ブリジストン タイヤ 種類。 カート

自転車タイヤの種類と選び方 【通販モノタロウ】

ブリジストン タイヤ 種類

レグノ(REGNO)とはラテン語で「王者」を意味しています。 「レグノ」は、ブリヂストンの「最高級」をグレート バランス(GRATE BALANCE)にて実現しています。 グレートバランスとは、以下6つの高性能を高次元にてバランスさせることで生まれる、レグノのコンフォートタイヤとしての静粛性と安全性、そして走りの性能のことです。 「直進安定性能」 「ドライ性能」 「ウェット性能」 「低燃費・耐摩擦性能」 「静粛性能」 「快適性能」 このグレートバランスは初代レグノの開発当初からの哲学であり、アイデンティティとして、時代の最新技術を投入して進化してきました。 レグノの歴史 レグノは1981年に第一号タイヤである「GR-01」から歴史が始まりました。 その後も車を取り巻く時代や環境が変わっても、タイヤに求められるすべての要件を完全に満たすことを目指し、35年以上に渡り開発が続けられてきた、ロングセラータイヤとなっています。 レグノの品番である「GR」は、初代レグノの開発哲学「グレートバランス」に由来する「GREAT-BLANCE REGNO」の頭文字からネーミングされたものです。 初代レグノから受け継がれているレグノの伝統となっています。 新型クラウンに装着されるレグノは市販されているモデルではなく、トレッド・コンパウンドが専用設計となっている「レグノ GR001」。 新型クラウンのキーワードである「意のままのコントロール性能」を実現するために専用開発されており、新型クラウンの特長である「優れた操縦安定性」「高い静粛性」「上質な乗り心地」の実現に貢献しています。 そのため、スポーツカー並みのパワーとトルクを誇る高級の新車装着タイヤとして採用されているのです。 最近ではトヨタ「新型センチュリー」「新型クラウン」や日産「フーガ」の新車装着タイヤとして認定されています。 さらにメルセデス・ベンツやBMWといった欧州車ユーザーにおいても、近年レグノ選択者は多く、最高級のコンフォートタイヤとして世界中で認められています。 他のタイヤメーカーについてはこちら タイヤメーカーの特徴やシェアでランキング! 安さが魅力!おすすめ海外タイヤについてはこちら•

