アフィリエイト はてなブログ。 はてなブログでやるアフィリエイト、稼ぎ方についてのまとめ

【はてなブログで稼ぐ】もしもアフィリエイトの使い方

アフィリエイト はてなブログ

ブログで 趣味や日常を書き残すことは、興味関心があることに対し自分の理解を深めたり、趣味や価値観が同じ仲間が増えたり、あるいは新たな仕事のきっかけになったり、と 人生をより豊かにしてくれるものです。 しかし、決められた仕事や家事、学校など多忙な日々を過ごす中でブログを継続するのはなかなか難しいという人も多いのではないでしょうか? 好きなことを発信して広告から収益を得ることができれば、ブログを運営する上で大きな モチベーションになりますよね! はてなブログでは、2019年10月から 個人営利利用が解禁になり、ブログでアフィリエイトができるようになりました。 一方で、収益が発生するということは、 ブログで発信した情報に誰かがお金を支払っているということでもあります。 したがって、情報発信には、 責任が伴いますし、ともすれば トラブルにもなりかねません。 したがって、はてなブログでは、「 」を定めそのルールの範囲でのアフィリエイトのみを許可しています。 連載企画「はてなブログ公式ブログでアフィリエイトのすすめ」では、はてなブログでのアフィリエイトに必要な前準備やルールをわかりやすく解説しています。 第2回となる今回は、はてなブログ外のアフィリエイト広告サービスを利用した「 ブログでの本格的なアフィリエイト」に挑戦する前に知っておきたい 基本的なルールと必要な前準備についてご紹介します! 「 そもそも営利利用ってなに?」「 どんな広告を掲載すればいいの?」……。 そんな疑問を持っているはてなブロガーさんは必見の内容盛り沢山です! 【まずは確認】個人営利利用の基準ってどこから? 個人営利利用と言っても、無料ブログで気軽に運営してて、収益もほとんど出てないし、自分には関係ない。 そう思っている方は 要注意! はてなブログにおいて、 収益を得られる情報を掲載する場合は、 無料ユーザーでも、 収益が発生していなかったとしても、「個人営利利用」とみなします。 なお、 無料ユーザーでもアフィリエイトを行うことは問題ありません。 そんなあなたにオススメな広告! 連載第1回の「」でご紹介した、 ブログ編集画面の編集サイドバーから貼り付けた商品リンク(「Amazon商品紹介」「楽天商品紹介」「iTunes商品紹介」)のみの掲載なら、 個人営利利用とみなされないので、まずは記事を読みながら試してみてください! アフィリエイトサービスの具体例とNGな広告例 はてなブログに掲載した広告から収益を得るためには、まず、 アフィリエイトサービスとの契約が必要です。 はてなブログで利用できるアフィリエイトサービスの代表例として、今回は「 もしもアフィリエイト」と「 バリューコマース」をご紹介します。 株式会社もしもが個人向けに提供する 無料のアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)です• 登録には審査が 不要ですが、各事業者に提携申請する場合には審査が必要です• 審査通過に必要な記事数などについては、もしもの公式ガイドページ「」を参照してください• バリューコマース株式会社が運営する 無料のアフィリエイトサービスプロバイダです• 登録には 審査が必要です• 各事業者との提携申請の際にも事業者によっては審査が必要です• 審査通過に必要な記事数などについては、バリューコマースの公式解説ページ「」を参照してください その他のASPや、ショップ・サービスが独自に提供するアフィリエイトプログラムも自由に掲載ができます。 ただし、以下のようにはてなブログの個人営利利用ガイドラインで 掲載を禁止している広告もあります。 出会い系サービスについては、 結婚を前提とした婚活サービス以外は禁止しています• 読者の関心を惹く表現を探す、というのは、 ブログの醍醐味でもありますが、なかなか難しいもの。 NG例としては以下のようなものが挙げられます。 以下の記事で営利利用についてのルールをより詳しく解説しているので是非ご確認ください。 商品やサービスに関心を持っている読者にとって、最も心に響くのは 飾らない、リアルな情報です。 ぜひあなたの感性を生かした表現で商品、サービス紹介に挑戦してみてください! ブログを書き続けるモチベーションの一環として、アフィリエイトに挑戦してみよう! はてなブログでは、 ブログを書く、という営みを持続可能なものにするための一つの手段として、アフィリエイト広告の掲載を許可しています。 一方で、ブログから収益を得る、ということには責任を伴うもの。 たとえ 悪意がなくても、情報が誤っていたり古かったりする場合、読者や広告主にとって迷惑になってしまうこともあり得ます。 特に商品やサービスに関わる情報に誤りがあると 広告主や利用者に損害が発生し、 賠償責任が生じる場合も。 そのため情報発信に責任を持っていただけるよう、連絡先の掲載を義務付けているのです。 なにより、良い商品やサービスとの出会いを等身大でつづることは、お金だけでは評価しきれない あなたの新しい価値を発見するきっかけになるかもしれません。 ぜひ、 ルールを守った前準備をして、アフィリエイトに挑戦してみてください! 次回は、はてなブログでも人気の高いアドネットワークサービス「 Google Adsense」の 申請から設置方法までをご紹介いたします。 気になる方はぜひ「週刊はてなブログ」を読者登録してみてください。

