美白 おすすめ 化粧 水。 【人気の美白化粧水おすすめ21選】シミやそばかすを防ぎながら保湿ケア

【人気の美白化粧水おすすめ21選】シミやそばかすを防ぎながら保湿ケア

美白 おすすめ 化粧 水

【目次】• 美白化粧水の効果 美白肌は白くて綺麗な明るい印象を与えます。 対して、赤み・黒み・色素沈着がある肌は、顔全体が暗く見え、疲れた印象を与えてしまいますよね。 また、毛穴の黒ずみは、日焼けによって増えたメラニン色素が影響している可能性が高いといえます。 顔の暗さや黒ずみでお悩みの方におすすめなのが、美白化粧水でしっかりケアをすること。 美白化粧水とは、美白有効成分が配合された化粧水のことを指します。 メラニンの生成を抑制し、シミやそばかすの発生を防ぐ効果が期待できるアイテムです。 美白化粧水を使うことで、シミや肝斑、日焼けした肌、そばかす、肌のくすみやニキビ跡、毛穴の黒ずみにアプローチできます。 美白化粧水の選び方5つのポイント 化粧水は肌のコンディションを整える大切な役割があります。 目的に合ったアイテム選びが重要です。 とはいえ、美白化粧水はさまざまなブランドから発売されているので、どれがいいか迷ってしまうことでしょう。 ここからは選ぶときの5つのポイントをご紹介。 選び方を押さえ、自分にぴったりの美白化粧水を見つけましょう。 美白化粧水の選び方【1】美白有効成分で選ぶ 美白化粧水に配合されている美白有効成分から選ぶのもおすすめです。 成分によって、自分の肌質に合う合わないが変わってくるので、どのような効果が期待できるのか確認しておきましょう。 肌の角質層まで行き渡り、皮脂の分泌を抑えてくれるでしょう。 ニキビ肌やオイリー肌向けに嬉しい成分ですが、乾燥肌や敏感肌には向いていないかもしれません。 抗炎症作用があり、メラニン色素の活性化を抑制します。 シミや肝斑などをできにくくしてくれるでしょう。 高保湿タイプや低刺激タイプの美白化粧水などがあります。 メラニン色素を生成する酵素の働きを抑える効果が期待できます。 メラニンを生成する酵素の働きを抑えるだけでなく、くすみにもアプローチしてくれます。 メラニンを生成する酵素の働きを抑え、シミに溜まったメラニンを排出してくれる役割があるといわれています。 強い抗酸化効果を期待できるため、シミの原因である活性酸素の働きを抑制し、メラニンの生成を防止してくれるでしょう。 メラニンを生成するメラノサイトの増殖や活性化を抑制してくれるとされています。 ぜひ、美白化粧水を購入する際は、パッケージの成分に上記の美白有効成分が含まれているか見てみましょう。 美白化粧水の選び方【2】肌質で選ぶ 美白化粧水には美白成分がいろいろと配合されていますが、肌質によって向き不向きがあります。 例えば、ビタミンC誘導体。 ニキビ跡などに有効的と言われており、皮脂コントロール効果を期待できますが、オイリー肌向けです。 そのため、乾燥肌の方だと刺激を感じることもあるので注意したいところ。 肌質によっては高保湿や低刺激性の美白化粧水の方が適していることがあるので、自分に合う美白成分が配合された化粧水を選ぶようにしましょう。 特に、乾燥肌の人はセラミドやアミノ酸、グリセリンなどが配合された美白化粧水がおすすめです。 敏感肌の人は、肌荒れを防ぐためにも低刺激性タイプを選ぶのがベターです。 美白化粧水の選び方【3】医薬部外品のアイテムから選ぶ 医薬部外品とは、医薬品と化粧品の間の存在。 