ポケモン ウォッシュロトム 育成論。 【ポケモン剣盾】カットロトムの育成論と与ダメージ計算

【ダブル】ウォッシュロトムの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ポケモン ウォッシュロトム 育成論

「ロトム」とは? 出典: ダイヤモンドパールから登場したポケモン。 タイプは電気・ゴーストです。 特性は全フォルム共通で「浮遊」。 可愛らしい見た目からか 人気があるポケモンです。 今でこそフォルムチェンジで 様々なタイプがあるロトムですが、フォルムチェンジが登場したのはプラチナから、タイプがフォルムチェンジ毎に変わるようになったのは第5世代からなのです。 今回はレートで良く使用されている「ウォッシュロトム」と「ヒートロトム」の育成論を紹介していきたいと思います。 基本的にシングルレートが対象です。 ウォッシュロトム 出典: 水・電気タイプで特性「浮遊」のため弱点は「地面」のみです。 ハイドロポンプを使うことができ、ロトムの中で 一番レート環境で使用されているのがこの「ウォッシュロトム」です。 モデルは「洗濯機」ですね。 フォルムチェンジされたロトムの種族値は全て共通なので次からは割愛させていただきます。 ポケモングローバルリンクのデータを踏まえながら育成論をご紹介しましょう! 育成論-物理受け型 これはポケモングローバルリンク 2016年3月13日現在 のデータです。 自分が一番おススメするロトムの型はズバリ 「物理受け型」ですね! やはりオボンの実を持って鬼火を撒いていくというロトムが一番使いやすいと思います。 努力値はHBぶっぱでもいいですが受けたい相手等を考慮してパーティとご相談ください。 Sを振るなら60振り 準速バンギラス抜き くらいまでがおススメです、これ以上振ると耐久が疎かになってしまいます。 ただこのロトムだと 「メガボーマンダ」等に身代わりを貼られ、 起点にされてしまう可能性もあるので注意が必要です。 どうしても辛い場合は「めざめるパワー氷」を入れましょう。 型にもよりますがこの辺のポケモンに強く出ることが出来ます! 苦手な相手からはボルトチェンジで逃げ、 サイクルを回しつつ、有利対面では 鬼火を撒いていきましょう! また「10万ボルト」ではなく「どくどく」を入れることによって、耐久ポケモンも突破出来るようになるのでラッキー等が辛い場合は入れることをおススメします。 ただその場合「鬼火」を撒きたい相手に「どくどく」が入ってしまう場合があるので注意してください。 相性の良いポケモン 出典: ボルトチェンジで サイクルを回す上で相性の良いポケモン 「メガハッサム」です。 ハッサムは「とんぼ返り」を使えるので有利対面を作りやすいのです。 これを 「とんボルチェン」といいます。 水ロトムが苦手な草タイプをハッサムに担当してもらい、ハッサムが苦手な炎タイプを水ロトムに担当してもらうといった感じです。 サイクルを回しているだけでも相手に 負担をかけることが出来ます! ヒートロトム 出典: 炎・電気タイプのポケモン。 他のロトムと違い「オーバーヒート」を使うことができるので、攻撃範囲が広いのが特徴です。 モデルは「電子レンジ」。 ドラゴンタイプを除いた 多くのメジャータイプに等倍以上を取れる技範囲と合計9タイプに耐性がある優秀なタイプを武器にして戦うヒートロトム。 そんなヒートロトムの育成論をご紹介します! 育成論-アタッカー型 これは先程と同じ日のヒートロトムの情報です。 「10万ボルト」でなく「めざめるパワー氷」を入れることでドラゴンにも抜群を取ることが出来るので、ガブリアス等重い場合は入れても良いと思います。 「トリック」 自分と相手の持ち物を入れ替える技 を使うことで耐久ポケモンにこだわりアイテムを押し付けることができ、裏のポケモンの起点にすることが出来ます。 努力値はHP252素早さ4特攻236防御4特防12でテンプレですがこれが一番負担をかけられると思います。 こだわりポケモンというのは火力は良いですが起点にもなりやすいのでご注意ください。 この辺りのポケモンを倒したのが多いようですね。 ヒートロトムの強みとして色々ありますがやはり 「火傷・麻痺状態にならない」というのが大きいです。 ほとんどのポケモンが使用率トップ12に入っているようので、やはり メジャーポケモンに強いのも強みですね。 攻撃の形としては基本的に上から一回殴られてから殴り返すという形になります。 相性の良いポケモン 出典: ヒートロトムと一緒のパーティに入れるべき相性の良いポケモンは 「霊獣ランドロス」です。 威嚇もあり、タイプも地面・飛行と火ロトムの苦手な「ガブリアス」や「ガルーラ」に対して役割をもてます。 「とんぼ返り」も覚えるので「とんボルチェン」で相手に 圧力をかけつつ展開していくことが容易に出来るポケモンです。