次の

タイヤメーカーの人気ランキングTOP10|メーカーの特徴やタイヤの種類など

ブリジストン タイヤ 種類

1931年(昭和6年)「日本足袋(現在:アサヒコーポレーション)」からタイヤ部門が独立し、会社設立。 東京都中央区に本社をおく、世界シェアトップのタイヤメーカー。 売上高の83%を占めるタイヤ部門を主軸にタイヤ以外の自動車関連部品の生産やその他多角化部門とで構成されている• 米国第2位のタイヤメーカー「ファイアストン」社を買収・子会社化。 また、F1参戦2年目にしてワールドチャンピオンを獲得したり、創業者である石橋正二郎氏が米国自動車殿堂入りなど、ブリヂストン(BRIDGESTONE)の最終目標とする「名実共に世界一の地位の確立」へ確実に近づきつつあるといえるでしょう。 ブリヂストン(BRIDGESTONE)タイヤの主なブランドとして、乗り心地・静粛性に優れたREGNO、低燃費・安全性を重視した ECOPIA、スポーツドライブ派向けのPOTENZA、長時間のドライブを楽にするPLAYZ、雨の日の安全・安心をお届けするB'STYLE EX、安全性と経済性に優れたSNEAKER、北海道・北東北で装着率No. 1のスタッドレスであるBLIZZAKなどがあります。 「最高の品質で社会に貢献」を不変の使命として掲げるブリヂストン(BRIDGESTONE)では、14万人の従業員が25カ国180拠点以上の地域で生産を行っており、150カ国以上の販売ネットワークをもっています。 世界的なSRI(社会的責任投資)指標であるDJSIに選定されるといった、環境・人権・労働などCSRに関する取り組みという点でも評価されています。 関連会社などで、ゴルフ用具(ゴルフクラブ・ゴルフボール)テニスラケットなどのスポーツ用品、自転車・工業製品なども生産・販売している。 1997年(平成9年)から2010年(平成22年)までF1に参戦。 2001年(平成13年)からF1に参戦したミシュラン(2006年で撤退)と、激しい開発競争を繰り広げた。 社名の由来は、創業者の石橋正二郎氏の名前を逆にしたという非常にユニークなものである。 『ブリヂストン=bridge-stone=橋石=石橋』。 『ブリジストン』と書くと誤りである。 2005年フランスのミシュラン社を抜き世界シェアトップとなる。 1930年 - 日本足袋株式会社(現:株式会社アサヒコーポレーション)タイヤ部により純国産タイヤ第1号が生まれる。 1931年3月1日 - 日本足袋タイヤ部が独立し、福岡県久留米市に「ブリッヂストンタイヤ株式会社」設立。 1932年 - 商工省より優良国産品の認定受領。 米国フォード社やGM社の製品試験に合格。 東アジア等への輸出を開始。 1934年 - 久留米工場開設。 本格量産開始。 1935年 - ゴルフボールの本格量産開始。 1937年 - 本社を東京に移転。 Vベルト・ゴムホース製造と防振ゴム試作を開始。 1938年 - 横浜工場開設。 1942年 - 太平洋戦争激化に伴い、英語表記の社名を「日本タイヤ株式会社」に変更。 1949年 - 販売店の登録代理店制度を発足。 「ブリッヂストン自転車株式会社」発足(1946年より自転車の試作を開始)。 1951年 - 社名を「ブリヂストンタイヤ株式会社」に変更。 グッドイヤー社と生産・技術提携契約を締結(1979年に解消)。 他社に先駆けタイヤコードのレーヨン化を開始。 東京京橋 東京都中央区 京橋にブリヂストンビルを竣工、「ブリヂストン美術館」を併設。 1952年 - 横浜工場でフォームラバー生産開始。 ブリヂストン自転車にてオートバイの製造開始。 1953年 - 売上高100億円突破、業界首位に。 1956年 - 創立25周年記念式典挙行、記念事業の一環として石橋文化センターを建設し久留米市へ寄贈。 販売店の自社系列化政策を開始(販売会社化)。 戦後初の海外拠点としてシンガポール支店を設置。 日本初のトラック用スチールバイアスタイヤ開発。 1959年 - 他社に先駆けタイヤコードのナイロン化を開始。 1960年 - 東京工場開設。 横浜工場でウレタンフォーム生産開始。 「ブリヂストン液化ガス」(現:「ENEOSグローブ」)を設立。 