ケー パワーズ データ。 イイね! K−POWERS 名張店

6/22(月) ケーパワーズ大阪本店

ケー パワーズ データ

スマートフォンの普及率は老若男女問わず、 8~9割という時代になっています。 そんな中、ガラパゴス携帯いわゆるガラケーを今でも使用している方も多く、そろそろ時代の波に乗って スマートフォンに変えようかな…そんな時、• 「データの移行はどうやるの?」• 「ガラケーからスマホにデータ移行ってできるの?」 と、まず今まで使っていたデータが心配になりますよね。 特に電話帳は絶対にデータ移行をしたいもの。 他にも写真なども大切なデータの一つです。 ですが、安心ください。 全く心配はいらないのです! AndroidとiPhoneで移行方法は違いますが、手順さえ間違わなければ 実際3~5分で完了してしまいます。 ここからは、 ガラケーからスマートフォンへデータ移行が超簡単にできる方法・手順をご説明いたします。 多くの方が利用している電話帳移行法 目 次• 1、ガラケーからスマホへ電話帳データ移行手順【Andoroid編】 ガラケーからAndroid型スマートフォンへデータを移行する方法には 「SDカード」「赤外線通信」の2種類あります。 その中の機種によって異なりますが、 「SDカード保存」または 「SDガードにエクスポート」を選択。 選択すれば自動的にSDカードに連絡先が保存されます。 保存が終わったことを確認してガラケーからSDカードを抜き、購入したAndroidスマートフォンにSDカードを差し込みます。 その中の、SDカードから 「コピー」または 「インポート」を選択。 データの取り込みが終われば完了です。 ガラケーのアドレス帳から赤外線送信の 「全件送信」を選択して送信します。 携帯のロックナンバー(4桁)の入力を求められるので入力します。 (端末の暗証番号は、ユーザーが変更していなければ 『0000』です。 Androidスマートフォン側の赤外線アプリにもロックナンバー(4桁)を入力後、 「送信開始」を押します。 送信が完了したら、受信したファイルをAndroidスマートフォンの 「連絡先アプリ」から開けばデータ移行完了になります。 2、ガラケーからスマホへ電話帳データ移行手順【iPhone編】 iPhoneには SDカードの差し込みや赤外線機能が備わっていないため、ガラケーのデータを保存するSDカードの他に パソコンが必要になります。 あらかじめSDカードをガラケー本体に挿入しておいてください。 アドレス帳のサブメニューから 「コピー」を選択し、「microSD」を選択します。 SDカードへのバックアップが終了したら、ガラケーからSDカードを取り出し、カードリーダー等でパソコンに接続します。 続いては、iPhoneでの設定を行います。 3、ガラケーからスマホへ写真データ移行手順【Android編】 写真データは一般的にSDカードに保存して移行させる方法となります。 全部まとめてコピーする場合は 「フォルダ内全件コピー」を選択。 その際、携帯のロックナンバー (4桁『0000』など)の入力を求められるので入力します。 保存が終われば、SDカードをカードリーダー等でパソコンへ接続します。 Androidスマートフォンとパソコンを専用ケーブルで接続します。 パソコン上のSDカードの写真データを全て選択しコピーします。 リムーバブルディスクを開き、スマートフォンの 「DCIM」というフォルダの中にコピーしたものを貼り付けると完了です。 4、ガラケーからスマホへ写真データ移行手順【iPhone編】 iPhoneはSDカードが使えないため、パソコンを利用して移行します。 まず、iPhoneを専用のUSBケーブルでパソコンに繋ぎ 「iTunes」を開きます。 画面左の 「写真」を選択し、 「写真を同期」にチェックを入れます。 「写真のコピー元:」の右にある 「ピクチャ」をクリックすると、フォルダを選択できるので、先ほどコピーした画像を選択しましょう。 「同期」をクリックすると、iPhoneへ画像が転送されます。 5、ガラケーからスマホへメールデータ移行手順 メールの内容は移行できないと思っている方もいますよね。 それが意外と簡単にできちゃいますので、諦めていた方も出来るだけ移行させておきましょう。 まずは、ガラケーのメールデータをコピーし保存することから始めます。 コピーしたいメールを選択したら、暗証番号を入力してください。 コピーが始まるので、完了するまでSDカードはそのまま抜かないようにしてください。 ガラケーのメールファイルは、スマホには対応していないVMGファイル形式になっています。 まずは、このVMGファイルをスマホ対応のemlファイルに変換(コンバート)しますが、ここでオススメするのが 「VMGtoEML2」という 無料のソフトです。 スマホにVMGtoEML2をダウンロードし、 「入力ファイル」の所にメールフォルダを指定したら 「出力フォルダ」の方にはemlファイルの出力先を指定します。 これで、スマホ対応のemlファイルに変換完了です。 無料メールソフトの 「Thunderbird」を使い、Gmailを通して転送します。 Thnmderbirdをインストールし、併せてGmailアカウントを設定します。 メールファイルを同期させる無料のツール、 「ImportExportTools」をインストールします• 歯車マークから 「ファイルからアドオンをインストール」を選択し、インストールします。 ここでGmailを同期する前に専用のフォルダを作っておくのをおススメします。 emlファイルが保存されているフォルダを選択すると同期がはじまります。 しばらく経つと同期完了です。 6、まとめ ガラケーからスマートフォン・iPhoneへのデータ移行についてのご説明でしたが、メールデータ以外はさほど難しい操作ではありません。 お使いの機種によって多少異なりますが、一般的にはご覧になった手順で進めれば問題ないかと思います。 それでも「面倒だし心配だ!」という方がおられましたら、当サイトにおいて、 スマートフォンのデータ移行もサポートさせていただいており、専門知識を持ったスタッフが対応いたします。 その他にも様々な面でサポートさせていただきますので、ガラケーからスマートフォンへ乗り換えをお考えでしたら、是非一度当店をのぞいてみてくださいね。 なんと!! を行っております!!! 【ガラケー関連記事】にも情報満載!•