次の

ウォッシュロトムの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

ポケモン ウォッシュロトム 育成論

こんにちは、ポケモット()です。 カットロトムはタイプと特性によって、環境で多く見かけるポケモンに対して強く出ることができます。 ウォッシュロトムやカバルドン、バンギラスなどが使用率上位にいますが、これらに対してカットロトムは非常に強いです。 これらを相手にできる様にSには最低限努力値振り、残りはHPに努力値を厚く振っています。 先に具体的な調整だけ知りたい人は、目次のリンクから飛んでみてください。 記事後半では、カットロトムを逆に相手に使われた時の対策と弱点についても解説しています。 また、技『どくびし』『まきびし』『ねばねばネット』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 とつげきチョッキなども持ち物候補。 また個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。 H=Sに最低限振った後の余り全てをHに• C=252最大まで振る• S=最速バンギラス抜き。 Sに少ししか振っていないウォッシュロトム対応用。 ) ウォッシュロトムとカバルドン、バンギラスなどに対して強く出れる様に、カットロトムを育成しました。 リーフストームは使用後に特攻が2段階下がってしまうのがデメリットですが、「だっしゅつパック」を持たせているので、リーフスームを使用後は控えに戻ることが可能。 しかもHPに努力値を厚く振っているので耐久力も高く、「おにび」を覚えさせているので、相手の物理ポケモンに対しても非常に強いです。 だっしゅつパックの良さ だっしゅつパックは、自身の能力値が下がってしまった時に、自身と控えを強制交換できるアイテムです。 リーフストームで能力値が下がってしまった場合でも、控えと交換することができます。 通常リーフストーム後は特攻が2段階下がってしまうため、相手を倒せても、次に出てきた相手に起点にされてしまうことも珍しくありません。 しかし、だっしゅつパックを採用することで、相手に起点にされることなく、次に繋げることが可能です。 ただ、威嚇や「がんせきふうじ」を受けても「だっしゅつパック」が発動してしまうので、ご注意を。 今回のカットロトムの立ち回り・役割 主に、ウォッシュロトム、バンギラス、カバルドン に対して選出します。 それ以外にも、「おにび」を採用しているため、物理ポケモンに対して強いこと、ボルトチェンジを採用しているので、有利対面を作りやすいことから、どんな場面でも非常に使いやすいカットロトムとなっています。 バンギラスは砂状態での耐久力が化け物なので一撃では倒しきれませんが、ウォッシュロトムやカバルドンは確定1発、バンギラスも確定2発で倒せます。 ウォッシュロトムは非常に多くのポケモンを相手にできる優秀なポケモンで、そのウォッシュロトムの倒し方がなかなかありません。 しかしカットロトムであればウォッシュロトムに対して完全に有利対面になります。 ) 個人的にはCSブッパだと、カットロトムは少し使いにくいので、今回は耐久にも努力値を振ることにしました。 また、分かり切っていることですが、受けポケモンとしては非常に優秀で多く選出されているトリトドン、ヌオーに対してもカットロトムは一方的に倒すことができることも良い点です。 リーフストームで一撃ですし、相手が交換することを読んで、「おにび」で後続に負荷をかけても良いです。 相手がこちらの「おにび」を読んで居座ってきても、ヌオーやトリトドンからカットロトムへは有効打が少ないので焦ることはありません。 6%~52. 3%~125. 6%~50. 3%~121. 3%) 確定1発 相手にカットロトムを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。 ドラゴンタイプで相手をする• 火力のある、ほのおタイプで相手をする ドラゴンもしくは、ほのおタイプで相手をすることをオススメします。 カットロトムは、草、電気、がメイン技でサブとして悪やゴースト技を覚えます。 それらに対してドラゴンタイプのポケモンは非常に強いです。 特にサザンドラがオススメで、ヒートロトム、カットロトム、ウォッシュロトム、どのロトムに対しても強く出ることができます。 上記3種類のロトムに対して、どのタイプも半減で受けることができるので、サザンドラはロトム系統に対して、非常に強いです。 もちろんヒートロトムやリザードンなどの特攻の強い、ほのおタイプのポケモンなら「だいもんじ、オーバーヒート」などで一撃でカットロトムを倒すことができることもあります。 ダメージ計算の該当欄に を引いているので参考にしてみてください。 ヒートロトムはウォッシュロトムに弱く、 ウォッシュロトムはカットロトムに弱く、 カットロトムはヒートロトムに弱いので、 ロトムは数種類作っておいた方がパーティでロトム系統が重い時に対応できることが増えます。 カットロトムの考察・まとめ 育成論と、相手に使われた際の対策方法(弱点)をお話ししました。 今回はHPにも努力値を振った耐久型のカットロトムの紹介でした。 特に最速バンギラス抜き調整もしているので、確実にバンギラスよりも早く動くことができるのも嬉しいところです。 「おにび」で機能停止させても良いし、「リーフストーム」で一気に勝負をかけても良いです。 ウォッシュロトム、カバルドン、バンギラスだけでなく、ヌオーやトリトドンなどの受けポケモン、そして物理アタッカーに対しても強く出ることができるので、非常に使いやすいカットロトムとなっています。 是非カットロトムを使ってみてください。

