星ハム子。 故郷・岩見沢で初の母娘シングル対決!〝星オヤ子〟星ハム子と星いぶきはプロレスで語り合う

感動! 女子プロレスラー星ハム子、星いぶきの親子愛物語!

星ハム子

親子女子プロレスラーが話題になっています! 母と娘、同じ職業に就くことは珍しくないと思いますが、その職業が女子プロレスだったら…。 そんな破天荒な北海道出身の親子がいます。 なぜ娘は母と同じ職業を選んだのか…? 引用元:破天荒! プロレスの事はよくわからけど、なんか頑張ってください。 お父さんは、夫婦喧嘩も親子喧嘩も大変そう。 親孝行の子だね。 女子プロをかつてのようにもりあげてね。 期待しているよ。 親子対決期待 当然知らないのだがそれにしてもハム子って。 一度聞いたら忘れんな。 海外だとあるんだよねー親子タッグ ボンビーガール出てたよね。 なんか感動しました。 ハム子~ ハム子選手って、やっぱり本名は公子さんなのだろうか? これは珍しい。 なかなか厳しい世界。 しかも、最近は興行的にも厳しいだろうから・・・ スポンサーリンク.

次の

感動! 女子プロレスラー星ハム子、星いぶきの親子愛物語!

星ハム子

新王座決定戦/決勝は、星ハム子vs雪妃真矢に決定。 IW19トーナメント決勝は雪妃真矢vs星ハム子に決定!ファン投票でハム子に敗れた藤本&つくしが雪辱目指してらぶっちゃをリボンタッグ挑戦者に指名! オープニング まずは藤本つかさ、つくし、雪妃真矢が神妙な面持ちで画面に登場。 藤本「少しだけマスクを外させていただきます。 番組の冒頭ではございますが、少しだけお時間をください。 本日午後、女子プロレスラーの木村花選手の訃報を知りました。 ここに立っている藤本、つくし、雪妃、この3人は木村花選手と対戦経験がありますので、ここに立たせていただきました。 突然のことで、私自身もまだ消化しきれておりませんが、ご冥福をお祈りしなきゃいけないことがすごくツラいです。 とにかく、木村花選手のご冥福を、心よりお祈り申し上げます」と涙目になりながら3人は頭を下げた。 オープニング映像後、MC&リングアナとしてテキーラ沙弥と英語通訳としてテクラが本部席に登場。 6月6日の道場マッチより観客を入れての興行を再開し、南側のみかつ間隔を開けて席を配置するため50人を上限とすることになる。 入場時の検温とマスクの着用を必須とし、十分な換気とオゾンや次亜塩素酸水の消毒をするという。 そしてIW19トーナメントの説明と、前回までのダイジェストを放送した。 第1試合 ロックアップからリストの取り合い。 及川がロックアップで捕らえるがいぶきが切り返してグラウンドに持ち込むが及川がヘッドシザースで抜けて距離を取る。 いぶきがガットショットからロープに振ってショルダータックルで倒すと、ヘアーホイップ2連発からコーナーで顔面を踏みつけていく。 いぶきはロープに振るが及川がクロスボディアタックで倒し、正面ロープにくくるとお尻へのミドルキック連発からランニングミドル。 フォールも2。 いぶきのチョップと及川のエルボーの打ち合い。 及川がエルボー連打からロープに飛ぶが、いぶきはカニばさみで倒して低空ドロップキック。 フォールも2。 いぶきがコーナーに振って串刺しボディスプラッシュからフェイスバスター。 フォールも2。 いぶきは担ぐも及川は胴絞めスリーパーへ。 これはいぶきがロープを掴みブレイク。 及川はドロップキック2連発からフォールも2。 いぶきはライトニングスパイラルからフォールも2。 いぶきは担ぐが及川が丸め込むも切り返し合戦。 両者2から及川がサッカーボールキックを叩き込んでフォールも2。 及川がロープに飛ぶも、いぶきは丸め込んで3カウント。 ロックアップからリストの取り合いへ。 世羅がヘッドロックで絞り上げてボディブローから首投げで倒しボディシザース。 石川はブリッジしてフォールも2。 再度ブリッジしてフォールも2。 再々度ブリッジしてフォールも2。 世羅はストンピング連打から逆エビ固めで捕らえリバースカンパーナ。 これを離すと背中へのストンピングからダブルニードロップ。 フォールも2。 世羅はロープに振るが石川はクロスボディアタック。 これをキャッチした世羅がバックブリーカーからジャイアントスイング。 目を回しながらフォールも2。 世羅はコーナーに叩きつけていくが、石川も逆にコーナーに振り串刺しドロップキックからクロスボディアタック。 フォールも2。 石川が投げようとするが、耐えた世羅へエルボー連打。 再度投げようとするも、世羅はボディブローからガットショット。 コーナーに振って串刺しバックエルボーからフォールも2。 世羅は逆エビ固めも石川はロープを掴みブレイク。 