次の

スタートアップ企業「株式会社DK

ケー パワーズ データ

スマートフォンの普及率は老若男女問わず、 8~9割という時代になっています。 そんな中、ガラパゴス携帯いわゆるガラケーを今でも使用している方も多く、そろそろ時代の波に乗って スマートフォンに変えようかな…そんな時、• 「データの移行はどうやるの?」• 「ガラケーからスマホにデータ移行ってできるの?」 と、まず今まで使っていたデータが心配になりますよね。 特に電話帳は絶対にデータ移行をしたいもの。 他にも写真なども大切なデータの一つです。 ですが、安心ください。 全く心配はいらないのです! AndroidとiPhoneで移行方法は違いますが、手順さえ間違わなければ 実際3~5分で完了してしまいます。 ここからは、 ガラケーからスマートフォンへデータ移行が超簡単にできる方法・手順をご説明いたします。 多くの方が利用している電話帳移行法 目 次• 1、ガラケーからスマホへ電話帳データ移行手順【Andoroid編】 ガラケーからAndroid型スマートフォンへデータを移行する方法には 「SDカード」「赤外線通信」の2種類あります。 その中の機種によって異なりますが、 「SDカード保存」または 「SDガードにエクスポート」を選択。 選択すれば自動的にSDカードに連絡先が保存されます。 保存が終わったことを確認してガラケーからSDカードを抜き、購入したAndroidスマートフォンにSDカードを差し込みます。 その中の、SDカードから 「コピー」または 「インポート」を選択。 データの取り込みが終われば完了です。 ガラケーのアドレス帳から赤外線送信の 「全件送信」を選択して送信します。 携帯のロックナンバー(4桁)の入力を求められるので入力します。 (端末の暗証番号は、ユーザーが変更していなければ 『0000』です。 Androidスマートフォン側の赤外線アプリにもロックナンバー(4桁)を入力後、 「送信開始」を押します。 送信が完了したら、受信したファイルをAndroidスマートフォンの 「連絡先アプリ」から開けばデータ移行完了になります。 2、ガラケーからスマホへ電話帳データ移行手順【iPhone編】 iPhoneには SDカードの差し込みや赤外線機能が備わっていないため、ガラケーのデータを保存するSDカードの他に パソコンが必要になります。 あらかじめSDカードをガラケー本体に挿入しておいてください。 アドレス帳のサブメニューから 「コピー」を選択し、「microSD」を選択します。 SDカードへのバックアップが終了したら、ガラケーからSDカードを取り出し、カードリーダー等でパソコンに接続します。 続いては、iPhoneでの設定を行います。 3、ガラケーからスマホへ写真データ移行手順【Android編】 写真データは一般的にSDカードに保存して移行させる方法となります。 全部まとめてコピーする場合は 「フォルダ内全件コピー」を選択。 その際、携帯のロックナンバー (4桁『0000』など)の入力を求められるので入力します。 保存が終われば、SDカードをカードリーダー等でパソコンへ接続します。 Androidスマートフォンとパソコンを専用ケーブルで接続します。 パソコン上のSDカードの写真データを全て選択しコピーします。 リムーバブルディスクを開き、スマートフォンの 「DCIM」というフォルダの中にコピーしたものを貼り付けると完了です。 4、ガラケーからスマホへ写真データ移行手順【iPhone編】 iPhoneはSDカードが使えないため、パソコンを利用して移行します。 まず、iPhoneを専用のUSBケーブルでパソコンに繋ぎ 「iTunes」を開きます。 画面左の 「写真」を選択し、 「写真を同期」にチェックを入れます。 「写真のコピー元:」の右にある 「ピクチャ」をクリックすると、フォルダを選択できるので、先ほどコピーした画像を選択しましょう。 「同期」をクリックすると、iPhoneへ画像が転送されます。 5、ガラケーからスマホへメールデータ移行手順 メールの内容は移行できないと思っている方もいますよね。 それが意外と簡単にできちゃいますので、諦めていた方も出来るだけ移行させておきましょう。 まずは、ガラケーのメールデータをコピーし保存することから始めます。 コピーしたいメールを選択したら、暗証番号を入力してください。 コピーが始まるので、完了するまでSDカードはそのまま抜かないようにしてください。 ガラケーのメールファイルは、スマホには対応していないVMGファイル形式になっています。 まずは、このVMGファイルをスマホ対応のemlファイルに変換(コンバート)しますが、ここでオススメするのが 「VMGtoEML2」という 無料のソフトです。 スマホにVMGtoEML2をダウンロードし、 「入力ファイル」の所にメールフォルダを指定したら 「出力フォルダ」の方にはemlファイルの出力先を指定します。 これで、スマホ対応のemlファイルに変換完了です。 無料メールソフトの 「Thunderbird」を使い、Gmailを通して転送します。 Thnmderbirdをインストールし、併せてGmailアカウントを設定します。 メールファイルを同期させる無料のツール、 「ImportExportTools」をインストールします• 歯車マークから 「ファイルからアドオンをインストール」を選択し、インストールします。 ここでGmailを同期する前に専用のフォルダを作っておくのをおススメします。 emlファイルが保存されているフォルダを選択すると同期がはじまります。 しばらく経つと同期完了です。 6、まとめ ガラケーからスマートフォン・iPhoneへのデータ移行についてのご説明でしたが、メールデータ以外はさほど難しい操作ではありません。 お使いの機種によって多少異なりますが、一般的にはご覧になった手順で進めれば問題ないかと思います。 それでも「面倒だし心配だ!」という方がおられましたら、当サイトにおいて、 スマートフォンのデータ移行もサポートさせていただいており、専門知識を持ったスタッフが対応いたします。 その他にも様々な面でサポートさせていただきますので、ガラケーからスマートフォンへ乗り換えをお考えでしたら、是非一度当店をのぞいてみてくださいね。 なんと!! を行っております!!! 【ガラケー関連記事】にも情報満載!•

