ドラマボイスの出演者。 ボイスドラマ「プリンセス・セブン」出演者オーディション

「ボイス 110緊急指令室」 無料動画|唐沢寿明/真木よう子主演の韓国ドラマVOICEリメイク動画

ドラマボイスの出演者

ボイス 110緊急指令室相関図・キャスト一覧!主演:唐沢寿明 相関図は公開され次第追記します。 唐沢寿明(役:樋口彰吾) 港東署ECU緊急出動班・班長。 元、凄腕の刑事で情に暑く後輩たちからも、兄貴の様に慕われている。 3年前、暴漢によって妻を殺されてしまった悲しい過去がある。 真木よう子(役:橘ひかり) 港東署ECU室長・ボイスプロファイラー。 幼少期に事故で目を怪我した事をきっかけに、絶対聴感能力者になった。 優しくて正義感が強い、どんな時でも真っ直ぐな気持ちで闘う姿勢を持っている。 警察官の父が撲殺された事で、無念を晴らすためにと独自の捜査チームECUを、新しくたちあげる。 元、強行犯係で活躍していた時に、係長の樋口を兄の様に慕い今でも信頼している。 腕に自信がある刑事で、どんな場においても明るくて、ムードメーカー的な存在感のある人物。 木村祐一(役:沖原隆志) 港東署・強行犯係・係長。 人情の厚い熱血ベテラン刑事。 今まで、同期の樋口と共に様々な難事件を解決してきた。 ECUが新設されて強行犯係を無視して手柄を立てる樋口と対立する事になる。 人に対して厳しい目で見てしまうことが多く、恋愛に関しては全く無関心な女性。 5か国語をマスターしたりと、素晴らしい頭脳を持っいることでECUにスカウトされた。 田村健太郎(役:緒方拓海) セキュリティーの専門家。 情報分析の能力を認められてECUにスカウトされる。 主として情報分析を担当して活躍する人物。 安井順平(役:落合智明) 港東署ECU・副室長。 元科捜研に在籍していたが、ECU新設で移動する事になる。 穏やかな性格から皆から慕われているが、緊急事態が起こると慌ててしまう。 ひかりの代わりに責任者として、時々指令室に指示を出す事もある。 小市慢太郎(役:田所賢一) 港東警察署・署長。 ひかりが考えたECUの創設を許可した人物。 強行犯係以上の活躍していることから悔しい思いをしている。 ドキドキハラハラする、魅力がたくさん詰まった作品です。 時々叔母の居酒屋でアルバイトをしている。 明るく奔放な性格から男性との付き合いがうまくいかず、こじれることが多い。 お金の事でもトラブルが発生する。 姉の栞とは正反対の性格で、将来の事を考える様に言われるとイラっとしてしまう。 しかし、心の中では姉を信頼しているからいつも、甘えてしまう。 YOU(役:森下志津) 港東署の刑事がよく行く居酒屋の店主。 栞や葵の叔母で、幼い時に両親を亡くした栞や葵を実の娘の様に育ててきた。 樋口夫婦とは親しく、家族の様な付き合いをしている。 菊池桃子(役:樋口末希) 彰吾の妻 ソーシャルワーカーの、支援活動に力を入れている。 夫や息子を大切にしている、家族思いの女性。 スポンサーリンク ボイス 110緊急指令室ゲスト出演者一覧 第1話ゲスト出演者 吉川愛(役:荻原夏美)女子大生 般若(役:川島武雄) 誘拐犯 ボイス 110緊急指令室あらすじ・原作・音楽 あらすじ クライシスタイム内に人々を救うため緊急指令室 現在の110番 内に 新たに独自の捜査ユニットが創設された。 その名は…「ECU Emergency Call Unit 」。 古手川祐子さんの人気シリーズと化して、今も22年前のドラマが懐かしく映し出されています。 今と昔の捜査方法の違いなど比較してみてはどうでしょう。 その真木演じる橘ひかりは、子供の時にケガが原因で絶対聴感能力に見舞われ、それを活かしボイスプロファイルの専門として、様々な最新システムで犯人を探し出します。 新たに創設された捜査チーム『ECU(Emergency Call Unit)』の活躍が、このドラマの見どころになるでしょう。 注目ポイント 真木よう子さんは、これまで凛とした姿で男性にも臆せず、ズバッとセリフ吐いたりする活動的なタイプの役柄が多かったと思います。 今回の役・ひかりは、どちらかと言うと女性の可愛い所も存在して、それでいて芯が確立された女性刑事役に挑みます。 どんな雰囲気作りで演じていくのでしょうか、注目されます。 期待ポイント 彰吾はひかりにチームに呼ばれますが、妻の事件での不信感からひかりの優れた能力が信じられなくて反発してしまいます。 様々な事件を解決していくうちに気がついたら信頼ができ頼れる人物にまで心を開いていきます。 いつの日か恋心が芽生えるかもしれないと期待しながら見届けていきたいですね。 最近の投稿• カテゴリー• アーカイブ•

