プルーム テックプラス 味。 【全12種】プルームテックプラスのフレーバーの種類を総まとめ!おすすめ銘柄も紹介

【必見】プルームテック・プラスに最強カスタマイズ・アイテムが登場!これを使えば「吸いごたえ」+「味わい」がダブルアップです。

プルーム テックプラス 味

今話題のプルームテックプラスの味を知りたい。 「たばこカプセルにはどんなフレーバーの味があるのか知りたい… どうせならタバコカプセル全種類の味を詳しく教えてほしい」 そんな疑問に答えます。 はじめに、 プルームテックプラスの味を決めるの「メビウスのはたばこカプセル」のフレーバーの種類で、レギュラータイプの味が3種、メンソールタイプの味が3種、フレーバーラインの味が2種類あり、2019年10月15日時点ではたばこカプセルは全部で8種類の味がある。 この記事を読むことで、 プルームテックプラスの味を決める、たばこカプセル全8種類の味を知ることができる。 新発売されたプルームテックプラスたばこカプセルの新味4種類 これが 2019年10月15日にプルームテックプラスのたばこカプセルに追加された新味4種類だ。 こっちが MEVIUS for Ploom TECH としてプルームテックプラス発売開始時に販売された プルームテックプラス専用たばこカプセル4種類だ。 これで プルームテックプラスの味(フレーバー)は全部で8種類になった。 種類が増えたが味を選ぶ時のポイントは「メンソール好きなのか?」「レギュラー好きなのか?」で選べば選択肢が狭まり好みの味を見つけやすいので、タイプ別にこの記事を読んでもらうとあなたの好みの味を見つけやすいと思う。 プルームテックプラスたばこカプセルの味全種類• 【レギュラー】メビウス ロースト・ブレンド フォー プルーム・テック・プラス• 【レギュラー】メビウス マイルド・ブレンド プルーム・テック・プラス• 【レギュラー】メビウス・ゴールド・ロースト NEW• 【メンソール】メビウス コールド・ミント フォー プルーム・テック・プラス• 【メンソール】メビウス クリア・ミント フォー プルーム・テック・プラス• 【メンソール】メビウス・ゴールド・クリア・ミント NEW• 【フレーバーライン】メビウス・レッド・ミント NEW• プルームテックプラスの 新フレーバーは従来の味と変わらず価格は500円(税込)で、専用カートリッジ・たばこカプセル(5本)という内容だ。 それでは プルームテックプラスの味を決めるたばこカプセルをタイプ別に詳しく紹介していこう。 新味レギュラータイプフレーバー:メビウス・ゴールド・ロースト これがレギュラータイプの新味「メビウス・ゴールド・ロースト」だ。 箱を開けると従来のたばこカプセルと大きな違いはなく、付属カートリッジにも見た目の変化はみられない。 肝心のたばこカプセルの味はと言うと、香ばしいたばこの味わいに、ゴールド・リーフの濃厚なコクが広がる余韻が特徴のレギュラータイプと公式では書かれているが、 実際に吸ってみた味はと言うと正直大きな違いが感じられなかったのが僕の感想だ。 レギュラータイプフレーバー:メビウス ロースト・ブレンド フォー プルーム・テック・プラス これがプルームテックプラス専用たばこカプセル「メビウス・ロースト・ブレンド」で、レギュラータイプで香ばしさと奥深いコクが味わいのたばこカプセルだ。 