オラクル カード 選び方。 絵柄で決めるのはあり?オラクルカードのベストな選び方とは?

易しくて優しいオラクルカード講座

オラクル カード 選び方

オラクルカードは、占いではなく 高次の存在からのメッセージやアドバイスを受け取るための誰にでも扱いやすいツール。 長年オラクルカードを仕事に使いながら、たくさんの方から喜びや感謝の声をいただいてきました。 高次の存在からのメッセージやアドバイスだからこそ、心に響いたり、伝わる言葉があります。 オラクルカードのいいところは、難しい専門知識などを必要とせず、 誰でも手にとってすぐにリーディングすることができるところ。 タロットカードのように一枚一枚のカードの意味を覚える必要はありません。 そして、メモリーオイルやパワーストーンアクセサリーなど 癒しのツールと組み合わせて使っていただきやすいもの。 オラクルカードの種類がたくさん増えたといはいえ、 使ったことがない人、触れたことがない人もたくさんいます。 あなたが扱えるようになることで、 助かる人、お役に立てる人が必ずいます。 こちらはメモリーオイルと魔法講座を学んだ人限定のアドバンス講座。 オラクルカードが使えるとメモリーオイルのリーディングもしやすくなります。 このオイルがなんで選ばれたんだろ???という時に、 カードがその理由をおしえてくれたり。 カードが示した今の状態を切り替え、 変容していくために必要なエネルギーをメモリーオイルがおしえてくれたり。 セッションの実践を繰り返し、その実践の中で リーディングの仕方やコツ、事例などをお伝えしていきます。 オラクルカードは、占いではありません。 似ていますが、その性質は違います。 オラクルカードは、 自分らしく生きていくためのアドバイスを伝え、 わたし達の学びを妨げることなく、明日を生きていくための道標をくれるもの。 『 オラクル 』 の元々の意味は 『 神託 』 誰でも簡単に 高次の存在からのメッセージを受け取ることができるツールです。 占いのように、専門的な知識や研鑽を必ずしも必要とせず、 間違えることがないので、 オラクルカードを手にしたら安心してすぐに扱っていただくことができます。 基本的にタロットカードのように怖い印象を受ける絵柄が少ないため、 繊細な方にも使っていただきやすいものです。 本来、そんな誰にでも扱える易しくて優しいカードなのですが 「このやり方でいいのかな?」 「こんな使い方でいいのかな?」 「意味がピンとこないな」 「これってどう受け取ればいいのかな」 不安に思ったり、迷うこともあると思います。 そんな方が自信を持ってオラクルカードを扱い、 自分や周りの人のために役立てていくための講座です。