世羅はコンバインを狙うが石川が丸め込むも2。 再度スクールボーイも2。 続けて逆さ押さえ込みも2。 世羅はガットショットからボディスラムを狙うが、石川が逆にボディスラムで叩きつけてフォールも2。 石川はコーナーに登りクロスボディアタックも2。 再度フォールも2。 再々度フォールも2。 石川はエルボーを狙うが、ガードした世羅がエルボー。 石川がエルボー連打も、世羅はカウンターのセラリズムバスター。 フォールも2。 世羅はリバーススプラッシュ式ダブルニードロップを投下し3カウントを奪った。 ごめんなさい序盤あんな、楽しくやっちゃって。 楽しかったですね、あの、自分後輩がスゲー頑張って食いついて食いつくほど馬鹿にしたくなるタイプなので、あのそうですね、バカにした結果最後の方怒涛の攻めを食らったって感じですか。 自分が苦手な丸め込みとか使ってきて、デビュー戦見たんですけど、やっぱなんかちょっといいもの持ってるなっていうのが、その時から思っていたので、相当楽しいです彼女。 今日はシングルマッチできてよかったです。 そこです!ゴングカーンてなった時点であんな叫び声上げる人いるんだなと。 今日セコンドバニーかな?すごい叫んでくれてたんですけど、それ聞いてるなって思いました。 普通デビューしたばっかって声聞こえないんですけど、それをちゃんと聞いてるっていうのは、声援を力に変えるタイプじゃないですかね」 第3試合 IW19トーナメントでハム子にファン投票で負けたドロップキッカーズはハム子の握手を弾き、奇襲するとダブルドロップキックからハム子の手につくしが、膝に藤本が同時フットスタンプ。 さらにダブルブレーンバスターを狙うが、ハム子が逆にまとめてブレーンバスターで投げ捨てテクラにタッチ。 テクラはつくしにストンピングからキャメルクラッチ。 ハム子がその前でセクシーポーズ攻撃。 ハム子がキャメルクラッチでつくしを捕らえ、テクラがセクシーポーズ攻撃。 ハム子が離してテクラがストンピングからコーナーに振ろうとするが、つくしが逆に振って串刺しドロップキックからエプロンのハム子にエルボー。 藤本が出てきて膝にのると、つくしが指にのり同時フットスタンプ。 つくしは藤本にタッチ。 藤本はヘアーホイップからコーナーで顔面を踏みつける。 藤本はチョップからコーナーに振って串刺しドロップキック。 フォールも2。 藤本はつくしにタッチ。 つくしはテクラを正面ロープにくくり、藤本もハム子を正面ロープにくくるとそれぞれ背中にドロップキック。 フォールも2。 つくしはキャメルクラッチから髪を掴んでいく。 つくしはストンピングから腹へのフットスタンプ。 つくしは藤本にタッチ。 藤本は背中へサッカーボールキック2連発。 フォールも2。 藤本はロープへ振っていくが、テクラはカサドーラも2。 テクラはハム子にタッチ。 ハム子は藤本にショルダータックルも、つくしがガットショットからコーナーに振る。 だがハム子はショルダータックルで次々迎撃すると、藤本をコーナーに叩きつけて串刺しボディスプラッシュからお・し・り・だー!!。 ハム子はブルドッキングヘッドロックからフォールも2。 ハム子は担ぐが藤本は卍固めで切り返す。 ハム子はロープを掴みブレイク。 藤本は首投げからサッカーボールキック連発。 さらにPKからフォールも2。 藤本はつくしにタッチ。 つくしはカサドーラフットスタンプ。 これはボディだったためお腹の弾力で弾き返し、藤本のカサドーラ・サッカーボールキックも弾き返す。 ハム子はドロップキッカーズを同士討ちさせるが、つくしがエルボー連打。 ハム子がエルボー連打も、つくしは切り返そうとするがハム子はつっぱり。 ハム子はロープに飛ぶがつくしが追走ニー。 ハム子も追走ラリアットからコーナーに振るが、つくしはコーナーに駆け上がると足を伸ばしてカットしコルバタで投げ捨てると、藤本が低空串刺しドロップキックからつくしも低空串刺しドロップキックからミサイルキック。 フォールもテクラがカット。 つくしは左右のエルボー連打から前蹴り。 ロープに飛ぶが、ハム子がビッグブーツで迎撃してシャイニング腹ザード。 フォールも2。 ハム子はテクラにタッチ。 テクラはドロップキック3連発からフォールも2。 テクラはフィッシャーマンを狙うが、耐えたつくしにガットショットからロープに飛ぶが、藤本がエプロンから蹴りつけてつくしがランニングエルボー。 フォールもハム子がカット。 ハム子はダブルラリアットでドロップキッカーズを倒し、テクラがつくしにクロスボディアタック。 フォールも2。 テクラはローキック連打からソバット。 さらにトラースキックを叩き込んでフィッシャーマンスープレックスホールドも藤本がカット。 