メビウス ロースト・ブレンドはレギュラータイプの専用タバコカプセルで、メンソールとは違い タバコ本来のガツンとくる香ばしさと味わい深さが特長で、4種類の中で1番タバコの味が感じれた。 ローストというだけあって炙った(あぶった)ような味わいがブレンドされた専用タバコカプセルだ。 メンソールが苦手な人に一番おすすめしたい味だ。 レギュラータイプフレーバー:メビウス マイルド・ブレンド フォー プルーム・テック・プラス これがメビウス マイルド・ブレンド フォー プルーム・テック・プラス(レギュラー)だ。 メビウス マイルド・ブレンドの味をレビューすると、香ばしさに優しさをプラスしたような味わいで少しお茶系(緑茶)の味するのが特長でフルーティーなフレーバーだ。 低温加熱 PloomTECH +専用たばこカプセルのメンソールとレギュラーの中間の味が味わえるというのが僕の感想です。 メンソールとレギュラー両方の感じが欲しい人には1番おすすめの味な気がする。 新味メンソールタイプフレーバー:メビウス・ゴールド・クリア・ミント これがメンソールタイプの新味「メビウス・ゴールド・クリア・ミント」だ。 新しくなったメビウス・ゴールド・クリア・ミントもリキッドの入ったカートリッジなどは一緒だがパッケージにゴールドカラー追加されて、メビウス クリア・ミント フォー プルーム・テック・プラスとの差別化が図られている。 気になる新味メビウス・ゴールド・クリア・ミントはと言うと、ペパーミントの爽快感に、ゴールド・リーフの強い刺激でシャープなキレが特徴のメンソールタイプで、メビウス クリア・ミント フォー プルーム・テック・プラスと比較すると、よりメンソール感の刺激とキック感が増していて僕はこれが一番美味しいと感じた。 メンソールタイプフレーバー:メビウス クリア・ミント フォー プルーム・テック・プラス これが低温加熱たばこのプルームテックプラス専用のタバコカプセルで、正規名称は「メビウス クリア・ミント フォー プルーム・テック・プラス」と言う。 全ての PloomTECH + のたばこカプセルにフォー プルーム・テック・プラスとつく。 プルームテックプラス専用のたばこカプセルの中で、1番美味しいと感じた味だったメビウス クリア・ミントはスタンダードなメンソールといった感じ。 メンソール感が控えめでとても吸いタバコ味のハッキリした味が特長的で、喉にもガツンとくるのでキック感も感じれて満足度の高いメンソールだ。 僕の周りでプルームテックプラスを使っている女性にもメビウス クリア・ミントはメンソールらしいミントの爽やかな味が人気だ。 プルームテックプラス専用フレーバーの味に迷ったらまずコレにしておけば間違いない! メンソールタイプフレーバー:メビウス コールド・ミント フォー プルーム・テック・プラス これが、メンソールタイプのメビウス コールド・ミントで清涼感たっぷりな味が特長だ。 メビウス コールド・ミントはメンソールタイプのたばこカプセルで、名前から味がイメージできる冷たいメンソールの味わいを堪能できるプルームテックプラス専用のタバコカプセルだ。 今までのプルームテックに近い吸い心地を味わうならメビウス コールド・ミント フォー プルーム・テック・プラスがおすすめだ。 新味フレーバーライン:メビウス・レッド・ミント これがプルームテックプラス初となるフレーバーラインのメビウス・レッド・ミントだ。 パッケージはメビウス・レッド・ミントという名称なだけに赤色が特長的。 