次の

【オラクルカードの使い方】今日からカードリーディングを始めましょう│奥田みき・観稀舎~光の幻想アート~

オラクル カード 選び方

ドリーン・バーチューのオラクルカードシリーズの中でも定番の 大天使オラクルカードは、カード自体にメッセージが記載されていて 難しい解釈をする必要がありません。 大天使ミカエルとは言わば天使のリーダー的存在で、恐れや不安など負の感情を取り除いてくれる心強いカードです。 【中・上級者向け】グッドタロットオラクルカード オラクルカードに慣れている人は、応用性があり幅広い解釈が必要なカードの選び方をしてみましょう。 ネガティブ要素を排除した アファメーションメッセージ 肯定的な言葉 の数々は、使い続けることで思考や行動が前向きにしてくれるでしょう。 解釈の幅が広いため、このカードを使うときはインスピレーションを働かせましょう。 【個性重視】日本の神様カード タロットやオラクルカードのほとんどは西洋的な絵柄ですが、このオラクルカードは 古事記にある日本の神様48柱が描かれている和のカードです。 筆者である大野百合子氏が神々が祀られている各神社に参拝したときに、 神様からメッセージを受け取ったとされています。 アマテラスオオミカミやイザナギノミコトなど、日本人になじみのある神様のエネルギーをカードから感じられることでしょう。 絵柄重視で選ぶのはあり?なし? 「このカードからメッセージを貰いたい」「見ていると癒される」と感じるのは、 カードとあなたの相性がいい証拠です。 感性が揺さぶられて選んだカードは使う度に愛着がわき、 カードへの信頼も必然的に高まることでしょう 絵柄重視で選びたい人のために、おすすめのオラクルカードを紹介します。 ユニコーンオラクルカード ユニコーンオラクルカードは、オラクルカードの創始者であるドリーン・バーチューが 子供向けに作ったものです。 かわいらしくファンタジーに溢れた絵柄は子供のみならず、大人も心が癒されるでしょう。 また、子供向けというだけあり、カードに記載されているメッセージは愛に溢れていて、自分自身で解決できない問題に対して 優しく寄り添ってくれます。 マーメイド&ドルフィンオラクルカード 自然界の中にいるマーメイドとドルフィンたちが神秘的で美しいマーメイド&ドルフィンカードは、絵柄を見ているだけで心が浄化された気分になります。 マーメイドは 愛の象徴で、ドルフィンは 遊び心を表すと言われています。 シンプルで明快ながらも愛のあるメッセージは、人生をポジティブに変え夢を実現させる手助けをしてくれるでしょう。 オラクルカードの選び方の注意点 選び方に囚われないで! オラクルカードは、 楽しむことが1番です。 直感・見た目・カードの特性など選び方は人それぞれですが、カードを信用できなければメッセージが心に残りません。 選び方に正しい・間違いはありませんが、「このカードに占ってほしい」「このカードを信じたい」という カードに対するポジティブな感情を持つことが重要なのです。 自分に合ったオラクルカードを見つけよう! オラクルカードはパートナー! オラクルカードはポジティブなメッセージが多いですが、中には厳しいメッセージ性があるカードもあります。 パートナー選びと同じで、信頼・愛着・心地よさを感じられることがポイントなので、ポイントを踏まえた上で自分に合ったカードを見つけてみましょう。