国が決めた成分の配合率や処方に従って、効果や安全面をクリアしているアイテムのことを指します。 医薬部外品の美白化粧水は、「メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」ことが国から認められているので、より高い効果を期待できるでしょう。 美白化粧水の選び方【4】テクスチャーや香りで選ぶ 化粧水は毎日使うものなので自分好みのテクスチャーや香りで選ぶのがいいでしょう。 化粧水のテクスチャーは、さらっとしたものからしっとりしたものまでさまざまです。 可能であれば、店頭で実際にテクスチャーを試したり、お試しセットを購入して確認したりするのがいいでしょう。 また、美白化粧水には香り付きのタイプもあります。 独特な香りがするアイテムもあるので、使い続けられるか事前にチェックしておくことをおすすめします。 美白化粧水の選び方【5】価格から選ぶ 美白化粧水を使って美白効果を得るためには、継続して使うことが重要です。 化粧水は毎日使うので消費が早いアイテム。 そのため、無理せず定期的に購入できる価格帯のものを選ぶことをおすすめします。 あまり美白化粧水にお金をかけられない方は、プチプラで医薬部外品のものを選ぶと効果が期待できるでしょう。 美白化粧水の効果的な使い方 美白化粧水の効果を高めるためにも正しい使い方を押さえておきましょう。 まずは洗顔後、時間を置かずになるべく早く美白化粧水をつけるように意識することが大切です。 なぜなら、洗顔後の肌は乾燥しており、肌の水分がどんどん失われてしまうから。 また、化粧水は手でつけるのがおすすめです。 特に敏感肌の場合、コットンの繊維で肌を傷つけてしまう可能性があります。 手を使って化粧水を浸透させましょう。 そして、美白化粧水をつける前は石鹸で手を洗い、清潔な状態にしてから使用するようにしましょう。 美白化粧水を使用した後は、3分ほど時間を置きましょう。 美白化粧水の成分がしっかりと肌に馴染んでから乳液やクリームを使用してください。 美白化粧水の効果をより高めるには? 美白化粧水の正しい使い方を知った後は、より効果を高めるポイントもチェックしましょう。 反対に、高い効果を得たいからとたっぷり使う方もいるでしょう。 しかし、美白化粧水は適量を守らないと、肌を乾燥させる原因になってしまいます。 必ず適量を守り、手のひらで温めてから優しくハンドプレスして浸透させましょう。 美白成分が肌の奥深くまで届くことが期待できます。 また、ピーリングとホットタオルを併用して毛穴を開きやすくすることもおすすめ。 電子レンジで温めたタオルを顔に当てることで毛穴が開き、ピーリングの効果を高めてくれます。 美白化粧水の効果をしっかり得るためにも、シェービングで顔の産毛をカットしましょう。 ただし、高頻度でシェービングすると肌を傷つけてしまうので注意が必要です。 美白化粧水の効果を高めるなら、美白化粧水を塗る時に美顔器も一緒に使うのがおすすめです。 より美白成分が肌に浸透することでしょう。 <プチプラ編>おすすめの美白化粧水7選 では、実際におすすめの美白化粧水をご紹介していきます。 最初にピックアップしたのは、プチプラの美白化粧水7つ。 どれもコストパフォーマンスが高いものなので、お気に入りのものを見つけてくださいね。 <プチプラ>おすすめの美白化粧水【1】肌ラボ 白潤薬用美白化粧水.