カートリッジには何と書いてあるか見てみるとMINTの表記があったので、メンソールタイプと同じリキッドのなのかもしれない。 ある意味本当の新味と言っても良いフレーバーラインの「メビウス・レッド・ミント」は爽やかなアップルフレーバーで、芳醇なフルーツフレーバーとキレのあるメンソールだ。 吸ってみた感想は、思った以上にアップルらしくないというか丁度良いアップルフレーバー感で、甘すぎず爽やかなメンソールの味が癖になる美味しさだ。 新味の中では2番目に旨い!と思ったのがメビウス・レッド・ミントだった。 新味フレーバーライン:メビウス・パープル・ミント これが同じくフレーバーラインの新味「メビウス・パープル・ミント」だ。 こちらも特長的な紫色のパッケージの中にはたばこカプセルと MINT と書かれたリキッドが入っている。 メビウス・パープル・ミントの味は、華やかなベリーフレーバーが特長的だ。 アップルフレーバーと違ってもう少しベリー感があると個人的には良かったと感じた。 甘めのフレーバーが苦手な人はメビウス・パープル・ミントの味が合うかもしれない。 【比較】プルームテックプラスのたばこカプセルの味(フレーバー)の感想 プルームテックプラスのたばこカプセルに新味が加わり全部で8種類の味になったので、選べる数が増えたのでどれを買おうか迷うこともあると思う。 プルームテックプラスたばこカプセルの全ての味を試した、 僕が実際に吸って美味しいと感じた味の一覧表(上から美味しかった順)を以下に載せておくので参考にしてみてほしい。 プルームテックプラス全味の比較表 メビウス・ゴールド・クリア・ミント よりメンソール感と刺激がプラスされて全8種類の味の中で断トツ1番の美味しさだった。 メビウス・レッド・ミント プルームテックプラス初のフレーバーラインでほのかに香るアップルの風味とメンソールが全8種類の中で2番目に美味しかった。 メビウス クリア・ミント プルームテックプラスのたばこカプセルに新味がでるまでは実質1番だったけど上位版のメビウス・ゴールド・クリア・ミントが発売したので第3位にランクダウン。 メビウス・ゴールド・ロースト 新味のメビウス・ゴールド・ローストだが正直従来のメビウス ロースト・ブレンドとの違いが分からず第4位。 メビウス ロースト・ブレンド メンソールが苦手な人は迷わずメビウス ロースト・ブレンドを選べば間違いなしの味で第5位。 4位とほぼ味の違いは感じなかった。 メビウス・パープル・ミント こちらもプルームテックプラス初のフレーバーライン「メビウス・パープル・ミント」はベリー感が少し物足りなかったが新味なので新鮮な風味が感じられるので第6位。 メビウス マイルド・ブレンド メンソールとレギュラーの中間で香ばしさに優しさをプラスしたような味わいで少しお茶系(緑茶)の味は第7位 メビウス コールド・ミント 清涼感たっぷりな味が特長だが逆に物足りなさがあるので第8位。 上記のフレーバーの味比較表に書いてあるとおり、僕がプルームテックプラス専用たばこカプセルのメンソールフレーバーの味で、1番吸いごたえもあって美味しいと感じたのは 新味のメビウス・ゴールド・クリア・ミントだ。 プルームテックプラス初のフレーバーラインでは、アップルの風味とメンソール感が癖になる メビウス・レッド・ミントで、レギュラーフレーバーの味では メビウス ロースト・ブレンドが、キック感もありプルームテックプラスらしい刺激も感じれたという結果だった。