1961年 - 株式公開を実施(店頭 5月)、東京・大阪証券取引所に株式を上場(10月)。 1962年 - 日本初のトラック用スチールラジアルタイヤ開発。 東京工場敷地内に技術センター開設。 1963年 - 日本初の本格的レースである1963年日本グランプリ 4輪 第1回日本グランプリに参戦。 1964年 - 日本初の乗用車用ラジアルタイヤ開発(試験開始は1957年)。 1965年 - マレーシアに戦後初の海外工場を設立。 欧州で最初の販売会社をスイスに設立。 米国インペリアル・イーストマン社と技術援助契約、「ブリヂストン・インペリアル・イーストマン」(現:「ブリヂストン・フローテック」)を設立(1981年に子会社化)。 1966年 - CMソング「どこまでも行こう」放送開始。 1967年 - アメリカに販売会社「ブリヂストン・アメリカ」を設立。 ブリヂストンタイヤショプ制度発足。 1968年 - デミング賞受賞。 社是制定。 アフリカで最初の駐在員事務所をヨハネスブルグに開設。 1970年 - スチールコードメーカーのベルギー・べカルト社と協同し「ブリヂストン・ベカルト・スチール・コード」社設立。 防振ゴム分野の米国クレバイト社と提携して、「ブリヂストン・クレバイト」(現:「ブリヂストンエラステック」)を設立。 第1回「ブリヂストンゴルフトーナメント」(現:「ブリヂストンオープン」)開催。 1972年 - アルミホイールの製造・テスト販売を開始。 米国クエスター社と合弁契約を締結、「ブリヂストン・スポルディング」を設立しスポーツ用品事業に本格進出。 1976年 - 1976年F1世界選手権イン・ジャパン 日本初のF1レースに初参戦(但し1チームのみのスポット参戦)。 1977年 - 栃木県黒磯市に日本初のタイヤテストコース開設。 1980年 - 販売情報の集約のため、全国の販売網との間にオンラインシステム「DOTシステム」を構築。 米国ユニロイヤル社を買収。 1981年 - 提供番組「ベストヒットUSA」(テレビ朝日)放送開始。 1982年 - 日本初のスタッドレスタイヤ発売。 1983年 - アメリカのファイアストンのナッシュビル工場を買収。 1984年 - 社名を「株式会社ブリヂストン」に改称。 (コーポレートアイデンティティ CI導入) 1988年 - アメリカのファイアストンを正式に買収、子会社化。 1993年 - スポーツ関連用品事業をブリヂストンスポーツに統合。 1998年 - かつての親会社である株式会社アサヒコーポレーションの会社更生法申請に伴い、同社を支援。 1999年 - 出向社員が社長室にて割腹自殺。 ロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦。 2003年 - アメリカの統括子会社の社名を「ブリヂストン アメリカス ホールディング・インク」に、同様にヨーロッパの統括子会社の社名を「ブリヂストン ヨーロッパ エヌヴイ エスエー」に変更。 2003年 - 栃木工場で大規模な火災事故が発生、操業を一時停止。 原因は工場内での溶接中に火花が原料ゴムに着火したことによる。 2004年 - 中華人民共和国 中国にタイヤ事業を統括する普利司通(中国)投資有限公司を設立。 2005年 - 日本市場向けとしては24年ぶりとなる新ブランド「Playz(プレイズ)」を発売。 2006年 - ブリヂストン アメリカス ホールディング・インク、再生タイヤ大手バンダグ社 Bandag Inc. を買収。 石橋正二郎が自動車殿堂 米国自動車殿堂入り。 戦略的事業ユニット(SBU)、グローバル経営プラットフォーム(GMP)、グローバル本社(GHO)からなる組織改革を実施。 2008年5月16日 - 同業の第4位メーカーである東洋ゴム工業と業務・資本提携を発表した。 2010年 - 契約満了に伴い、F1へのタイヤ供給から撤退。 2011年3月1日 - 創業80周年を機にCI(ブリヂストンシンボル)と企業理念を変更(リファイン)し、新タグラインとして「あなたと、つぎの景色へ(日本国外ではYour Journey, Our Passion)」を制定。

