デス パレード アニメ。 デス・パレード 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

INTRODUCTION|アニメ『デス・パレード』公式サイト

デス パレード アニメ

男性の方は、初めから自分の考えを信じて疑わない性格が言葉の端々にでてた。 自分の考えが間違っていると突きつけられた時(ダーツで痛みを感じた時)、強い反発を見せて、かたくなに自分の考えを通そうとしていた。 それはパートナーである女性に対しても一緒で、女性が何を言っても信用せず、自分の考えと一致する意見にだけ耳を傾けていた。 女性の方は一見誠実で、男性の意見に同調しており、その分自分の考えは男性に伝える事が少なかった。 実際男性に的の外にはずす提案をされた時も、どちらかの命が失われるかもしれないというのにあっさり受け入れてしまった。 女性は「マッチ」という言葉を聞いた時、男性の勘違いに気付いて真っ直ぐ男性の眼を見て話をしていた。 マッチという言葉に何か心あたりがある表情をしていた事からも、本当の事を言っている可能性が高い。 最後の話をした時、全部うそだったとは言っているものの、町田ゆうきは結婚式に実際にきていた。 最後の言葉は男性を傷つけたかったのか、苦しみを和らげてあげたかったのか、どうでもよくなったか。 結局最後まで男性は女性を恨み、女性は最後に男性を見限った。 最後の女性の言葉が嘘にせよ本当にせよ、自分の事を信じてと説得するのを諦めてしまった。 転生と虚無、どちらが地獄でどちらが天国なのか、明確には言われなかったため、解釈によってはどちらとも取れる。 デスビリヤードでもそうだったけれど、狼狽した方が福面のエレベーターに乗っていたよね。 でも福面に乗った方の勝敗はデスビリヤードとは違ってた。 だから勝敗はどちらのエレベーターになるのかとはあまり関係ないのかもしれない。 命を懸けて行うとは言っているけれど、勝ったらどうなるとは言っていないしね。 というか、乗ってきたエレベーターに乗っただけ、という可能性もあるけれど、エレベーターに乗ってきた時とは福面と般若面が逆転してた。 どちらが「悪い」というより、生きる事により執着する人間を転生させるのかな、という印象はあったかなー。