テクラがエクソシストから走り込むが、藤本がドロップキックでふっ飛ばしつくしが飛び出せ元気。 ドロップキッカーズでダブルのサッカーボールキックからフォールもハム子がカット。 ハム子へダブルドロップキックからテクラにもダブルドロップキックを叩き込んでフォールも2。 つくしはボディスラムからコーナーに上るとダイビングフットスタンプ。 これで3カウント。 <試合後コメント> 藤本つかさ&つくし 藤本「こんなんでね、雪辱がはらされたと思ったら大間違いだよ」 つくし「そうだよ」 藤本「おい!星ハム子来い!」 つくし「星ハム子来い!なにじゃねーよ!」 (ハム子が本部席へ) ハム子「なんなんだ!」 藤本「私達ドロップキッカーズに投票で勝った女。 悔しかったの!ほんとに悔しかったんですよ!これが民意なんだなってぐさりとほんとに、胸にね、来ましたよ」 つくし「このベルト賭けるしかないでしょう」 藤本「このベルトが目に入らぬか?」 ハム子「目に入るわ、おー!」 藤本「口に入るか?」 ハム子「「口には入らん!」 藤本「お腹に入るか!」 ハム子「お腹に巻ける!」 藤本「お腹には巻けないでしょう。 ちょっと、私達まだまだ、気分が晴れないのでハム子さんを、このリボンタッグのベルトに指名します」 つくし「挑戦してこいよ!」 ハム子「やばい」 藤本「挑戦してこいよ!」 ハム子「ヤバイチャンス来た!ニ冠になるチャンスじゃないですかニ冠に。 IW19とリボンタッグ、パートナー、もち!らぶりーぶっちゃーずで行きたい!」 藤本「ドロップキッカーズ対らぶりーぶっちゃーず、いいね!私達この、らぶっちゃを倒したあとに尾崎魔弓・安納サオリっていう正危軍も待ってるから絶対負けられないんです。 やりましょう。 なぜなら取締役選手代表だから。 以上です」 つくし「そうですね、ハム子さんに負けて大泣きして一週間たってますけど、それでも悔しい気持ちは残ってるんで、女の恨みは怖いぞって感じですね。 何かしらの投票でも勝ちたいです」 つくし「そうですね。 終われない」 藤本「悔しい。 ほんとに悔しかったもんね。 泣いたもんね」 つくし「泣きましたね」 藤本「これが民意なんだと。 アイスリボンでの私何だったんだろうってほんとに思いました切実に。 つらい」 つくし「防衛しましょう。 ハム子さんから勝ちましょう」 藤本「今回は自分たちのための防衛戦です」 つくし「あー悔しいですね」 藤本「久々にあんな悔し泣きしてる人見た、ほんとに」 第4試合 トトロが雪妃にショルダータックル。 すずも雪妃にドロップキックから交互にフォールも2。 トトロがエルボー連打も、すずがトトロを蹴りつけると雪妃にエルボー連打。 トトロもすずを突き飛ばしエルボー連打。 すずがトトロを蹴りつけると、それぞれ片腕を取って絞り上げる。 雪妃は前転して逃れると、それぞれにガットショットからロープに駆け上がり同時アームホイップから走り込むが、すずがカニばさみでトトロに叩きつけると雪妃の背中にドロップキック。 すずはコーナーに上るが、雪妃はビンタからデッドリードライブを狙うが、すずは着地するとまとめてスピアー。 トトロと雪妃がキャッチするが、雪妃はトトロにローキックからSTO。 トトロがつかんだままだったためすずはDDTのような形で叩きつけられる。 雪妃がロープに飛ぶが、すずはドロップキックで迎撃しフォールもトトロがカットしようとボディプレス。 すずが避けて雪妃に投下するとフォールも2。 すずとトトロは握手し、トトロが雪妃にヘアーホイップからすずもヘアーホイップ。 トトロが再度ヘアーホイップからすずも再度ヘアーホイップ。 トトロはボディスラムから、すずにガットショットを叩き込みボディスラムで雪妃に叩きつけようとするが、すずがリバースしてトトロを雪妃に叩きつけフォールも2。 トトロとすずがエルボーの打ち合いからすずがエルボー連打。 ロープに飛ぶがトトロはショルダータックルで迎撃し、背中の上に乗ってフットスタンプ。 避けたすずがエプロンからネックブリーカー。 さらにボディへ膝蹴り連発から顔面への低空ドロップキック。 そのまま場外に引きずり落とし場外戦へ。 バックの取り合いをしているところへ雪妃がトトロへトラースキック。 さらに階段へSTOを狙うが、トトロが切り返して背中にエルボー連打から階段とのサンドイッチボディプレス。 すずが縄跳びを持ち出し、雪妃とトトロを客席のバリケードへ縛ろうとするが、雪妃とトトロは抜け出してすずにエルボー。 トトロと雪妃はリングへ戻る。 トトロがロープに振るが、雪妃は足を刈って倒し低空ドロップキック。 フォールも2。 雪妃はコーナーに振って串刺しニーも、避けたトトロが串刺しラリアットからセントーンを投下しフォールも2。 