日本 地図 パズル。 おすすめの日本地図のパズル10選 おしゃれな木製や人気の学研、くもんの日本地図のパズルも紹介

地理が身につく!日本地図パズルで楽しいお勉強《おすすめ5選》

日本 地図 パズル

つまり、 単純に「 ピースと台座の形合わせ」をして遊んでいる状態。 繰り返せば当然早く完成できますし、ブームの時はある程度形もインプットされます。 でも実は 忘れるのもとても早いです。 2.日本地図パズルで「ピース」の「形」に興味や意識がいかない 日本地図パズルをするとき、「 形」を意識して覚える場合とそうでない場合とでは、当然記憶力 特に長期記憶)に大きな差が出ます。 それから、 よくあるおすすめといわれる日本地図パズルは殆どが「外枠」で仕切られています。 これらは子供たちを注意深く見ていると、ある程度ルーズに押し込んでなんとなく完成させることも可能で、その際、特に「都道府県の形」に意識はいきません。 都道府県ひとつひとつの形状を意識をせずに覚えた日本地図は長期記憶に残りずらくなります。 3.日本地図パズルの「ピース」が小さいので印象に残りにくい だから小さい日本地図パズルをたとえ自力で完成できても「県名や位置を正確にインプットする」には 47都道府県の「形」の記憶があいまいすぎます。 北海道をどの子もすぐ覚えるのは、形状よりむしろ 「1番上の位置」と 「大きさ」からです だから、 もし都道府県の形をいくつか覚えたとしても、「強いインパクトとして残らない」ため、そのままでは小学校入学までに忘れてしまう場合がほとんど。 (これがほんとにもったいない~) 日本地図パズル おすすめは「目的を明確にして」選ぶ ネット上には「日本地図パズルはこれがおすすめ」と沢山のブログにおすすめ理由が紹介されています。 例えば 「プラスチックだから」おすすめ? 確かにプラスチックのほうが、簡単に扱える使えるイメージはありますよね。 おすすめの理由は「収納しやすいから」? ママたちの心をつかみやすいですよね。 お片付け大事ですからね。 「カラーだから」おすすめなの? カラフルなのものは子供たちの食いつきがいい場合も確かにありますね。 おすすめなのは「優秀なお子さんがすぐできるようになったから」? 優秀なお子さんは世の中にいらっしゃいますよね。 でも、じゃあ わが子も同じようにできるのかと心配されるママも少なくないのでは。 逆に親の学歴に関係なく、どの子も「適切なインプットさえすればできるようになる」と分かったのはかなりあとですが。 「小さい子でも遊びながら都道府県に興味を持ってほしい」• 「効果的な敏感期に日本地図をインプットして長期記憶の土台を作りたい」• 「小中高など学校の地理テストに対応できるよう幼児期から都道府県の位置、形をできる限り正確に覚えさせたい」 これらが目的であれば、「日本地図パズル」が効果を発揮します。 