次の

【71.1点】デス・パレード(TVアニメ動画)【あにこれβ】

デス パレード アニメ

人間の魂を裁定し、「転生か虚無」に送り出す者のこと。 裁定者はBARを訪れた客に死んでいることを気づかれないよう、ダーツやビリヤードなどの命をかけたゲームを強制し、その様子から裁定を下す。 裁定の基準はゲームの勝敗よりも過程であり、 裁定者は「情報部」から送られた死者の記憶をもとに、心理や感情を読み取らなければならない。 そのため、裁定者には経験と観察力が必要とされる。 人間の本心や心の闇を見るため、意図的にゲームを妨害するなど、 「極限状態」を作り出すように義務づけられている。 裁定を受けた人間の魂が向かう場所。 様々なゲームによって裁定を下された死者たちは、2つのドアが並んだ 客用のエレベーターに乗せられ、転生か虚無のどちらかに送られる。 その行き先はエレベーター上部にある「白い能面」と「般若の面」が表しており、死者の身体は魂が送られた後、ただの人形と化す。 転生すれば、また別の命となって現世に戻るが、虚無は魂の墓場に落とされる。 虚無に落とされた魂は、あらゆる負の感情と意識だけを抱いたまま、何もない空間に永遠に落ちてゆくという。 《トーテム》にあるタワーのひとつを管理する、上級の裁定者を指す。 各タワーは90もの階層に分かれ、各階のフロアを1人の裁定者が任されており、彼らをまとめあげて管理する役目が、タワー担当である。 タワー担当は裁定者専用のエレベーターで各フロアを回り、他の裁定者を観察・指導している。 『ウィーギンティ』や『クイーンデキム』があるタワーの担当は ノーナであり、ギンティやデキムの直属の上司に当たる。 タワー担当は各フロアの裁定者を選び出し、教育する役目も担っている。 また、人員を各部署へ異動させるなど、人事権も有する。 死んだ人間の魂が最初に訪れる場所。 各タワーをつなぐ円柱通路の中心に位置する。 死者たちは国籍、性別、趣味、人間関係などの様々な項目で分類され、 裁定者の待つBARに送られる。 カストラをはじめとする整理係が、楽器のようなタグ鍵盤を猛スピードで操作し、死者の分類作業をおこなっている。 整理係は1時間に7000人以上の死者を分類するうえ、全世界の死者数を予測・管理しなければならないため、エネルギーの消費が激しく、常に忙殺されている。 死者の記憶を管理・編集する部署。 裁定を受ける死者たちが無くしている記憶は、 すべて情報部に送られている。 死者の記憶はバラバラになったガラスの破片のような形状をしており、 情報部がそれらを取捨選択して編集、不要と判断された記憶は袋にまとめて保存される。 編集された記憶は色とりどりのステンドグラス状になり、 転送装置を通して各フロアの裁定者に送られる。 転送される記憶は容量の問題もあり、死に関する出来事が多い。 作業は整理係と同様に多忙を極め、情報部に所属するクイーン曰く 「裁定者の方がマシ」とのこと。 黒髪の女の部屋に置かれていた、色鮮やかな絵本。 登場人物は、雪国に住む男の子・ジミーと、耳が聞こえない女の子・チャボ。 ある日、氷の上を走り回るチャボと出会ったジミーは、チャボの可愛らしい笑顔に恋をする。 すぐに仲良くなる2人だったが、ジミーは耳が聞こえないチャボに想いを伝えることができない。 そこでジミーは走ったり、転んだり、笑ったり、言葉以外の方法で、どうにか自分の気持ちを伝えようとするストーリー。 結末や作者は不明だが、現世の作品と思われる。

次の

INTRODUCTION|アニメ『デス・パレード』公式サイト

デス パレード アニメ

男性の方は、初めから自分の考えを信じて疑わない性格が言葉の端々にでてた。 自分の考えが間違っていると突きつけられた時(ダーツで痛みを感じた時)、強い反発を見せて、かたくなに自分の考えを通そうとしていた。 それはパートナーである女性に対しても一緒で、女性が何を言っても信用せず、自分の考えと一致する意見にだけ耳を傾けていた。 女性の方は一見誠実で、男性の意見に同調しており、その分自分の考えは男性に伝える事が少なかった。 実際男性に的の外にはずす提案をされた時も、どちらかの命が失われるかもしれないというのにあっさり受け入れてしまった。 女性は「マッチ」という言葉を聞いた時、男性の勘違いに気付いて真っ直ぐ男性の眼を見て話をしていた。 マッチという言葉に何か心あたりがある表情をしていた事からも、本当の事を言っている可能性が高い。 最後の話をした時、全部うそだったとは言っているものの、町田ゆうきは結婚式に実際にきていた。 最後の言葉は男性を傷つけたかったのか、苦しみを和らげてあげたかったのか、どうでもよくなったか。 結局最後まで男性は女性を恨み、女性は最後に男性を見限った。 最後の女性の言葉が嘘にせよ本当にせよ、自分の事を信じてと説得するのを諦めてしまった。 転生と虚無、どちらが地獄でどちらが天国なのか、明確には言われなかったため、解釈によってはどちらとも取れる。 デスビリヤードでもそうだったけれど、狼狽した方が福面のエレベーターに乗っていたよね。 でも福面に乗った方の勝敗はデスビリヤードとは違ってた。 だから勝敗はどちらのエレベーターになるのかとはあまり関係ないのかもしれない。 命を懸けて行うとは言っているけれど、勝ったらどうなるとは言っていないしね。 というか、乗ってきたエレベーターに乗っただけ、という可能性もあるけれど、エレベーターに乗ってきた時とは福面と般若面が逆転してた。 どちらが「悪い」というより、生きる事により執着する人間を転生させるのかな、という印象はあったかなー。

次の