複合、擬態雑草 農業資源、気象環境、土壌・植物の水動態、環境ストレス、作付体系解析、土地利用の変化、作物の分布・伝播、樹木作物の環境と生理、熱帯果樹園芸、gis 熱帯及び乾燥地の土地劣化と土壌管理技術、土壌生態系における物質動態、土壌汚染の評価と回復、土壌特性値の空間変動解析、土壌の養分供給機構の解析 植物ウイルス、植物病原状菌、病原性遺伝子の分離・解析、抵抗性植物の作出、分子生物学、rnaゲノム、有用遺伝子の探索 個体群生態学、行動生態学、繁殖戦略、個体群動態、植物・昆虫相互作用、昆虫・天敵相互作用、害虫管理 情報と行動学、情報化学物質、資源探索、性選択、昆虫行動学、行動生理学 菌根菌類の生理・生態、マツザイセンチュウ病の発生生態、菌類、線虫類の分子系統分類、菌類遺伝子の水平・垂直伝播、病虫害防除への微生物利用、微生物が介在する生態関係 生物間相互作用、ハダニ総合管理、分子生態学、遺伝変異、天敵、適応形質の進化、ハダニ類の系統分化、薬剤抵抗性.

次の

動物科学科

動物資源科学科

THEME ヒトがつくり出した動物たち。 ヒトは農業を始めると自分たちの目的にあった植物や動物が欲しくなり、「成長が早い」、「おいしい」といった作物や家畜を生み出しました。 野生のイノシシを現在の豚へと改良したのも、乳牛が年に10,000kg以上ものミルクを生産するようになったのもヒトによる遺伝的改良、つまり「育種」の成果です。 動物育種学研究室では遺伝や飼育に関する膨大なデータをもとに、育種の可能性に関する研究を進めています。 英国ロスリン研究所をはじめ、海外経験の豊かな長嶺慶隆教授は、研究や海外との交流における英語力の大切さを痛感。 研究室の学びでも、「統計処理に必要なコンピュータ処理の能力、そして英語能力をとくに重視」と強調します。 また畜産の現場に触れるため、毎年秋には岩手研修も実施。 日本では稀な、放牧主体で飼われている牛「日本短角種」の牧場で牛追いのお手伝いをしています。 実はこの牛は丈夫で飼いやすいものの、松阪牛のような「さし」が乏しく、飼育農家が減って稀少な牛となりつつあります。 動物育種学の研究は、こうした品種にも光をあて、日本の畜産業を元気づける力となることでしょう。 THEME 安全な医療のため、ボクもがんばってます。 ヒトの細胞からつくられた臓器を移植に使う再生医療は、重い病気に苦しむ患者さんを救う夢の治療法といわれ、盛んに研究が行われています。 もちろん、まったく新しい治療法であるため、安全性の確保は絶対条件。 そのために、意外な動物が研究者の力になってくれます。 それは解剖学的にヒトにとても近いといわれている彼ら、ブタです。 動物生殖学研究室の大西教授は、体細胞クローンの技術を使い、世界に先駆けて免疫システムを持たないブタの開発に成功。 ヒトからつくられた組織や細胞を拒絶しないブタの力を借り、安全性を調べるための可能性を拓きました。 大西教授によると、こうしたブタを開発する技術は、日本は世界のトップにあるものの、実際の利用に関しては欧米に大きく後れを取っているのが現状だといいます。 そんな状況を変えるためにも、動物に関するノウハウを持った優秀な人材を、ぜひ大学で育てていきたいと、大西教授は考えています。 「人間は家畜やペットなど、多くの動物に助けられて生きています。 同じように、安全な医療を実現するためにも、動物のサポートは欠かせません。 この学科を志す学生には、その役割や重要性についてもぜひ学んでほしいと思います」 THEME あなたは野性的?それとも紳士的? 野性的で警戒心の強いオオカミには、体毛がまだらの個体が多く見られます。 