次の

ルノルマンカードの選び方

オラクル カード 選び方

近頃、私の周りでオラクルカードに興味を持つ人が増えてきました。 で、「オラクルカードを買ってみたいのだけれど、どれを買えばいいかアドバイスしてほしい」と言われる機会も増えてきました。 オラクルカードの選び方として、巷でよく見る「直感で」「あなたが気に入ったものが一番」というのは間違いないと私も思いますが、如何せんそれだけでは決めかねる人がいるのも事実です。 現実的に「自分にとって使いやすい」という要素を考慮して買いたくなる気持ちはとてもとてもよくわかります。 まずは、直感で。 あなたが気に入ったものが一番です。 上記にも記載したとおり、「私、これ好き!」と思ったカードは大体当たりです。 雰囲気というものはいろいろな要素が絡み合ってにじみ出るものなので、何となく雰囲気が気に入ったというのは一見テキトーに見えて妥当なことが多いです。 にじみ出ている雰囲気から、自分に合う要素を感じ取っている、っていう。 あとは単純に、絵が気に入ったなら眺めているだけでも楽しくて、繰って引くたびに「きれいだなー好きだなー」と思えますね。 解説書の文体が好き、とかそういうのでも同じです。 大きな本屋さんなんかだと、オラクルカードの見本が置いてある店舗があって、実際にカードを引くことができます。 もしそういった店舗に行けるなら、まずは気になるデッキをいくつか選んで、それらを「私のところに来たい人、手を挙げて!」とか「私を助けてくれる人、挙手をお願いします!」という質問で引いていくのもおすすめです。 何なら片っ端から引いてもええんやで。 これで「一番気が合いそう」と思えるカードが出たデッキを買うと、お気に入り度というか親密度が高い状態で使えます。 大阪であれば、紀伊国屋のグランフロント店・MARUZEN&ジュンク堂書店の梅田店(茶屋町LOFTの隣のビル)はオラクルカードが充実しています。 見本もあります。 阪急梅田駅のとこにある紀伊国屋本店とLUCUAにある蔦屋書店にもあります。 個人的には紀伊国屋のグランフロント店が一番好きかな! デッキ選びの参考になるよう、オラクルカードを特性で分けてご紹介します。 悩みや課題について整理する際、解決の糸口をどこから探すかが重要です。 私はいつも「状況の整理」「自分自身の状態の整理」「行動の優先順位の整理」のどれかから糸口を見つけるようにしています。 オラクルカードを引くときも同様に、上記3つの切り口から徐々に課題を紐解いていきます。 クライアントの雰囲気や相談内容に合った切り口を選び、その切り口からの紐解きが得意なデッキを選んで使う……という形ですね。 なので、初めてのオラクルカードを選ぶときは、自分の「課題紐解きスタイル」に一番近いものから考えて選ぶと使いやすいのではないかと思います。 状況からの紐解き:関係者の動向や環境等の状況整理、自分自身の感覚からの紐解き:自分がどう感じたか、どんな感情を抱いたかの整理、行動からの紐解き:シミュレーションをしつつの整理……自分はどれが一番苦手か、をまずは考えてみましょう。 得意、じゃないですよ。 苦手、ですよ。 得意なことはカードに頼らずともできるはずです。 「自分が苦手な視点をオラクルカードにサポートしてもらう」ということを念頭において、相棒として活躍してもらうイメージです。 得意なことについてサポートしてもらうときは「これで合ってるかな?」という確認が主になると思いますので、そのためにデッキを買うよりも苦手をサポートしてもらうために買った方が「すげえ!ありがとう!」ってなりやすいと思います。 さて、ここで紹介するのは私が所持しているデッキです。 ももねこ的に「こういうときはこのデッキ」みたいなのがあるので、それをいくつかピックアップして記載します。 参考にしていただけると是幸い! 状況を見る:今、自分がどこにいるのか 「そもそも今ってどんな状況だっけ?」という観点での整理をお手伝いするのが上手なデッキたちです。 ザ・マップオラクルカード ももねこが状況整理のためにオラクルカードを使うときに一番選ぶ確率が高いのがこのデッキです。 それと、カードの中にいろいろな占術・伝説等の知識やモチーフが織り込まれているので、深読みがしやすいのも魅力。 カードをぱっと見て解説書をさらっと見て直感メインでメッセージを拾う……のもいいけれど、じっくりカードの絵柄を眺めて深く読んでいくのも面白いです。 ウィズダムオラクルカード これはザ・マップオラクルカードよりも優しいテイストでメッセージを得たいときに使います。 ザ・マップかウィズダムか、って感じ。 私、コレット・バロン・リードさんが好きなのかもしれない…… 解説書を見ると、「基本的な意味」「オラクル」「人間関係について」「豊かさについて」「あなたを守る」という5つの意味に分かれて説明が書かれています。 