次の

はてなブログ無料版で収入を稼ぐ!アフィリエイト収益を最大化するおすすめの始め方

アフィリエイト はてなブログ

はてなで稼ぐなら有料版 まず最初にはてなブログには無料版と有料版があります。 有料版は最安で月額600円程度で使え、1アカウントで最大10個のブログを作ることができます。 単純に計算すると、ブログ1個60円ということですね。 また、はてなの有料版は、はてな運営会社側が挿入する広告が完全に非表示にできます。 これは、かなり大きなメリットです。 はてな有料版の人気が高いのはそれだけではありません。 はてなは有料版にすると、独自ドメインでブログを運営することができるんです。 そのため、アドセンスの申請用ブログとしても使えるんですね。 それでいて、カスタマイズも自由度が上がるので、ASPで取得した広告リンクも有利な場所に貼ることができます。 はてなブログでがっつりアフィリエイトはNG はてなブログのいいところは、読者登録やスター機能がついているので、他のはてなユーザーとのコミュニケーションがとりやすいということです。 つまり、はてなユーザーからの流入が見込めます。 それなりに自分から営業すれば 読者登録、スター、ブックマークなど 、そのお返しに読者になってくれたりブログ訪問してくれるユーザーも多いです。 このため、初めてのブログで、コツコツ続けることができるか不安な人は、ワードプレスよりもはてなの方が向いているかもしれません。 ブログはとにかく続けなくては稼げるものも稼げません。 この最初の難関で、はてなブログならモチベーションを維持しやすいという初心者ブロガーは多いです。 はてなは自分の財産にはならない ただし、はてなブログでブログを書いている限り、あくまでもブログははてな運営会社の方針に沿わなくてはなりません。 たとえ有料版を契約していたとしても、はてなの方針に合わない記事があれば常に削除されたり、ブログそのものを削除される可能性はゼロではありません。 一方、ワードプレスで書いた記事なら、自分の財産となりますので、どこの会社によってある日突然削除されるというようなことはありません。 とはいっても、はてなの有料版を使って独自ドメインで運営しているブログなら、はてなで削除されても、そのままドメインを引継ぎワードプレスに引っ越すということも可能です バックアップはとっておく必要がありますが。 はてなとワードプレス、コスト比較 次にそれぞれのブログ運営にかかる費用について、比較してみましょう。 はてなは無料版では基本的に稼げないので、有料版を使うとして、最安で毎月600円かかります。 独自ドメインで運営する場合は、それに毎年1,000円程度のドメイン更新料金が必要です。 ワードプレスの場合、レンタルサーバーが必要ですが、これはピンキリです。 安ければ250円で使える格安サーバーもありますし、安心できるサーバーを使いたい場合は、月額1,000円程度のサーバーを契約する方がよいでしょう。 そこにさらに独自ドメインの更新料金が加算されます。 結局コストで比較すると、はてな有料版とワードプレスって、それほど差がないんですね。 はてな無料版をお勧めしない理由 ここまではてなは有料版を使う前提でお話ししています。 ブログアフィリエイトで稼ぐなら、はてな無料版はどうやってもおすすめできないからです。 無料版でも広告を貼ることはできますが、かなり制約がありますし、一番稼げる広告位置ははてな運営会社の広告が表示されます。 それに、毎月600円という額は、その気になればすぐに稼げる 元が取れる 金額のはずなので、私は100%有料版をおすすめします。 はてなVSワードプレス結局どっちがおすすめ? それで、どっちがおすすめなのか、という話。 基本的にははてなよりもワードプレスをおすすめします。 しかし、例外もあって、ワードプレスよりもはてな有料版の方がいいだろうな、という人は次のような方です。

