ブライアン ワイルド スピード。 【感想・レビュー】まさかのブライアン登場 ワイルドスピード アイスブレイク|Roopinfole

ワイルドスピード/スカイミッションの挿入歌は?エンディング曲もチェック!

ブライアン ワイルド スピード

スカイミッションのエンディング曲は?ドミニクの最後のセリフは? エンディング曲:See You Again ft. 「See You Again 」は2013年に亡くなったポール・ウォーカー ブライアン・オコナー役 に捧げられた曲です。 主題歌もこの曲。 スカイミッションのラスト、浜辺でブライアンが息子を遊ばせているシーンをバックにSee You Againが流れ始めます。 穏やかなピアノの音色がこの場面にマッチしていて素敵ですよね。 このあと、一人車を走らせるドミニクの横にブライアンが登場。 ラストのシーンのブライアンはもちろんCGです。 ポール・ウォーカーの弟さんが代役を務めました。 ドミニクの最後のセリフは? 曲が盛り上がる部分で過去のワイルドスピードの名場面が流れます。 ワイスピファンにとっては、ブライアンとファミリーの思い出を振り返る感覚で最高でしたね。 ここでメガマックス ワイルドスピード5 のドミニクの名言が登場。 彼のセリフはこちら。 「The most important thing in life Will Always be the people in this room. Right here… Right now… SALUD …. MI FAMILIA.. 一番大切なのは仲間の存在だ、今ここにいる…ファミリーに… 」 今作がワイルドスピード初めての人は、ぜひ過去作もご覧ください。 ドミニクが最後「You will always be with me, and you will always be my brother. いつも一緒だ、永遠の兄弟だ 」と言って、二人は別々の道を生きます。 最後はブライアンの車に焦点があたり、画面には「FOR POUL ポールに捧ぐ 」の文字が打ち出されます。 スカイミッションは最後の場面だけでも100万点でしたね。 スカイミッションの挿入歌は? スカイミッションの劇中に使われた挿入歌も紹介します。 オープニング曲、デッカード・ショウが病院をめちゃくちゃにした後のシーンでながれていた曲。 スカイミッションのサントラは「」。 曲一覧はこちら。 エンディング曲や上で紹介したいくつかの挿入歌はここに含まれています。 ここをクリック.