次の

6/9(火) ケーパワーズ大阪本店

ケー パワーズ データ

カードリーダーにmicroSDカードをさし、移行先のスマホもUSBケーブルでパソコンとつなげてコピーします。 コピー先は内部共有ストレージの直下でかまいません。 連絡先データは、メインメニューからまとめてバックアップをとった場合、多くは「PRIVATE」フォルダー内に「. vcf」という拡張子で保存されています。 vcf」になります。 なお、microSDカードをパソコンで開いてもバックアップが見つからない場合、隠しファイルや隠しフォルダーが非表示になっていないかを確認しましょう。 さらに「表示」タブを開き、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をクリックして選択してください。 メニューから「データBOX」などのデータフォルダーを開き、写真のフォルダーを選択、「サブメニュー」や「詳細」ボタンを押します。 表示されるメニューから「microSDへ全件コピー」などを選択します。 端末認証番号の入力を求められたら入力してください。 とくに指定していない場合は「0000」です。 コピーの確認画面が表示されたら「OK」を選択します。 これで写真のコピーが開始されます。 ガラケーから取り出したmicroSDカードをカードリーダーにさしてパソコンとつなぎ、スマホも同様にUSB接続でつないでください。 写真はmicroSDカードの「DCIM」フォルダー内に保存されています。 この写真をスマホの内部共有ストレージにコピーします。 コピー先は、「Picture」フォルダーがいいでしょう。 ガラケーの写真とわかるようにしたい場合は、「Picture」フォルダー内に別フォルダーを作成してもいいでしょう。 なお、microSDカードをパソコンで開いてもバックアップが見つからない場合、隠しファイルや隠しフォルダーが非表示になっていないかを確認しましょう。 さらに「表示」タブを開き、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をクリックして選択してください。 キャリアメールは、スマホの登場とともにWeb経由で確認できるようになったため、通信事業者を変えなければ、あらためてキャリアメールのデータを新しいスマホに移す意味はなくなりました。 ただし、ガラケーの場合は、スマホとはシステムが異なるため、Web経由で読むことはできません。 機種変更する場合は、バックアップをとっておきたいですね。 ここでは、ドコモのiモードメールを例に、microSDカードにバックアップしたメールのデータをスマホに移す手順を紹介します。 パソコン経由でスマホの内部共有ストレージに保存したバックアップから移す場合は、してください。 なお、メールの分量が多い場合、すべてを読み込めないことがあります。 デコメなどキャリアメール専用の機能も取り込むことはできません。 コピーが完了したら、バックアップからメールを復元しましょう。 microSDカードを利用しない場合は、「ドコモデータコピー」は利用できません。 キャリアメールのアプリ「ドコモメール」で操作します。 「ドコモメール」を起動し、「その他」アイコンをタップします。 表示されるメニューから「メール取り込み」をタップしてバックアップファイルの保存場所を指定します。 画面右下の「上へ」アイコンを数回タップして、バックアップファイルのフォルダー(ここでは「MAIL」)を開きます。 メールボックス内のメールデータを選択して「OK」をタップすると復元されます。 画面例は受信メール「INBOX」を復元した例です。 同様に送信メールや未送信メールも操作してください。

次の