そこでおすすめの日本地図パズルは以下のポイントをしっかり押さえたパズルとなります。 形と位置を覚えるおすすめの日本地図パズル(インプット編) ここでのおすすめ日本地図パズルは特に1歳~入学前の園児に効果的です。 (もちろん小学生以上でも家族で楽しく遊べます) まずおすすめの日本地図パズルは 1.「都道府県ピースの形が明確な日本地図パズル」 「都道府県の形」がはっきり分かり、それぞれの県と県との接続部分がピタっと合わさり、形状をはっきり確認できるもの。 リアス式海岸ののこぎり状のがたがたした形など大きいパズルのピースはインパクトありますよ~。 0歳から入学前までのお子さんは五感が大変優れています。 この時期に「形」が大きくはっきりした日本地図パズルを与えてあげるのはおすすめです。 藤井四段のニュースで「モンテッソーリ教育」が大変注目を浴びましたが、このモンテッソーリおもちゃ(教具)も「敏感期」と呼ばれるこの幼少期のお子さんの感覚を大事に伸ばすことを重視していますよね。 2.「県境が明確で台座にはめこまない日本地図パズル」 台座にはめ込む形状でない日本地図パズルは、県と県の隙間をうまく接続しないと完成できません。 そこで、どうしてもピタっとくつけるために、幼児は形状を意識してくつけることを繰り返すことになります。 (はじめは微調整ができない子でも、なれるとどんどん上手くつけられるようになりますよ。 ^^) 3.「インパクトある大きさの日本地図パズル」 インパクトある大きさの日本地図パズルは、子供が一つ一つの都道府県の形状を当然認識しやすくなります。 小さいパズルは他県との違いがどうしても分かりづらくなってしまいます。 幼児に強い印象を残すには「ある程度の大きさ「」が必要。 この大きさだけで、認識能力や、長期記憶につなげるのにかなり有効です。 4.「素材が安全な日本地図パズル」 子供が安心して使用できる素材をつかっているもの。 小学生などはプラスチックでもいいかと思いますが、とくに1歳から幼稚園児まではできれば天然素材の木製のほうが安心です。 木製おもちゃのあたたかみはその見た目や触覚から、小さい子でも癒し効果があると言われています。 材質をよくするとコストはかかりますが、ヒノキなど抗菌効果のある素材ならなおいいですね。 『日本地図パズルのおすすめはこちら』 幼児教材オタクのスマイルママが探し続けた「理想の日本地図パズル」と割引特別注文ができるのは 日本地図パズルに限らず、どんなに優れた幼児教材も「楽しく、繰り返し遊ぶ」ことをしないと定着しません。 この 「繰り返し、楽しく遊ぶ」ことがとても重要です。 無理に教え込もうとすると子供は敏感に感じ取り逃げます(笑) お子さんと一緒に日本地図パズルを楽しんでくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