次の

『ワイルド・スピード9』予告、死んだはずの「あのキャラ」が登場する鳥肌展開に騒然

ブライアン ワイルド スピード

この項目では、シリーズ第1作目について説明しています。 映画のシリーズ全体については「」をご覧ください。 タイトーのアーケードゲームについては「」をご覧ください。 バンダイナムコの家庭用ゲームについては「」をご覧ください。 を舞台に()に熱中するたちを題材としたである。 当時のアメリカのストリート・レース文化にのっとり、と呼ばれるカテゴリのが数多く登場する。 に版、に版を発売。 Blu-ray版は、本編の他にメイキングや未公開シーン、ミュージック・ビデオなどの特典映像を収録。 あらすじ ・。 高額貨物を乗せた輸送トラックが夜間にの改造車の集団の襲撃を受ける事件が多発していた。 車好きの青年 ブライアン・スピルナーは、愛車であるの改造車のパワー不足に悩み、彼自身が働いているショップのオーナーであるハリーにをねだるも、素人技術では暴発しかねないと釘を刺されてしまう。 ブライアンは行きつけのカフェで働く ミア・トレットに好意を寄せており、いつもと同じようにカフェでミアに声を掛けていたところ、同じく彼女に好意を寄せる ヴィンスと喧嘩になり、仲裁に入ったヴィンスの仲間でミアの兄 ドミニク・トレットから警告を受けてしまう。 その日の夜、ブライアンは大金を賭けたストリートレースでドミニクに勝負を挑むも、真っすぐ走らせるにも難儀しNOSを用いて一時は好位置につくがエンジンブローを起こしてしまう。 それでもガッツを見せたことで周囲から認められたブライアンであったが、その直後警察が現れレース会場は混乱に陥る。 混乱の最中窮地に陥るドミニクを助け出したブライアンは知らず知らずのうちに敵対している東洋系ギャングである ジョニー・トランの縄張りに入ってしまい、銃撃によってエクリプスが炎上・爆発させられてしまう。 砂漠でのレース「レース・ウォー」を決着の場とする約束を取り付け、何とか危機を脱する2人。 ドミニクは、逃げ遅れた仲間の危機を救出しようとせずに乱痴気騒ぎを続けている仲間と違い自分も捕まる覚悟で助けに向かったブライアンに対して敬意を示すこととなる。 翌日、ブライアンは警察に路上で職務質問の末に拘束される。 輸送トラック襲撃事件の捜査本部に連行されたブライアンは、上層部からはトラックの運転手が自衛手段の強化を図っていること、ドミニクがかつてレンチで人を殴った前科があることを聞かされる。 ブライアンの正体は、潜入捜査のためにドミニクらに接触したおとり捜査官 ブライアン・オコナーだったのだ。 その後もドミニクへの接触を続けるブライアンであったが、の改造などを通して友人としての関係を深めていき、さらにはミアの仲も徐々に親密となっていった。 ある日、ブライアンはハリーの店に入った注文が襲撃事件に用いられたものと合致することに気づき、その夜顧客情報から得た手掛かりをもとに注文者のガレージに忍び込むが、脱出したところでヴィンスに昏倒させられドミニクに警官かと問い質される。 レース・ウォー参戦にあたって他勢力の車両を調べて回っていたと誤魔化したブライアンは、ドミニクらとともトランのガレージに忍び込むことになるが、そこでトラック襲撃の被害品を見つけるとともにトラン一味の残虐な拷問を目の当たりにすることとなる。 その目撃情報をブライアンから伝えられた上層部はトラン一味の検挙に踏み切ろうとするも、ブライアンは情報の不確定性を訴える。 しかし、かつてドミニクがレンチで殴りつけた男の写真を見せた上司はドミニクに自制心があるとは思えないとしてブライアンの訴えに耳を貸さない。 一方、ブライアンへの信頼を深めたドミニクは父親の形見であるを見せ、ストックカーレースに参戦していた父親が同車で事故を起こし焼死したこと、事故死の原因である相手をその気はなかったもののレンチで殴りつけてしまったことでプロのレースに参加する資格を失ったこと、ゼロヨンが生き甲斐でその間だけは他の事を忘れ自由でいられることなどを語るのであった。 その夜、ブライアンはミアとのデートに出かける中で上層部からトラン一味の検挙の連絡を受け、翌日一味は次々と検挙される。 しかし、捜査を進めるとガレージにあった物品は正規ルートで入手したものだと分かり、一味は保釈され更に上層部は早合点で動いた責任をブライアンに押し付けてしまう。 ブライアンは数日以内に真犯人を突き止めるという無理難題を突きつけられる。 やがてスープラの改造を完了させたブライアンは、ドミニクからレース・ウォーへの参加を提案され実際にドミニクの仲間として参加する。 レースが進む中、同じくドミニクの仲間である ジェシーが父親のを賭けてトランと勝負することになってしまう。 