わかりやすいね! 私は状況整理のために使うことが多いので、「基本的な意味」をメインで読みます。 色調と絵柄が優しく、解説書の日本語訳も丁寧なので(ザ・マップは正直日本語版の文章がよくない)、超超初心者の方はこのデッキから始めるのもよいと思います。 先ほど書いたようにカテゴリごとの解説があっていろんな場面で使うための誘導もしてくれるしね。 アースマジックオラクルカード(絶版) これは結構厳しいテイストのメッセージが多いです。 はっきり言ってくれよ派の私はセルフリーディングでも多々使います。 デッキ名のとおり、自然現象が主役のデッキなので「そこに在る、そのままの価値」みたいな、ただ存在するものものからのまっすぐなイメージというか……表現が難しいな! とにかく、天使系のデッキみたいに「守るよ!」とか「支えるよ!導くよ!」みたいな手を差し伸べる系のニュアンスはほっとんどないです。 冷静に「今こういう地点に立っている」という一歩引いた視点でものごとを見つめなおすのに使うととてもいい感じ。 絵のテイストは重めです。 色調も暗い。 落ち着いてリーディングできて、とても好きなデッキです。 状態を見る:今、自分がどんな存在か 「課題に向き合い状況を改善するには、まず自分の状態をよく知るのが近道!」とお考えの方におすすめしたいデッキたちです。 もしくは「とにかく頭の中がごちゃごちゃになってしんどくなりやすい」っていう方にも。 まずは落ち着こう、自分の感情を整理して課題にまっすぐ向き合う状態をつくろう、というアプローチですね。 シェイプシフターオラクルカード・シャドウ&ライトオラクルカード いずれも絵が非常に可愛いですね!お気に入りです!!が、人によっては怖いと感じるかもしれません。 これらのデッキの特徴は、おとぎ話の登場人物のような個性豊かなキャラクターたちがカード一枚一枚に設定されていることです。 魔物とか、魔女とか、妖精とか。 シェイプシフターの方は個性的な少女たちがそれぞれの要素を象徴するいきものとセットで描かれています。 解説書には彼女らの物語が書かれており、その物語からインスピレーションを得る……という感じ。 シャドウ&ライトの方は、これまた個性的な少女たちが描かれています。 こちらは物語ではなく彼女らの言いたいこと・主張したいことが瑞々しく生々しいお手紙のように書かれています。 何せ、彼女らはキレイゴトを言いませんから。 いいですね! ユング・タロット これも絵が良いですね!人によっては怖く見えるかもだけど。 このデッキは人間が誰しも心に持っているさまざまな要素にフォーカスし、「今抱えている課題に影響を与えている自分の性質」がどれなのか、を浮き彫りにしてくれます。 先ほど紹介したシェイプシフター・シャドウ&ライトはおとぎ話的なので意味をかみ砕くのにワンクッション要りますが、ユング・タロットは解説書で鏡リュウジ氏が優しくかみ砕いてくれておりますので、すんなり入ってきやすいと思います。 タロットと名はついているものの、伝統的なタロットの要素はないので、ユング心理学を踏まえたメッセージカードという捉え方をするとよいです。 余談ですが、シェイプシフターとシャドウ&ライト、ユング・タロットは、複数のスプレッドを用いて発展的なリーディングをするときに登場人物を象徴するカードとして使うのも面白いですよ。 私の常套手段です。 シンクロニシティカード こいつは怖くないです。 全然怖くない。 スピリチュアルな要素がふんだんに盛り込まれているので、その手の用語に不慣れな方はちょっとわかりづらいかも……ですが、解説書がていねいなのでむしろスピリチュアルに興味がある人が勉強するのにもいいかもしれません。 このデッキの特徴は、1つのデッキに色のグループとメッセージのグループがあって、それぞれから1枚ずつ引き、2枚の意味を掛け合わせて解釈する……という独自の方式を採用していること。 色のグループはチャクラに対応していて、それぞれのチャクラが持つ意味になぞらえたキーワードから自分の状態を探ることができます。 そこにメッセージのグループのカードから得た要素を加味して解釈を深めるのですね。 例えば、色のカードがピンク、メッセージのカードが「New World」だとしたら、今の自分には愛を追求する行動と意識が必要で、それを念頭に置いて新しい世界へと踏み出すタイミングを迎えると良い。 みたいに読みます。 これが緑の色に変わると、コミュニケーションを行動の重点に置きながら新しい世界へと踏み出す、みたいになる。 ワンオラクルでももちろん使えますが、シンクロリーディングの魅力がわかりやすいデッキなので、「複数の要素が組み合わさって生まれる不思議」を楽しみたい人には特におすすめのデッキです。 