めご姫 設定6。 稼働停止・回収騒動で話題の「いろはに愛姫」を内覧時に設定看破のし安さを指摘したホール関係者に営業マンが返した一言が…

【いろはに愛姫(めごひめ)】設定判別の攻略法まとめ

めご姫 設定6

各地でいろはに愛姫が撤去される騒動が勃発してます。 毎晩、愛姫との逢瀬を楽しみにしている私からすれば由々しき事態です。 更にはREG後の押し順リプレイを変則押しすることでもサンプルが集まります。 そもそもヤバいのは、全国的なホール割を見ても客側が圧倒的なプラスの数値な部分。 いろはに愛姫の全国平均数値を独自算出しました。 6%(31. 4%) 設定中 96. 1%(36. 7%) 設定右 96. 6%(28. 5%(3. ホール関係者しか知らなそうな情報が多く書かれており、信憑性はかなり高いと思われます。 現行6号機の中では、恐らく2番目の甘さでしょう。 1番はハイパーアピエルで間違いないでしょう。 なのに、未だに撤去されずに設置されてるお店が多数あります。 ART中はコインは減らず、ボーナスを待てる仕様のためこれが長ければ長い程打ち手に有利になります。 ボーナス枚数は少ないけど、ART比率が高いせいで甘くなりやすいということです。 いろはに愛姫は現行トップクラスの甘さを誇る ART滞在比率が高ければ、そりゃホールは儲からないわけだ… 初期Gも大抵100G越えですし、 3択連続正解で初期G300Gオーバーも狙えるスペック。 (通常時のBIG中でも内部的に連舞してる可能性大のため) 毎日打てばほぼ負けることはないでしょう。 ホールからすれば疫病神と言っても過言ではないですね… いろはにゲロ媛でした。 3択最高16連ハズシ 左5連続ハズシ 中6連ハズシ 右6連ハズシ 設定も分からないし全く当たんないし無理すぎ笑 トラウマなりました — カガミ スロリスクタイム管理人 surorisuku ゲロ吐きそうな展開にもなりますけど笑 打ち手にとっては正直神台の部類ではないでしょうか? 私自身、6号機=くそ台のイメージでしたが、割と甘い機種て多いですよね。 私は全撤去のその日まではぶっこ抜いていきたい。 早く仕事辞めないと。

次の

めご姫ちゃんに養ってもらう男〜5万ゲーム到達〜

めご姫 設定6

設定左• 設定中• 設定右• 設定6 の4種類の設定を搭載しています。 BIG中とART中は7を狙え演出 自力押し順当て が発生し、 揃うとARTのG数を上乗せできます。 なので押し順の偏りを見抜き、終盤で機械割UPに繋げることが攻略の鍵となります。 基本的には通常時にボーナスを当選させ、そこからARTを目指すという流れです。 BIGならART確定なのでBIGの引きも重要となってきます。 青7がそろった場合は3択青7正解となりますが、揃わなかった場合は 通常リプレイ or 3択青7ハズレのどちらか。 通常リプレイだった場合はどの押し順から押そうが絶対に青7は揃いませんし、見た目上で見抜く方法も不可能。 成功のサンプルは増やせるけど、失敗のサンプルには加えない。 という形になります。 具体的には、 左第一停止以外のナビの場合に、全て左から狙っていく。 揃った場合、左のサンプルとして取得可能です。 この取得方法の場合、転落準備区間のG数ベースでカウントしていくのがおすすめ。 6です。 こちらの考え方でサンプルを取得していきましょう。 REG終了後に関しては中段に 「リプ・リプ・ベル」の出目が出るまで押し順が発生する可能性があり、それまではサンプルを取ることが可能です。 ART中の上乗せは小役カウンターなどを使って、振り分けをカウントするようにしましょう。 導入日未定• 2020年8月17日• 2020年8月3日• 2020年7月20日• 2020年7月6日• 2020年6月15日• 2020年5月18日• 2020年5月11日• 2020年4月20日• 2020年4月6日• 2020年3月23日• 2020年3月16日• 2020年3月2日• 2020年2月25日• 2020年2月17日• 2020年2月3日• 2020年1月20日• 2020年1月6日• 2019年12月09日• 2019年12月02日•

次の

いろはに愛姫 スロット|初打ち感想 評価 評判まとめ

めご姫 設定6

3択押し順の偏りで設定を見抜くことで機械割 96. 正解となる3択は設定毎に偏りがあり、その偏りを見抜けば青7図柄が揃いやすい=機械割アップとなる。 上記のような斬新なスペック搭載により、スロプロの間では 「据え置きメインの店なら食ってけるんじゃないか?」 「ディスクアップより甘いんじゃね?ビタ押しもいらないし楽勝!」 「前任者のボーナス消化(押し順)みておけば打ち始めから104%じゃんか!」 ともっぱらオイシイ機種として注目されている、いろはに愛姫(めごひめ)。 3月2日から全国に新台導入され、1週間が経ちました。 私の地元、滋賀県でも何店舗かに導入されましたが、当初の触れ込みの割に負けグラフがやたら目に付く。 (その割に勝ちグラフが少ないように感じる) ネットでは 「メーカー発表数値詐称じゃないか?」 とも囁かれており、気になったのでデータ検証してみました。 各店舗、1~3台程度の設置なので、データが少ないかもしれませんが、それでも通常時(ART区間含む・ボーナス消化ゲーム含まず)28万回転分のデータがとれました。 結果としては、28万回転で客側のプラス360枚、機械割で100. 04%となりました。 『はぁ?!』 ですよね。 負けてはいないにしろ、まったく勝ててない。 では、なぜ勝ててないのか? 単純にボーナス確立がメーカー公表値よりもかなり少なくなっています。 5 となっており、機械割通りのBB回数、RB回数よりもそれぞれ5~6%少ない当たり回数になってしまいました。 28万回転ではボーナス確立が収束しないとの声もあるでしょうが、もし、これを私が一人で毎日1万回転、ほぼ1か月フルで回し続けたとして、この成果では到底翌月も打とうという気にはなれません。 ほぼ罰ゲームです。 (終日5000回転以上回された台に絞って集計しても機械割100. もしあったとしても上振れしません。 この3台に関しては、引き続き調査していきたいと思いますし、そこから新たな結論が生まれるかもしれません。 ひとまず、いろはに第1回めのレポートはここまでとさせていただきます。

次の