次の

ブリヂストンタイヤの製造年月日の見方は?価格、種類やカタログも

ブリジストン タイヤ 種類

【タイヤメーカー人気ランキング第1位】ブリヂストン ブリジストン公式サイト 出典: 世界のタイヤ市場シェア率:14. 7% 世界一のシェアを獲得し続けている世界最大手タイヤメーカーNo. 1のブリヂストン。 2017年の売上高は、36,434億円と発表され、他タイヤメーカーの一歩先を見据え技術向上に力を注いでいます。 運転者や乗用者のストレス軽減を目的にしたタイヤを発表した際は、大きな話題になりました。 国内展開主要ブランド ・ポテンザ(スポーツタイヤ) ・レグノ(コンフォートタイヤ) ・プレイズ(コンフォートタイヤ) ・エコピア(エコタイヤ) ・デューラー(専用タイヤ) ・アレンザ(専用ハイパフォーマンスタイヤ) ・ネクストリー(エコタイヤ) ・ブリザック(スタッドレスタイヤ) ブリヂストンのタイヤについてはこちら 【タイヤメーカー人気ランキング第2位】ミシュラン ミシュラン公式サイト 出典: 世界のタイヤ市場シェア率:14. 0% 第2位はフランスが世界に誇るミシュランです。 2015年に発表された世界タイヤメーカーシェア度では、ブリヂストンにつぎ2位に輝いています。 ミシュランは,一律して高い水準で非常にバランスの良いタイヤを作り出しています。 国内展開主要ブランド ・パイロット(スポーツタイヤ) ・プレマシー(コンフォートタイヤ) ・エナジー(エコタイヤ) ・ラティチュード(専用タイヤ) ・プレミア(SUV専用タイヤ) ・クロスクライメート(オールシーズタイヤ) ・エックスアイス(スタッドレスタイヤ) ・アルペン(スタッドレスタイヤ) ・クラッシック(クラッシックタイヤ) ミシュランのタイヤについてはこちら 【タイヤメーカー人気ランキング第3位】グッドイヤー グッドイヤー公式サイト 出典: 世界のタイヤ市場シェア率:9. 0% 第3位はアメリカ市場に根強いファンを持つグッドイヤーです。 110年以上の歴史があり、靴に羽が生えたロゴが夢名で古代神話の神マーキュリーが由来と言われています。 1% 第4位はヨーロッパ新車装着率NO. 1のコンチネンタルです。 欧州車に純正装着されていることが多く、最近ではタイヤ事業以外にも自動車関連事業を幅広く展開していることでも注目を浴びています。 国内展開主要ブランド ・スポーツコンタクト(スポーツタイヤ) ・コンチスポーツコンタクト(スポーツタイヤ) ・プレミアコンタクト(コンフォートタイヤ) ・エココンタクト(エコタイヤ) 【タイヤメーカー人気ランキング第5位】ピレリ ピレリ公式サイト 出典: 世界のタイヤ市場シェア率:4. 2% 第5位はイタリア ミラノに本社があるピレリ。 F1グランプリの公式タイヤとしても有名なタイヤメーカーです。 0% 住友ゴムのタイヤは世界6位のシェアです。 国内では、福山雅治のCMでもお馴染みの「ダンロップ」とレッドブル・エアレースに出場する室屋義秀の飛行機に描かれたロゴとしても注目を浴びている「ファルケン」の2ブランドを展開しています。 3% 世界第7位のタイヤメーカーが韓国のハンコックです。 国産車に新車装着タイヤとして採用されるほかカー用品店イエローハットに「ZETRO(ゼトロ)」というブランド名でも展開しています。 8% 横浜ゴム株式会社は世界第8位のタイヤメーカーです。 1917年の創業以来、タイヤ・工業用品・スポーツ用品などさまざまな商品を展開しています。 2017年には有名サッカーチーム「チェルシーFC」のスポンサー契約を結んだことで大きな注目を浴びました。 5% 正新ゴム工業は、世界第9位のタイヤメーカーです。 国内展開主要ブランド ・MXシリーズ ・MS-300 ・M35 【タイヤメーカー人気ランキング第10位】中策ゴム 中策ゴム公式サイト 出典: 世界のタイヤ市場シェア率:2. 1% 世界第10位のタイヤメーカーです。 日本国内では、主にトラック専用タイヤのみの展開ですが、中国では乗用車タイヤなど幅広いラインナップを揃えています。 【あなたは知ってる?】タイヤの種類 タイヤには、走行するシーンにおいて適切な種類を選ぶ必要があります。 大きく夏タイヤ(ラジアルタイヤ)と冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)の2種類に区別され、その中でも夏タイヤにはさまざまなタイプのタイヤがあります。 コンフォートタイヤ(別名:プレミアムタイヤ) コンフォートタイヤとは、乗り心地と静粛性を重視しているのが特長です。 基本的にタイヤが柔らかく、剛性が低いため燃費性能やグリップ性能はあまり高くありません。 エコタイヤ(別名:低燃費タイヤ) エコタイヤとは、転がり抵抗を小さくすることで省燃費性を高めているタイヤです。 コンフォートタイヤに比べると乗り心地は固めですが、道路との摩擦を少なくすることでより転がりやすくしています。 スポーツタイヤ(別名:ハイグリップタイヤ) スポーツタイヤとは、グリップ力を重要視したタイヤです。 主に走りにこだわる車種やユーザー向けの商品で、加速時やブレーキ時に大きく性能を発揮します。 愛車に合ったタイヤ選びを! 誰もが耳にするメーカーからあまり馴染みのないメーカーまでシェア率をもとにランキングしました。 一言にタイヤと言っても多くのメーカーが存在しています。 メーカーブランドによるブランド力はもちろん、メーカーによって注力しているジャンルもさまざまなことから、タイヤそれぞれの種類や特長をよく理解してタイヤ選びの参考にしてください。 タイヤ選びにおすすめの関連記事 タイヤ交換・修理についてはこちら これも道交法違反?詳しくはこちら•

次の