次の

【必見】プルームテック・プラスに最強カスタマイズ・アイテムが登場!これを使えば「吸いごたえ」+「味わい」がダブルアップです。

プルーム テックプラス 味

「ステイホーム」でも問題になりにくいニオイ最小デバイス「プルーム・テック・プラス」 「ステイホーム」が推奨される中、家でタバコのニオイが問題になることが多いと思う。 紙巻きタバコは当然、煙を吐き出すので、強いニオイが出るし、壁紙までヤニ色に染め上げる。 そこで、注目されているのが、ニオイが少なく、ヤニの原因となるたールを発生させない加熱式タバコだ。 しかし「アイコス」「グロー(グロー・センスを除く)」などの高温加熱式タバコもまた、壁紙の色こそ変えないが、特有のニオイはある。 そんな時に役立つのが、ほぼ無臭のJT「プルーム・テック」「プルーム・テック・プラス」、BAT「グロー・センス」と言った、においがほぼないという低温加熱式タバコデバイスである。 しかもこれらは、「ひと吸いして、ポケットにしまい、時間が経ってからふた吸い」という断続的スモーキングができるというメリットもある。 ただし、これらのデバイスは喫味が弱いのが弱点だ。 それでも「プルーム・テック・プラス」は、創意工夫で喫味を限界まで高めている先進の機種。 あまり知られていないようだが、吸わない人が身近にいる場合、可能な限り迷惑をかけずに最高の喫味を味わえるのが、「プルーム・テック・プラス」なのだ。 通常のリフィルよりも、タバコ葉の旨味が強く出ることで、低温加熱式特有の物足りなさを補う役割を果たしている。 完熟レモン味の「イエロー・ミント」、完熟アップル味の「レッド・ミント」 吸ってみた! 「プルーム・テック・プラス」はコツをつかめばもっとおいしい 吸い始める前に注意点がある。 「プルーム・テック・プラス」は、うまく吸うにはコツがいるデバイスなのだ。 デバイスの電源をオンにした後、ひと吸いめは軽くふかしてそのまま吐き、ふた吸い目からゆっくりと蒸気を吸い込むのが基本である。 「イエロー・ミント」は吸い続けても飽きないさわやかな味 「イエロー・ミント」は、クセのないさわやかな味わい。 レモンの香りは、確かに完熟していてカットしない状態で嗅ぐ時のレモンの果皮の香りに近い。 これはかなりよい香りである。 ゴールド・リーフなので、その後にタバコ葉の旨味が乗ってくるのだが、そこにひかえめなスペアミント系メンソールが加わり、爽快感でマスキングされる。 タバコとしては少々物足りない印象だが、過度な酸っぱさもなく、嫌味もない、吸い続けても飽きない味というのはこういうものが多い。 もともと軽いメンソールタバコを愛飲している人なら、素直においしいと感じると思う。 タバコ感はかなり少ないが。 カプセルは黄色い縁取り 「レッド・ミント」はリモートワーク中におすすめ いっぽうの「レッド・ミント」は完熟りんご風味とのことだが、これも果肉というよりりんごの皮の風味が際立っている。 タバコ葉の旨味はこちらのほうが強く感じる。 微かな甘酸っぱさとともに、少し強めのメンソールの冷涼感が伝わってきて、暑い日に吸いたくなる味だ。 こちらもおとなしい味仕立てなので、飽きずに長く、よい意味でだらだら吸えるタイプ。 ちょっと2、3吸いして中断、ひと仕事しつつ再開というリモートワーク中の喫煙に向いていると思う。 「レッド・ミント」というと辛口をイメージするが、この赤はりんごの赤である カラダによさそうに感じてしまうが、タバコはタバコ! どちらもタバコ感が少ないけれど、カプセルの中にはぎっしり粉砕したタバコ葉が詰まっており、そのニコチンを含んだ蒸気は、立派にタバコである。 吸っているとベイプ的に感じてしまうが、吸えばきちんとニコチン欲求は起こらなくなる。 したがって、吸いやすい分、吸いすぎには注意すべきだ。 とくに今回の「イエロー・ミント」、「レッド・ミント」はさわやかフルーティーに味わえるので、果てしなくカラダによい気になってしまうが、もちろんそんなことはない。 実際に連続で吸い続けると、ちゃんとクラクラ来るので、節度を守って楽しんでほしいと思う。

次の

「プルーム・テック・マウスピース」で吸いごたえがアップ!