あえなく敗北し恐れをなして逃げてしまったジェシーに対して、トランはジェッタを取り返すことを要求するとともに警察に通報したのはドミニクだとの思い込みから口論になり、二人は取っ組み合いとなる。 その夜、ドミニクとミアが言い争うのを見掛けたブライアンはミアに自分が警官であることを白状した上で、ミアへの想いは本当であること、トラックの運転手が自衛を強化し始めたことでドミニク達の立場が危うくなることを告げて協力を仰ぐのだった。 レティらが不安を抱く中でドミニクらによる襲撃が実行に移されるも、ショットガンを手にしたトラックの運転手の抵抗によってレティの搭乗する車両が横転、ヴィンスの腕にワイヤーが絡まって生命の危機に陥ってしまう。 ミアとともにブライアンが現場に到着してヴィンスを救出するが、を要請する際に思わず本名を名乗ってしまったことで警官であることがバレたブライアンは、ドミニクから距離を置かれてしまうこととなる。 ロサンゼルスに戻ったブライアンは、整備を終えたチャージャーを持ち出してジェシーを探しに行こうとするドミニクと一触即発となる。 そこへ不意に戻ってきたジェシーだったが、直後に現れたトラン一味の襲撃により被弾してしまう。 ブライアン、ドミニクの2人は連係プレーでトラン一味を追い、やがてブライアンの発砲でトランが倒れたことで抗争は終了する。 そのままチャージャーを駆るドミニクだったが、ブライアンがそれに追いつく。 やがておもむろに信号で停止したドミニクは、ここは高校生の頃にゼロヨンレースを行った通りだと語るのであった。 信号が青になった瞬間、レースがスタートする。 互いに一歩も譲らず同時に踏切を越えた2人だったが、その直後に現れたトレーラーにドミニクのチャージャーがぶつかり大破。 遠くに警察のサイレンが響く中、車を失い観念した表情を浮かべるドミニクに対し、ブライアンは職務よりも友情を優先し自らのスープラのキーを渡すのであった。 その後、にてを駆るドミニクの姿があった。 ロス市警の警察官。 トラック襲撃事件の犯人としてドミニク達に目をつけ、彼らを探るためにゼロヨンに参加してドミニクに近付く。 潜入の為にドミニク達に近付くが、次第に彼の人間性に惹かれていくと同時に、更にはドムの妹・ミアを本気で愛するようになっていき、友情と職務との狭間で苦悩する。 ゼロヨンレースを取り仕切るだけでなく、自身もレーサーとしてトップクラスの実力を持つ。 人を惹きつける不思議なカリスマ性を持ち合わせる。 父親との過去から家族の絆を人一倍大切にしており、妹のミアはもちろんのこと、レティやヴィンスといった仲間も「ファミリー」として大切にしている。 父親の遺した車を自宅の車庫に置いており、少しずつ整備をしていて、いつか走らせることを夢見ている。 レティ・オルティス(愛称:レティ) 搭乗車種:S14 240SX ドミニクの恋人。 車の整備もお手のもので、自身の愛車を改造・整備をこなすだけでなく、レーサーとしての実力も高い。 その実力は相手が男であっても正々堂々と戦ってあっさり勝てるほどで、女だからとナメて挑んでくる奴に対しては、完膚なきまでに実力をみせつけて打ち負かす。 ドミニクに近づく女がいると嫉妬心まる出しの挑発で威嚇して追い払う。 ミア・トレット(愛称:ミア) ドミニクの妹。 勤務しているカフェはドミニクたちの溜まり場のようになっている。 清楚で美しい容姿から言い寄る男は多いが受け流している。 最近いつも来るブライアンを密かに気に入っており、次第に打ち解けていく。 カーレースからは距離を置いているものの、レーサーとしての実力はブライアンも驚くほど相当なもの。 ヴィンス 搭乗車種:マキシマ ドミニクの昔からの仲間。 ミアに惚れており、いきなり現れたブライアンに嫌悪感を抱き何かと突っかかる。 更にはブライアンを警官でないかと警戒しドミニクにも警告している。 襲撃中に自衛したトラックの運転手の抵抗により生命に危機が及ぶ程度の重傷を負ってしまい、ドクターヘリで緊急搬送される。 ジェシー 搭乗車種:ジェッタ ドミニクの仲間。 父親が刑務所に服役している。 気が小さく、集中力がないため、学校でもいじめられ退学になる。 しかし、車に関する知識は誰よりも高く、独自のデザインやエンジンの整備図面を引くなどブライアンに「に入れる」とまで誉められる。 その際、を持っていることをブライアンにカミングアウトしている。 レースウォーではジョニー・トランと車の所有権を賭けてレースをするが敗北してしまい、恐怖心から逃げ出してしまう。 その後ロサンゼルスに戻ってくるが、直後にトラン一味の銃撃に遭い被弾してしまう。 レオン 搭乗車種:BCNR33 GT-R ジェシーと同じくドミニクの仲間。 当初はヴィンス同様にブライアンを嫌っていたものの、ドミニクが彼を受け入れてからは仲間として認めるようになる。 