チャレンジタッチ 小学4年生。 チャレンジタッチの口コミ!6年生の娘が1ヵ月試したガチな感想!

やっと届いた「チャレンジタッチ5年生」2020年コロナ禍で予約殺到!?1ヵ月半待ち!-ベネッセ(進研ゼミ小学講座)

チャレンジタッチ 小学4年生

小5です。 チャレンジタッチの内容がひどいので、解約したいと思ってる方いらっしゃいますか?いわれるままにタブレット代金を支払いますか? うちにも小学生5年の娘にせがまれてチャレンジタッチがやってきました。 少したってからダウンロードしたので、ダウンロードは問題なくできました。 本人が1月近くも楽しみにしていただけあって春休みの旅行から戻ってすぐに取り組み始めました。 ところが、あっという間に全てが終わってしまい、後は何もやる内容がありません。 理科社会にいたっては1日(10分)で4月分が全て完了、算数国語でも2~3日で全て終了、しかも1回の取り組み時間は1-2分です。 (娘の成績は上の方ですが出来る出来ないにかかわらず、単に量が少ない)結果4日間で全てが終了し、あとは次のダウンロードまでなにもする事がないというありさまになってしまいました。 あまりの内容の薄さに本当にがっかりです。 クイズや他の画面も何回かは楽しめますが、内容が深くないのであっという間に飽きてしまいます。 もちろん、内容が初歩的なのはわかって契約しました。 他のアドバンスのドリルも頼んでいます。 学校より先に新しい内容を楽しく予習する最初の説明によいかと思ったのですが、この中身では教科書の一部しかはいっておらず、最初の予習にすらなりません。 進研ゼミの鳴りものいりのタッチで、期待していただけにこれは詐欺に近いと感じます。 入ってる内容の構成は良いだけに、発売前の時間切れで量が不十分なまま見切り発車したように思います。 ちなみに進研ゼミにも伝えたところ、「内容が少ない」というクレームは多いと聞きました。 通信教育の良さは毎日マイペースで続けて勉強できる事です。 ツールの良さのみを宣伝し、実際にやる内容がないのは、販売以前の問題です。 しかも、5月号で少しは改善されているだろうという期待は見事にはずれ、ダウンロードできたが、学習画面に進めない。 何度やってもエラーでおしまいです。 しかもヘルプデスクは3日間全く通じません。 これは、完全に消費者センター相談ものだと思います すでに解約された方いらっしゃいますか?もしくは解約しようと思ってる方? こんな無用の長物に6ケ月間も5000円近く払い続けるのはもったいなさすぎです。 どうでしょうか? 三年生の子どもがタブレット、六年生の子どもが 選択の余地が無かったので 紙テキストをやっています。 タブレットに関しては本当にガッカリです。 情報が少ないにも程があります。 まだ三年生なので、チャレンジウェブから計算や漢字のダウンロードで足りない分は補えますが、五年生だと補い切れない部分はあるかもしれません。 タブレットだと選択問題ばかりですよね? 高学年になると、選択問題ではなく、記述問題が大切なので、別の教材で補填することを考えた方がよいのではないかと思います。 それまでの繋ぎと言ったら変ですが、チャレンジウェブの計算漢字ドリルを履修学年分全部プリントして、やらせてはどうですか? 算数は一律ですが、漢字は教科書が選べるので、問題のバリエーションがあって、たくさんこなせます。 ヘルプデスクは三回ほどかけましたが、更新時期ではなかったせいか、すぐにつながりました。 平日昼間 子どもが学校に行っている がつながりやすいかもしれません。 対応はとても親切で、うちはタブレット交換してもらいましたよ。

