20 センチ ファスナー ポーチ 作り方。 おしゃれな手作りファスナーポーチ6選!手縫いで簡単な作り方も! | LoveLifeStyle

ファスナーポーチの作り方(裏地あり)

20 センチ ファスナー ポーチ 作り方

google. google. お好みの生地でアレンジしてください。 表布サイズ バイヤステープの作り方 バイヤステープ生地をわざと地の目を斜めに裁つことで、伸びやすくし、縫い代などをくるんで始末することができます。 市販のバイヤステープを使用してもいいです。 裏布サイズ 芯地 今回は、厚手のフェルト調の芯地を使用しています。 今回使用した厚手のフェルト長芯地は、こちらで購入することができます。 楽天で購入 ファスナー ファスナーは、25cmを1本使用します。 ファスナー丸ポーチの作り方 丸型ファスナーポーチの作り方を解説します。 まず、ファスナーの部分を作ります。 ファスナーと表生地を中表にして縫い代1cmで縫い合わせます。 ファスナーをはさむようにして裏地も縫い合わせます。 表地、裏地、ファスナーが縫い合わさったら、縫い代を押さえるステッチを入れます。 ファスナーの引手となるタブを付けます。 型紙のように折り曲げたら、ファスナーの端に縫い付けます。 マチの底の部分も表布と裏布(芯地付き)を外が表になるように重ねて、ファスナー部分と中表で縫い合わせます。 バイヤステープは、2cmの厚紙をくるむようにしてアイロンで折っておきます。 バイヤステープで縫い代をくるみます。 バイヤステープとマチの部分を縫い代7㎜で縫い合わせます。 縫い代をくるんで、ステッチで押さえます。 丸い部分の表布と裏布(芯地付き)を外が表になるようにして、縫い代5mmで縫い合わせておきます。 マチと縫い合わせる時に表布と裏布がずれないようにするためです。 マチと丸い部分を縫い合わせます。 縫い代は1cmです。 合印と合印がずれないように止めてから、待ち針でとめていきます。 反対側も同じように、縫い代1cmで縫い合わせます。 この時、ファスナーを開けておきます。 縫い合わさってから、ひっくり返せなくなってしまうからです。 バイヤステープで縫い代をくるみます。 ファスナーの開き口からひっくり返します。 完成です。

次の

ファスナーの付け方を徹底解説!ポーチやバッグの手縫い方法なども紹介

20 センチ ファスナー ポーチ 作り方

昔の給食の牛乳は、三角のパックに入っていたんです。 三角パックの牛乳を見たことない方も、三角パックに入ったお菓子やお惣菜をコンビニなどで見たことはあるのではないでしょうか。 今回はそんな、懐かしくて(もしかしたら新しくて)かわいい形の、三角のテトラポーチの作り方を紹介します。 裏地がない 1枚仕立てタイプのテトラポーチと、 裏地があるタイプのテトラポーチの作り方を紹介するので、使う生地に合わせて作ってみてくださいね。 まずは、裏地がない1枚仕立てタイプのテトラポーチの作り方から紹介します。 裏地がない1枚仕立てタイプが向いているのは、厚手のハリのある生地やラミネート生地などが向いていますよ。 今回は綾テープを使用しましたが、バイアステープでも何でも良いです。 ひもを三角の頭につけたい場合のみ。 1枚仕立てのテトラポーチの作り方 1.ファスナーを縫い付ける 布のタテの辺を内側に1cmずつ折り、アイロンをかけて折り目をつけます。 折ったところの後ろにファスナーをまち針などでとめ、ミシンの押さえをファスナー用の押さえに替えて、表面から縫い付けていきます。 この時、縫いはじめはファスナーをひらいた状態にし、途中で引き手が縫い針に干渉しないように、ファスナーを閉じて縫います。 タテの辺の両側にファスナーを縫い付けたら、ファスナーを閉じた状態にします。 2.テトラ型になるように縫う ファスナーがサイドにくるように本体を置き、ファスナーをしめた状態でスライダーがある側のヨコの辺をぬいしろ1cmで縫い合わせます。 頭にひもをつけたい場合は、この時にひもをわっかにして、ファスナーとヨコの辺の端に差し込み、一緒に縫い合わせます。 今度はファスナーが中央にくるように本体を置き、反対側のヨコの辺をぬいしろ1cmで縫い合わせます。 テープをタテ半分に折ってアイロンをかけます。 テープをぬいしろをかぶせるようにあててまち針やクリップなどでとめ、縫い付けます。 この時、ぬいしろより外側を縫うように気を付けてくださいね。 1枚仕立てのテトラポーチが完成! ファスナーから表に返したら1枚仕立てのテトラポーチの完成です。 次は裏地つきタイプのテトラポーチの作り方を紹介します。 裏地つきで作れば、表地に薄くてハリがない生地を使っても、きれいにピン!と三角に立ちますよ~。 ミシンの押さえをファスナー用の押さえに替えて、重ねた状態で縫い合わせていきます。 縫い合わせたら表に返してアイロンをかけ、際の部分に押さえミシンをかけます。 (縫いなれている方は、この時に押さえを替えなくても大丈夫です。 ) 折りたたんで、もう片方のタテの辺を縫います。 折りたたみ方については、に詳しく載せてあるのでご覧ください。 縫いました。 再び表に返してアイロンをかけ、際の部分に押さえミシンをかけます。 このようなかたちになりました。 2.テトラ型になるように縫う 裏返して表布と裏布を開いたら、 ファスナーの引手側のヨコの辺をぬいしろ1cmで縫い合わせます。 この時、返し口を付けるのを忘れないでくださいね。 頭にひもをつけたい場合は、この時にひもをわっかにして、ファスナーと表布の端に差し込み、一緒に縫い合わせます。 今度はファスナーが中央にくるように本体を置き、写真のように折りたたみます。 折りたたんだ状態で、ぬいしろ1cmで縫い合わせます。 ファスナーは開けた状態で縫ってくださいね。 返し口から表に返します。 裏地つきのテトラポーチが完成! 返し口を縫い閉じたら、裏地つきのテトラポーチのテトラポーチの完成です。 様々な形や大きさ、そしてカラフルな色のブロックが集まった、レトロでポップなデザインのテキスタイル、。 幾重にも重なるブルーのグラデーションで、海をイメージしたデザインのテキスタイル、。 眺めているだけで楽しい気分になれる、カラフルなデザインのテキスタイル、。 スラスラと書かれた文字のような、大人っぽいニュアンスデザインのテキスタイル、。 当サイトnunocoto fabricで販売している 生地はすべて商用利用可能です。 催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。 また、サイト内で紹介している 無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。 ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。 こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、 無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。 nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。 申し訳ございません。