優先順位を見る:今、何に手を付ければいいか 状況や状態の整理は自分でやるので、そこから先の指針をオラクルカードにサポートしてほしい、という方におすすめです。 整理をすっ飛ばして「とにかくどうしたらいいか教えてください」と短絡的にリーディングをやると、腹の底から「やろう」と思うに至らず「ふーん」と流してしまうか、行動したとしても的外れな内容になりがちなので、注意ですよ。 トリトトラクタカード シンプル、そしてはっきり。 シンボル的なイラストとキーワードのみが提示されるので、端的に要素を捉えやすいデッキです。 その分、そこからイメージを膨らませるのにはちょっと慣れとかコツが必要かもしれない。 要素を組み合わせて自分でメッセージを構成するのが好きな方に特におすすめしたいデッキです。 とにかくすぱーーん!と明快にキーワードとイメージを出してくれるので、私はタロットカードの補佐役として頻繁にトリトトラクタを使っています。 対面だとほぼ100%その組み合わせだわ。 日常に根差した要素が多いのと、専門的な要素がほとんどない(あるけれど知らなくても自然に覚えられる)ので、毎日のお守りに1枚引く、みたいにも使いやすいと思います。 サイトで無料で引けるので、私も出先なんかで現物を持っていないときにちょろっとセルフリーディングするのに活用させていただいています。 アセンデッドマスターオラクルカード(絶版) アセンデッドマスターという、課題を終えた魂の大先輩たちからメッセージがもらえるデッキです。 はっきりと「これをやりなさい」と言ってくれるので、「わかった」となりやすいですね。 細かいことを言われるわけではないので、日常的なタイミングよりも、決断が必要なときや転機を迎えるときの方が向いていると思います。 例えば、何かを決断する際に「Write(書く)」が出たら、紙に書いて整理してから決めなはれや!とか、「Purification(浄化)」が出たら、要らん要素を排除してクリアに核を見つめてから決めなはれや!みたいな具合。 課題を整理してから引くと、それに対してどういうスタンスで臨めばいいかを教えてくれます。 絵柄は濃い目です。 描かれているひとの大半がジッ……とこっちを見つめてくるので、圧がすごい。 「あ、どうも」って挨拶したくなります。 こちらの記事で、アセンデッドマスターオラクルカードを詳しく紹介しています。 よろしければ併せてどうぞ! スピリットメッセージオラクルカード(絶版) アセンデッドマスターよりは要素が細かく、「課題のどこに注目すればいいか?」「自分の強みを活かす/弱みをカバーする」という視点で読むと解釈しやすいデッキです。 アセンデッドマスターで大きな指針を出した後に、スピリットメッセージで細かく分解していくのもよくやります。 もちろん、デッキ単体でもわかりやすいメッセージが出てきます。 デッキ単体で使用する場合は、「課題において焦点をあてるべき部分」「それに対しての心構え」をセットで引いて、行動の優先順位を導き出すのがわかりやすいかな。 絵柄はとても静か!落ち着いた色調で、しん……と心が鎮まるように思います。 閑静な図書館のようなイメージ…… こちらの記事で、スピリットメッセージオラクルカードを詳しく紹介しています。 よろしければ併せてどうぞ! オラクルカードを選んだら、ひたすら慣れると吉 他の占術に比べて、オラクルカードは勉強をしなくてもさらっと使えるのが大きな魅力です。 まさに、習うより慣れよ。 習うより慣れるのがマジで効果的!眼前に展開された要素から、如何にストーリーを紡ぎだすか……が肝になります。 (これはタロットも同じね) なので、とにかくカードを引きまくって触りまくって慣れまくって仲良くなれば、要素を拾ったりそれをつなぎ合わせてストーリーにしたり、という作業がスムーズにスピーディーにそしてナチュラルにできるようになるわけです。 私たちDUCK WORKSのオリジナルオラクルカードもありまして、下のリンク先で無料のワンオラクルができるようにしてありますので、まずはここでオラクルカードを引くことに慣れていくのもおすすめです。 また、一人で読むより誰かと読む方が上達は早まると思います。 楽しくて飽きないし、自分が読んだメッセージのアウトプットを伴うので、効果2倍どころじゃないんじゃないかな。 ぜひ、ひとりでも、みんなでも気軽にカードで遊んでみてね。 そんでもって。 手前味噌で恐縮ですが、オラクルカードリーディングの練習に役立てていただけるよう、電子書籍を作ってみました。 100円というちょっとしたお菓子程度の価格でお届けしておりますので、ご興味がありましたらぜひご覧くださいまし! note版:はじめに~第一章まで試し読みできます。 Amazon Kindle版 いずれも中身は同じです。 note版で試し読みの後、気に入っていただけたならお好きな方でぜひ!•

次の