次の

はてなブログを使ったアフィリエイトはどこまで禁止なのか?

アフィリエイト はてなブログ

無料ブログでアフィリエイトが可能な条件 【大前提】アフィリエイト可能 商用利用 なブログサービスを選ぼう 最初からアフィリエイト広告を掲載する前提でブログを始めるなら、「商用利用可能」なブログを選びましょう!意外と禁止されているサービスが多いので要注意。 例えば有名サービスの「アメブロ」は許可を得た利用以外は基本的に禁止で、商用利用が可能な場合でも「アフィリエイト前提での運用は禁止」と規約に書かれている場合も。 無料ブログの規約は想像以上に厳しく、月100万円以上の収入を生み出せるサイトを作ったとしても、少しでも 規約違反すると「ブログ削除」といった措置が取られます。 ブログで収入を得るメリットの一つに「多少放置していても継続的に収入が得られる点」がありますが、 削除されてしまっては話になりません。 「独自ドメイン」を利用すれば万が一削除されても評価を引き継いだまま移転可能ですが、復旧に大きな時間がかかってしまいます。 規約がグレーゾーンでも削除されてしまうケースも多く、 本格的に収入を得たいなら最初から「アフィリエイトOK」と明記されているサービスを選ぶべきです。 無料版だと企業側の広告を強制挿入される もう一点気をつけておくべきなのは、無料ブログだとほとんどのサービスで 「企業側の広告が強制挿入され、本来得られるべき収益が取られてしまう」こと。 ブログ内で最も収益が発生しやすい記事下に広告が設置されていることが多く、収入が増えれば増えるほど損失額も増えていってしまいます。 広告を削除するには「有料版」を利用するしかないため、無料での運営は不可能に。 無料で使わせてもらっているわけなので、この点は割り切るべきでしょう。 本格的に運営するなら、有料版を検討しておく 多くの無料ブログで、 月300円〜1,000円程度の費用を払うと「有料プラン」を使用できます。 新機能の追加や強制的に掲載される広告をはがすことが可能に。 有料にすれば「独自ドメイン」も利用できるサービスが多く、万が一ブログを削除されても評価を引き継いだまま移転できるので、本格的なブログ運営には必須。 運営開始当初はともかく、ある程度収入が上がっているなら無料ブログで運営するメリットは全くないので、 有料版の導入を検討しておきましょう。 収益・集客数を増やしやすい無料ブログの特徴 CSS・HTMLカスタマイズ可能なブログが圧倒的有利 アフィリエイトが可能なブログの中でも、 「カスタマイズの自由度が高いサービス」だと記事作成や広告掲載の自由度が高くなり、収益率も高まります。 専門的な知識がなくても、ボタン一つで読者に合ったデザインを適用したり、「特定のカテゴリを表示したときのみ広告を表示」などの処理も可能に。 最近の無料ブログなら最低限のカスタマイズが可能になっていますが、昔からあるような「Yahooブログ」等だと全くカスタムができないので要注意です。 ブログ内で読者の交流機能がついていると集客に役立つ 無料ブログを運用する最大のメリットは、「ブログ内で読者の交流機能があること」。 これにより、ブログ開設当初からでもアクセスを見込めます! ブログランキングが設置してあるサービスなら同カテゴリ内からの集客が可能になるし、読者登録機能がある場合はリピーターが増えやすくなります。 他に「」など専用の拡散装置が提供されているサービスもあって、 確実に収入面に影響するので、これらの点も踏まえて選択するといいでしょう。 