次の

小学6年生|進研ゼミ小学講座|ベネッセコーポレーション

チャレンジタッチ 小学4年生

タブレットを使った通信教育のなかでも一、二を争うメジャーな教材「チャレンジタッチ」。 2019年からは英語教材・チャレンジイングリッシュが標準化されたほか、プログラミング・思考力、そして記述力と新しい学びへの対応を進めています。 チャレンジタッチに変えたとき、入会金や毎月の料金ってどれくらいになるの? レベル別の教材や英語教材(チャレンジイングリッシュ)の追加料金が必要なの? と、他の通信教材や通塾の場合と比較して、どれくらいかかるかと料金が気になるという方も多いのではないでしょうか。 今回は、チャレンジタッチの小学生講座、中学生講座の受講費用にフォーカスして、それぞれ学年ごとにまとめてみました。 さらに、• 専用タブレットの費用とサポートサービス料金• 「チャレンジイングリッシュ」の利用料やオプション費用• レベル別コースの特徴や受講料金 についても合わせて紹介します。 お子さんの学年や選んだコース、さらにはオプション教材の組み合わせで、どれだけの費用がかかるのか参考にしてみてくださいね。 \無料の資料請求あり/ 【小学生講座の注意事項】 ・まとめ払いは各年度の4月号から受講したケースとして記載しています。 ・学年の途中で申し込む場合は、開始時期により支払総額がことなります。 ・受講費にはデジタルコンテンツおよび教材の送料、その他サービス料を含みます。 ・支払手数料およびインターネット接続料やWi-Fi環境などは別途必要です。 ・キャンペーン時を除き、受講期間は2カ月以上です。 ・デジタル教材のほか、赤ペン先生・実力診断テスト、体験型付録なども含みます。 ・紙テキストによる講座「チャレンジ」とタブレットを使った「チャレンジタッチ」の受講料は同額です。 チャレンジタッチなら、国語・算数だけでなく英語やプログラミングも学習できて、12カ月一括払いの場合なら1カ月あたり月2,980円と気軽に始めやすくなっています。 小学2年生の料金は? チャレンジタッチ小学2年生【2020年度】受講費 対応科目:国語・算数+英語・プログラミング・思考力 塾・教室費用の平均額は、小学2年生になると月7,000円ほど。 小学1年生の頃より平均額が上がっていますが、チャレンジタッチは小学2年生に進級しても受講費はそのままです。 小学3年生の料金は? チャレンジタッチ小学3年生【2020年度】受講費 12カ月分一括払い 6カ月分一括払い 毎月払い 1カ月の費用 5,320円 5,780円 5,980円 1年間の費用 63,840円 68,760円 71,760円 対応科目:国語・算数・理科・社会・英語+プログラミング・思考力 中学入学を見据え、学習内容もレベルアップする小学5年生。 これまでの4教科だけでなく、英語にも評価対象になります。 また、塾・教室費用の平均月額は、小学5年生(以降)になると2万円台に。 本格的に中学受験勉強で通塾日数や時間が増えるからでしょう。 しかし、チャレンジタッチであれば、その半分以下の料金で、「苦手の芽」をつぶしながら基本的な学力を育ててくれます。 小学6年生の料金は? チャレンジタッチ小学5年生【2020年度】受講費 12カ月分一括払い 6カ月分一括払い 毎月払い 1カ月の費用 5,730円 6,190円 6,440円 1年間の費用 68,760円 74,280円 77,280円 対応科目:国語・算数・理科・社会・英語+プログラミング・思考力 チャレンジタッチ小学6年生では、6年間の総復習や中学校の先取と中学入学準備からさらに高校入試まで見据えた実力を身に付けるための教材になります。 内容が高度になる分、チャレンジでも小学5年生に比べて受講費はアップしていますが、それでも塾・教室に通うことと比べると費用をかなりセーブできます。 チャレンジタッチ・小学生講座はまとめ払いでお得に チャレンジタッチの小学生講座の料金は、学年に応じて受講費が変わるほか、支払方法によって年間の支払額も変わることがおわかりいただけましたか? 毎月払いより6カ月払い、さらに12カ月払いの方が割安に。 1年間の費用で比較するとかなり大きな違いになりますね。 【中学講座の注意事項】 ・まとめ払いは各年度の4月号から受講したケースとして記載しています。 ・学年の途中で申し込む場合は、開始時期により年間の支払総額がことなります。 ・受講費にはデジタルコンテンツおよび教材の送料・その他サービス料を含みます。 ・支払手数料およびインターネット接続料やWi-Fi環境などは別途必要です。 ・キャンペーン時を除き、受講期間は2カ月以上です。 ・教材には、タブレットで使用する主要5教科のデジタル教材のほか、赤ペン先生・実技4教科を含めた定期テスト対策、実力診断テストを含みます。 ・紙テキストによる講座「オリジナル」とタブレットを使った「ハイブリッド」の受講料は同額です。 中学1年生の料金は? ハイブリッド中学1年生【2020年度】受講費 12カ月分一括払い 6カ月分一括払い 毎月払い 1カ月の費用 8,600円 9,280円 9,850円 1年間の費用 103,200円 111,360円 118,200円 中高一貫校向け受講費は、中1~3まで同一料金です。 授業の理解だけでなく、実技4教科を含めた定期テスト対策もサポートした専用のカリキュラムです。 体系数学もしくは検定教科書タイプをサポートした 「スタンダード」と、応用問題に取り組む 「ハイレベル」から選択可能です。 benesse. 塾と比べかなりリーズナブルではないでしょうか。 「部活や習い事で忙しい」「送迎が大変」という方でも、自宅で好きなペースで学習できるというメリット。 さらに、費用面からも、校外学習として選びたい受講費ではないでしょうか。 以上、チャレンジタッチ中学生講座の受講費用について紹介しました。 次から、受講料の支払い方法や入会金などについて紹介します。 小・中学生講座の支払方法・入会金・払戻し・割引・スタイルの変更について ここでは、• 受講費の支払い方法• (再)入会金の費用• 退会時の払い戻し• 割引特典 この4点についてまとめました。 入会金・再入会金は0円 進研ゼミでは、 入会金や再入会金、また退会金など、入退会に関する費用は一切かかりません。 教材の送料は、離島や北海道、沖縄なども追加料金はなく、全国どこでも同じ受講料で学習できるので安心ですね。 ただし、支払方法による手数料やインターネットの接続料などは別途かかります。 ですが、万が一途中で解約(退会)した場合「未受講分(残金)は戻ってくるの?」と気になりますよね。 (私は割と気にする方です。 ) 進研ゼミでは、未受講分の払い戻し(返金)があるのでご安心ください。 毎月の連絡締切日までに連絡すれば、所定の月号から教材を中止できますので、教材が合わなかったらどうしようと心配している方も、いちど試してみてはどうでしょうか。 受講費がお得になる割引特典は? 一括払いのほかに、兄弟姉妹で利用する場合や、1年2年と継続して受講している場合割引など、少しでも「受講料が安くなるサービスがあればうれしいな」と思いますよね。 今のところ、進研ゼミではまとめ払い以外の基本料金の割引サービスはないので、それぞれの支払い方法に応じた金額になります。 特別な割引制度はありませんが、「おともだち」のほかにも、兄弟姉妹で受講する場合も「紹介キャンペーン」が適用されるのでプレゼントをもらうことができます。 チャレンジタッチからオリジナルスタイルへと変更した場合の料金は? 先ほど途中退会した場合の払戻しがあることを紹介しましたが、小学生であれば「チャレンジタッチ」から「チャレンジ」、中学生であれば「ハイブリット」から「オリジナル」 と、タブレットからテキスト教材と「学習スタイル」を変更した場合には追加費用は必要でしょうか? 【追加費用なし】学年途中での学習スタイル変更も可 進研ゼミでは、こうした学習スタイルの変更には費用はかかりません。 紙テキストからチャレンジタッチ(小学生)もしくはハイブリッドスタイル(中学生)など、 途中で学習スタイルを変更の場合にも費用はかかりません。 【注意】 ただし「チャレンジタッチ」「ハイブリット」「中高一貫」講座などタブレット教材を使用するコースは、6カ月以上の受講が条件となっています。 6カ月未満で学習スタイルを変更する場合には、代金の一部が請求されます。 変更手続きは電話もしくはWebで受付! 学習スタイルの変更は、以下の電話もしくはWebサイトで可能です。 そんなふうに学習の目的が変化した場合も、手軽に余計な費用をかけずに学習スタイルを変更できるので助かりますね。 専用タブレットの料金は? チャレンジタッチを受講するには、専用タブレットの「チャレンジパッド」が必要です。 初めてチャレンジタッチを受講する場合は、チャレンジパッドが初回に届けられますが、気になるタブレットの料金はいくらなのでしょうか? チャレンジタッチは6ヵ月以上受講で無料に! チャレンジパッドの端末代金は19,800円です。 破損に備えるならサポートサービスの加入がおすすめ サポートサービスに未加入の場合、専用タブレットの交換には19,800円かかります。 タブレットは精密機器ですから、どんなに気をつけていても、つい不注意で床に置きっぱなしのタブレットの液晶画面を踏んで割ってしまったり、床に落としてしまったり、お茶をこぼしてしまったりするかも・・・と保護者の方も心配ではないでしょうか。 タブレットを使った学習教材の欠点は、タブレットの交換時の費用が高い、交換としないと勉強できないというところではないでしょうか。 