次の

【ポケモン剣盾】スピンロトムの育成論!こいつ現環境最強のダイマックスエースじゃないか?

ポケモン ウォッシュロトム 育成論

もくじ• また、技『どくびし』『まきびし』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 タイプが「でんき・ゴースト」から、「でんき・みず」に変化しています。 フォルムチェンジの方法は、 シュートシティのポケモンリーグ南にある民家のリーグスタッフにポケモン勝負で勝つと貰える「ロトムのカタログ」を使用し、【電子レンジ】を選んでください。 その他のロトムは、他の家電に入ることでフォルムチェンジできます。 フォルムチェンジすると、変化したロトムに応じた技を習得できますね。 ヒートロトムの場合は「ハイドロポンプ」を覚えます。 ヒートロトムの弱点は「じめん」なのですが、 特性「ふゆう」により弱点が減るので、半減タイプも多く耐久力も高いです。 特性「かたやぶり」のスカーフドリュウズには弱点を突かれるものの、耐久に振ることで耐えて、ハイドロポンプで倒せます。 ドサイドンなどのじめんにも強いでんきタイプということで、使える場面は多くありますよ! ウォッシュロトムの育成論 特性 【ふゆう】 じめんタイプの技を受けない。 また、技『どくびし』『まきびし』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 こちらのウォッシュロトムは、 受け&特殊アタッカーとして活躍させる型です。 弱点の少なさに加え、優秀な耐性を持つため、HP252を振ることで耐久力はかなりのものとなります。 不利な対面は「ボルトチェンジ」や「おにび」を使い、有利なポケモンで確実に倒しに行きます。 おにびではなく「トリック」を採用すると、相手の受けを崩すことも容易なので、どちらを使うかはお好みで。 トリックを入れる場合は、まひ率30%の「ほうでん」を10まんボルトの代わりに入れて下さい。 今作では ダイマックスにより「こだわり」系の効果を受けず、自由に技選択が可能となりました。 こだわりスカーフ持ちは採用率が高いものの、こだわりメガネはそこまでいないので、被ることが無いのもメリットです。 「ダイサンダー、ダイストリーム」でタイプ一致技の威力を上げられるのも、強みと言えるでしょうね。 厄介なじめんポケモン「カバルドン、ドサイドン」は、ハイドロポンプやダイストリームでサクッと処理して下さい! 注意すべきは「くさ」タイプの技ですが、 ギャラドスやナットレイの「パワーウィップ」は警戒すること。 まとめ ロトムの中で、ヒートロトムとウォッシュロトムは採用率が高めです。 その他だと、「カット>スピン>フロスト」の順で優秀と言えるでしょう。 全てのロトムを作っておいても損はしませんけどね!.

次の