トトロは担いでOTRを狙うが、雪妃はエプロンに着地。 そこへトトロがラリアットからすずが場外から足を引っ張り落とそうとするが、雪妃はなんとか耐えてすずを蹴りつけると、トトロへエルボーからすずへサッカーボールキック。 さらにコーナーに登りトトロへミサイルキックからフォールも2。 雪妃はロープに飛ぶが、すずがスピアーで迎撃しトトロにもスピアー。 雪妃とすずはエルボーの打ち合い。 すずがエルボー連打から雪妃がローからミドルとキックを打ち込みソバット。 さらにトラースキックを狙うがすずが旋風脚からその場飛びムーンサルト。 フォールも2。 すずは投げようとするが雪妃がハーフネルソンフェイスバスターで迎撃。 すずの延髄斬りもカットした雪妃がボディを蹴り上げてランニングハイ。 避けたすずが延髄斬りからロープに飛ぶが、トトロが場外から足を掴んで引きずり落とし、鉄柱に縄跳びで縛り付ける。 そのまま場外カウント19ですずは失格。 トトロはショルダータックル連発からボディプレス連発。 フォールも2。 トトロは担ぐが着地した雪妃がSTOを狙うも、耐えたトトロのボディに膝蹴り連発からSTO。 雪妃は前後にサッカーボールキックを交互に叩き込んでいきフォールも2。 雪妃はバズソーキックもトトロはガード。 再度ミドルキックも避けたトトロは担いでカミカゼからコーナーに登りセカンドロープからのフォーリング・トトロ。 さらにフォーリング・トトロも、雪妃は避けて丸め込むが切り返し合戦。 雪妃はトラースキックから走り込むが、トトロはクロスボディアタックで迎撃しフォールも2。 トトロは担ぐが雪妃は着地しスリーパー。 トトロはロープを掴みブレイク。 フォールも2。 雪妃はバズソーキックからフォールも2。 雪妃はコーナーに登りスノウトーンボム。 フォールし3カウント。 決勝で戦うハム子がリングに登り握手を求めるが、雪妃はスルーしてリングを降りた。 <試合後コメント> 雪妃真矢 「いや、今日はしんどいですけど、すずが、普通じゃないところで翻弄すると言っていましたね。 普通じゃない、自分の普通じゃない所のせいで自分が今日、策に溺れ放題ですね。 なので、強敵なのは嫌というほどわかっているし、タッグとかで何度もあたっているから、ほんと強いのはわかっているし、民意を完全に味方につけているので、お客様の後押し、ファンの後押しっていうのが120%の力を出すことができるので、そういうことを考えると怖いですけどね。 民意に持ち込んだら負けるという気はします。 なので絶対ドローに、ドローはないのか、じゃあ大丈夫かと思います。 今のハムさんを強くしてるのは民意。 お客さんの後押しなので、無観客試合で私がその民意をシャットアウトします。 ICEが可哀想。 インフィニティが可哀想なので自信を持ちます。 パーッと取ってだーっと落として一瞬で終わった春みたいな感じだったので、ベルトが似合うと思われたいですよね。 でも投票いらないですよね? 「投票してください。 私かまってちゃんだし寂しがりなので、投票してくれないと反逆できない。 でもわかります。 今のIW19の流れを見てるとものすごい応援したくなると思います。 ピープルズチャンピオンと言いますか。 私はアイスリボンを良くしたい、アイスリボンを盛り上げたいって気持ちで、IW19トーナメントだけじゃなくて 、丸一年やってきたので、こういう事態になって無観客で試合をするようになって、その大会限定のベルトということで、気合を入れ始めた人とは違うんです。 私の頑張りははっきり言って、そういう意味ではシングルのベルトはどんなベルトであれどんな形式であれ負けたくないです。 最近の無観客試合での私の試合っぷりにちょっとやきもきしてた方々もいるんじゃないかなと思うんで。 勝ちを譲ったりって場面も多くて、あとはタッグで、負けてばっかりだったんで、私のファンの方々をスッキリさせられたかなと思います。 さらに優勝して私のファンの方を喜ばせてあげたいなと思いますし、アイスリボンを変えるためにアイスリボンのベルトを二本持って頑張って反逆してまいります。 よろしくお願いします。 そうですね、色んな思いがありますけども、プロレスを通して、救いのある戦い、そして希望のある戦いをプロレスを通してお見せしていきたと思いますし、アイスリボンのスローガンであるプロレスでハッピー、プロレスを通して必ずハッピーを届けられるという信念を忘れることなくこれからもリングに上っていきたいと思います。 最近反逆していたのでプロレスでハッピーを叫ぶことはなかったんですけど、今日はそちらで締めたいと思います。 プロレスでハッピー!アイスリボーン!」.