プルーム テックプラス 味

初回登場のカプセルの味は全4種類 従来のプルームテックに比べて 吸い応えが上昇して発売されたプルームテックプラス。 一時は従来のプルームテックのタバコカプセルを使用できる形でしたが、発売前に急遽変更されプルームテックプラス専用のタバコカプセルになりました。 発売と同時に登場したは 全4種類です! レギュラーとメンソール プルームテックではレギュラー・メンソールに加え人気のアロマタイプのタバコカプセルが販売されていました。 ですが、プルームテックプラスの初回登場のタバコカプセルは レギュラーとメンソールの2タイプのみです。 このあたりは今後、種類が増えると思います。 今回登場したプルームテックプラスのタバコカプセルは レギュラータイプ 2種類 メンソールタイプ 2種類 の全4種類。 タバコカプセルの銘柄は今回も『メビウス』 新規デバイスとして販売されたプルームテックプラスのタバコ葉のブランドは依然と変わらず メビウスから販売されます。 メビウスと言えば老若男女にも大人気の JTの主力製品ですし、納得と言えば納得ですね。 紙巻きタバコのメビウスもフレーバー系が多いですし、今後の味の種類ではフレーバー系・アロマ系も追加されることが期待できます。 プルームテックプラスは何がプラスされた? プルームテックプラスってそもそも何が プラスされたのでしょうか? 簡単に言ってしまえば 吸い応えがプラスされたとのことですが… また、企画段階では従来のプルームテックとタバコカプセルは同じものを使用できる予定だったのに急遽変更。 プルームテックプラスの吸い応えを上げるため、タバコカプセルの変更は必要な変更点だった事が分かります。 カプセル内のタバコ葉が増加! プルームテックの人気伸び悩みの理由として、 ニコチン感が薄いというものがありました。 プルームテックプラスではカプセルの交換タイミングはそのままに、ニコチン感を増やすために タバコカプセル内のタバコ葉の量を増やしたそうです。 タバコ葉を増やしたことによって、加熱されたリキッドがより多くのニコチン成分を吸収して喫煙できるという仕組みです。 とはいえ… 個人的にはまだまだニコチン感は足りないと感じました。 ヒーターの出力とリキッド量がプラス! プルームテックからデバイスが大きく変更され、ペン型VAPEのようなボディになったプルームテックプラス。 リキッド量とヒーターの出力を強化したことで、従来のプルームテックに比べて かなりの煙量を実現させました。 この煙量は人気になるのも納得のレベル! 爆炎とまではいかないものの、紙巻きタバコのタールが軽い煙草並には煙が出ます。 リキッドやカプセルの違いから専用タバコカプセルが販売 プルームテックのタバコカプセルって、リキッドが多すぎると タバコ葉が詰まってしまうため、ギリギリのラインを保っていたようです。 しかし、プルームテックプラスのような吸い応えを実現させるためには従来のタバコカプセルでは不可能でした。 できたとしてもタバコカプセルの交換タイミングが早まったり故障の原因になったりしていたと思います。 結果的に、リキッドのカートリッジもタバコカプセルも プルームテックプラス専用の物を作る必要があったんですね。 従来のタバコカプセルが使えると期待していた方(筆者含む)的には残念ですが、今後プルームテックよりもおいしい味が販売されるなら問題なし! プルームテックプラスのカプセルの味全種紹介! さて、プルームテックプラスのタバコカプセルの変更についてご紹介しましたが、本題はここから! プルームテックプラスのカプセルは結局、 どんな味の種類で展開されるのか。 たばこカプセルの箱デザインもさらにかっこよくなって登場しましたよ~! メビウス・マイルド・ブレンド・フォー・プルーム・テック・プラス レギュラータイプで販売される1種類目のタバコカプセル。 メビウス・マイルド・ブレンド・フォー・プルーム・テック・プラス 相変わらずの名前の長さはもうツッコみませんよ。 タバコ味です! マイルドなタバコ味に爽やかなアクセントがプラスされたこの味は、かなりメビウスのタバコらしさがあって人気です! タール数低めのメビウスって感じですね。 なかなか良い。 メビウス・ロースト・ブレンド・フォー・プルーム・テック・プラス レギュラータイプもう一種類! メビウス・ロースト・ブレンド・フォー・プルーム・テック・プラス パッケージからもわかるように コクのある味のレギュラーです。 マイルドブレンドよりもタール数重めなタバコのイメージですね、 タバコ葉の香りもしっかり感じられるので、マイルドブレンドよりもこちらのカプセルの方が人気のようです。 これでもう少しニコチン感が強ければ最強。 メビウス・クリア・ミント・フォー・プルーム・テック・プラス 続いてメンソールタイプのタバコカプセル1種類目。 メビウス・クリア・ミント・フォー・プルーム・テック・プラス ペパーミントを使用しており、 爽快感と甘みを楽しめる味になっています。 