主に警察無線の傍受を担当しており、レース中の警察の動きをで警戒している。 ハリー ドミニクが出入りする店の店長。 ドミニクが使っているという触れ込みからストリートレーサーがこぞって店に買いに来て繁盛していることからドミニクには頭が上がらない。 タナー巡査部長 ブライアンの上司。 ドミニクを犯人と決めつけ早急に逮捕しようとする。 ビルキンス捜査官 FBI捜査官。 ブライアンを潜入させたがまったく信用せず、ブライアンからの情報を待たずに勝手にジョニー一味を逮捕した挙げ句、空振りに終わった責任をブライアンに押し付ける。 ジョニー・トラン 搭乗車種:S2000 ドミニクと縄張り争い をするアジア系ギャング。 冷酷な性格で、自分たちのシマに間違って入ってきてしまったブライアンの車をマシンガンで破壊したほか、エンジンを売った男にエンジンオイルを飲ませる拷問を行なっている。 DVDプレーヤー窃盗の容疑を掛けられて1度逮捕されるが、正規に買ったものとわかり釈放される。 しかし、家族の前で逮捕される屈辱を味わったことからドミニクが垂れ込んだと思い、復讐に出るが最終的にブライアンに射殺される。 ランス・グエン ジョニー・トランの従弟。 常にジョニーと行動を共にし、終盤の復讐にもグループ内で唯一付き合う。 そのことが裏目に出て、最終的にはバイクでブライアンのスープラを追走中にドムのチャージャーにぶつけられ大転倒してしまう。 その後の安否は不明。 キャスト 役名 俳優 日本語吹替 版 版 ブライアン・オコナー ドミニク・トレット レティ・オルティス ミア・トレット ジョニー・トラン ジェシー レオン ヴィンス タナー巡査部長 エドウィン エージェント・ビルキンス ハリー ミューズ ヘクター テッド ラスタの男 桐本拓哉 ランス・グエン モニカ エドウィンの女 無線女 1 カミーユ 女 2 警備員 1 木村雅史 ヨガ マーヴィン 男 1 男 2 男 3 翻訳• テレビ朝日版:初回放送2005年10月23日『』 地上波放送履歴 ゴールデンのみ 回数 テレビ局 番組名 放送日 放送時間 放送分数 初回 21:00 - 22:54 114分 2回 21:00 - 22:54 114分 3回 21:00 - 22:54 114分 4回 21:00 - 22:54 114分 劇中に登場する主なマシン 日本車• (1994年式 仕様) - オレンジメタリック。 に負けたブライアンがドミニクに譲るつもりだった三菱エクリプスが後述するようにジョニー・トランのグループに爆破されたため、代わりに用意したスクラップ同然だった車。 スクラップ時は2JZ-GE(NA)エンジンだったが、ターボチューン化、ドミニクの工場で修理しさまざまなチューニングパーツを日本から取寄せ、完成させたブライアンのセカンドカー。 完成させた直後に試乗し、ストリートでフェラーリF355GTSをぶっちぎるパフォーマンスをみせる。 終盤で活躍したが、最終的に逃走するドミニクに渡し、借りを返した。 エアロパーツはフロント・サイド・リアアンダー製、ボンネットはのものであり、リアウィングはAPR Performance製アルミウィング。 映画のテクニカルアドバイザーであり、劇中のレース・ウォーのスターターも務めたクレイグ・リーバーマン所有の車両がモデル。 (1995年式) - イエロー、レオンの車両。 米国MOTOREX社が並行輸入していた個人車両がモデル。 米国So-Cal社の手により、NOSシステムを搭載。 (1997年式) - ピンクパープル、レティの車両。 ViS Racing製 Stalkerタイプボディキット及び、AVS・モデル5を装着。 (1999年式) - ブルー、ヴィンスの車両。 ボルテック製スーパーチャージャー及びNOSシステム搭載。 STILLEN社製ボディキットを装着。 クレイグ・リーバーマンの妻、ジェニファー・リーバーマンの愛車であり、7万5000ドルをかけてチューニングされた車両。 - ターコイズの4ドアモデル、ViS Racing製ボディキット装着(日本仕様フロントに換装)がミアの車両。 レッド、2ドアモデル、モモコルセ仕様のグラフィックがエドウィンの車両。 エドウィンの車両はビル・コフィー所有の個人車両がモデル。 - ブラック、Veilside製ボディキット。 ジョニー・トランの車両。 - ブラック、ViS Racing製GT Bomberタイプボディキット及び、Streetglow製アンダーグロー装着。 ドミニク一味がトレーラージャックに使用。 ターボチューンが施されている。 3台登場し物語中盤のその内、レティの車はトレーラーの体当たりを受け横転、ドミニクの車はエンジンをショットガンで銃撃され走行不能になる。 