ところが、遺伝的にはオオカミに近くても、人間に飼い慣らされた従順なイヌには、白や黒、茶色など単色の個体が多いように思われます。 また野生のキツネも、単色の個体の方が飼い慣らしやすいことが知られています。 私たちはこうした性格の違いを、まだら=保護色だから野性的なのだと、つい考えがちです。 本当は色は原因ではなく結果にすぎません。 動物の皮膚と脳には同じ遺伝子があり、それが皮膚で発現すれば異なるメラニン色素を産生して体毛をまだらにし、脳で発現すれば神経伝達物質に影響して野生動物に特徴的な性格を作り出します。 動物組織機能学研究室では、このように体内・体外の環境要因に影響され、行動のあり方を変えていくメカニズムを マウスなどの実験動物を用いて探究し、動物行動の本質に迫ることを大きな研究テーマとしています。 研究室の山室教授が学生に期待するのは、「何かひとつでも新しいことを見つけてほしい」ということ。 相澤助教は、「たとえ実験が失敗したとしてもあきらめないで。 仮説通りに進むというのは実は面白くない。 思い通りに行かなかった時こそ新しい発見があるんですよ」と、学生の挑戦にエールを送ります。 THEME 侵入者に告ぐ!おとなしく出てきなさい。 何とも勇敢そうな顔立ちのワンちゃんですが、警察犬ではありません。 伴侶動物学研究室に所属するシェパードです。 彼らには、ある重要なミッションが期待されています。 それは特定外来生物の探索。 今、東京のはるか南にある小笠原諸島では、人間が持ち込んでしまった北米産のトカゲ『グリーンアノール』が大繁殖し、固有種の昆虫を捕食するなど、貴重な生態系を脅かしています。 とはいえ体長20㎝ほどのトカゲを人の眼だけで探し出すのは至難の業。 そこで、白羽の矢が立ったのは、犬たちの持つ鋭い嗅覚でした。 もともとグリーンアノールは、強い体臭を持つ生物ではありません。 しかし、警察犬の訓練士でもある福澤めぐみ准教授は、グリーンアノールの体や排泄物を布に移行させた臭気を用い、犬たちを訓練。 わずかな臭いだけで、探索が可能であることを実証したのです。 研究室では、こうした犬の学習プロセスをはじめ、犬が快適に生活できる環境など、犬たちとともに幅広い研究を行っています。 福澤准教授は、「普通に犬を飼っていても、人と違う犬の感じ方などは意外にわからないものです。 そうしたことが日々発見できる犬との研究生活は、とても充実したものになると思いますよ」と、その魅力を語っていました。 THEME キミは先史の外来種? それとも有史の外来種? 日本に分布する野生のネズミは、およそ20種類前後。 私たちが普段目撃する可能性がある種はその4分の1程度で、残りは山岳地帯や森林、離島、特定の地方などに、人知れず生息しています。 彼らは、ずっと昔から同じ土地に留まってきたわけではありません。 地殻変動や、寒冷化による海面低下で陸地ができればそこを移動し、温暖化による海面上昇で陸地が沈めば孤立する。 そういったことを繰り返しながら、現在まで分布域を拡大してきたのでしょう。 また、日本にいる野生のハツカネズミは、数千年前に東南アジアなどから渡ってきた、古い時代の外来種です。 最近、北海道の酪農地帯で北米の遺伝子を持ったハツカネズミが発見されました。 これは、近年輸入された牧草に紛れ込んでいた可能性が高く、ヒトやモノの移動に付随しても生物の分布は変化します。 「こうした事例を知ると、生物としての彼らの歴史や、展開してきた環境もわかってきます」と話すのは、野生動物学研究室の岩佐真宏教授。 「野生生物の分布と地理的な要因を調べることは、生物の種というものがどうやって決まっていくのか、考えることにつながります。 それが私たちの大きな研究テーマでもあるのです」.