日本地図パズルのおすすめ|なんと1歳から使えるパズル

日本 地図 パズル

どのパズルでもいいは間違い!日本地図パズルの落とし穴 先に日本地図パズルに存在する罠をお伝えしましょう。 都道府県別にパズルをパチパチっと繰り返し当てはめれば、自然と位置関係が身につきや…すくはないのです。 なぜならば子供は 「単なるピース」として認識して形に合う場所へパズルを完成させていく 「遊び」としてしか捉えていないというケースがあるから。 パズルの形までに意識がいかないのです。 幼い頃には日本地図が完成させられたのに、いざ勉強が始まったら全く忘れていた!という経験談は実はかなり多いエピソード。 日本地図パズルを購入する上で重要なポイントをおさえないと、こんなはずでは…の落とし穴にはまってしまう可能性大! でも安心してくださいね。 どんなパズルを選べば効果的なのか次で詳しく解説していきます。 地理がきちんと身につく!日本地図パズルの選び方 遊びから知識へとしっかり根付かせるために、譲れない要点をまとめました。 それでは「こういうパズルがおすすめ」のポイントを見ていきましょう。 インパクトのある大きさを選ぶ 細かなピースでは形を認識できずに、ただのピースとして終わってしまいます。 子供がしっかりと触って覚えられる大きめサイズを選びましょう。 はめ込むタイプではないものがいい カチッとピースを埋めるはめ込み式のパズルは簡単で完成しやすい利点があるので、子供のモチベーション維持のためについつい選びがちですが、形を意識しなくても運良くはまってしまうケースがあり得るため学習面ではあまりいいとは言えません。 県境を意識しないとピースを繋ぐことができない、自ら考えて完成させる境目のないパズルがおすすめです。 「山梨県の県庁所在地は甲府市、ぶどうが有名」という塩梅にセットで一つ一つの県の特色を学べるので、いずれ来たるテスト対策に有効と言えるでしょう。 おすすめの日本地図パズル【5選】知識に語りかける決定版! 子供の興味と学習欲を引き立てるパズルを集めました。 購入をきっかけに私もハマりましたと大人でも楽しめる絶妙な難易度! 地理に自信のないパパさんママさん、脳トレのつもりでキッズと一緒に遊んでみてくださいね。 無心でできるのでストレス発散効果も期待できます。 1.くもんの日本地図パズル 実はこちらははめ込み式のパズル。 にも関わらずおすすめした理由は、長く遊べて段階を追って難易度を上げて、子供の成長に応じた学び方ができるから。 まずは地方ごとに色分けされた「基本ピース」を使ってパズル遊びを。 第二レベルは全土同じ色で統一された「発展ピース」で知識を深いものに。 最終的には目隠しシールで県名を隠して形だけの情報で完成させよう! このくもんの日本地図パズルは昨年で発売20周年を迎えました。 2.どこでもドラえもん 最新マグネット日本地図パズル ドラえもん好きなキッズにはこちら。 地方の特産や特徴の被り物をしたドラえもん+日本地図ピースの合計満足な100ピース! マグネットであちこちにくっつくので無くしづらく管理しやすいとの意見もあり。 3.日本地図パズル 三層構造ボードゲーム 学校で使用されている帝国書院の地図を使用。 たっぷり遊んで学べる納得の三層構造!一層目は、山や河川の位置などが正確に把握できる「地勢図パズル」。 二層目は、県庁所在地名が書かれた「行政図パズル」。 三層目は「日本一周旅行ゲーム」。 パズルとボードゲームがこれ一つに詰まった学習グッズは、家族みんなで遊ぶことができますよ。 対象年齢は5歳〜と設定が高めなので、まさにこれから地理を学ぶ子供にとって最適な年齢で学べる玩具と言えます。 4.日本地図パズルゲーム チズミルク 遊び心とセンスのあるパッケージが可愛い!見た目から興味を持ってくれるキッズ続出のこちらのパズルはおしゃれで可愛い見た目とは裏腹に、難易度が高め。 都道府県ピースの色が全て同じなのできちんと形を把握しなければ合わせることができず、平面な台紙なので県境をしっかりとくっつけなければマップの上で動いてしまいます。 そのため地図帳が配られ、列島の形を認識する時期に取り入れるのがおすすめ。 5.日本の都道府県をおぼえよう 150ラージピース 大サイズのピースで都道府県の形を正しく認識!日本周辺の位置関係もわかりやすく、近い将来に習う世界地図にも発展して考えやすくなりそうです。 小笠原諸島や奄美諸島といった、島もきちんと存在する配慮でさらに理解が進みます。 いたってシンプルな本格的地図パズルなので、レベルは高め。 そうとなったらこっちのもの!さらに学習意欲を引き出す声かけや遊びの工夫で、楽しさを引き出して記憶力を高めましょう。