次の

故郷・岩見沢で初の母娘シングル対決!〝星オヤ子〟星ハム子と星いぶきはプロレスで語り合う

星ハム子

新王座決定戦/決勝は、星ハム子vs雪妃真矢に決定。 IW19トーナメント決勝は雪妃真矢vs星ハム子に決定!ファン投票でハム子に敗れた藤本&つくしが雪辱目指してらぶっちゃをリボンタッグ挑戦者に指名! オープニング まずは藤本つかさ、つくし、雪妃真矢が神妙な面持ちで画面に登場。 藤本「少しだけマスクを外させていただきます。 番組の冒頭ではございますが、少しだけお時間をください。 本日午後、女子プロレスラーの木村花選手の訃報を知りました。 ここに立っている藤本、つくし、雪妃、この3人は木村花選手と対戦経験がありますので、ここに立たせていただきました。 突然のことで、私自身もまだ消化しきれておりませんが、ご冥福をお祈りしなきゃいけないことがすごくツラいです。 とにかく、木村花選手のご冥福を、心よりお祈り申し上げます」と涙目になりながら3人は頭を下げた。 オープニング映像後、MC&リングアナとしてテキーラ沙弥と英語通訳としてテクラが本部席に登場。 6月6日の道場マッチより観客を入れての興行を再開し、南側のみかつ間隔を開けて席を配置するため50人を上限とすることになる。 入場時の検温とマスクの着用を必須とし、十分な換気とオゾンや次亜塩素酸水の消毒をするという。 そしてIW19トーナメントの説明と、前回までのダイジェストを放送した。 第1試合 ロックアップからリストの取り合い。 及川がロックアップで捕らえるがいぶきが切り返してグラウンドに持ち込むが及川がヘッドシザースで抜けて距離を取る。 いぶきがガットショットからロープに振ってショルダータックルで倒すと、ヘアーホイップ2連発からコーナーで顔面を踏みつけていく。 いぶきはロープに振るが及川がクロスボディアタックで倒し、正面ロープにくくるとお尻へのミドルキック連発からランニングミドル。 フォールも2。 いぶきのチョップと及川のエルボーの打ち合い。 及川がエルボー連打からロープに飛ぶが、いぶきはカニばさみで倒して低空ドロップキック。 フォールも2。 いぶきがコーナーに振って串刺しボディスプラッシュからフェイスバスター。 フォールも2。 いぶきは担ぐも及川は胴絞めスリーパーへ。 これはいぶきがロープを掴みブレイク。 及川はドロップキック2連発からフォールも2。 いぶきはライトニングスパイラルからフォールも2。 いぶきは担ぐが及川が丸め込むも切り返し合戦。 両者2から及川がサッカーボールキックを叩き込んでフォールも2。 及川がロープに飛ぶも、いぶきは丸め込んで3カウント。 ロックアップからリストの取り合いへ。 世羅がヘッドロックで絞り上げてボディブローから首投げで倒しボディシザース。 石川はブリッジしてフォールも2。 再度ブリッジしてフォールも2。 再々度ブリッジしてフォールも2。 世羅はストンピング連打から逆エビ固めで捕らえリバースカンパーナ。 これを離すと背中へのストンピングからダブルニードロップ。 フォールも2。 世羅はロープに振るが石川はクロスボディアタック。 これをキャッチした世羅がバックブリーカーからジャイアントスイング。 目を回しながらフォールも2。 世羅はコーナーに叩きつけていくが、石川も逆にコーナーに振り串刺しドロップキックからクロスボディアタック。 フォールも2。 石川が投げようとするが、耐えた世羅へエルボー連打。 再度投げようとするも、世羅はボディブローからガットショット。 コーナーに振って串刺しバックエルボーからフォールも2。 世羅は逆エビ固めも石川はロープを掴みブレイク。 世羅はコンバインを狙うが石川が丸め込むも2。 再度スクールボーイも2。 続けて逆さ押さえ込みも2。 世羅はガットショットからボディスラムを狙うが、石川が逆にボディスラムで叩きつけてフォールも2。 石川はコーナーに登りクロスボディアタックも2。 再度フォールも2。 再々度フォールも2。 石川はエルボーを狙うが、ガードした世羅がエルボー。 石川がエルボー連打も、世羅はカウンターのセラリズムバスター。 フォールも2。 世羅はリバーススプラッシュ式ダブルニードロップを投下し3カウントを奪った。 ごめんなさい序盤あんな、楽しくやっちゃって。 楽しかったですね、あの、自分後輩がスゲー頑張って食いついて食いつくほど馬鹿にしたくなるタイプなので、あのそうですね、バカにした結果最後の方怒涛の攻めを食らったって感じですか。 