次の

ワイヤーポーチを手作り ワイヤー口金10cmと20cmファスナーのポーチ

20 センチ ファスナー ポーチ 作り方

基本のファスナーポーチを作る時に、必ずおさえるポイント2つ ミシンを使って作る場合は『ファスナー押さえ』を使用する ミシンでファスナーを縫う場合は『ファスナー押さえ』が必要です。 ファスナー押さえは、片押さえ、ファスナー用ミシン押さえという名称のこともあります。 押さえをわざわざ変える理由は、ファスナーのスライダー部分や金属の留め金部分はミシンの針が当たると故障の原因になることが多いため。 ファスナー付けの際は、面倒ですが押さえを『ファスナー押さえ』に変えて、ゆっくり縫うことをおすすめします。 手縫いで作る場合は、クリップがあると便利 ファスナーと布を仮固定するときに、クリップの方が固定しやすく外しやすいため、このレシピではクリップを使っています。 もちろん、待ち針でも大丈夫ですが、もし自宅に使えそうなクリップがあれば使ってみてください。 ポーチに向いている布素材選びのポイント3つ 1. 初めてファスナーポーチを作る時は、伸びない布帛の生地を使う 布帛(ふはく)は、織物の生地のこと。 編み物がニット、織り物が布帛です。 初めてファスナーポーチを作る方は、ニット生地は伸びて縫いにくいため、伸びない布帛生地を使いましょう。 厚めの生地は、慣れてから デニムや帆布のような分厚い生地で作るポーチは、しっかりしていて使いやすいです。 しかし厚みがある布地なので、ハンドメイドに慣れている人でも扱いづらい布地でもありますので、最初はオックスやシーチングぐらいのやや薄め~中厚程度の生地がおすすめです。 水濡れに強いポーチを作りたい時は 表面がつるつるとした質感に加工されたラミネート生地や合皮生地を使うと、水濡れに強いポーチを作ることができます。 このような生地は、テフロンで加工された押さえを使えば縫えますが、ハンドメイド初心者さんには少し難しいかもしれませんので、慣れてきたらトライしてみてください。 簡単ファスナーポーチの作り方 yona ファスナーポーチをアレンジして作る時のポイント2つ 1. ファスナーの長さを考える時のポイント 30cm程の長いファスナーを使って作るとそのまま持ち手をつければバッグとしても利用できますし、10cm程の短いファスナーを使って作るとカード入れや定期券入れにも使えて便利です。 このレシピのように20cmファスナーを使って作ったサイズなら、バッグの中で化粧品や細々としたものを入れたり、ペン入れにしたり、家で小物収納に使ったり、お菓子などを中に詰めたプレゼントとしても使えます。 がま口ポーチを作ってみたい方はこちら 可愛くて実用的ながま口ポーチの作り方もご紹介しています。 ワークショップで洋裁をやってみよう! 一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。 専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。 初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

次の