ホワイトボディにViS Racingのグラフィックを施し、同社製Xtreme GTタイプボディキットを装着した車両はRJ・デヴェラが序盤のストリートレースで所有。 車内にが搭載され、ストリートレース開始前にをプレイしている(使用している車種は)。 - ゴールド、Veilside製ボディキット装着、ヘクターの車両。 モデルになった個人車両はD2仕様のグラフィックを施しており、Revell社製のミニカーなどではそのカラーリングが再現されている。 - オレンジメタリック、Wings West製ボディキット。 冒頭のストリートレース及びレースウォーで登場。 ボンネットが取り払われ、ターボチューンを施したボンネットが常に見え、またハイドロ装着であることも劇中での車高調整から確認できる。 - (1996-1997年式)レッド。 序盤でジョニー・トランが乗っていたバイク。 125R (1995〜1997年式のいずれか) - レッド。 終盤でランスが乗っていたバイク。 当初はジョニーの終盤に乗るバイクと同じの色違い車両で走行していたが、ジョニーのバイクに比べてより大きなジャンプをするライディングがあるので、走行シーンの途中から車種が変更されている。 KLR650と違和感なくシーンが繋がるように、が純正の倒立式フォークからKLR650と同じ正立式に変更されている。 なお本来はだがエンジン音もKLR650と同じの効果音が使用されている。 (1993年式) - レッド、ドミニクの車両。 出番は主に序盤で、その後はドミニクの家のガレージにてを見ている時、レースウォーの時に見ることができる。 Veilside製C2タイプボディキット及び、RE雨宮製スリークライトを装着。 USA社員のキース・イモト所有の車両がモデル。 (1995年式) - ネオングリーン、ブライアンののための車両。 ViS Racing製品をベースにRobocarがカスタムしたオリジナルのボディキット及び、APR Performance製CT-IIウィングを装着。 序盤のストリートレースでエンジンを破損し、その後トラン一味の手により銃撃され、炎がNOSのタンクに燃え移り爆発。 ジョン・ラピッド所有の個人車両がモデル。 その他• (1969年式) - ブラック、ドミニク親子が共に改造した物で、父親がレースで事故死した後はガレージ内に置かれたままであった。 終盤でドミニクが運転し、ブライアンのスープラと最後のレース中、セミトレーラーに前からぶつかり横転。 1970年式と公開から数年後の書籍、及び続編では紹介されているが、実際は1969年式のボディをベースに1970年式のフロント周りを移植した車両。 (公開当時のアメリカ車雑誌等で記述有)• エンドクレジットの後、ドミニクがバハにいるところが見られ、に繋がることを彷彿とさせる。 日本名:1995年式) - ホワイト。 ジェシーの車両で正確には父親の車。 Wings West製ボディキットを装着。 トランのS2000とレースウォーでバトルしたのち終盤でトラン一味の銃撃でハチの巣となる。 の仕様)-ホワイト。 ピザ屋の配達車両。 冒頭のストリートレースで監督のロブ・コーエンの運転により登場し、ストリートレーサーたちにより追い返される。 (1999年式) - ブラック、本作のプロデューサーのニール. モリッツの車。 スープラとゼロヨンを行うも敗北してしまう。 (1999年式) - レッド、ハリー(会社の車-ブライアンによって運転されている)の車。 ・359 - 劇中に登場する。 (1998年式) - ブルー。 序盤でランスが乗っていたバイク。 - ブラック、レッド。 終盤でジョニーとランスが乗っていたバイク。 ジョニーがブラック、ランスがレッド。 1987年の初期モデルから映画公開時を越える2007年まで、長らく外観の大幅な変更が無かったので年式は不明。 より一層ライディングをし易いようにフロントフェンダー前半部の切断と、ヘッドライトカバーがとしてはやや大柄な純正のクォーターフェアリング風のものから、より小型な風のものに変更されている。 ランスのものは更にリアフェンダーが風の曲率が緩く小型のものに変更されている。 主人公とその仲間たちの乗る車両のは関連用品のとして高名なアメリカ人、氏とモダンイメージがデザインを手がけ、後に市販された。 楽曲 エンディングテーマ 日本公開版ではの『レクサスグッチ』が採用されている。 (2003年公開、原題: 2 Fast 2 Furious)• (2006年公開、原題: The Fast and the Furious: Tokyo Drift )• (2011年公開、原題: Fast Five)• (2021年公開予定、原題: F9、別題: F9: The Fast Saga) 出典.