自分が苦手な丸め込みとか使ってきて、デビュー戦見たんですけど、やっぱなんかちょっといいもの持ってるなっていうのが、その時から思っていたので、相当楽しいです彼女。 今日はシングルマッチできてよかったです。 そこです!ゴングカーンてなった時点であんな叫び声上げる人いるんだなと。 今日セコンドバニーかな?すごい叫んでくれてたんですけど、それ聞いてるなって思いました。 普通デビューしたばっかって声聞こえないんですけど、それをちゃんと聞いてるっていうのは、声援を力に変えるタイプじゃないですかね」 第3試合 IW19トーナメントでハム子にファン投票で負けたドロップキッカーズはハム子の握手を弾き、奇襲するとダブルドロップキックからハム子の手につくしが、膝に藤本が同時フットスタンプ。 さらにダブルブレーンバスターを狙うが、ハム子が逆にまとめてブレーンバスターで投げ捨てテクラにタッチ。 テクラはつくしにストンピングからキャメルクラッチ。 ハム子がその前でセクシーポーズ攻撃。 ハム子がキャメルクラッチでつくしを捕らえ、テクラがセクシーポーズ攻撃。 ハム子が離してテクラがストンピングからコーナーに振ろうとするが、つくしが逆に振って串刺しドロップキックからエプロンのハム子にエルボー。 藤本が出てきて膝にのると、つくしが指にのり同時フットスタンプ。 つくしは藤本にタッチ。 藤本はヘアーホイップからコーナーで顔面を踏みつける。 藤本はチョップからコーナーに振って串刺しドロップキック。 フォールも2。 藤本はつくしにタッチ。 つくしはテクラを正面ロープにくくり、藤本もハム子を正面ロープにくくるとそれぞれ背中にドロップキック。 フォールも2。 つくしはキャメルクラッチから髪を掴んでいく。 つくしはストンピングから腹へのフットスタンプ。 つくしは藤本にタッチ。 藤本は背中へサッカーボールキック2連発。 フォールも2。 藤本はロープへ振っていくが、テクラはカサドーラも2。 テクラはハム子にタッチ。 ハム子は藤本にショルダータックルも、つくしがガットショットからコーナーに振る。 だがハム子はショルダータックルで次々迎撃すると、藤本をコーナーに叩きつけて串刺しボディスプラッシュからお・し・り・だー!!。 ハム子はブルドッキングヘッドロックからフォールも2。 ハム子は担ぐが藤本は卍固めで切り返す。 ハム子はロープを掴みブレイク。 藤本は首投げからサッカーボールキック連発。 さらにPKからフォールも2。 藤本はつくしにタッチ。 つくしはカサドーラフットスタンプ。 これはボディだったためお腹の弾力で弾き返し、藤本のカサドーラ・サッカーボールキックも弾き返す。 ハム子はドロップキッカーズを同士討ちさせるが、つくしがエルボー連打。 ハム子がエルボー連打も、つくしは切り返そうとするがハム子はつっぱり。 ハム子はロープに飛ぶがつくしが追走ニー。 ハム子も追走ラリアットからコーナーに振るが、つくしはコーナーに駆け上がると足を伸ばしてカットしコルバタで投げ捨てると、藤本が低空串刺しドロップキックからつくしも低空串刺しドロップキックからミサイルキック。 フォールもテクラがカット。 つくしは左右のエルボー連打から前蹴り。 ロープに飛ぶが、ハム子がビッグブーツで迎撃してシャイニング腹ザード。 フォールも2。 ハム子はテクラにタッチ。 テクラはドロップキック3連発からフォールも2。 テクラはフィッシャーマンを狙うが、耐えたつくしにガットショットからロープに飛ぶが、藤本がエプロンから蹴りつけてつくしがランニングエルボー。 フォールもハム子がカット。 ハム子はダブルラリアットでドロップキッカーズを倒し、テクラがつくしにクロスボディアタック。 フォールも2。 テクラはローキック連打からソバット。 さらにトラースキックを叩き込んでフィッシャーマンスープレックスホールドも藤本がカット。 テクラがエクソシストから走り込むが、藤本がドロップキックでふっ飛ばしつくしが飛び出せ元気。 ドロップキッカーズでダブルのサッカーボールキックからフォールもハム子がカット。 ハム子へダブルドロップキックからテクラにもダブルドロップキックを叩き込んでフォールも2。 つくしはボディスラムからコーナーに上るとダイビングフットスタンプ。 これで3カウント。 <試合後コメント> 藤本つかさ&つくし 藤本「こんなんでね、雪辱がはらされたと思ったら大間違いだよ」 つくし「そうだよ」 藤本「おい!