次の

【第1話から全話まで】ドラマ「ボイス 110緊急指令室」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

ドラマボイスの出演者

心が優しくて愛情が深く、母親の素晴らしい性格が似ている。 時任三郎(役:万木平) 今日のロケ風景@横浜 フジテレビ「監察医朝顔」 — 時任 三郎 tokito36 万木朝顔の父親 野毛山署強行犯係のベテラン刑事で、手がかりとなる事があると納得行くまで調べる、真面目で堅物な男。 2011年3月11日の東日本大震災で妻が行方不明になり、平は時間があれば東北に妻を探しに行く。 平は妻を亡くして、笑顔と涙を繰り返しながら少しずつ前進する。 風間俊介(役:桑原真也) 新米刑事。 朝顔の恋人 正義感が強いが、小さい事にこだわり心配性な所もある。 しかし素直で謙虚なので、皆に好かれている。 強行犯係で来た平とコンビを組むが、義理の父親になるかもしれないと思うとぎこちなくなる。 朝顔と平の悲しみを目の前で見ていると、苦しみ悩みが自分の事の様に、悲しくなってしまう。 元気で明るくて何でも思ったことを口に出してしまうが、法医学の教室では落ち着いた雰囲気の女性。 朝顔と接触するうちに光子がどんどん成長していき、考え方に変化が起こる。 解剖の補助や臓器の病理学検査を行う、臨床検査技師で無くてはならない存在感のある人物。 無邪気で憎めないキャラクターで、いじられつつも皆に好かれる。 森本慎太郎(役:森本琢磨) 強行犯係 桑原とは同期の様な存在の刑事。 年下だが経験が豊か。 警察署の人間や、人のうわさ話に関心があり、まめに調べる情報屋。 戸次重幸(役:山倉伸彦) 強行犯係の係長。 万木平の上司 評価は仕事の結果次第で決める成果主義者。 年長の平には敬語で話はするが、内心は役に立つ人間かどうか見定めている。 その後、仕事を見て信頼関係が生まれる。 平岩紙(役:藤堂絵美) 興雲大学法医学教室の法歯学者 藤堂雅史の妻。 さっぱりした性格で仕事上、夫と上手く言葉のやりとりをしていているが、夫を尻にしいている。 坂ノ上茜(役:愛川江梨火) 強行犯係の新米刑事 男性が多い職場の中で怖がらず、しっかりと自分の意見を述べる事が出来る女性。 三宅弘城(役:伊東純) 検視官 警察が来るまで遺体を調べる、事件現場には重要な係で、敏速な対応が必要な仕事。 優秀な検察官だが、職人気質な所があって言葉の端々に強い個性が前に出てしまう事がある。 板尾創路(役:藤堂雅史) 興雲大学法医学教室の法医学者 絵美の夫。 のらりくらりとして決断力がないが、仕事とは繊細で優秀なので、朝顔は雅史を頼りにしている。 石田ひかり(役:万木里子) 朝顔の母親 穏やかでユーモアのある女性。 東北の実家に帰省中、東日本大震災に巻き込まれ現在も行方不明のまま。 深い悲しみからか母の遺体に何かあるのか、頑として遺体の母に会おうとしない。 辻本耕志(役:明彦) 早紀の父親。 遺体で発見された女性の夫。 遺体にすがって悲しんでいる、後に溺死した可能性が判明する。 新米とはいえ、周囲から一目置かれるほどに優れた技量と豊富な知識を併せ持つ朝顔は、実直な人柄で、自分よりもつい相手のことが気になってしまうような愛情深く心優しい女性だ。 そんな朝顔は、捜査畑ひと筋の刑事でもある父・ 平(時任三郎)とふたりで、寄り添うように暮らしている。 他愛もない会話と穏やかな笑顔。 2011年3月11日から変わらない娘と父の日常。 そこに母の 里子(石田ひかり)の姿はない。 あの日、里子は、父親の 嶋田浩之(柄本明)に会うために、生まれ育った東北のとある海沿いの町に帰省していた…。 このドラマは 『生きることの素晴らしさ』を論点として大勢の人達に伝えたいのではないかと思います。 今を大事に!今を生きる、一人一人が幸せを感じ取って欲しいとの願いが込めて描かれているところが見どころになります。 注目ポイント 上野樹里さん演じる朝顔が『生きた証』を検査する為に、遺体に「教えて下さい お願いします」とささやきながら解剖を始めます。 法医学者という役柄をどの様に演じて、視聴している私たちに伝えてくれるのでしょうか。 朝顔のような空に向かって真っ直ぐに突き進むような、明るい笑顔で役作りをしてくれるのではと予想しています。 どんな朝顔が見られるのか注目されます。 期待ポイント 原作では、阪神淡路大震災により母を亡くした設定となっていますが、ドラマ版では東日本大震災により母が行方不明と設定されています。 原作は、一巻でしか母の存在を描かれなかったのに対し、ドラマでは震災で母の細かな日常を映し出し、人とのつながりや心と心の触れ合いなど、より具体化されて入念な作品に構成されています。 朝顔は、ある出来事がキッカケで人生の変化を楽しみながら、一生懸命仕事に取り組む事になります。 その姿に勤しんで、残された遺族の痛みや悲しみが持ち直すまで、いかに長い道のりを歩んでいかなければいけないと、多くの描写がちりばめてあるところに大いに期待されます。