そんな不安に応えてくれるのが、 「チャレンジパッド・サポートサービス」です。 有料とはなりますが、 自己破損時、保証がきれる2年目以降の自然故障時も格安でチャレンジパッドを交換できます。 このサポートの契約期間と料金はは以下のとおりです。 サポートサービスの有無による交換費用の差額 例えば、サポートサービス期間を12カ月で契約した場合、契約期間中であれば3,300円で新品のタブレットに交換できます。 逆に、このサポートに非加入の場合、新品タブレットへ交換するには定価でタブレットを購入する必要があります。 まとめると、 ・加入していれば、5,160円(サポートサービス料金1,860円+タブレット交換費3,300円) ・加入していなければ、定価19,800円 と、サポートサービスに加入していると14,640円も安く、新品タブレットと交換できます。 ただし、サポートサービスが申し込めるのはタブレット到着前だけですので、注意が必要です。 もちろん、壊れないよう大切に使うのが何よりですが、不慮の事故や自然破損の可能性も考えると、月々150円からの負担で、新品への交換保証が付くのは安心ですよね。 小・中学生向け英語教材「Challenge English」は無料です チャレンジタッチでは小学1年生から標準で英語を受講できますが、さらに「聞く」「話す」「読む」「書く」という4技能の英語力を伸ばしたいというお子さんのために 「チャレンジイングリッシュ」という講座が用意されています。 チャレンジイングリッシュは ・初心者から英検3級(中学3年生相当のレベル)レベル ・さらに英検準1級(高校3年生相当)レベル と、広い範囲をカバーした教材です。 しかも、レベルチェックしてからレッスンスタートするので、 ・これから英語を始めるお子さんでも ・ほかの教材で勉強したことがある、英語スキルのあるお子さんでも 自分にあったレベルからスタートできます。 なお、 以前の「チャレンジイングリッシュ」は有料のオプション講座でしたが、2019年より小中学生講座受講者であれば「追加料金不要」に。 つまり通常の小・中学生講座の中で取り組めます。 このほか、英語検定の模擬試験なども追加費用なしで取り組めます。 【オンライン英会話】オンラインスピーキングはオプション! チャレンジイングリッシュでは、タブレット上でお子さんの発音を自動採点しますが、外国人講師による英会話レッスンも別途用意されています。 この1回15分のオンラインスピーキング(個別英会話)はオプションとなります。 オンラインスピーキング料金 レッスン数 小学生 中学生 月1回 990円 1,290円 月2回 1,980円 2,580円 月4回 3,960円 5,160円 レッスンの契約は月ごとで、回数は自分のペースに合わせて1~4回。 ただし、使いきれなかった分は翌日への繰り越し、払い戻しもないのでご注意ください。 「挑戦コース」も追加料金なし! 実力アップレッスンは「挑戦コース」に チャレンジタッチでは基本の「メインレッスン」に加えて、さらに力をつけたい場合にはレベル別のデジタル教材が選べます。 これまで「実力アップレッスン」と呼ばれていた演習・発展コースといった2つのコースが「挑戦コース」となります。 挑戦コースとは? チャレンジタッチでは以下の2コース選択制です。 授業やテスト対策といった基本を重視した「標準コース」• 応用問題にたくさん取り組める「挑戦コース」 これらのコースは教科(英語は小学5・6年生のみ)ごとに設定できるほか、月ごとに変更可能ですので、お子さんの実力や習熟度に合わせながら学習を進めることができます。 挑戦コースを選んでも追加料金無料! チャレンジタッチでは、 難易度の高い問題に取り組める「挑戦コース」を選んでも、追加料金なし! さらに学びを深めたいという希望が「お値段そのまま」で叶うなんてお得ですよね。 またコース設定は、タブレットで変更できるので手軽です。 体験型学習で勉強の基礎が作れる! チャレンジタッチの料金まとめ 今回は受講費を中心にチャレンジタッチについてまとめてみました。 各学年の受講費• 支払い方法・手数料・各種割引の有無など• タブレットの端末料金やサポート費用のこと• 英語教材(チャレンジイングリッシュ)やコース別教材の追加費用 など、それぞれ詳しくお伝えしました。 また、チャレンジではチャレンジイングリッシュやコース別教材も追加料金なしで利用できるので、基本費用で充実した学習に取り組めるということも理解していただけたのではないでしょうか。 通塾をはじめ、他のタブレット教材やインターネット学習を利用する、など他の学び方と比較する際の一つの目安として、ぜひお役立てください。 保護者が期待する成果、さらにはお子さんの実力や性格・目的に合わせて、より効果の高い学習方法を選ぶお力になれますように。