星ハム子来い!」 つくし「星ハム子来い!なにじゃねーよ!」 (ハム子が本部席へ) ハム子「なんなんだ!」 藤本「私達ドロップキッカーズに投票で勝った女。 悔しかったの!ほんとに悔しかったんですよ!これが民意なんだなってぐさりとほんとに、胸にね、来ましたよ」 つくし「このベルト賭けるしかないでしょう」 藤本「このベルトが目に入らぬか?」 ハム子「目に入るわ、おー!」 藤本「口に入るか?」 ハム子「「口には入らん!」 藤本「お腹に入るか!」 ハム子「お腹に巻ける!」 藤本「お腹には巻けないでしょう。 ちょっと、私達まだまだ、気分が晴れないのでハム子さんを、このリボンタッグのベルトに指名します」 つくし「挑戦してこいよ!」 ハム子「やばい」 藤本「挑戦してこいよ!」 ハム子「ヤバイチャンス来た!ニ冠になるチャンスじゃないですかニ冠に。 IW19とリボンタッグ、パートナー、もち!らぶりーぶっちゃーずで行きたい!」 藤本「ドロップキッカーズ対らぶりーぶっちゃーず、いいね!私達この、らぶっちゃを倒したあとに尾崎魔弓・安納サオリっていう正危軍も待ってるから絶対負けられないんです。 やりましょう。 なぜなら取締役選手代表だから。 以上です」 つくし「そうですね、ハム子さんに負けて大泣きして一週間たってますけど、それでも悔しい気持ちは残ってるんで、女の恨みは怖いぞって感じですね。 何かしらの投票でも勝ちたいです」 つくし「そうですね。 終われない」 藤本「悔しい。 ほんとに悔しかったもんね。 泣いたもんね」 つくし「泣きましたね」 藤本「これが民意なんだと。 アイスリボンでの私何だったんだろうってほんとに思いました切実に。 つらい」 つくし「防衛しましょう。 ハム子さんから勝ちましょう」 藤本「今回は自分たちのための防衛戦です」 つくし「あー悔しいですね」 藤本「久々にあんな悔し泣きしてる人見た、ほんとに」 第4試合 トトロが雪妃にショルダータックル。 すずも雪妃にドロップキックから交互にフォールも2。 トトロがエルボー連打も、すずがトトロを蹴りつけると雪妃にエルボー連打。 トトロもすずを突き飛ばしエルボー連打。 すずがトトロを蹴りつけると、それぞれ片腕を取って絞り上げる。 雪妃は前転して逃れると、それぞれにガットショットからロープに駆け上がり同時アームホイップから走り込むが、すずがカニばさみでトトロに叩きつけると雪妃の背中にドロップキック。 すずはコーナーに上るが、雪妃はビンタからデッドリードライブを狙うが、すずは着地するとまとめてスピアー。 トトロと雪妃がキャッチするが、雪妃はトトロにローキックからSTO。 トトロがつかんだままだったためすずはDDTのような形で叩きつけられる。 雪妃がロープに飛ぶが、すずはドロップキックで迎撃しフォールもトトロがカットしようとボディプレス。 すずが避けて雪妃に投下するとフォールも2。 すずとトトロは握手し、トトロが雪妃にヘアーホイップからすずもヘアーホイップ。 トトロが再度ヘアーホイップからすずも再度ヘアーホイップ。 トトロはボディスラムから、すずにガットショットを叩き込みボディスラムで雪妃に叩きつけようとするが、すずがリバースしてトトロを雪妃に叩きつけフォールも2。 トトロとすずがエルボーの打ち合いからすずがエルボー連打。 ロープに飛ぶがトトロはショルダータックルで迎撃し、背中の上に乗ってフットスタンプ。 避けたすずがエプロンからネックブリーカー。 さらにボディへ膝蹴り連発から顔面への低空ドロップキック。 そのまま場外に引きずり落とし場外戦へ。 バックの取り合いをしているところへ雪妃がトトロへトラースキック。 さらに階段へSTOを狙うが、トトロが切り返して背中にエルボー連打から階段とのサンドイッチボディプレス。 すずが縄跳びを持ち出し、雪妃とトトロを客席のバリケードへ縛ろうとするが、雪妃とトトロは抜け出してすずにエルボー。 トトロと雪妃はリングへ戻る。 トトロがロープに振るが、雪妃は足を刈って倒し低空ドロップキック。 フォールも2。 雪妃はコーナーに振って串刺しニーも、避けたトトロが串刺しラリアットからセントーンを投下しフォールも2。 トトロは担いでOTRを狙うが、雪妃はエプロンに着地。 そこへトトロがラリアットからすずが場外から足を引っ張り落とそうとするが、雪妃はなんとか耐えてすずを蹴りつけると、トトロへエルボーからすずへサッカーボールキック。 