次の

ボイス~112の奇跡~(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

ドラマボイスの出演者

こんにちは! 2019年7月13日から日本テレビで放送が開始されるドラマ、『ボイス 110緊急指令室』。 原作の韓国版では、チャン・ヒョクさんとイ・ハナさんら実力派の出演キャスト陣が揃っています。 韓国版『ボイス』は、放送された放送局において当時の歴代最高視聴率を記録するなど大ヒットとなり、続篇も製作されました。 日本版は唐沢寿明さんと真木よう子さん・NEWSの増田貴久さんが主演を務めます。 スリリングなあらすじとスピーディーな展開が魅力の作品で、見始めたら止まらなくなること間違いなしです! 今回は、• 【ボイス110 緊急指令室】あらすじや出演キャストは?• 韓国版原作と日本版で結末に違いはある? この2点を中心に見ていきましょう。 お好きな所からご覧ください• しかしある日、愛する妻の命が何者かによって奪われてしまうという悲しい事件が起こります。 妻は命を落とす直前、樋口彰吾に助けを求める電話をかけていましたが、仕事中だった彼はその電話に気付かなかったのです。 そして彼は、妻を助けられなかったという自責と後悔の念にかられ、お酒に溺れては妻の幻影を見る無気力な日々を送っていました。 それから3年。 樋口彰吾は「Emergency Call Unit」、通称「ECU」に招集されます。 「通報から3分で到着、5分で現場を確認、10分で検挙」という被害者の人生を左右するタイムリミット、「クライシスタイム」。 ECUは、そのタイムリミット内に即座に現場へと向かい、通報者の電話から事件解決の手掛かりを見つけ出すチームです。 そんなECUの室長は、声紋分析官の橘ひかり。 彼女は、絶対聴覚の持ち主で、普通の人には聞こえないような僅かな音を聞き分けることができるボイスプロファイラーです。 彼女もまた、3年前に愛する父親の命を何者か奪われるという過去を持っていました。 日本女優 마키요코 真木よう子 生年月日 1982年10月15日 さん dlfqhsdj125 がシェアした投稿 — 2019年 3月月26日午前6時10分PDT しかし、樋口彰吾はECUの室長が橘ひかりだと知り、ECUに入ることを拒みます。 実は、橘ひかりは樋口彰吾の妻からの通報を受けた人物。 さらに彼女は、当時既に樋口彰吾の妻の事件で捕まっていた人物は真犯人ではないと証言した人物でもあったのです。 ひかりは自分の父親をあやめた人物と、樋口彰吾の妻をあやめた犯人は同一人物だと確信していました。 絶対聴力を持つ彼女は、父からの最期の電話口から聞こえた声と、樋口彰吾の妻から受けた電話から聞こえる微かな声が同一人物であると気付いたのです。 初めはひかりの絶対聴力を疑い衝突してばかりの彰吾でしたが、次第に力を合わせていくようになります。 果たして、二人の愛する者の命を奪ったのは誰なのか。 彰吾とひかりは、真犯人を捕まえることができるのか。 最後の結末まで目が離せない、サスペンスドラマです。 スポンサーリンク 『ボイス 110緊急司令室』の出演キャストは? 日本版『ボイス』も、韓国版の原作と同じく実力派の出演キャスト陣が主演を務めます。 名前:唐沢寿明• 生年月日:1963年6月3日• 所属事務所:研音 【主な出演作品】 『ラヂオの時間』『白い巨塔』『ルーズヴェルト・ゲーム』 韓国版原作のチャン・ヒョクさん演じる熱血刑事ム・ジニョク役を演じるのは、ベテラン俳優の唐沢寿明さんです。 ディズニーアニメ『トイ・ストーリー』のウッディの吹き替え役として知られている唐沢寿明さんは、1980年に俳優としての活動を開始。 長年の下積み時代を経てデビューから8年後、NHK連続ドラマ『純ちゃんの応援歌』で初めて大きな役を得ることになります。 その後映画やドラマ、舞台にと幅広く活動し、今や実力派俳優としての地位を確立しました。 今作では、愛する妻を喪った悲しみから抜け出せないまま真犯人を追い続ける刑事役を演じます。 アクションシーンが多いドラマですので、唐沢さんのアクションにも注目です。 