次の

チャレンジタッチ|小学4年生|進研ゼミ小学講座

チャレンジタッチ 小学4年生

2014年4月から新しく始まったベネッセの。 新しいもの好きのわが家では早速、小学3年生の娘の教材を紙(チャレンジ)から、タブレット(チャレンジタッチ)に切り替えて、学習していました。 ひとぅブログでも過去に2回ご紹介しています。 タイミング的に3月25日に配布される4月号(4年生)から再び紙教材に戻ります!! なぜ、チャレンジタッチからチャレンジに戻ることにしたのか? また、切り替えるとどうなるのか? などをご紹介します。 ちなみにこの記事の内容は、小学3年生の私の娘が実際に学習してみた結果を書いていますが、こどもの性格や学習の取り組み方によって感想や評価が大きく変わると思いますのて、あくまで参考としてご覧いただけると幸いです。 なぜ紙教材に戻ったのか• 紙教材と比べ学習量が少ない• 「書く」行為が少なすぎる チャレンジタッチのいいところは一言、 「学習が楽しい」という点でしょう。 厳しい言い方になりますが、現在のチャレンジタッチは ただそれだけと言えます。 学習を始めてすぐ気づく、気になるのがこの2点です。 紙教材より明らかに学習量が少ないのです。 1日10分で終わる学習が、4教科(国語、算数、理科、社会)が平均で17回。 1回ごとに授業を見たあとに問題という流れになりますが、 実際には1回5分程度で終わってしまいます。 子どもが飽きる前に授業(解説)が終わるように工夫されていますが、どうしても 物足りなさを感じてしまいます。 また、「書く」という行為が少なすぎます。 漢字の書き取りでは 適当に書いても認識して「正解」と表示されますし、計算をする課程で書く行為が少ないため 頭に入りにくいようです。 1日10分でも毎日はしない• 繰り返し学習はしない• 適当に回答しても学習完了できる• 親が学習の進捗を把握しにくい• 苦手なポイントを見つけにくい 約10カ月続けて分かったことはこの5点。 1回あたりの授業が短いので、1度の学習で一気に学習ができてしまいます。 (1カ月分を2、3日で終わらせることも可能。 )デジタル教材のメリットは、何度も学習できる点ですが、 一度解いた問題を何回も学習することはまずありません。 最初の2カ月ほどは見直していましたが、しなくなっちゃいました。 学習をする日としない日がはっきり分かれてしまう結果に。 タブレットの性質上、 理解していなくてもタッチをすると授業は適当に進められますし、問題も紙よりも簡単な回答方法となっていて本当に理解できているのか怪しいところも見受けられます。 うまく表現ができないのですが、 「分かったような気になった」だけということがよくあるようです。 私自身も電子書籍を読んだ後、何となく同じような気持ちになるような気がします。 学習の結果を保護者にメールで送信したり、ウェブ画面で確認できるのですが、一見便利そうな機能ですが、まだまだ、 機能不足です。 せっかくデジタルでデータを収集しているのですから、 苦手な問題や傾向、改善のための提案、苦手問題を徹底して出題するなどの工夫が欲しいところです。 紙の教材の方が親としては苦手なポイントや間違いやすいポイントなどを把握しやすいと思います。 チャレンジタッチの現在の機能ではどこまで学習をしたか程度した分かりません。 ご褒美メールなんてはっきりいってすぐに飽きちゃいます。 解約するとどうなる? タブレットは返却するの? はじめは3月号から紙のチャレンジに戻そうとサポートデスクに電話しましたが、タブレットの返却は不要と言われました。 当初は、1年間受講するとプレゼントと説明があったように記憶していますが、現在は1周年記念で先着50万人にタブレットをプレゼントとしているため、受講期間の縛りはなくなったのかもしれません。 教材はどうなるの? ダウンロード済みの教材は1年間有効とのことです。 3年生の教材は4年生の3月24日まで使えるそうです。 よく考えたら、解約したらすぐにコンテンツを見られなくなると困りますもんね!! 改善が繰り返された紙教材と開発途上のタブレット教材 いろいろと書きましたが、結論を言うならば、進研ゼミの長年の経験と実績で作り上げられた紙教材と、1年目のタブレット教材を比べること自体がナンセンスだったのかもしれません。 「チャレンジ」では紙教材に加え、学習マシンや付録が充実しています。 6年生になる兄のチャレンジを見続けていますが、その完成度には関心することばかり。 年々、ブラッシュアップされて今の形があるのだと思います。 一方の「チャレンジタッチ」はまだ1年目。 どうしたら繰り返し学習するのか? デジタルだからこそできる学習方法は何か? 物足りなさをどう補完するか? など改善の余地が山ほど感じてしまいます。 もちろん、中学入試をお考えの方は、チャレンジでもこれだけでは不十分だと思います。 一般的な公立学校での学習レベルでのお話しです。 さいごに ガジェット好きな私が言うのも何ですが、やはり紙で勉強するのは重要です。 特に「書く」という行為は手と頭の両方が刺激され初めて頭に入るのだと思います。 ただ、音声や画像での説明は理解しやすい教科があるのも事実だと思います。 そこで私は基本はチャレンジで学習し、補完的に、を購入することにしています。 紙とデジタル、お互いの長所をうまく使い効率よく学習することが大切ですね!!.

次の