次の

美白化粧水おすすめ20選プチプラ・デパコス|失敗しない選び方と効果的な使い方。シミ予防で透明肌に

美白 おすすめ 化粧 水

美白有効成分• ビタミンC誘導体• トラネキサム酸• アルブチン• コウジ酸• ハイドロキノン ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導体は、コラーゲンの産生を促進、活性酸素の除去作用、メラニン産生抑制、還元作用などの効果が認められています。 トラネキサム酸 トラネキサム酸は、もともと出血を抑えるために用いられていた人工アミノ酸の一種。 シミ(肝斑)の予防や改善に効果があります。 アルブチン アルブチンは、メラニンをつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用によって、過剰なメラニンの生成を抑制。 シミ・そばかすを防ぐ効果が期待できるとされています。 コウジ酸 コウジ酸は、メラニン合成酵素であるチロシナーゼの活性を抑制し、メラニンの生成を抑える効果があるとされています。 ハイドロキノン ハイドロキノンは チロシナーゼの活性を阻害し、新たなメラニンの生成を防ぐ効果があります。 医薬部外品を選ぶ 美白化粧水は、有効成分を配合した医薬部外品を選ぶのがおすすめ。 医薬部外品とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。 薬用と記載されているものも同じ意味をもちます。 (薬用=医薬部外品) 保湿力が高い化粧水を選ぶ 保湿力が高い化粧水を選ぶようにしましょう。 肌が乾燥すると、ターンオーバーの乱れからシミ・そばかすなどができやすくなります。 保湿をするだけでも肌のくすみが改善され、肌がワントーン明るくみえる効果があります。 代表的な保湿成分• セラミド• ヒアルロン酸• コラーゲン 適量を使い続けられる価格の化粧水を選ぶ 適量を使い続けられる価格の化粧水を選ぶことも大切。 美白を効果を求めるなら、数ヶ月単位で継続的に美白化粧水を使い続けましょう。 つける量が少ないと、肌への摩擦、付けムラ、乾燥などの原因にもなります。 パッチテストをする パッチテストとは、初めての化粧品を使う前にアレルギー反応がないかを確認することを言います。 どんなに優れた化粧水でも肌に合わなければ、逆効果になっていしまいます。 初めて使う化粧品はパッチテストをすることをおすすめします。 パッチテストのやり方は、化粧水を二の腕の内側に塗り、48時間後にアレルギー反応や刺激反応がないかを確認。 トライアルセット、サンプルなどでテストすることをおすすめします。 スキンケアの基本である 保湿、新陳代謝を高める 血行促進効果、メラニンの生成を抑え、日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ 美白効果、これらの特徴をもつ今最も注目されているスキンケアラインです。 ヘパリン類似物質という美容感度の高い人なら必ず知っている有効成分。 そして、 プラセンタ、 アミノ酸、 セラミドを配合。 1 ヘパリン類似物質 ヘパリン類似物質とは、体内にある「へパリン」という物質と似た成分で、主に 「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」の3つの働きがあり、乾燥肌や肌荒れに優れた効果があります。 2 プラセンタエキス プラセンタエキスは、 メラニンの生成抑制の機能がある美白有効成分です。 アミノ酸やビタミン類など肌にもともとある成分が多く含まれており、肌へなじみやすい成分です。 プラセンタは、栄養素の多さから、シミやシワの予防、ハリや弾力を高めるなどの美肌効果があると言われています。 紫外線が強くなる汗をかきやすい季節にもおすすめできるスキンケアラインです。 4 無添加処方 無香料・界面活性剤フリー・エタノールフリー・防腐剤フリー・無鉱物油・無着色料・アレルギーテスト済・パッチテスト済で低刺激処方。 メラニンの生成抑制の機能がある美白有効成分プラセンタエキスを配合。 2つの薬用有効成分が、十分に保湿しながら、メラニンの生成を抑え日焼けによるしみ、そばかすを防ぎます。 ヘパリン類似物質が肌を保湿しながら整え、肌のターンオーバーの乱れに働きかけます。 【デパコス】美白化粧水のおすすめ人気ランキング6選 デパコスの美白化粧水のおすすめ人気ランキングを紹介します。 ETVOS エトヴォス バイタライジングローション アルガン幹細胞配合の贅沢な40代のエイジングケア化粧水 アルガン幹細胞、 45種類のヒト型セラミド、浸透型 ヒアルロン酸、シロキクラゲ多糖体、 アミノ酸(天然保湿因子)を配合した贅沢なエイジングケア化粧水です。 アルガン幹細胞は、 ハリ・ツヤあふれる肌へ。 5種類のヒト型セラミドが肌を整え、乱れがちなリズムをサポート。 浸透型ヒアルロン酸、シロキクラゲ多糖体、アミノ酸(天然保湿因子)が 乾燥から肌を守ります。 シリコン、パラベン、合成界面活性剤、鉱物油、合成香料、タール系色素不使用。 とろみのあるテクスチャーで、柔らかいローズ調の香り。 bglen ビーグレン QuSomeローション シミ・シワ・たるみをケアする成分を惜しみなく配合した濃厚美白化粧水 シャクヤクエキスを配合し、光老化の原因 炎症に働きかけハリとシミに一挙にケア。 メラニン生成を四重にブロックする ピュールブランW配合。 コラーゲンの分解をストップして、 お肌のハリを守るSTミラバランも配合。 角質層のすみずみまで浸透し、 乾燥肌にもなじんで整えます。 高い保湿力でありながらべたつかず、肌にのせた瞬間にすーっと浸透。

次の

美白化粧水のおすすめ人気ランキング14選:プチプラ&デパコス別に紹介|LALA MAGAZINE [ララマガジン]