名前:真木よう子• 生年月日:1982年10月15日• 所属事務所:そよかぜ(レプロエンタテインメントとマネジメント契約) 【主な出演作品】 『SP 警視庁警備部警護課第四係』『龍馬伝』『ゆれる』 韓国版原作のボイスプロファイラー、カン・グォンジュ役を演じるのは、真木よう子さんです。 2001年に映画『DRUG』に出演し、本格的な女優デビューを果たします。 デビュー後は数多くの映画やドラマに出演し、様々なキャラクターを演じ分けてきました。 日本版『ボイス』では、自身の持つ絶対聴力を活かし、凶悪で猟奇的な犯罪者を追いついめていくボイスプロファイラーを演じています。 原作におけるグォンジュは、感情的に動く傾向のある相棒のジニョクとは対象的に、冷静に状況を把握し事件を解決へと導く警察官でした。 そんなグォンジュ役を演じる真木よう子さんが、冷静かつ聡明なキャラクターをどのように演じるのかにも注目です。 名前:増田貴久• 生年月日:1986年7月4日• 所属事務所:ジャニーズ事務所 【主な出演作品】 『3年B組金八先生』『ゼロ 一攫千金ゲーム』『雨の日の森の中』 2003年、アイドルグループNEWSのメンバーとしてデビューした増田貴久さん。 近年は俳優としても活躍しており、今作では韓国版のム・ジニョクを兄貴と慕う後輩刑事、シム・デシク役を演じています。 このシム・デシクというキャラクター、 原作では大変重要な役割を担う人物で、ジニョクにとっても大切な存在の一人と言えます。 増田貴久さんは自身初の刑事役ということで、この重要なキャラクターをどのように演じるのか楽しみです。 日本版でも演技力のある出演キャスト陣が起用されていますので、とても楽しみにしています! この作品でのキーマンは、何と言っても真犯人。 原作での真犯人はキム・ジェウクさんが演じていました。 一方で、日本版と韓国版のあらすじを比較してみても、違いはあまりなさそうでした。 ただ、日本のドラマは韓国のドラマよりも話数と放送時間が少ないため、原作と比較しても日本版の方が早いテンポで物語が進んでいくのではないかと予測します。 また、韓国版では真犯人を追い詰めながらあらすじが展開されていくため、伏線が多く張られていました。 さらに、その伏線に伴い過激なシーンも多々あったのですが… 日本版の短い話数の中で、それがどこまで再現されるのかも気になるところです。 韓国版はケーブルテレビでの放送だったので多少過激なシーンでも放送されていました。 しかし、日本版は地上波での放送になるので、原作よりもそのような過激なシーンが比較的少なめに描かれるかもしれません。 原作の結末は後味が悪いというか、最後の最後まで『ボイス』の世界観が見事に反映された終わり方でした。 このドラマのあらすじ自体が本格的なサイコスリラーなので、日本版もハッピーエンド的な終わり方にはならないと思います。 ただ、韓国版はその結末も含めてとても面白かったですし、続きが見たい!と思わせてくれる終わり方でした。 そのため、日本版も似たような、少し後味の悪い結末になるかもしれません。 日本版ドラマが始まってすぐに「違う」と思いましたね。 まず「画」が違うんですよね。 韓国版は画面から恐ろしさが伝わってきたのに、日本版にはそれがなくキレイすぎるんです。 韓国の雑多で廃墟のような街が日本に無いといえばそれまでですが、すべてにおいて日本版は作り物感が伝わってきてハラハラドキドキしないんですよね。 犯人や被害者も小綺麗すぎますし、そもそも犯行シーンが韓国版ほどエグくないのがかなりのマイナスポイントです! 後は、役者! 唐沢寿明が苦手というのもありますが、演技から熱血漢ぶりがダダ漏れで、韓国版の主人公はもっとヤバくて、いつでも人を殺しそうな雰囲気をまとっていたのに、唐沢はそこまでの危険な臭いがしないんです。 真木よう子がヒロインを演じてるのは、今のところ可もなく不可もなくといった感じでしょうか。 イ・ハナが演じたキャラクターが、おどおどし過ぎだったり、貫禄が無かったりと苦手なタイプだったので、以外と真木よう子の気の強さの方が好みかもしれません。 後は、韓国版に比べてかなり短くなっていますし、CMでテンションが落ちてしまうのがこの手のドラマにはマイナスかもしれません。

次の