紙巻きタバコメビウスのフレーバータイプのメンソールのような感じ。 メンソールは 天然メンソール100%を使っているようで、スッキリとしたメンソール感を楽しみたい方に人気です。 メビウス・コールド・ミント・フォー・プルーム・テック・プラス クリアミントのメンソール感では物足りない!という方にはコチラ。 メビウス・コール・ドミント・フォー・プルーム・テック・プラス ガツンとメンソール! 氷冷感を味わえる程のメンソールフレーバーが特徴的です。 メンソールの刺激を求めている方にはコチラの種類の方が人気ですね! 今回登場するプルームテックプラスのフレーバーは 無難だけど、好みに合わせた4種類って印象でした。 これから更にプルームテックプラスの人気が上がり、ユーザーが増えれば様々な味の種類も増えるのではないでしょうか? JUULのフレーバー数は50種類以上! カプセルの交換タイミングはいつ? プルームテックってカプセルの交換タイミングがなかなか分からず、気づいたら リキッドが無くなっていたとか、 タバコカプセルが余っていたなんてことが起こりがちでしたよね? プルームテックプラスでも、カプセルの交換タイミングはランプの点灯で分かりますが、LEDの位置が変わったことで以前よりは 交換タイミングが分かりやすくなったのかな?と感じました。 プルームテックプラスの交換タイミングはいつなのか?タバコカプセルはどのくらい使用できるかをまとめました! カプセルの使用回数は依然と変わらず タバコカプセルの使用回数は以前と変わらず 1カプセルにつき約50パフ使用できます。 吸い方によって変わってくるので、約50回。 タバコカプセルを購入する際に5本のカプセルと1本のリキッドカートリッジがついてきますが、丁度終わるような容量になっているのでタバコカプセルの交換タイミングサインがあれば50パフしていなくても交換するべきです。 カプセルの交換タイミングはLED点滅でお知らせ タバコカプセルの交換タイミングは LEDライトが点滅することでお知らせされます。 プルームテックでは先端のLEDライトが点滅していましたが、プルームテックプラスでは加熱時に押す 電源ボタン周辺のライトが点滅します。 先端よりも目につきやすい位置なので、交換タイミングは今までより分かりやすくなったのではないでしょうか? 交換のタイミングを知らせるLEDライトは 40回点滅するので嫌でもライトの光が目につくでしょう。 交換タイミングを見逃さない! プルームテックって、交換タイミングの点灯を放置して使用すると、 再度50パフするまでお知らせ機能が働かないという大きな欠点がありました。 しかし、プルームテックプラスは交換タイミングを見逃してもう一回吸い込むと… 再び交換タイミングを知らせるLEDが点灯するのです! これ、めちゃくちゃありがたいですよね。 タバコカプセルの交換方法 タバコカプセルの交換方法は今までと大きな変化はありません。 ただ、カプセル交換タイミングのLEDが点灯中に 電源ボタンを3秒長押しして止める必要があります。 交換タイミングのライトを消さずにタバコカプセルを交換しても吸い込んだ瞬間また光ってしまうので要注意! 3秒以上長押しをして点滅を止めることで カウントをリセットさせる役割もあるのでここは要注意ですね! 手軽なのにニコチン量最強なJUUL プルームテックプラスのカプセル種類と人気の味・交換タイミングまとめ プルームテックプラスの登場に合わせて販売された プルームテックプラス専用のタバコカプセルの味の種類と、 カプセルの交換タイミングについてご紹介させていただきました。 メンソールがそこまで得意ではない筆者なので、レギュラータイプが2種類発売されたのは嬉しいですね! 全4種類の味が展開されているので、好みや消去法で選んでみてもいいかもしれません。 メンソールは嫌、タバコの香りが楽しめる味がいいならローストブレンドがおすすめ!みたいな感じで選んでみてはどうでしょうか? 人気なのはやはり味の濃い、 ローストブレンドと、 コールドミントのようですが、皆さんの好みはどの種類ですか? 交換タイミングもより分かりやすくなったプルームテックプラス、これから更に人気が出そうですね! 製品画像の出典:• アメリカで爆発的な人気で今や米国の電子タバコシェアの半数以上を占める、日本でもこれから確実に流行る『JUUL ジュール 』という電子タバコをあなたはご存知ですか? ジュールの一番の特徴は電子タバコなのにニコチンが入っており、火を一切使用しないのでタールも無く、コンパクトでスタイリッシュなデザインにあります。 え?「どうせプルームテックと同じ煙量?」いや、マジでビビりますよw信じられなければYOUTUBEを今すぐ開いて『JUUL』で検索してみて下さいw 強いニコチン感と煙草と同様のキック感を得られる『JUUL ジュール 』は通販で誰でも簡単に購入する事ができ、POD リキッド のカートリッジを入れ替えるだけで簡単に交換が完了してしまいます。 勿論、 液漏れも一切しない凄いヤツですw.

次の