特にブログ初心者に人気が高くて、利用している人をよく見かけます。 本来は有料版でしか使えない「独自ドメイン利用」「PC版のみ運営側の広告が一切表示されない」点が最大の強みです! ただし「スマホ版のカスタム不可」「一定以上の文章を書くと強制ページ分割」などデメリットも存在します。 スマホでの利用者が大半を占める時代なので、致命的ですね。 「集客」という点において致命的な欠点があるので、現状だとアフィリエイト目的で使うことは難しいと言わざるを得ませんね。 無料でも使える大量のテンプレートなどカスタマイズ性能が高く、自由に広告掲載が可能です。 ブログ内に専用ランキング機能がついていて開設当初から集客しやすいほか、ブログ内で有料コンテンツの配信ができる「ブロマガ」機能がついている点がメリット。 唯一の欠点はサイト内でアダルトコンテンツの取扱いが多く、Googleにスパム扱いされやすい点。 過去には突然ブログを削除された事例もあるので、立ち上げリスクは高いです。 大量のテンプレート・カスタマイズの高性能さに加えて、「はてなブックマーク」という記事拡散装置があるのが強力! 有名ブロガーの多くがはてなブログを使用しており、開設当初からアクセスを得られます。 内容によっては1日5千〜1万と大量のアクセスを得られる可能性があるのが強み。 「新しくブログを無料で始めたい!」という初心者の方には真っ先にはてなブログをおすすめしていて、 特別な理由がなければこちらで開設するといいかと。 10更新】はてなブログは規約で「アフィリエイト目的での運用禁止」という項目があり、極端に広告掲載をしなければグレーゾーンだと言われていたんですが、最近 「月1,000万円クラスの収入を得ているブログが削除された」という事件が発生して界隈で話題になりました。 最初からアフィリエイト目的で運営するなら、避けたほうがいいと言わざるを得なくなってしまいました。 1の「WordPress ワードプレス 」。 当ブログもワードプレスで運用しています。 無料ブログと違い、「オープンソースで配布されているソフト」を自分でダウンロードして使うため、 広告掲載の規約等は一切なし!あらゆる広告を掲載できます。 カスタマイズ性能もトップクラスで、 ボタン一つで超オシャレなデザインへと変更したり、自由に新機能を追加可能!本格的に収入を得たいならワードプレス一択です。 ただし自分でサーバー・ドメインを契約する必要があるので、有料での運用が前提となります。 運用コストは月1,000円程度。 無料ブログの有料版を使うならワードプレスで運用したほうが結果を伸ばせるため、「番外編」として紹介しました。 アフィリエイト目的で運用するならおすすめです。 おわりに というわけで、今回は「アフィリエイトが可能な無料ブログ」という点に絞って、必要な機能や本当におすすめのサービスについて紹介してみました! 無料ブログで大きな収入をあげている人も実際にいますが、記事内で書いたとおり、 無料のままで運営するのはリスク・損失が大きいので、有料版の検討をしておきましょう。 お金がかかるといっても、せいぜい月300円〜1,000円程度で、しっかり記事を書いていればすぐにペイできるようになります。 実際に多くのブロガーが無料ブログからWordPressに移行していて、一度ブログを立ち上げると移行に労力がかかるため、始めから開設しておいたほうがお得。

次の