次の

都道府県!無料のおすすめ日本地図パズルアプリ12選

日本 地図 パズル

つまり、 単純に「 ピースと台座の形合わせ」をして遊んでいる状態。 繰り返せば当然早く完成できますし、ブームの時はある程度形もインプットされます。 でも実は 忘れるのもとても早いです。 2.日本地図パズルで「ピース」の「形」に興味や意識がいかない 日本地図パズルをするとき、「 形」を意識して覚える場合とそうでない場合とでは、当然記憶力 特に長期記憶)に大きな差が出ます。 それから、 よくあるおすすめといわれる日本地図パズルは殆どが「外枠」で仕切られています。 これらは子供たちを注意深く見ていると、ある程度ルーズに押し込んでなんとなく完成させることも可能で、その際、特に「都道府県の形」に意識はいきません。 都道府県ひとつひとつの形状を意識をせずに覚えた日本地図は長期記憶に残りずらくなります。 3.日本地図パズルの「ピース」が小さいので印象に残りにくい だから小さい日本地図パズルをたとえ自力で完成できても「県名や位置を正確にインプットする」には 47都道府県の「形」の記憶があいまいすぎます。 北海道をどの子もすぐ覚えるのは、形状よりむしろ 「1番上の位置」と 「大きさ」からです だから、 もし都道府県の形をいくつか覚えたとしても、「強いインパクトとして残らない」ため、そのままでは小学校入学までに忘れてしまう場合がほとんど。 (これがほんとにもったいない~) 日本地図パズル おすすめは「目的を明確にして」選ぶ ネット上には「日本地図パズルはこれがおすすめ」と沢山のブログにおすすめ理由が紹介されています。 例えば 「プラスチックだから」おすすめ? 確かにプラスチックのほうが、簡単に扱える使えるイメージはありますよね。 おすすめの理由は「収納しやすいから」? ママたちの心をつかみやすいですよね。 お片付け大事ですからね。 「カラーだから」おすすめなの? カラフルなのものは子供たちの食いつきがいい場合も確かにありますね。 おすすめなのは「優秀なお子さんがすぐできるようになったから」? 優秀なお子さんは世の中にいらっしゃいますよね。 でも、じゃあ わが子も同じようにできるのかと心配されるママも少なくないのでは。 逆に親の学歴に関係なく、どの子も「適切なインプットさえすればできるようになる」と分かったのはかなりあとですが。 「小さい子でも遊びながら都道府県に興味を持ってほしい」• 「効果的な敏感期に日本地図をインプットして長期記憶の土台を作りたい」• 「小中高など学校の地理テストに対応できるよう幼児期から都道府県の位置、形をできる限り正確に覚えさせたい」 これらが目的であれば、「日本地図パズル」が効果を発揮します。 そこでおすすめの日本地図パズルは以下のポイントをしっかり押さえたパズルとなります。 形と位置を覚えるおすすめの日本地図パズル(インプット編) ここでのおすすめ日本地図パズルは特に1歳~入学前の園児に効果的です。 (もちろん小学生以上でも家族で楽しく遊べます) まずおすすめの日本地図パズルは 1.「都道府県ピースの形が明確な日本地図パズル」 「都道府県の形」がはっきり分かり、それぞれの県と県との接続部分がピタっと合わさり、形状をはっきり確認できるもの。 リアス式海岸ののこぎり状のがたがたした形など大きいパズルのピースはインパクトありますよ~。 0歳から入学前までのお子さんは五感が大変優れています。 この時期に「形」が大きくはっきりした日本地図パズルを与えてあげるのはおすすめです。 藤井四段のニュースで「モンテッソーリ教育」が大変注目を浴びましたが、このモンテッソーリおもちゃ(教具)も「敏感期」と呼ばれるこの幼少期のお子さんの感覚を大事に伸ばすことを重視していますよね。 2.「県境が明確で台座にはめこまない日本地図パズル」 台座にはめ込む形状でない日本地図パズルは、県と県の隙間をうまく接続しないと完成できません。 そこで、どうしてもピタっとくつけるために、幼児は形状を意識してくつけることを繰り返すことになります。 (はじめは微調整ができない子でも、なれるとどんどん上手くつけられるようになりますよ。 ^^) 3.「インパクトある大きさの日本地図パズル」 インパクトある大きさの日本地図パズルは、子供が一つ一つの都道府県の形状を当然認識しやすくなります。 小さいパズルは他県との違いがどうしても分かりづらくなってしまいます。 幼児に強い印象を残すには「ある程度の大きさ「」が必要。 この大きさだけで、認識能力や、長期記憶につなげるのにかなり有効です。 4.「素材が安全な日本地図パズル」 子供が安心して使用できる素材をつかっているもの。 小学生などはプラスチックでもいいかと思いますが、とくに1歳から幼稚園児まではできれば天然素材の木製のほうが安心です。 木製おもちゃのあたたかみはその見た目や触覚から、小さい子でも癒し効果があると言われています。 材質をよくするとコストはかかりますが、ヒノキなど抗菌効果のある素材ならなおいいですね。 『日本地図パズルのおすすめはこちら』 幼児教材オタクのスマイルママが探し続けた「理想の日本地図パズル」と割引特別注文ができるのは 日本地図パズルに限らず、どんなに優れた幼児教材も「楽しく、繰り返し遊ぶ」ことをしないと定着しません。 この 「繰り返し、楽しく遊ぶ」ことがとても重要です。 無理に教え込もうとすると子供は敏感に感じ取り逃げます(笑) お子さんと一緒に日本地図パズルを楽しんでくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の