次の

ワイルドスピードに登場する車101種!画像付き解説で映画がもっと面白く!

ブライアン ワイルド スピード

その中でもワイルド・スピードの全9作品中6作品で主演を務めたハリウッド俳優の故ポール・ウォーカー氏が大の日本車好きというのはファンの間では有名な話。 詳しくは以下の記事をご覧いただきたい。 言わずもがなワイルド・スピードと言えば!? な登場車種、日産 BNR34 スカイラインGT-R(以下R34)。 GT-Rはワイルド・スピードの9作品中4作品に登場する本作の代表的車種だ。 その中でもR34は、「ワイルド・スピードX2」に登場し、劇中では主人公のブライアン(故ポール・ウォーカー氏)が警察から逃走する時に乗っていたクルマだ。 また「ワイルド・スピード MAX」にも登場しており、ブライアンがFBIの押収したクルマの中から引き取り、チューンナップ。 その後、最後の場面でNOSという急加速装置が使われたことで大破してしまった。 初めて映画でR34が大破するシーンを見た時は「もったいない!」という感情が芽生えたりもしたが、今思えばR34だったからこそ、すごく印象に残ったのだろう。 それにこの作品で「もったいない!」などという感情は持ってはいけない。 ありとあらゆるカッコいいクルマたちが容赦なく大破していくのだから(笑)。 画像提供: ワイルド・スピードに登場するRX-7といったらコレ! 劇中に登場するハン(サン・カン氏)が所有する愛車の1台として登場する。 こちらのRX-7、ノーマルの面影がほぼ無くなっているが、それでも「カッコいい…」と魅了させてくれる。 それもそのはずチューンナップ界ではひときわコダワリが強いことで知られているヴェイルサイド社(エアロキットメーカー)によるフルチューンナップが施されているのだ。 ヴェイルサイド社は、日本車のみならずランボルギーニやベントレーのエアロパーツの販売なども行っており、ワイルド・スピードシリーズにヴェイルサイド製のエアロパーツが用いられたことから知名度がさらに上がってきている。 ちなみに過去に、という猛者がいたことも…!。 現在はもう登録されていないようなので、乗れた人は超ラッキーだろう。 「いやいや、ワイルド・スピードといったらこれでしょ!」という方が圧倒的に多いであろうシリーズ第1作目の「ワイルド・スピード」で登場したオレンジ色のトヨタ A80型のスープラ。 正直、これ選んだらめちゃめちゃベタだろうなと思いつつ、とはいえインパクト絶大だからチョイスしてしまった。 劇中で、ブライアンがドミニク(ヴィン・ディーゼル氏)とのドラッグレースに負けたあと、ドミニクのガレージに持ってきたのがこのスープラだ。 ちなみに実際に撮影で使用したオレンジのスープラだが、2015年に米国で開催された自動車オークション「Mecum」で出品され、日本円にして約2240万円(2015年5月当時)で落札されたという。 このエクリプスは、「ワイルド・スピード」に登場し、劇中ではブライアンの記念すべき最初のドラッグレースで使用されたクルマだ。 ちなみに「ワイルド・スピード」の段階では、ブライアンはまだロス市警の刑事だったため、潜入捜査用として8万ドルかけてカスタムされたことになっている。 ドレッグレースではニトロを使用して、一瞬トップに出るも最終的にはエンジントラブルが原因で、ブライアンは最下位となってしまう。 その後、敵対する集団にエクリプスがマシンガンで乱射され、ワイスピ定番!? の大爆発で最期を迎えるシーンがとても印象的だ。 ワイルド・スピードは、公開開始(国内)から既に20年が経とうとしており、現在でもシリーズは続いている。 恐らくワイルド・スピードシリーズの影響で「クルマが好きになった」「クルマに興味を持つようになった」という方も少なからずいるのではないだろうか。 筆者もそのうちの1人だ。 当記事を読んで少しでもワイルド・スピードや、クルマに興味を持ってくれた方、是非ともその目でワイルド・スピードシリーズを見ていただき、ハリウッド作品で活躍する日本車たちを観てほしい。 ワイルド・スピード最高! 最後に…ここまで読んでくれた方には是非以下の記事もご覧いただきたい。 東京オートサロン2019のワイルド・スピードブースを彩っていた美女コンパニオンたちだ。

次の