次の

動物資源生命科学コース

動物資源科学科

おもな設置校 [ ]• 動物科学コース• 動物科学コース 高等教育・研究機関 [ ] 農学部系 [ ]• 動物科学科• 農学部 動物科学科• 東京農業大学北方圏農学科(動物バイテク、動物生産管理学、動物資源管理学など)• 生物資源科学部(秋田キャンパス・大潟キャンパス)応用生物科学科 分子細胞機能研究グループ• 農学部 食料生命環境学科 バイオサイエンスコース 動物機能調節学分野• 応用動物科学系• 食産業学群 食資源開発学類 動物生産科学コース• 生物学類 応用生物コース• 農学部 食生命科学科 動物病理学、動物育種学、動物細胞工学、動物栄養生理学、動物生化学、応用動物行動学、動物機能形態学の各分野• 農学部 生物資源科学科 動物育種繁殖学分野/動物機能形態学分野• 生物生産学科動物生産系• 農学部 農学生命科学科 動物資源生命科学コース• 農学部 農学科 流域環境学プログラム野生動物管理学分野、動物生態学分野/生物資源科学プログラム動物生産学分野• 生物資源環境学部 生産科学科 動物生産系• 農学部 応用生命科学科 動物生理学分野• 資源生物科学科動物形態学、動物統合生理学、動物生殖科学、動物栄養科学、動物生産科学の各分野• 生産環境科学課程 応用動物科学コース(旧 動物科学科)• 環境科学部 生物資源管理学科 動物・魚類・昆虫グループ• 生命環境学部 農学生命科学科 動物機能学分野、動物衛生学分野• 資源生物科学科資源動物グループ• 応用動物学コース• 農学部 応用動物科学コース• 農学部 生命環境農学科 里地里山環境管理学コース 動物分類学分野• 農学部 生物資源環境科学科 応用動物生態学分野• 農学部 応用生物科学科 応用生命科学コース 動物生命現象分野• 生物資源環境学科 動物生産科学コース アニマルサイエンス分野• 農学部 生物資源開発学講座 動物遺伝育種学分野/動物繁殖生理学分野/動物資源開発学分野、生物資源制御学講座 動物行動生態学分野• 農学部 亜熱帯農林環境科学科 動物機能学コース• 生命科学部 生命科学科 動物・人間科学分野、応用生物学科 応用動物コース• 動物資源科学科• 農学部 生産農学科 動物科学領域• 玉川大学 農学部 環境農学科 生態系科学領域 動物生態学・野生動物管理学分野• 生命科学科 動物再生システム学、動物生理学分野• 農学部 生物環境科学科 環境動物学分野• 農学部 生物機能科学科 動物分子遺伝学分野• 農学部 応用動物科学科(旧 応用動物科学科)• (独) 動物科学研究領域(所管:) その他 [ ]• 生物化学科 動物科学講座• 理工学部 生物科学科 動物コース• 危機管理学部 動物危機管理学科• 動物看護学部 動物看護学科• 獣医学部 動物応用科学科• アニマルサイエンス学科• 獣医学部 動物資源科学科• 理学部 動物学科• 生命科学部 生命動物科学科• 国立研究開発法人 野生動物研究領域• 一般財団法人• 北海道大学 大学院獣医学研究院・獣医学部 野生動物学教室• 環境・地質研究本部環境科学研究センター• 農食環境学群 環境共生学類 野生動物学コース• 獣医学部 生物環境科学科 野生動物学分野• 畜産学部 野生動物管理学分野• 岩手大学 農学部 森林科学科 野生動物管理学分野• 山形大学 農学部 森林動物管理学分野• 筑波大学森林生態環境学分野 動物ゼミ• 宇都宮大学農学部 雑草と里山の科学教育研究センター 野生鳥獣管理学研究室• 千葉科学大学 危機管理学部 動物危機管理学科 野生動物管理学コース• 東京大学農学部 保全生態学分野• 東京農業大学農学部 野生動物学分野• 東京農業大学 国際食料情報学部 国際農業開発学科 野生動物管理学分野• 東京農工大学農学部 生物生産学科 動物生産系 野生動物管理学分野/野生動物保護学分野/食肉目動物保護学分野• 玉川大学 農学部 環境農学科 生態系科学領域 野生動物管理学分野• 日本大学生物資源科学部 動物資源科学科 野生動物学• 日本獣医生命科学大学 獣医学科 野生動物学分野• 獣医学部 動物応用科学科 野生動物学分野• 動物生態学研究室• 生物機能工学課程 野生動物管理工学分野• 信州大学農学部 農学生命科学科 動物資源生命科学コース 動物行動管理学分野 大学院 総合理工学研究科 農学専攻 生物資源科学分野• 信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター動物生態学• 信州大学 農学部 食と緑の科学資料館内 野生動物対策センター• 石川県立大学生物資源環境学部 生産科学科 動物生産系野生動物保護管理学. 岐阜大学 応用生物科学部 附属野生動物管理学研究センター• 岐阜大学 農学部 共同獣医学科 野生動物医学分野• 名城大学 農学部 生物環境科学科 環境動物学分野• 滋賀県立大学環境科学部 生物資源管理学科 動物・魚類・昆虫グループ 応用動物管理学研究室• 京都大学農学部 資源生物科学科 資源動物グループ動物生態学分野/動物系統学分野• 自然・環境科学研究所(森林・動物系)• 人間環境学部 野生動物生態学野生動物管理学• 広島大学大学院統合生命科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター• 琉球大学 農学部 動物生態学分野 外国大学(教育研究機関)の一例 [ ]• 動物科学部• 動物科学Departments• 動物科学・農業技術学部• 動物科学学院• 本科動物科学課程• 動物科学系• 動物科学学科• 動物科学技術学部• 動物科学研究所• ・動物科学大学(獣医学校)• 関連項目 [ ]• 国際実験動物科学会議(International Council for Laboratory Animal Science:ICLAS)• 、、、• (畜産学・ 基礎獣医学・基礎畜産学 応用獣医学 臨床獣医学)• この項目は、に関連した です。

次の