美白 おすすめ 化粧 水

美白有効成分• ビタミンC誘導体• トラネキサム酸• アルブチン• コウジ酸• ハイドロキノン ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導体は、コラーゲンの産生を促進、活性酸素の除去作用、メラニン産生抑制、還元作用などの効果が認められています。 トラネキサム酸 トラネキサム酸は、もともと出血を抑えるために用いられていた人工アミノ酸の一種。 シミ(肝斑)の予防や改善に効果があります。 アルブチン アルブチンは、メラニンをつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用によって、過剰なメラニンの生成を抑制。 シミ・そばかすを防ぐ効果が期待できるとされています。 コウジ酸 コウジ酸は、メラニン合成酵素であるチロシナーゼの活性を抑制し、メラニンの生成を抑える効果があるとされています。 ハイドロキノン ハイドロキノンは チロシナーゼの活性を阻害し、新たなメラニンの生成を防ぐ効果があります。 医薬部外品を選ぶ 美白化粧水は、有効成分を配合した医薬部外品を選ぶのがおすすめ。 医薬部外品とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。 薬用と記載されているものも同じ意味をもちます。 (薬用=医薬部外品) 保湿力が高い化粧水を選ぶ 保湿力が高い化粧水を選ぶようにしましょう。 肌が乾燥すると、ターンオーバーの乱れからシミ・そばかすなどができやすくなります。 保湿をするだけでも肌のくすみが改善され、肌がワントーン明るくみえる効果があります。 代表的な保湿成分• セラミド• ヒアルロン酸• コラーゲン 適量を使い続けられる価格の化粧水を選ぶ 適量を使い続けられる価格の化粧水を選ぶことも大切。 美白を効果を求めるなら、数ヶ月単位で継続的に美白化粧水を使い続けましょう。 つける量が少ないと、肌への摩擦、付けムラ、乾燥などの原因にもなります。 パッチテストをする パッチテストとは、初めての化粧品を使う前にアレルギー反応がないかを確認することを言います。 どんなに優れた化粧水でも肌に合わなければ、逆効果になっていしまいます。 初めて使う化粧品はパッチテストをすることをおすすめします。 パッチテストのやり方は、化粧水を二の腕の内側に塗り、48時間後にアレルギー反応や刺激反応がないかを確認。 トライアルセット、サンプルなどでテストすることをおすすめします。 スキンケアの基本である 保湿、新陳代謝を高める 血行促進効果、メラニンの生成を抑え、日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ 美白効果、これらの特徴をもつ今最も注目されているスキンケアラインです。 ヘパリン類似物質という美容感度の高い人なら必ず知っている有効成分。 そして、 プラセンタ、 アミノ酸、 セラミドを配合。 1 ヘパリン類似物質 ヘパリン類似物質とは、体内にある「へパリン」という物質と似た成分で、主に 「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」の3つの働きがあり、乾燥肌や肌荒れに優れた効果があります。 2 プラセンタエキス プラセンタエキスは、 メラニンの生成抑制の機能がある美白有効成分です。 アミノ酸やビタミン類など肌にもともとある成分が多く含まれており、肌へなじみやすい成分です。 プラセンタは、栄養素の多さから、シミやシワの予防、ハリや弾力を高めるなどの美肌効果があると言われています。 紫外線が強くなる汗をかきやすい季節にもおすすめできるスキンケアラインです。 4 無添加処方 無香料・界面活性剤フリー・エタノールフリー・防腐剤フリー・無鉱物油・無着色料・アレルギーテスト済・パッチテスト済で低刺激処方。 メラニンの生成抑制の機能がある美白有効成分プラセンタエキスを配合。 2つの薬用有効成分が、十分に保湿しながら、メラニンの生成を抑え日焼けによるしみ、そばかすを防ぎます。 ヘパリン類似物質が肌を保湿しながら整え、肌のターンオーバーの乱れに働きかけます。 【デパコス】美白化粧水のおすすめ人気ランキング6選 デパコスの美白化粧水のおすすめ人気ランキングを紹介します。 ETVOS エトヴォス バイタライジングローション アルガン幹細胞配合の贅沢な40代のエイジングケア化粧水 アルガン幹細胞、 45種類のヒト型セラミド、浸透型 ヒアルロン酸、シロキクラゲ多糖体、 アミノ酸(天然保湿因子)を配合した贅沢なエイジングケア化粧水です。 アルガン幹細胞は、 ハリ・ツヤあふれる肌へ。 5種類のヒト型セラミドが肌を整え、乱れがちなリズムをサポート。 浸透型ヒアルロン酸、シロキクラゲ多糖体、アミノ酸(天然保湿因子)が 乾燥から肌を守ります。 シリコン、パラベン、合成界面活性剤、鉱物油、合成香料、タール系色素不使用。 とろみのあるテクスチャーで、柔らかいローズ調の香り。 bglen ビーグレン QuSomeローション シミ・シワ・たるみをケアする成分を惜しみなく配合した濃厚美白化粧水 シャクヤクエキスを配合し、光老化の原因 炎症に働きかけハリとシミに一挙にケア。 メラニン生成を四重にブロックする ピュールブランW配合。 コラーゲンの分解をストップして、 お肌のハリを守るSTミラバランも配合。 角質層のすみずみまで浸透し、 乾燥肌にもなじんで整えます。 高い保湿力でありながらべたつかず、肌にのせた瞬間にすーっと浸透。

次の