さらにコーナーに登りトトロへミサイルキックからフォールも2。 雪妃はロープに飛ぶが、すずがスピアーで迎撃しトトロにもスピアー。 雪妃とすずはエルボーの打ち合い。 すずがエルボー連打から雪妃がローからミドルとキックを打ち込みソバット。 さらにトラースキックを狙うがすずが旋風脚からその場飛びムーンサルト。 フォールも2。 すずは投げようとするが雪妃がハーフネルソンフェイスバスターで迎撃。 すずの延髄斬りもカットした雪妃がボディを蹴り上げてランニングハイ。 避けたすずが延髄斬りからロープに飛ぶが、トトロが場外から足を掴んで引きずり落とし、鉄柱に縄跳びで縛り付ける。 そのまま場外カウント19ですずは失格。 トトロはショルダータックル連発からボディプレス連発。 フォールも2。 トトロは担ぐが着地した雪妃がSTOを狙うも、耐えたトトロのボディに膝蹴り連発からSTO。 雪妃は前後にサッカーボールキックを交互に叩き込んでいきフォールも2。 雪妃はバズソーキックもトトロはガード。 再度ミドルキックも避けたトトロは担いでカミカゼからコーナーに登りセカンドロープからのフォーリング・トトロ。 さらにフォーリング・トトロも、雪妃は避けて丸め込むが切り返し合戦。 雪妃はトラースキックから走り込むが、トトロはクロスボディアタックで迎撃しフォールも2。 トトロは担ぐが雪妃は着地しスリーパー。 トトロはロープを掴みブレイク。 フォールも2。 雪妃はバズソーキックからフォールも2。 雪妃はコーナーに登りスノウトーンボム。 フォールし3カウント。 決勝で戦うハム子がリングに登り握手を求めるが、雪妃はスルーしてリングを降りた。 <試合後コメント> 雪妃真矢 「いや、今日はしんどいですけど、すずが、普通じゃないところで翻弄すると言っていましたね。 普通じゃない、自分の普通じゃない所のせいで自分が今日、策に溺れ放題ですね。 なので、強敵なのは嫌というほどわかっているし、タッグとかで何度もあたっているから、ほんと強いのはわかっているし、民意を完全に味方につけているので、お客様の後押し、ファンの後押しっていうのが120%の力を出すことができるので、そういうことを考えると怖いですけどね。 民意に持ち込んだら負けるという気はします。 なので絶対ドローに、ドローはないのか、じゃあ大丈夫かと思います。 今のハムさんを強くしてるのは民意。 お客さんの後押しなので、無観客試合で私がその民意をシャットアウトします。 ICEが可哀想。 インフィニティが可哀想なので自信を持ちます。 パーッと取ってだーっと落として一瞬で終わった春みたいな感じだったので、ベルトが似合うと思われたいですよね。 でも投票いらないですよね? 「投票してください。 私かまってちゃんだし寂しがりなので、投票してくれないと反逆できない。 でもわかります。 今のIW19の流れを見てるとものすごい応援したくなると思います。 ピープルズチャンピオンと言いますか。 私はアイスリボンを良くしたい、アイスリボンを盛り上げたいって気持ちで、IW19トーナメントだけじゃなくて 、丸一年やってきたので、こういう事態になって無観客で試合をするようになって、その大会限定のベルトということで、気合を入れ始めた人とは違うんです。 私の頑張りははっきり言って、そういう意味ではシングルのベルトはどんなベルトであれどんな形式であれ負けたくないです。 最近の無観客試合での私の試合っぷりにちょっとやきもきしてた方々もいるんじゃないかなと思うんで。 勝ちを譲ったりって場面も多くて、あとはタッグで、負けてばっかりだったんで、私のファンの方々をスッキリさせられたかなと思います。 さらに優勝して私のファンの方を喜ばせてあげたいなと思いますし、アイスリボンを変えるためにアイスリボンのベルトを二本持って頑張って反逆してまいります。 よろしくお願いします。 そうですね、色んな思いがありますけども、プロレスを通して、救いのある戦い、そして希望のある戦いをプロレスを通してお見せしていきたと思いますし、アイスリボンのスローガンであるプロレスでハッピー、プロレスを通して必ずハッピーを届けられるという信念を忘れることなくこれからもリングに上っていきたいと思います。 最近反逆していたのでプロレスでハッピーを叫ぶことはなかったんですけど、今日はそちらで締めたいと思います。 プロレスでハッピー!アイスリボーン!」.

次の